作品

非道切支丹
カルト学園狂躁曲!?
 このお話はラノベ風はちゃめちゃエロティック・アクション学園MC小説です。
 学園乗っ取りを企てるカルト団体とマッドサイエンストの野望を打ち破るべく、文句なしの美少女で学校一のマドンナ郁子が、彼女に想いを寄せる男子、俊と奮闘する、という非現実的なアクション部分を軸にストリーは展開します。
 ・・・が、憐れその二人も教祖兼校長に捕まり、ヒロイン郁子は淫靡で濃厚な洗脳手術を施されてしまい・・・。
 洗脳のしだいにHになってゆく、勝気タカビーお嬢様は、教祖からありとあらゆる命令を下されてしまい従順な奴隷に・・・?
 そんな彼女を恋い慕う俊に逆転はあるのか!?
 そして、洗脳された郁子と周囲の面々が巻き起こす大騒動の行方はいかに!?
MC、エロ系
第一章  ヤンキー君はレオタード姿が眩しい学園のマドンナに告るもあえなく撃沈・・・。
 けれど、めげもせず、美人教師にもフラフラの呑気な毎日。
第二章  学園はカルト教団に乗っ取られかけていた!!
 教祖様とマッドサイエンストが大乱舞!!
 体操部顧問にして、男子生徒の憧れ絵里先生の淫靡な洗脳が始まる!!
第三章  教師としての理性を失った美人教師が、男子生徒に魅惑の体罰を・・・
第四章  校長の裏の顏を知ったマドンナとヤンキー君はコンビ結成!!
第五章  校長を追い詰める次期生徒会長の勝気お嬢様。
 しかし、カルト教団の教祖が本性を現して・・・
第六章  予想通り捕まった二人。
 俊は美人教師の性奉仕的調教が始まった。
 そして郁子はその魅惑の肉体の秘密を調べ上げられ・・・ついにマッドサイエンストのハードな洗脳手術が始まる!!
第七章  ついに郁子の洗脳手術が始まった!!
 厳しすぎるESP(脳電気刺激)に、レオタード姿の郁子が悶えまくり!!
 マッドサイエンストにいたぶられる中、応援してくれる俊に恋心が芽生え・・・?
第八章  相変わらず洗脳室の中でいたぶられる郁子。
 なかなか屈しない彼女に、マッドサイエンストは次なる秘策を用意した。
 そう、狙われたのは乙女の性感・・・
第九章  嗚呼、ついに郁子が淫らに潮吹き、性感をコントロールされた郁子は教祖様の忠実なる女僕、のはずが・・・?
第十章  喧々囂々の洗脳手術からしばしの時が流れた。
 学園長とマッドサイエンストの意図に反した格好で洗脳された郁子。
 俊に心酔する【信者】になった彼女と、新たな闘いが始まる!?
第十一章  夏の全国大会で好成績を収めたマドンナ郁子の報告会。
 スポットを浴びる学園のスターから飛び出す爆弾発言の数々に戸惑う俊クン。
 しかし、学園長&亀頭博士の陰謀はここからが新章の始まりだった。
第十二章  再び影乃原に戦いを挑むべく、学園長室に乗り込む郁子。
 しかし、またしても罠に嵌り、捕まってしまい・・・。
 郁子のデリケートな部分をGスポット刺激波動が襲う!!
 郁子がエクスタシーに導かれるとき、理性も倫理も喪失し、学園のマドンナはカルト教団の軍門に下ることに!?
第十三章  郁子救出に向かう俊。
 しかし思わぬ事態に逆に大ピンチに陥って・・・
第十四章  今回もまたまた仲良く捕虜となった俊と郁子。
 先に洗脳された藤澤先生、そして昭仁&達也に自慰行為を迫られるという屈辱的洗脳を施される二人に逆転はあるのか!?

帝都狂躁曲 狂人五十面相の奇操譚
 帝都を惑わす狂人五十面相に挑む名探偵、篠宮文仁。彼に仄かな想いを寄せる助手服部紀子は、高貴な女性を警護するため囮役を買って出る。
 しかし、稀代の大怪盗は紀子を攫い淫靡な薬物催眠にかける。
 肉体的にも精神的にも五十面相に屈服した紀子は、性戯を巧みに駆使し、目的を果たそうとするが・・・。
催眠、薬物系
 帝都一の名探偵篠宮に依頼されたのは、大怪盗の誘拐予告の標的、貴族の姫君の警護。
 明朗活発な少女探偵助手、紀子は身代わりの囮役を買って出ますが・・・。
 紀子の美貌がきらびやかな宮廷の宴に輝きます。
 しかし、稀代の怪盗の魔手はその紀子に忍び寄り・・・。
 哀れ、怪盗の魔手に堕ちた紀子は、裸にされ厳しい拷問に晒されます。
 耐え忍ぶ紀子でしたが、彼女を屈服させるべく、狂人五十面相は別の手段を思いつき・・・
 拷問を耐え忍んだ紀子でしたが、五十面相の淫らな魔術にまたしてもピンチの連続です。
 魅惑の肉体は濡れ、精神は追い詰められ・・・少女探偵助手の運命は!?
 貞操の危機に去られる紀子。
 それでも、想いを寄せる名探偵の救出を信じ耐え忍ぶ彼女に聞かされた衝撃の事実とは!?
 稀代の大怪盗狂人五十面相の魔手から逃れた紀子。
 しかし、不自然な脱出を怪しんだ名探偵の読み通り、紀子は淫靡に淫らに変貌を遂げているのでした・・・。
 嫌疑の晴れた紀子を引き取った篠宮探偵。
 恋い慕う紀子の求めに応じて一夜を共にしますが、そこには・・・。


 

戻る