作品

アルケミスト
ぼく達は支配者
『しょうしか』ってヤツでウチのクラスの男子は5人くらいしかいないけど、そのおかげなのか男子どうしはちょーなか良しだ。
 女子は9人、それに担任の牛ババアとはすごくなかがわるいけどね。
 牛ババアが女子をひいきするし、多数決で女子ばっかり良い目を見てるからさ。
SF、洗脳、鬼畜
第1話 『おい、お前ら。俺を地面から出してくれたのはお前らだよな?』
 何かへんな声が聞こえた。
 ゆっくり目を開くと、玉がぼくたちの顔くらいの高さまでういていた。
第2話  ぼく達は小泉先生を支配することで能力を把握することにした。
 今日は金曜日だから、小泉先生のおうちで色々お試しするってぼく達5人で決めたんだ。
第3話 「チュートリアル?」
 4人が4Dの方へと目を向けた。
『ああ、分かるだろ、あのメスを見てたら必要だって』


 

戻る