作品

木綿の獅子
慶応三年の乱痴気
 旗本の用人を勤める誠一は、女剣士に襲撃された。一命をとりとめた彼の額には、目のような傷跡が残った。
 額の「目」を悪用し、故郷の村に復讐する誠一。ところが、彼の小さな復讐は、大きな波紋を呼ぶことになる。
邪眼、幕末もの、獣・多人数注意
慶応三年の乱痴気

県庁特別高等課
 大嶋県警察部特別高等課。好成績で知られる同課には、特殊な技術を持つ男がいた。
催眠
第一話  釈放された咲子は、素直で、積極的な女性に変っていた。
 両想いの晴雄と再会し、結ばれる二人だったが……。
第二話(1)  大仕事を終えた特別高等課は、当面の目標を見失っていた。
 女を責め苛む快感に目覚めた牧村課長は、鈴木警部補らに新たな指示を出す。
 鈴木は、ある思惑と、彼なりの課長への思いやりとを抱いて策動しはじめた。
第二話(2)  業務の拡大を狙う特高は、若妻佳苗を毒牙にかける。
 校長室で、旅館で、男たちは佳苗の肉体を貪る。
 世界恐慌と戦争が目前に迫る中、特高は変質を迫られていた。
第三話  最終話。
 長く苦しい戦争と抑圧の時代が終わった。
 特高は警察組織から追放され、内務省も消滅した。
 戦地から復員した佳苗の息子滋樹は、妹と共に大嶋市に留まる。
 兄妹水入らずの、貧しくも幸福な生活がはじまる。
 大嶋市の焼け跡から、新しい時代が始まろうとしていた。

明治二十二年の再会
 かつての反乱者北崎義達は、大赦により釈放された。
 自宅へ戻った義達を迎えたのは、意外な少女だった。
忍術・記憶操作・二重人格
明治二十二年の再会

華族令嬢変死事件一件書類
 昭和八年九月、静川市内で少女の変死体が発見された。
 一年前に失踪した男爵令嬢、梶原日那子の遺体であった。
 彼女の婚約者にして、特別高等課長の畠山重矩は、日那子の死に不審を抱き、密かに捜査を行なっていた。
 ここで紹介するのは、晩年の畠山が所持していた、未公開の捜査記録である。
時代物、アイテム、記憶操作、NTR、複数、ヤンデレ、獣
華族令嬢変死事件一件書類


 

戻る