作品

リーマン兄弟's  
四神戦隊メイデン・フォース
 『メイデン・フォース』は、巫女の神凪瑠璃を後見に、朱雀、青龍、玄武、白虎、それぞれの力に守護された4人の巫女を主軸とし、対『邪』作戦を特務とする戦闘集団である。
 彼女達の敵である『邪』は、太古の昔から人間界に侵攻を図ってきた闇の勢力である。
洗脳、調教、改造
第1話 メイデン・フォース  闇夜の埋立地。
 だが今そこでは人知れず、妖魔と人類の戦いが繰り広げられていた。
第2話 濫觴  長距離輸送の冷凍車の合間を縫い、一台のバイクが光の矢のように走り抜けてゆく。
 沙夜子は深夜の首都高を、愛車で疾走していた。
第3話 追憶(前) 「邪水晶よ、此度の作戦は如何様ぞ?」
 邪水晶は、邪淫皇の御前に召しだされていた。
第4話 追憶(中) 「瑠璃・・・」
 遠くで誰かが、自分を呼ぶ声がする。
 それはどこか暖かく、悲しげな声。
第5話 追憶(後) 「グヘヘ、上級退魔師サマの締め付けは中々のもんじゃねぇか」
「ああんっ、お、お願い、もうやめてぇ・・・」 
 肉体を改造されてからの日々は翡翠にとって、ただ、地獄であった。
第6話 汚染(前) 「司令、そろそろ出発のお時間です」
「わかったわ、三島さん。でも、平時は『社長』って呼んで頂戴。普段からこっちの呼び名に慣れていないと、外でボロが出そうだわ」
第7話 汚染(後)  ぬるま湯の中に漂うような感覚に雪は、その身を委ねていた。
 気怠く、それでいて心地良い感覚。
 だがそれをかき乱すように遠くで、何か不快な音がしていた。
第8話 逆臣 「ククク、ブラックに続きホワイトまで堕とすとは・・・邪水晶よ、貴様に任せたのは間違いではなかったようだな」
「はっ、ご期待に添え、嬉しゅう御座います」
 邪淫皇の御前で、邪水晶は恭しく臣下の礼を取る。
第9話 捕食 「おかしいわね・・・どうしてこの成分が・・・』
 皐月は、心中でそう呟く。
 このところメイデン・ホワイトの回収分子だけが、『微量』分子を大量に含んでいた。
第10話 疑惑  邪水晶達が狂宴に耽る頃、沙夜子はメイデン・フォース本部に居た。
 沙夜子は己が担当する北側の結界子の一つ一つに触れては、呪を唱えてゆく。
 唱えているのは結界を強めるものではなかった。
第11話 飼育(前)  カーテンの隙間から射し込む日差しに蒼乃は、瞼を開いた。
 昨夜の陵辱劇の後、どうにかガウンを羽織り、ベッドまで辿り着いたところで力尽きてしまったようだ。
第12話 飼育(後) 『このままでは、ダメになってしまう』
 蒼乃に残された手段はメイデン・ブルーとして変身し、破邪の力で流禍を祓うこと、それしかない。
 蒼乃はキッチンを窺い見た。あそこまで行けば・・・
第13話 肉人形 「邪淫皇様、お待たせ致しました・・・」
 邪水晶が暗闇の中から姿を現した。
 鎖の先には、惨めに四つ這いとなり、邪水晶の『ペット』として隷従する、メイデン・ブルーが現れた。
第14話 胎動  黒、白、青−
 それぞれに彩られたコスチュームを纏う女達が、車座に並び目を閉じている。
 彼女達の前には、白い魔法陣が描かれていた。
第15話 羽化(前)  巫女衣装に身を包んだ朱美を、淡い燐光が照らしている。
 10畳ほどの無機質な空間に満ちているのはその光と、涼やかな詠唱の声音だけ。
第16話 羽化(中) 「南原さん」
 朱美は、涼子に背後から声を掛けられた。
「『クール・ダウン』してあげるから、準備して」
「はい・・・」
第17話 羽化(後)  涼子に『ペナルティー』を課された朱美にとって、妖魔との戦闘が唯一快楽を得る、『娯楽』となってる。
 特にここ数日、妖魔に対する扱いは、凄惨を極めていた。
第18話 ソドム  邪淫皇は笑いを抑えることができなかった。
 視線の先には、淫靡なコスチュームに身を包んだ少女が4人、服従の姿勢を見せている。
最終話 BAD END  神凪本家の当主として、個人的な感傷を持つことなど、許されはしない。
 だが如何に神凪の当主とは言え、姉妹の絆まで簡単に手放せるわけではない。
最終話 True End  神凪の当主として、この家を守る責務が自分にはある。
 しかし、彼女が立ち向かうべき『敵』は、最愛の『姉』なのだ。


 

戻る