作品

チラシの裏
 とある町のとある学校に通うとある男の人生は、なんとなく立ち寄った図書室でとある本を見つけた事で大きく変化した。
ノート物、完全支配
第1話  ある学校の放課後、図書室でポンッと本を閉じ一人の少女が息をつく。
 彼女が読み終えた本を元の場所に返そうとした時、一人の男の姿が目に映った。
第2話 (遅いな……)
 本の力は間違いないはずとしても返事を聞かなかったのはまずかったのだろうか?
 そんなような事を考えながら校舎裏で翔は奈緒のことを待っていた。

迷探偵
 俺の名は江藤 新二(エトウシンジ)、子供の頃の夢だった探偵に最近やっとなる事が出来たんだ。
 知り合いの援助もあって今日もひっそりと小さな事務所を開いている。
 経営の方は正直言って厳しい……けれど毎日充実してるつもりだ。
 なんでかって? それはもちろん近くの研究所のおかげさ。
発明
アイテム  平凡な探偵の一日はある研究所の発明品によって今日も何が起こるか分からない波乱の一日となるのだった。


 

戻る