作品

黒い人
AA
 昔、交通事故があった。
 雨の日の夕暮れ時。山道でのありがちなスリップ事故。
 家族4人が崖下に転落し、両親と兄が死亡、弟が重傷を負う悲惨なものだった。
 生き残った少年は頭を強く打ち、意識不明。
 その後、数週間に渡って眠り続けた―――――。
魔術、物質操作
第一話  カーテンの隙間から朝の明るい光が差し込んでいる。
「おはよーございます」
「あら、おはよう瑛一ちゃん」
第二話  明かりの一切無い暗い部屋。ビルの最上階窓からは、眠ることの無い大都市の夜景が見える。
 窓際にあるデスクには、闇に溶け込みそうな格好の男が一人。
第三話 「お前がサボったせいでな・・・鬼頭さんの授業が・・・10kmってレベルじゃ・・・ねー・・・」
 清清しい朝・・・・のはずが、教室内の空気は暗い。
第四話  朝から不良に絡まれるなんてのは、運勢が最悪な象徴だ。
 その度に、もう朝の占いなんて信じないと固く誓う。
 普通の人にとっては。

BB
 ガラスの机には先日ポストに突っ込まれていた封筒の中身が広がっている。
 上質な紙に何ページにも渡り印字された内容は、報告書形式でまとめられた今回の"提案"。
 客観的、かつ詳細にまとめられた、ある能力を用いた実験の計画書だった。
魔術、条件付け
第0.5話 「―――もしもし。吉野だ」
「手紙は届いたぞ。……というより届いたからこそこの番号にかけたんだが」
「実験などと称して、結局君が楽しいだけだろうに」
第1話  髪を整え、化粧を確認し、服装を直す。
 鏡に映った女性は、先ほど寝ぼけ眼でうろついていた人物とは別人になっていた。
 身支度が済んだ姿を満足そうに見つめた後、理恵は家を出た。
第2話 「――まあ簡単なものですし、大して効果もないんですよ。失敗することもありますし、せいぜい味覚を変えるとかその程度で……ええ。この、催眠術はね」


 

戻る