作品

零紗
The Dollhouse of ARISEA
「人は、一人では決して強くなれない」
 僕は彼女から、本当に色々なことを教わった。
 彼女は、社会的には褒められた人間ではなかったかもしれないが、僕にとって彼女はまさしく『先生』だった。
「どんなゲームも練習相手がいないと強くなれないでしょ?」
性質変換
プロローグ  彼女と僕との出会いは、因縁づけられていたようで突然だった。
 そう、それはおおよそ二ヶ月前の出来事。
第一話  回想が先立ち、まだ自己紹介すらしていなかった気がする。
 一応僕の身の上に関して話をしておこうか。
第二話  ――――もっと、この屋敷のことが知りたい。
「……僕も、探検に行こうかな」


 

戻る