作品

東州公
ホーリーセイント
 ガルゼーダ帝国は魔獣を送り込み、世界を破壊し、制圧を目論んだ。
 抵抗する術もなく、世界が終わりを迎える時、三人の少女が現れる。
 純白を基調にしたスーツを纏い、魔獣と戦う少女達。それがホーリーセイント。
 この世界を守護する戦士たちである
ヒーロー物・洗脳
PHASE−I  空は漆黒に塗り込められ、月明かりだけが世界を照らしている。
 街。人の気配が絶えた路地裏。
 巨大な影を、小さな二つの影が圧倒していた。
PHASE−II  要塞ガルラダの中に、異質な空間が存在していた。
 その空間は、内部で魔獣達ですら恐れるほどの暗黒と邪悪が渦を巻いている。
 ただ一度の例外を除き、使用される事は今までなかった。
PHASE−III  麻衣の消息が途絶えて、一週間が経つ。
 戦禍なく、平穏な街。
 楓と華織はまだ麻衣の行方をつかめていなかった。
PHASE−IV  楓が意識を回復した時、その身体は横たえられていた。
 辺りは真の闇だった。
「気がついたかしら?」
PHASE−V 「麻衣・・・楓・・・」
 華織が一人ぽつりと立っていた。
PHASE−VI 華織を閉じ込めていたケースが消えた。
「どういうつもり?」
「別の方法もあるけど・・・あなたには仲間の手で生まれ変わってもらうわ」


 

戻る