作品

伝吉
たった一人のための理想郷
 地球から遥か遠く離れた星、緑と水が豊かな惑星アルカディア。
 この星に住む全ての人々は、自分達を理想郷の住人だと信じている。
 しかし・・・実際にはたった一人の支配者を愉しませるための、役者であり道具であり生贄でしかなかった。
惑星支配、SF、肉体改造
プロローグ  西暦3000年。人類は、死を克服した。国家の境を克服した。そして、暗黒の宇宙を半ばまで克服した。
第1話 理想郷の平凡な1日  アルカディアと名付けられたこの惑星では、このような平凡な1日が繰り返されていく。
 ・・・例え主が不在でも。

もったいない魔王
 百匹の魔王候補の競技が、人間界にどのような変化をもたらすのか。
 それは、まだ誰も知らない。
ファンタジー・マジックアイテム・やや鬼畜
第一幕  悪魔は時に聖者を騙り、子羊たちを堕落させると言う
第二幕 その1  悪魔は誠実に働くものを堕落せしめると言う
第二幕 その2  悪魔は芳しい香水を人間に与え、高貴な者を堕落に誘うと言う
第二幕 その3  悪魔は、家庭内の亀裂を利用し、背徳をもたらすと言う。
第三幕  悪魔は己のために生贄を要求し、それで己の業を試すと言う。
第四幕  悪魔は己の野望のためなら、進んで同胞と争い利用し、毒牙にかけるという。
第五幕  悪魔は時に悪を討つ時がある。しかしそれは己の益のためであり、さらなる悪行への始まりでしかない。

他人史
 俺は恵まれている。再婚した父のおかげで美人の姉と美少女な妹ができ、家庭以外でも幼馴染にクラスメイトにと、美少女な知り合いは多い。
 しかし何故か努力も心がけも払う気になれない。
 ・・・何か足りないピースを待っている。そんな気がした。
特殊能力・ハード・やや鬼畜
プロローグ  今日も何かを待ちつつパソコンを起動させるとメールが届いていた。
 『裏能力開発センターより』
第一話  『で、何か聞きたい事は?』
 俺に他人史の力があることを教えてくれたサイバーは、そう聞いてきた。
第二話  土曜の朝にしては早くに、俺は目覚めた。
「御堂誠二、朝九時目を覚ます。他人史と言っても、自分にも効くんだな」
第三話  起きたのは昼近くになってからだった。
 俺は昼食を済ますと、買い物と理事長から名簿を受け取るために出かけることにした。
第四話  深夜、チャットルームで俺は、サイバー達とするゲームの優勝賞品についての話を聞いていた。背後のベッドでは姉貴と真紀が、姉妹揃って眠っている。・・・夜這いしてやろーか。
 ・・・いや、今はゲームの話だ。
第五話  俺は有里の弁当を食べた後、さっさと下校した。
 週末からのゲームの景品をどうするか、考える必要があるからだ。
第六話  あれから学園で後片付けをした後、疲れた身体を引きずって家に帰り、今はパソコンの前に座っている。
『リキは? 彼が喜びそうな賞品を用意したんだけど』
第七話  俺がリビングで夕食後の一家の団欒を楽しんでいると、ドアチャイムが鳴り響き来客を告げた。
「誠二、由里ちゃんのお父さんよ」
「やあ、誠二君。夜分遅くにすまないね」
第八話  待ちに待ったゲーム開始当日の朝、俺は東京のとある駅に来ていた。
 待ち合わせをしているところだ。
第九話  俺は悠々とゲームの課題に取り掛かった。・・・正確に言うなら、俺の場合はもう取り掛かり終わっていて、後は仕掛けの結果を待つだけなのだが。
「あっ、誠二君ちょっとお願いがあるんだけど」

世界を握れ
 運命のあの日、俺は父の野望と財産、そして技を受け継いだ。
 ・・・重い使命と引き換えに。
特殊能力 秘密結社 ハード 孕ませ
序章 「何のようだよ? じいちゃん」
 学校に通ってから丁度五年になったその日、門倉我尽(かどくらがじん)は、祖父である門倉無限に呼び出されていた。
第一章  暗く冷たい地下深くで、女の嬌声が響く。
 女は犬のような姿勢で、男に抱かれていた。だが、その声に屈辱は無くただ悦びだけがある。
「あぁぁあああぁぁぁっ!」
第二章  つい数日前、薫の嬌声に満ちていたモニタールームは、今日も嬌声に満ちていた。
 違うのは、嬌声の数が増えている事ぐらいだ。
第三章 その1  つい数日前、薫の嬌声に満ちていたモニタールームは、今日も嬌声に満ちていた。
 違うのは、嬌声の数が増えている事ぐらいだ。
第三章 その2 「・・・やっちまったぁ」
 サイモン・スティーブは、自暴自棄にぼやきながら、手の中の鈍く輝く金属製の道具を見つめた。
第四章 前編  その日は、門倉我尽にとって小さいながらも己の目標へ一歩前進した一日だった。
第四章 中編 「合理的に考えれば、子作りには不必要な行為もお客様にとっては気分を高める重要な要素である場合も、そう珍しい事では無いでしょう」
 研修制度とやらを説明する前に、玉枝はそう前置きした。

他人史外伝〜サイバーの居場所〜
 自分の居場所がほしかった少年は、玉座を作り上げる。・・・周囲のあらゆるものを狂わせながら。
ゲーム やや鬼畜 日常空間の支配
ガッコウデノイバショ  学校は学生の間、一日の半分以上を過ごす場所。・・・だから、居心地が良くなくてはいけない。


 

戻る