作品

著者猫
免罪符
 仕事帰り、俺の部屋の前で、なぜか老人が倒れていた。
「お、おい、爺さん。大丈夫か!?」
「………め…し……」
アイテム
接触編 「これは、『免罪符』じゃ」
 満腹になった老人は俺に札を差し出した。
「これを所持しておれば、全ての罪は神に許され、精霊に許され、そして人に喜んで許されるであろう」
幕間 「ねえ、かわやちゃん」
「なんですか?」
「このまま俺とどっか行かない? 今から学校行ってもどうせ遅刻でしょ?」

シルバーナイトの帰還
「シルバーナイト様…っ! ぐうっ…!」
 目の前にいた味方の兵士の体が、力なく崩れ落ちる。彼を倒したのは、敵軍の槍兵であった。
 味方の兵士を救えなかったシルバーナイトの瞳に、怒りの炎が燃える。邪悪なるダークキングに仕える者を、シルバーナイトは決して許さなかった。
悪堕ち?
シルバーナイトの帰還

戦国くノ一 胡蝶伝
 時は戦国、乱世の時代。
 馬渕国の黒田龍禅は周囲の国々を次々と攻め滅ぼし、天下を我が物としようとしていた。
 だが、その侵略を食い止めようと立ち上がった者がいる。
 白尾衆の若き女頭領にして最強の忍者「胡蝶」は、たった一人で黒田龍禅の暗殺に向かったのであった………。
妖術
戦国くノ一 胡蝶伝

すべて、未来のために
 人生山あり谷あり。生きていれば、いくつものピンチもあると思う。
 しかし、いくらなんでもこんなピンチはないだろう。
 夜の公園。この時間、元々人通りはあまりない。
 ガシャン、ガシャンと音を立てて『そいつ』が近づいてくる。おそらく僕を殺そうと。黒塗りで、6本足。
洗脳銃、ハーレム
−1− 「あ、気がつかれましたか」
 安堵したような女性の声がした。
 これって…膝枕?
−2−  …ちゅんちゅんと鳥の鳴き声が聞こえてくる。
 意識が段々と浮かび上がってきて、僕は目を覚ました。
「なんだ…、夢だったのか…」

La Hache
 アルノー砦は、日が高いにも関わらず暗い雰囲気に包まれていた。
 鎧で身を固めた見張りの者も、傷ついた肉体を包帯で覆っている者も、防具や武器についた血や泥をぬぐっている者も、一様に敗北のあまりの重さに頭を押さえつけられて下を向いていた。
中世
前編 「兄上、一つお許しをいただきたいのですが」
「なんだ。一応聞いておいてやる」
「これからヴィランに赴き、敵将と交渉を行いたいのですが」
「交渉だと?」
中編  こんな様子のエファリスを、いまだかつて見た事がなかった。
 有能な副官としての彼女も、優しい姉としての彼女も、ここにはいなかった。
後編 「どういう…ことだ?」
 早朝のひんやりとした空気の中、沈黙が部屋を覆う。
 そんな中、のそりと身を起こした者がいた。エファリスだ。

Run up Love!
 「やっぱり、お金持ちは違う…」
 今は誰もいない『お姉さま』の部屋をきょろきょろと物珍しそうに見渡しながら、私は思わずつぶやいた。
催眠、女性主導
Run up Love!

清昴女学院物語
 歴史と伝統に彩られた由緒ある学び舎、清昴女学院。
 これは、美しくも淫らな、穢れなき乙女たちの物語……。
※このシリーズは、事前に『コウソク』を読了されてからお楽しみください。
校則
三“射”面談(前編) 「ねえ、お母さん」
 食後の洗い物の手を止めて振り返ると、娘の理恵子が何かのプリントと、見慣れないデジタルカメラを手にして立っていた。  
三“射”面談(後編)  放心状態の私の上で、愛娘と少女が和やかに話し合っている。
 その内容は耳には入ってくるが、どこかそのまま頭の中を通り過ぎていくような感じがする。

洗脳魔法少女ヒプノちゃん
どんな悩みも魔法で解決!
『まいんど☆ヒプノ』にお任せあれ、ですの♪
魔法少女
第12話(欠番) 「はぁ〜」
 俺は頭を落として再び深くため息をついた。むなしい。
「おにいさん、悩みがあるんですの?」
第21話 「いいなぁ…、かわいいなぁ…」
 僕はペットショップのガラスに顔と手を押しつけるようにして、店の中の様子を外から眺めていた。
第24話 「満足に掃除もできないのかい、このグズ!」
「ですから、ちゃんと…」
「この私に口答えする気かい! 義理とはいえ母親に向かって!」
「い、いえ…」
クリスマススペシャル 「ほら、急いで急いで」
 あまり息子には言いたくない言葉だが、つい口を突いて出てしまう。何しろ時間がないのだ。
 私も少々急ぐようにして、ローヒールの靴に足を押し込んだ。
第46話 情事の後の火照った体を冷ますように、俺たちはベッドの中でまどろんでいた。
横では、薄い布団に身を包んだショートカットの彼女、亜季が目を閉じて横になっている。
第28話 「御子柴、もう遅いからそろそろ上がれよ。疲れたろう」
「あの、もう少し泳いでいいですか? 納得いくまで」
「仕方ないな。あと10分だけだぞ」
第159話 「すみませんっ、ほんっとーにすみません!」
「もうお家賃を半年も滞納されてますから、そろそろ払っていただかないと…」
「仕事見つかったらちゃんと払いますから! どうかもう少し待ってください!」

注文の多い喫茶店
 不意のどしゃ降りの雨の中、大都会の路地裏にあるビルの入り口に、一組の男女のカップルが駆け込んできました。
「まいった、急にこんな大雨になるなんて。せっかくのデートなのに。天気予報じゃ言ってなかったぞ」
「ほんと。もう、この服2万4千円もしたのに、これじゃ台無しよ」
寓話
注文の多い喫茶店

コウソク
 はじめまして!
 私の名前は西本恵美。私立清昴女学院の2年生です。
 今日は私の一日を紹介します。でも本当に平凡な一日だから、退屈だったらごめんなさいね。
校則
コウソク


 

戻る