作品

EIJI
催眠術師 鋭次 〜 第1章 美人銀行員 梨華 〜
 美人銀行員 梨華 に、送り届けられたものは、自分の処女喪失の様子が撮られたビデオテープであった。
 大金を横領し、銀行の制服を着た自分が、ビデオの中の男に対して、甘い声で、おねだりをしている。
 梨華には、信じられない光景が映っていた。
催眠・奴隷人形
(1)(2)(3)  その時から、彼は、”催眠術師 鋭次”になったのである。
(4)(5)(6)  甘いキスが終わると、梨華は、とろーんとなった目で、鋭次に返答した。
(7)(8)(9) 「”可愛い梨華ちゃん人形” お前は、何のためにこの部屋に来たんだ?」
「はい。あなたに・・・処女を捧げるために・・・来ました」
(10)(11) 「鋭次様。次は、梨華のブラを脱がせて下さい。そして、”オッパイの処女”を貰って下さい」
(12)(13) 「次は、パンティを脱がしてやろう!!」
「ああ・・・鋭次様に、これを脱がされると、私は・・・」
(14)(15) 「鋭次様に、入れてもらって、処女を捧げたいのです」
「鋭次様ぁ・・・早くぅ・・・入れて下さい・・・」
(16)(17)  梨華に、送り届けられたものは、自分の処女喪失の様子が撮られたビデオテープであった。
(18)(19) 「あぁ・・・お願いです。お願いですから、この事は誰にも言わないで下さい」
(20)(21) 「そうだ。”明日の夕方5時まで、俺の言うことをなんでも聞く”という、誓いのキスだ。出来るよな?」
(22)(23) 「それでは、ブラの解体を始める」
 抵抗しない梨華のブラの胸の谷間を、鋭次は、紙を切るかのように簡単に切った。
(24)(25) 「嬉しいだろう? 初めての人に、2回目も捧げるっていうのも。今から、たっぷり可愛がってやるからな。時間は、たっぷりとあるからな」
(26)(27) 「鋭次様ぁ・・・お別れの・・・キスをして下さい・・・」
「俺のキスを受けると、”可愛い梨華ちゃん人形”は、それだけじゃ、いられなくなるよ。それでも、いいのかい?」
(28)(29)  そこには、綺麗なラベルのパッケージに入ったビデオテープと、写真集が入っていた。
 また、銀行の制服姿の時は、すもも銀行の名札に、”西川梨華”と良く見えるように写真撮影がされていた。
(30)(31)  そこには、梨華にとって、絶望的なものがあった。
(32) 「まだ、分からないのか? 可愛い奴だな」 梨華の目を見つめながら強いキスをした。
(私は・・・梨華ちゃん人形・・・私は・・・鋭次様の奴隷・・・)
(エピローグ) 「ああ・・・鋭次様に恥ずかしい姿が、見つかってしまいました・・・。あの・・・今日も梨華のおねだりを聞いて下さい」
「ほぉー。どんなおねだりだ?」

催眠術師 鋭次 〜 第2章 召し使い女子大生 理恵 〜
 K大学の女子大生 理恵 は、鋭次の家で、召し使いをしていた。
「ご主人様・・・お願いです。眠る前に、ご主人様の美味しいミルクを飲ませて下さい」
催眠・奴隷召し使い
(1)(2)  ここは、K大学の教室の一室。鋭次と、連れの 山田一郎が、校庭を見下ろしていた。
(3)(4) 「美人コンテスト?!」
 理恵達は、学園祭の準備委員の一子の話を聞いて、はしゃいでいた。
(5)(6)(7)  書類には、『杉本理恵は、野口鋭次様の召し使いになると誓います。』と書かれていた。
 理恵がサインをすると、一子から五子は声を合わせて言った。
「私たちは、この契約書の証人者でーす!!」
(8)(9)(10)  ストローの先を理恵の白いブラウスの胸元あたりに移動させた。
「ご主人様。冷たいです・・・」
(11)(12) 「理恵は、ご主人様の”焦らし攻撃”に負けてしまいました・・・どうか、乳首を舐めて下さい・・・」
 哀れな召し使いは、恥も外聞も無く、恥ずかしいおねだりをした。
(13)(14)(15) 「さあ、理恵、デザートを食べるんだ」
「ご主人様。頂きます・・・」
 理恵は鋭次の股間の前に正座をすると、赤黒く反り返った20センチ砲を小さな口で舐め始めた。
(16)(17)(18) 「ご主人様の大切なおちんちんは、”タオルの理恵の穴”に入れて清めさせて下さい。」
「”タオルの穴”だと? なんなんだ、それは?」
(19)(20)(21) 「ご主人様。理恵の処女を貰ってくださって、ありがとうございました。理恵は、ご主人様に処女を捧げる事が出来て、とても幸せです」
エピローグ(その1) 「一郎様。真美子は一郎様のメイドです。”どんな事でも従いますので”何なりとお申しつけ下さい」
「そうかい、じゃあ、こっちに来てくれるかな」
エピローグ(その2) 「ご主人様、これからも毎日、理恵を可愛がって下さい。そして、美味しいミルクを理恵の中に注いで下さい・・・」
 理恵は、鋭次から離れられない ”おねだり召し使い” になってしまった。
 そして、また、新しいメイド候補が・・・

催眠術師 鋭次 〜 第3章 専属奴隷看護婦 Part1:紀子 〜
「パンティが濡れているのが見つかった看護婦さんは、どうなるんだったかな?」
「はい・・・患者様に・・・着せ替えていただく事になっています」
 新人看護婦の紀子は、必ず守らなければならない”規則の手帳”に従い、愛撫を受けていた・・・
催眠・奴隷看護婦・規則の手帳
(1)(2) 「院長先生、イイーー!!」
 院長室で、女の声が響く。しかし、ここは紛れもなく、神聖な病院であった。
(3)(4)  リネン室で、ベッドシーツの整理をしていたアイドル看護婦は、クロロホルムを口と鼻に当てられて、気を失った。
(5)(6) 『お前は今から、俺の家に来るんだ』
 綾香はこれから三日間、恥ずかしい調教を受ける事となった。
(7)(8)  綾香は、時間無制限の身体検査に、限界が近づいていた。
「クリちゃんは、綾香の性感帯の弱点です」
(9)(10)(11)  綾香はベッドの上で、白衣を身に着けて自分を慰める行為を始めていた。
「綾香、・・・本物のモノが欲しいのぉ」
(12)(13)  院長のデスクの上に履歴書が並べられていた。
 それらは新人看護婦のものであった。
(14)(15)  いよいよ調教教育の成果発表の時が来た。
「朝の検温の時間でーす」
(16) 「鋭次様。血圧を正確に測定する方法があるのです」
 満里奈は得意げに説明を始めた。
(17)(18) 「最後は体重測定になります」
 紀子が恥らうようにしゃがみ込んで待っていた。
(19)(20)  紀子は立ち去ろうとしたが、身体の力が抜けたような感じになった。
「魔法のアイテムが効いてきたみたいだね」
(21)(22)  寮に戻った紀子は、お風呂に入り、髪の毛を乾かしていた。
 そこに宅配便が届けられた。
(23)(24)  特別検温を終えた紀子は、鋭次に引き止められ、再び仰向けにされた。
エピローグ(その1)(その2) 「鋭次様・・・ミルクを・・・ミルクをください・・・」

催眠術師 鋭次 〜 第3章 専属奴隷看護婦 Part2:由美子 〜
 聖心病院では、また新たな新人看護婦が毒牙に掛かろうとしていた。
 新人看護婦の由美子は、過去に悲しいトラウマを持っている事を鋭次気づかれ、そこを利用され、恥ずかしい専属看護婦に調教されていくのであった。
 お昼の検温の時に、抜き差し治療でイカされた由美子は、困惑した表情で先輩看護婦に聞いていた。
「ああ・・・私、また鋭次さんにイカされちゃった・・・私、今夜、どうなってしまうのですか?」
「今夜の事は、規則の手帳に書いてあるわよ!」
 先輩看護婦は、楽しそうにピンク色のページを差して言うのであった。
 そこには、『夜伽ナース』としての恥ずかしい心得が書かれてあるのであった・・・
催眠・奴隷看護婦・規則の手帳
(1)(2)(3)  鋭次は院長の方に近づくと、いきなり、院長の額に人差し指を突き差し、催眠術を発動した。 『この看護婦さん。安田由美子さんを、調教させてもらいますよ! いいですね?!』 「うう・・・分かった・・・」
(4)  二人の看護婦は、洗脳ビデオを見せられていた・・・  同じ過ちを繰り返す新人看護婦は、これから鋭次に対して、誠心誠意尽くさなければならないという気持ちになっていくのであった・・・
(5)(6)  鋭次の大切な所を傷つけてしまった看護婦達は、罪ほろぼしの癒し治療を行っていた・・・
(7)(8)  新人看護婦の由美子は、神々しいモノを持たされ、癒し治療という名の口奉仕をさせられていた。  これからは鋭次が痛いと言えば、好きな時に呼び出して、癒し治療を行わせる事が出来るようになったのである。
(9)(10)  鋭次がなかなか傷が癒されない事を訴えると、先輩看護婦は新しい癒し治療を行うと言った。
(11)  先輩看護婦に促され、由美子は新しい癒し治療として、”下の口”で癒し治療をさせられるのであった。  固く太くなった巨砲に、自分の下半身を合わせ、ゆっくりと男性患者様と繋がっていった・・・
(12)(13)  これまで由美子は、これらの行為を治療行為だと思って実施していたが、遂に自分が行っている行為が、男性患者様と看護婦のあってはいけない行為であるという事を知ることになった。
(14)(15)  由美子は困惑した表情で真っ赤になって聞いていた。 「ミルクを下のお口に中出しされた看護婦は、どうなるのでしょう?」 「それは、貴女が持っている”規則の手帳”に書かれてあるわよ!」  先輩看護婦は、この病院の看護婦が必ず守らなければならない手帳を指差して言うのであった・・・
(16)(17) 「それじゃあ、由美子ちゃん。『着せ替え人形ナースになってよ』 これでいいのかな?」 「はっ、はい。鋭次さん・・・」  由美子の専属看護婦としての初めての役目が始まった。
(18)(19)  スイートベッドの上で由美子が身に着けている衣類を次々と脱がせていった鋭次は、パンティを脱がしている時に体調不良を訴えた 「あの・・・私は今、着せ替え人形ナースで、パンティを脱がせてもらっている途中なので、動く事が出来ません。ですので、鋭次さんから、その・・・おちんちんを・・・私に・・・入れてください・・・」
(20)(21) 「癒し治療の時は、イッちゃだめだよ」 「はい・・・イカないように我慢します・・・。あーー! だめーー! イクーー!!」  男性患者の抜き差し行為に耐えられなかった美少女看護婦は、今夜、『夜伽ナース』になる事が決定した。
エピローグ、その1 「あーー!! イクーー!! イクーー!!」  美少女看護婦は、一際大きな声を上げて男性患者にしがみつくと最高の天国に昇っていってしまった。 「ふっふっふ。天使のミルクのお注射、一回目完了っと」  天使のミルクを注射された夜伽ナースは・・・
エピローグ、その2  新人看護婦の由美子は、ある日の午後、大役を受ける事になっていた・・・ 「鋭次さん。失礼します」  無事に大役を果たした美少女看護婦は、男性患者の眠るスイートベッドの側に現れた。  今夜もまた、鋭次の”天使のミルク大好き病”に罹ってしまった看護婦が、夜伽ナースとなっておねだりをするのであった・・・

催眠術師 鋭次 〜 第4章 お持ち帰り 〜
「ハンバーガーはいかがですか〜♪」
 可愛い薄紫色のチェック柄の制服のアルバイト店員が、新規店舗オープンのチラシを配っていた。
(つまみ食いでもしてみるかな・・・)
 鋭次は何気に、そのハンバーガー店に入ることにした。
 鋭次のつまみ食いとは・・・
催眠・お持ち帰り店員・お客様応対マニュアル
一日目 「それじゃ、これをもらおうかな」
 男性お客様は、チラシに書かれてあるメニューを指差した。
 そこには、いつの間にか信じられないメニューが追加されていた。
”葵 優子 お持ち帰り”
二日目  次の日、優子は店長から呼び出しを受け、説明を受けていた。
「葵さんには、今日から君には、美台ヶ丘店の2号店で働いてもらいたいんだよ」
「はい。分かりました」
 優子は返事を行ったが、逃げ出す事の出来ない篭の中の鳥になるとは知る由もない・・・
三日目  優子は着替えに行こうとしたところ、店長に呼び止められた。
「ああ、葵さん。実は、今日から衣替えでね。夏用の制服になるんだよ」
(夏用の制服って、一体どんなのかな?)
 優子の期待を余所に、薄い布地の恥ずかしい衣類が持って来られた・・・
四日目  鋭次はゴールド会員カードを見せながら、裏メニューを指差した。
「ここに書いてある、”追加オプション”もいただきたいんだけど・・・」
「はい。かしこまりました」
 優子は、その秘密の甘いソースがどの様に使用されるのかは、まだ知らない。
五日目 「それじゃ、優子ちゃんにお願いするよ!」
 鋭次はテーブルに、5枚のクーポン券を並べて、優子の方に差し出した。
「ああ・・・分かりました。夜の特別お持ち帰りに・・・同意します」
 恥ずかしい秘密を握られている女性店員は、お客様の申し出を断ることが出来なかったのである。
六日目  優子はご注文受付カウンタに立つ前に、鋭一店長から注意を受けていた。
「今日は、”ポイント倍々デー”だから間違えのないように」
「はい。鋭一店長。分かりました」
 優子は返事をすると、お客様応対マニュアルを確認するのであった。
七日目  優子は店長から呼び出され、新しい指示を受けていた。
「葵さんには、今日から、”お届けサービス”の対応をしてもらいます」
 店長にお願いされ断る訳にもいかず、優子は”お届けサービス”の対応をする事になった。
八日目  次の日、優子は、再び鋭一店長に呼ばれていた。
「葵さん。実は、君に、”特別お届け係”の対応をお願いしたいんだよ!」
「あの。”特別お届け”って・・・」
 優子は受付用の電話を受けると、シャワーを浴びて身体を清潔にし、大切なお客様の所にお届けするのであった。
九日目  優子は鋭次に見つめられると、今日もポイント倍々デーだと思うようになった。
「ああ、鋭次様。今日は・・・今日こそは、出来る限りイカない様に我慢しますので・・・」
 イク度に、恥ずかしいお持ち帰りポイントが増えてしまう美少女店員は、そう宣言したが、弱点を知り尽くされている優子は、今日も何度も天国に昇らされるのであった。
エピローグ 「ふっふっふ。俺専用のお届け店員になれて、嬉しいだろう?」
「はい・・・鋭次様。嬉しいです・・・これからもお好きな時に、ご注文してください。いつでも優子をお届けいたします」
 優子の夏休みは、まだ始まったばかりである・・・


 

戻る