作品

へたれ幽霊
現代の魔術師
 そこは無駄に大きな公園だった、かなり大きなクセに、めったに人は通りかからない。そこを少年が歩いていた。
類似の法則
その1  少年が足をとめ、後ろを振り向く。
「さっさと出てきたら?」
その2  目が覚めた・・・二度目の感覚。
 腰にあまり力が入らなかったが、立ち上がれないほどではなかった。
 周りを見渡す。
その3  「魔術ってなんなの?」
 「魔術の根本は科学と一体だよ、あるものと同じ状態に近づけることで同じ結果を生み出そうとする。太古の人は燃える木の熱さを知り、その状態に近づけることで火を生み出すことを編み出した。そこから生み出された魔術の原理とは必要な類似点と不必要な類似点の曖昧さにある。この曖昧さを起こす事が魔術なんだ。」


 

戻る