作品

ジジ
私のナマイキお嬢様
 オールドワンド家は、この国で有数の名家だ。古くから魔術師の家系で、優秀な術師を多く輩出している。
 その名は『魔学』の誕生に寄与したことで、広く知られることとなった。
 我がアーツウッド家は、そんなオールドワンド家に代々仕えてきたのだ。
 私は、アーツウッド家の長男として生まれた。幼少よりオールドワンドに仕え、尽くしてきた。
ややエロ、魔術、被術者主導
うえ 「今日は新しい魔学書が出るのでした。アーツウッド、買ってきてくださる?」
「あの、しかし、お嬢様………」
「お願いね」

放課後の教室で
 放課後の教室で、私は彼を待っていた。やることもなく、指先でセーラー服のスカーフをいじる。窓の外からは部活をする生徒たちの声が聴こえてくる。もう結構な時間なのに熱心なことだ。
微エロ、学校もの
放課後の教室で

ガツン
 今日もまた、変わることなくこの町は支配されている。
 何が、どうして?
 それは、わからない。
 しかし、間違いなく、この町は支配され続けている。
 あえて言うならば、それはガツンである。
微エロ、天災
ガツン

ガツン0
 三年だ。もう三年も経ってしまった。
 それなのに、ガツンについて解っていることなんて何にもない。
 何にも解ってないのに、ガツンはもうこの町の日常なのだ。
 今思えば、退屈で仕方ないと思っていたあの頃も懐かしい気がする。
微エロ、天災
ガツン0

ノノちゃんの日記
 公園のブランコに腰掛けていた女の子は、胴体を包帯でぐるぐる巻きにされた猫がこちらを見ていることに気付いた。
「ネコさん、どうしたの?ケガしたの? ・・・・・・あれ?あれれぇ?」
 その足取りが不意にぐらつくと女の子の目からフッと光が消え、その場に倒れた。
微エロ、姉妹
ノノちゃんの日記

ある国の話
 男が話しかけると、旅人は開口一番とんでもないことを言った。一時間ほど前の話だ。
「本当になにを考えてるんだ。この国の素晴しいシステムをみて、あんなこと言うとは」
 男はカップをテーブルに叩きつけるようにして置いた。
お国柄、ナノマシン?
ある国の話

館の中の男と女
 私が初めてご主人様、キミヒロ様とお会いしたのは、確か私が8つの時だったと思います。
 でも、誰も誕生日を祝うひとなどいませんでしたし、自分の年齢に意味などありませんでしたから、実際のところは良く分かりません。
メイド教育、微エロ
館の中の男と女

藤崎ハイツ302
 ピンポーン。
「また来たの?飽きずによく来ることね」
「ほらっ、早く入ってよ。私、暇じゃないんだからね」
足コキ、微エロ
藤崎ハイツ302

幼馴染の終わり
「変わらないね」
 そう言って笑う彼女の顔が、少しだけ得意気に見えた。
 彼女のことを知りたかった。側にいたいと。
幼馴染、微エロ
幼馴染の終わり


 

戻る