作品

平らな針
ホントの私
「マコト、さん。本当にこんな所で……その、するの?」
 身を硬くしてエリは言った。両手は自分を守るかのように、しっかりとコートの襟元を握り締めていた。
「ふふ、こんな場所でするのが、エリは好きだったじゃないか」
催眠
ホントの私

シチュエーション・チェンジ
「じいちゃん。朝めしだよー」
 周囲を見回す。ガレージはじいちゃんの作業部屋だ。中にはこの人が作った発明品が散乱していた。
 じいちゃんは発明家だ。自称だけどね。
パラレルワールド
シチュエーション・チェンジ

部屋の中の人形
「何か言いたそうね。騎士グレイ・マフリー」
 この街の警備隊隊長マリア・デ・ラ・トリニダートは、緑色の瞳に憤怒の色を浮かべたまま俺の名前を呼んだ。
 俺より十も若いが、その年よりも幼く見える童顔だ。細く折れそうな小柄な体躯と相まって、まるで小娘に罵倒されているかのような錯覚を覚える。
黒魔術
部屋の中の人形

クリスタルの中庭
 夢の中では、僕と彼女はもっと親密な仲だった。彼氏彼女の仲だったり、同棲していたり。もちろんどんなHな事でもさせてくれた。
「ご主人様」
 あの果実のように色づいた唇が動き、僕にそう告げる。それだけで、僕は天国でもさ迷っているかのような気分になる。
 でも、夢は夢だ。お金があってもできない事はいくらでもある。我に返り、僕は再び彼女の姿を盗み見ていた。
催眠
第一話 「やあ」
 知り合いでもないのに、その男は馴れ馴れしく僕に話し掛けてきた。僕は男の脇をすり抜け、門の扉に手を伸ばした。
「どちら様ですか?僕はあなたに用なんてありませんよ」
第二話  ベッドの中の葉月は、体を毛布で隠しながら僕を睨んでいた。
 睨みつつも、手を伸ばして自分が着るべきメイド服を要求していた。
 僕は天にも上る気持ちだった。
第三話  日奈の口に二度目の精を放った後、僕は口を開いた。
「ン…なあに?ご主人様」
「もしさ。僕が日奈ちゃんを抱きたいと言ったら、どうする?」
第四話  夜、珍しく家の電話が鳴った。
「もしもし。私だ」
 それはあの催眠術師の声だった。

真夜中のオンライン
「おーい、麻野。何書いているんだ?」
 クラスメイトの安田が話し掛けてくる。
「なんだこれ。地図…か?」
「今作っているゲームの中の街だよ」
「お前ゲームなんて作っているのか。…暇だな」
催眠・ネットゲーム
レベル0  日曜日。ゲームショップで新作を物色していた所、意外な人物の姿を目撃した。
 学校中の野郎共が熱を上げている南詩織だ。
 彼女もゲームとかするのだろうか。
レベル1 「名前を決めてください」
 詩織がつけた名前は、ヴィンディー。ゲームの中では、詩織はエルフのヴィンディーとなった。
レベル2 「さてと。昨日の続きをしようかな」
 夜、部屋で宿題を済ませた後、詩織は椅子に座ったまま背伸びをして言った。
 毎週欠かさず見ていたドラマが始まる時間だったが、それよりもゲームの続きがしたかった。

806
「やっぱりどこも高いわね。東京のお部屋って」
 母親がため息交じりに呟く。娘の方は、無言で物件のリストに目を通していた。不動産会社からもらってきたものだ。
 つい先日、都内の大学の合格通知を受け取ったばかりだった。
ハーレム
前編  千秋と母親がそのマンションに辿り着いたのは、夕暮れ時の頃だった。
「本当にここなの?」
「間違いないけど……」
後編  千秋は全裸になり、ベッドの上で喘いでいた。
「私…私ぃ…悪い子になっちゃった……」

傀儡の舞
 俺は村川博。アメリカではヒロと呼ばれていた。有名なスポーツトレーナーのスタッフをやっていた。
 アメリカで得た『力』。これをむざむざと手放すほど、俺は善人ではない。俺は自分の野心の為に、この『力』を大いに使うつもりだ。
マイクロマシン・肉体操作・学園・新体操
1−1  私立緑心学園。関東では名の知れた女子校だ。
 その応接室に、俺は通された。
1−2  目を覚ました時、そこは、鈴菜の自室だった。
 慌てて自分の股間を確かめてみた。何の異常も感じない。
 あれは夢だったのだろうか。
1−3 「鈴菜ぁ、今日もリハビリか?」
 まだ部活が始まるまで、少し時間があった。
「うん、そうなの」
 ぎこちなく、鈴菜は笑う。
1−4 アップテンポの曲が、フロアの上に響いていた。音楽に合わせて、女子部員の体が躍動する。
一瞬一瞬で描かれては消えていく、花火にも似た刹那的な美しさが、そこにあった。
2−1  自然が残る郊外の広い敷地に、長い伝統を誇るその学校はあった。私立緑心学園。
 美人が多いと評判の学校だった。ここの制服に憧れ、受験する者は後を絶たない。

成田離婚
 珍しく晴天に恵まれた六月の朝、一台の高級外車が、一組の新婚カップルを乗せて高速道路を疾走していた。
『成田空港 10Km』そう書かれた標識の前を通り過ぎる。車は、成田空港までの道をひた走っていた。
監禁、洗脳
前編 「あ、あれ?パスポートが無い」
「何やっているのよ、あなたは!まったく」
 若菜は座席の下の覗き込む為、体を低くした。その瞬間。
 浩太郎はいきなり後ろから若菜の体を締め上げた。
中編 「妻の、若菜さんの様子はどうでしょうか?」
 崎野は、浩太郎からの国際電話に苦笑した。
「元気ですよ。今は疲れて寝ていますがね」
後編  若菜は半失神していた。
 その顔は、天国を散歩しているかのように幸せそうだ。

ダークブレス
「あのさ、結菜さんは付き合っている人とかいるの?」
「お付き合いしている人はいません。私はお兄ちゃんのものだから・・・」
黒魔術、ゴスロリ、近親相姦
(1) 漆黒の少女  ピアノの発表会が開催されている市民ホール。虹華の友人も参加するらしい。
「次が友達の番なんだから、ちゃんと聴いてきいていなさいよ」
「はいはい」
(2) まごころ 「魔法をかけた司さんを、結菜は恨んではいないの?」
「恨む?」
 結菜は困惑したような表情を浮かべていた。
(3) お兄ちゃん・・・  俺は床に転がされていた。縛られている事に気づき、首を回して辺りを見た。
「気がついたようね」

トラップ
「天地気功道場・・・?」
 A4サイズのチラシの一番上に、大きな文字でそう書いてあった。
『人生が変わる!』
『病は気から。がんも治る!!』
洗脳・人格改変
トラップ

恵の先生
「お久しぶりです、先輩」
「元気そうね。どう?受験勉強の方は」
「それが・・・」
「私の時は、すごく優秀な家庭教師に勉強を教わったの」
「家庭教師・・・」
「ね、もし良かったら、その人紹介しようか?」
「本当ですか?ぜひお願いします」
マイクロマシン
恵の先生


 

戻る