作品

Sato URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/ts-kenkyuujo/
誤認
「ま、まただわ…」
 私は沸きあがってくる衝動を押し殺すのに必死だった。
 …私はそんな女じゃないのに…
催眠術
誤認

変わらない日常
 人の心って何だろう?もし自分が自分の意思だと思って心の中で考えている事が、他人から植え付けられているものだとしたら?
特殊催眠能力
第1話 前編  僕がこの「力」を得てからと言うもの、そういうことを考えるようになっていた。
 他人の意思を思うままに操作できるこの力を得てからは。
第1話 後編  僕は完全に思考能力を失った、生気のない目を向けている渡瀬さんを目の前にして、興奮を隠し切れなかった。
第2話 「ねえねえ、健輔!」
 僕は美帆子の奴に声を掛けられた。
第3話  僕の能力を使えば、何をどこまでできるのか。
 それを知っておかないと、取り返しのつかない事になってしまう。
第4話 「おはようー!」
「あ、おはよう、文香」
 社交的になった文香に引き気味だったクラスメイトたちも、最近は普通に応対してくれる。
第5話  起きてみると千晴は自分を取り巻く全てのものが変化している事に気が付き、愕然とした。
「や、やっぱり…」
 体を起こしてみると、そこには見慣れない光景が広がっていた。


 

戻る