作品

北浦芸州
琴音の店
 都内でも有数の盛り場の一角に、琴音の店が入居している雑居ビルがある。
 彼女の店を訪れるのは久しぶりだ。
 花売りにみつくろってもらった花束を手に、俺は扉を押して、中に入った。
催眠・媚薬
琴音の店

温泉宿
 あ〜あ、女三人で温泉になんか来るんじゃなかったよ。
 そりゃあ世間は温泉ブームとかいってるけどさ。
 ま、文句言っても始まらないし、露天風呂でも入ろうかな・・・
ドラッグ・4P
温泉宿

超越医学研究所HML
そもそも超越医学とは、現在の医学では解明不可能な症例や、生物・生命学的なテーマについて、臨床実験のみならず、現代医学の範疇を超えた、超科学の見地からアプローチを試み、真理を究明していくという……。
医療・マインドコントロール
プロローグ  皆さ―――ん、今日も健康な一日をお過ごしでしょうか?
 こちらは、超越医学研究所で―――す。
隔離病棟  皆さ―――ん、お久しぶりです!
 私のことを覚えておいででしょうか?
 超越医学研究所・主任研究員の神保美紀です!
 この日、私は隔離病棟に収容中の患者の診察に向かうはずだったのですが……。
いけないリラクゼーション  被験者求む!
 当方美人看護婦多数在籍
 電話 ○○○−××××  超越医学研究所
中華怪談腹嬢虫  ここが僕の職場だ。
 超越医学研究所―――。
 僕は医者としての第一歩を踏み出したんだ!
海へ、see you  うふ、うふ、うふふふふ……。
 ここは海水浴客がよく利用する海辺の旅館の和室。
 一人の女性が床の間を背に正座している。
女兵士キャシー  ここに来て、かれこれ半年がたつ。
 超越医学研究所。
 その病棟の一室が、今のあたしのねぐらということになっている。
イブの悲劇 「よっしゃ悦っちゃん、ランチャーかまえ、や!」
「はい、先生!」
「ねらえ! ……て――――っ!!」
JINBO電撃作戦(前編)  神保美紀で〜〜〜す!
 今回は、な、な、なんと海外出張ですの。
 オーストリアはエリノア財団の実態をこの目で見届けてこいと。
 がんばらなくっちゃ、ですわ!
JINBO電撃作戦(後編)  謎の医師が、キャシーさんの過去に関係しているらしい、ということがわかってきました。
 この一件、何やらきな臭い匂いがしてくるのですが……。
女の戦い  ――神保主任の海外出張が伸びたんやて?
 ――するといま、キャシー竹橋はノーマークっちゅうわけやな。
 ――えらい好都合やんか。試して、みるか?
カメレオンガール  よお、みんな、元気かい?
 すこぶる元気がないあたしの名前はキャシー竹橋。
 信じてもらえないかもしれないが、もともとの仕事は職業軍人、女兵士ってやつだ。
砂の記憶(前編)  軍用ヘリのプロペラの音が、耳にこびりついて離れない。
 仲間達は青ざめた顔をしている。
 今から人殺しに行くのさ……。夢も希望もありはしない。
 あたしの名前はキャシー竹橋。兵士として生まれ、兵士として死ぬ……。
砂の記憶(後編)  連絡を受けた私は、大佐と呼ばれる人物を追い求めて、都内のホテルへと向かったのです。
 そこには……。
武器よさらば(前編) 「ハァッ、ハァッ・・・・・・・・・いったいどこへ逃げた?」
 ここは日本のどこかの黒い森が群生そている山岳地帯。
 暗い山の森林地帯を巫女は駆けていた。
武器よさらば(後編) 「神保君、君に伝えたいことがあってね」
「……なんでしょう?」
「ウィーンのエリノア財団本部から、ぜひ君を客員研究員として迎えたいという話が来ている」


 

戻る