夢の続き


 

 

プロローグ

 夢を、見た。
 翠色の、夢。
 物心ついた頃から何度も何度も見てきた、同じ景色。

 どこかの森の中。高い壁に囲まれた、古い2階建ての大きな洋館。
 僕は鉄柵でできた大きな門の外側から、いつもその建物を覗いていた。

 門から建物の扉まで、煉瓦で舗装された道が続いている。
 その途中には噴水があり、青空の下、涼しげな水流を吹き上げている。

 通路の先にある、大きな両開きの、立派な扉。
 その中に入れば、何かが手に入る。何かが、だ。
 そのことは、なぜだか理解していた。

 でも、そこまで行くことはできない。
 なぜなら門には必ず鍵がかかっていて、僕には開けることができなかったから。

 だからいつも僕は門の外側から、その建物をただぼんやりと眺めていた……。

 
 


 

 

戻る