夢の続き


 

 

ending

 夢を、見た。
 翠色の、夢。
 物心ついた頃から何度も何度も見てきた、同じ景色。

 どこかの森の中。高い壁に囲まれた、古い2階建ての大きな洋館。
 僕は鉄柵でできた大きな門の外側から、いつもその建物を覗いていた。

 門から建物の扉まで、煉瓦で舗装された道が続いている。
 その途中には噴水があり、青空の下、涼しげな水流を吹き上げている。

 通路の先にある、大きな両開きの、立派な扉。

 ……だけど、僕がその扉を開けることは、もう、無い。

 首から、鍵をつないだネックレスを外す。
 そしてその革ひもから、鍵を抜き取った。

 後ろを、振り返る。
 そこには道もなく、ただ鬱蒼とした木々が、視野の届く限りに広がっている。

 僕は鍵を握りしめ、腕を大きく振りかぶり、思い切りそれを投げ放った。

“がさ…、ぱさっ……”

 ……鍵は、森の暗がりの中へと姿を消す。
 最後に、木々だか下生えの草葉がかき乱される小さな音が、耳に届いた。

 これでもう、この夢は終わる
 僕がここに来ることは二度と無い。そう知った。

 ──っと、
 視線を背中に感じた。
 慌てて後ろを振り向く。

 そこには見慣れた、相変わらずの光景が広がっているだけだった。

 ただ、館だけが存在し、僕を『見て』いる。

『僕は……』

 この夢は、僕の夢、僕の世界、…そう思っていた。

 ……しかし、それは本当にそうだったのか…。

 まぶたに、日の光を感じる。
 この世界の光ではなく、現実の世界の光。

 まもなく、僕は目を覚ますだろう。
 そして、この夢を見るのも、これで終わり。

『でも……』

 この夢の世界、この館はそれで消えるのだろうか…?



 僕は最後に、目を開けるまでのつかの間の時間、その永遠の館を眺め続けていた………

 
 
< 夢の続き 了 >


 

 

戻る