ツインズ!

〜おカタい彼とハチャメチャな彼女〜


 

 



エピローグ やっぱり振り回される彼と相変わらずな彼女







 あの事件の後、僕は自分から羽実に告白することにした。

「あのさ……僕、羽実のことが、すっ、好きなんだ。だから、つ、つきあってくれないかな……?」

 羽実が僕のことを好きだってわかってても、やっぱり自分から告白するのは恥ずかしいし、緊張する。
 でも、これだけは僕の方からしなきゃいけないって、そう思うようになったんだ。

「ど、どうかな、羽実……?」
「う、うん……いいよ……」

 やっぱり真っ赤な顔をして、羽実が恥ずかしそうに頷く。

「ありがとう、羽実!」
「きゃっ?陸くん?」

 OKの返事に、嬉しくて抱きしめると、羽実が小さく悲鳴を上げた。

「ありがとう、羽実!」
「……うん」

 もう一度ありがとうって言うと、僕の胸の中で羽実が小さく頷いて、おずおずと背中に腕を回してきた。

 そうやってしばらくの間抱き合った後で、また、互いに見つめ合う。

「……キス、しようか?」
「……うん、いいよ、陸くん」

 僕の方からそう言うと、羽実も恥ずかしそうに頷き返してくる。
 そして、どちらからともなく目をつむって、顔を近づけていく。

「ちゅ……」
「ん……」

 僕と羽実の唇の当たる、柔らかな感触。

「んふ……ん……」
「ん……んん……」

 唇を当てるだけの軽いキスだけど、朝にやってたキスよりかはずっと長い時間そうやっていた。

「ん……ふう……へへへ」
「んふぅ……ふふっ」

 長めのキスを終えると、またまた顔を真っ赤にして互いに笑い合う僕たち。

 今、すごく幸せな気持ちだけど、やっぱり、僕たちはまだまだこれが精一杯だな……。






* * *







 で、一方の空はというと……。

 あの一件以来、空は催眠術を使って僕の身の回りを騒がせることはなくなった。
 おかげで、今までにないくらい平穏な毎日が続いている。
 その代わりに、羽実とつきあい始めたことで、毎日僕らは明日菜と亜希にからかわれっぱなしだけど。
 まあでも、そんなのも幸せのうちだよね。

 で、空なんだけど、おとなしくなったせいか、このところ、だいぶ女の子らしさが増してる気がする。

 早く、空も幸せになってくれればいいのに……。

 そんなことを願わずにはいられない僕だった。









 そして、僕と羽実がつきあい始めて、1ヶ月ほどが過ぎて……。

 夜、最近にしては珍しく空が僕の部屋にやってきた。

「陸……いろんなことがあったけど、陸と羽実がつきあってくれて、あたしも嬉しいわ」
「……うん」

 まあ、いろんなことを引き起こしたのは主におまえなんだけどな。

「あたしも、いい人を見つけることができるように頑張るから」
「……うん」

 まったく、そうしてくれると僕も助かるよ。

「でもね、なかなかすぐにはいい人って見つかりそうもないし。何かあったときには陸に助けて欲しいなー、って」

 まあ、それは兄妹なんだから、空が困ったときには助けてやるってば。
 そんなことを言うためにわざわざ僕の部屋に来たのか、おまえは?

「でね、あたし……もう少しの間、陸に助けて欲しいなって……」

 ……て、ん?
 何が言いたいの?
 ていうか、なにもじもじしてるの?

「あのね……やっぱりあたし、あの時のことがどうしても忘れられないのよね……」

 あの時の?
 いつのことを言ってんだよ?

「いや、本当にいつか絶対にいい人見つけるから!陸と羽実の関係に波風立てるようなことは絶対しないから!でも……でもね……あたしには、もう少しの間、陸が必要なの……」

 はい?
 なに言ってんの、おまえ?

「それでね。あたし……今日は安全な日なんだ……」

 ちょっと待て!?
 安全な日って……おまえ、まさか……!?

「だからぁ……いいでしょ?」

 そう言って、ニコッと笑う空。
 その笑顔は妙にきれいで、パチッとした目が期待に輝いてるのがわかった。

 まさか……まさかおまえ、あの言葉を言うつもりなのか!?

「ね?陸?」

 や、やめろ……やめろよ、空……。
 その言葉を言うのはやめろって……!

「”ケダモノの陸はあたしのことしか見えない”」
「うっ……!」





 一瞬、目眩がして目の前が暗転した。





「おう、空……」
「へへへ、陸……」

 目の前が明るくなると、気恥ずかしそうにしている空の姿が飛び込んできた。

 こいつは俺の双子の妹で、俺の、俺だけのもの。
 ハッ、きょうもいい女じゃねえか。

「よう、安全な日だからって、かわいいことを言うじゃねぇか」
「……うん」

 顔を真っ赤にして、空が小さく頷く。
 まったく、本当にかわいい奴だぜ。

「よし、じゃあ、今日はいっぱいおまえとしてやるよ」
「ホントに!?」

 俺の言葉に、パァッと嬉しそうな笑顔が弾ける。
 そんなに俺としたかったのかよ、おまえは。
 て、まあいいか。
 俺もそのつもりなんだし。

「なんたっておまえは俺の女だからな。たっぷりかわいがってやるぜ」
「嬉しいっ、陸!」
「それに、約束もしたしな。おまえの胸がでかくなるまでいっぱい揉んでやるって」
「うんっ!あたしのおっぱい、いっぱいいっぱい揉んで!そして、いっぱいいっぱい気持ちよくして!そう思って、父さんも母さんも気がつかないように催眠術かけてきたから!」
「はっ、まったく用意がいいな、おまえは。いいぜ、おまえが満足するまでいっぱいしてやるよ。でも、その前に……」

 空の体をぐいっと抱き寄せると、向こうからぎゅっと抱きついてくる。

「……んっ、んむっ」
「……んんっ、んふぅっ」

 そんな空を思い切り抱きしめながらその唇に舌を差し込んで、まずは濃厚なキスをしてやったのだった。

 
 
< 終 >


 

 

戻る