石のチカラ


 

 

はじまり


「これ、落としませんでした?」 家へと足早にむかうはるかの後ろから、呼びかける声が聞こえる。

振り返ると、顔立ちのきれいな女性が何かを手に持って立っている。 なんだか怪しいほどに美しく背の高い女性だ。

何か落としたかなと思いつつ、女性の手の中にある何かを覗き込む。 それは小ぶりの赤い石のついたペンダント。

「あぁ、きれいなペンダント…」 そう思った瞬間、石が鈍く光り、はるかの目がうつろで平坦なものに変わる。

「これ、あなた落としたわよね」

はるかは、ペンダントに見覚えがないがどうしても違うと言えず、思わず 「はい…」と答える。

「あなたの大事なペンダント。いつもしっかり身につけておかないとだめじゃない。 お風呂の時も、寝る時もいつもつけてるんでしょう?」

言い返せないのを知っているかのように、女性は続ける。

「あ、そうだった。大切なペンダント、ちゃんとつけておかなきゃ…」

うつろな頭ではるかは答え、女性からペンダントを受け取る。

「ありがとう」

そういって立ち去るはるかを女性は微笑みながら見送る。

これから起こることを楽しむように。

 
 


 

 

戻る