サイの血族


 

 



48


「ほんっとムカつく!」

 絵実は早足で歩きながらそう言った。

 隼人はそのプリプリと動くヒップを後ろから眺めながらついて行く。

「絵実、そんなに急いだら結界が・・・」

 亜実がそれを制すように言う。

「だって・・・」

「あんな半助みたいな奴がひとりで来るはずないじゃない。ほかにも、きっと誰かいるよ」

「あっ・・・そうか」

「そうよ。あいつが来たのはあたしたちを油断させるためかも」

「わかった」

 隼人の前と後ろで交わされた会話はここで終わった。

 亜実と絵実は最初のときのように隼人の両側に来て歩きはじめる。

「それにしても隼人さまぁ・・・」

 絵実の声が甘くなる。

「助けてくれたお礼に、なんでも好きなことして・あ・げ・る」

 絵実は最後の言葉を句切って言う。ハートマーク満載のデコメみたいな口調だ。

「そんな・・・いいけど・・・ところで、あの半助って奴も忍者なの?」

 隼人はドギマギして話題をそらした。いくら自分の存在がまわりからわからないとはいえ、ここは天下の公道なのだ。

「ふん! あんなの・・・いちおう下忍だけど・・・」

「あのときは、あいつが絵実ちゃんに夢中だったからなんとかなったけどさ、ほんとに強い奴が来たら自信ない・・・ってか、ケンカなんてしたことないし」

「でも、なかなかいいスイングだったよ」

 亜実が言う。

「夢中だったから・・・」

 照れ臭くて隼人は頭をかいた。

「あいつはさ、一族の小間使いみたいな奴なんだ。能力低くてみんなからバカにされてるし」

「どおりで弱かったはずだ・・・二人のこと覗いて、口説く度胸もないなんて言ってたもんね」

「あっ・・・」

「なに? また誰か来たの?」

「そうじゃなくて・・・気になる?」

「なにが?」

「あたしたちのなにを覗いてたか・・・」

 亜実を見ると真っ赤だった。

「いや・・・ぜんぜん・・・そんなこと考えてもいなかった」

「わかったら嫌われちゃう」

 亜実の顔が暗くなる。

「どしたの?」

「ねえ、隼人様、あたしたちのこと嫌いにならないって約束してくれる?」

 亜実が真剣な眼をして言う。

「あたしからもお願〜い。だって・・・だってぇ・・・」

 絵実が組んだ腕をバストに押しつけてきた。

「わ、わかったよ・・・」

 隼人はこんなんで自分のことが守れるのかと心配になってきた。

「ほんとにぃ?」

 絵実が媚びを含んだ目で見つめてくる。

「うん。なんだかわかんないけど、約束するよ」

 隼人はヤケになって言った。

「あ〜ん。おっとこらし〜い。だから隼人さま、すてき」

 絵実がバストをグリグリと押しつけてくる。これはこれで悪い気はしない。

「あのね。半助は、あたしたちの修行をいつも覗いてたんだ」

「修行って?」

 なんのことだかわからず、隼人はオウム返しに聞く。

「だからぁ・・・九の一の修行だよ・・・」

「えっ?」

「もう・・・エッチの修行にきまってんじゃない・・・ここまで言わせないでよ・・・」

 なんだか絵実がしおらしくなってしまった。

「そうだったんだ・・・」

「嫌いになった?」

「あ・・・ううん。ごめんね。嫌なこと言わせちゃったみたい」

「あ〜ん・・・もう・・・隼人さまったらぁ・・・やさしいんだからぁ・・・またジュンってきちゃった・・・もう・・・好きにしてぇ・・・」

 絵実はバストの谷間に腕を挟んで下半身まで押しつけてきた。

「あっ・・・こら。だめだよ。また結界が緩んじゃうよ」

「いじわるぅ〜」

 絵実はふくれて見せた。

「でもさ・・・そのエッチの修行って・・・だれとするの?」

「気になる」

「うん・・・ちょっとだけ・・・」

「お屋形様だよ」

「あのさ、そのお屋形様ってどんな人? 『サイ』が使えるのって斎部家の人間だけだと思ってたから」

「えっと・・・昔、あたしたちの一族は近いところに集落を作ってたんだって。で、交流もあったから隼人様の家の血もお屋形様に引き継がれているって」

「じゃあ・・・」

「でも、おんなじじゃないっていうか、普通の女の人にかけられないし、完全じゃないんだって」

「ふ〜ん・・・で、どんな人なの?」

「白髪のオジサン」

「えっ・・・?」

「ワンレンの白髪頭。なんだっけ・・・」

「総髪」

 亜実が助け船を入れる。

「そうそう、それ。怪しいんだ。睨まれると身体が動かなくなっちゃう」

「ふ〜ん・・・」

「そうそう、あたしたちの一族は四つに分かれていて、それぞれ得意技があるんだ」

「どんな?」

「亜実とあたしは朱雀、これは九の一の門なんだ。お屋形様は玄武で一族を統率する役目で、白虎と青龍は戦闘を受け持つの」

「じゃあ、あの半助って奴は?」

「あれは文字通り門外漢。小間使いみたいな・・・」

「だから、あいつが来たときバカにしてたんだ」

「そうだよ。あんな奴が来るなんて・・・」

 絵実は思い出したのか、ちょっとふくれてみせる。

「ちょっと、おかしい感じがする。一族になんか起こってるんじゃないかな?」

 亜実が口を挟む。

「どういうこと?」

 絵実が亜実の顔を覗き込むような体勢になり、胸の膨らみがよけいに隼人へ押しつけられる。

「気になるんだ。あたしたちがお屋形様から命令を受けたとき里には誰もいなかったじゃない」

「そういえば・・・いま頼りになるのはお前たちしかいないって言ってた」

「ねえ、それ、いつから?」

 二人の話を聞いて隼人は家のことが心配になった。雄大や葉月、もしかしたら結花や奈緒、それに早苗の身が案ぜられた。

「どうして?」

 亜実と絵実の声がハモる。

「僕の家が襲われてるんじゃないかと思って・・・」

「それはないわ」

「なんで?」

「隼人様のお父さまが結界を作ってるから・・・お屋形様だって命懸けで破れるかどうか・・・」

「僕は結界なんて作れないし・・・そんな力が『サイ』にあることだって知らなかったし・・・」

「だって、まだ一人前じゃないんでしょ」

「あっ・・・」

 どうやら、まだ「サイ」には知らない秘密があるらしいことに気がついた隼人は言葉を飲み込んだ。

「お狐様が教えてくれたの。隼人様は一族をひとつにまとめてくれるんだって。だから伊賀の里まであたしたちが案内するの」

「そうなんだ・・・」

 そう言ったとき目の前で人の気配がした。

「絵実!」

「おうっ!」

 二人は瞬時に反応してムササビのように飛び上がった。そして隼人を背にして印を結ぶ。

「オンチラチラヤソワカ!」

 呪文がハーモニーになって聞こえ、隼人には風景が陽炎のように揺れて見えた。

「くっ! 才蔵か。どうして雑魚ばっかり・・・」

 影が人のかたちになり、やがてチェックのネルシャツを着て頭にバンダナを巻いた若い男の姿になる。亜実の言葉を聞くまでもなく、でっぷりと肥った男は、どう見ても強そうじゃない。

「やあっ!」

 掛け声とともに絵実の身体が宙を舞った。

 回し蹴りが男の側頭部に炸裂する。

「ぐげっ・・・」

 男はおかしな声をあげて路上に倒れ込む。

「とおっ!」

 こんどはトゥキックが、だらしがなく肥った男の腹にめり込んだ。

 亜実はその後ろで呪文を唱えている。

 絵実はまた宙に跳び、体重をかけた肘を男の首めがけて落下させた。

「がふっ・・・!」

 肉から空気が漏れるような嫌な音がして男が痙攣する。

 その素早い一連の動作は体操選手のように美しかった。しかし、ふわりと捲れたワンピースから、なにも履いていない下肢が隼人からは丸見えだった。

「行こう」

 口から泡を吹いて脱力した男を見て絵実が言った。

「し・・・死んじゃったの・・・?」

 隼人は歩き出した絵実を追いかけながら言う。

「まさか。あれくらいじゃ死なない。でも、当分は動けないし、亜実の呪文がかかってるから、もう戦えない」

 絵実の声は不機嫌そうだ。

「ほんと、おかしいわ・・・」

「ねぇ、どうしちゃったのかしら?」

 亜実と絵実は立ち止まった。

「しかし・・・すごいな。絵実ちゃん、強いんだ。感心しちゃった」

「ふん! あんな奴、青龍の下っ端でクズだよ」

「でも、かっこよかった」

 考えてみれば男はひと声も発することもなく倒されている。見事としか言いようがなかった。徹底した先取攻撃と圧倒的な気合い、それに華麗とも言える技を見て、さっきまで亜実と絵実に「守る」と言われて心配だった気持ちが隼人から吹っ飛んでいた。

「あいつはね、みんなに雲隠れの才蔵って呼ばれてるんだ。仕事があるとき、どこかへ行って逃げちゃうから。そんな奴を倒したからって褒められてもうれしくない」

「絵実、やっぱりヘンだよ。半助の次が才蔵なんて。絶対なんかある」

「そう・・・だね・・・」

「ちょっと確かめてみよう」

「どうやって?」

「才蔵に聞くんだ」

「戻るの?」

「だって、これから先のことを考えると、そうした方が・・・」

「そう・・・だね・・・」

 亜実と絵実はきびすを返した。

 隼人は黙って二人についていく。

「おい! サイゾー!」

 絵実が道端に倒れている才蔵の脇腹を蹴る。

「げふっ・・・」

 意識が戻ったらしい才蔵は上半身を起こして頭を振っている。その動作は緩慢で危ない感じはしない。

「サイゾー! なんでお前があたしたちを襲ったんだ?」

「あ・・・?」

 才蔵は不思議そうな眼で絵実を眺めた。

「なんでお前が来た? 青龍の兄さんたちがなぜ来ないんだ?」

 そう詰問する絵実の背中から炎が立っているように見える。

「お・・・やか・・・た・・・さまが・・・」

 その迫力に怯えたように才蔵は途切れ途切れに答えた。

「そのお屋形様が、なぜお前なんかに命令したか聞いてるんだ!」

 つり上がった目と口からも炎が出てくるような語気に才蔵が震える。

「あにさんたちは・・・にげた・・・」

「逃げたぁ?」

「あたらしい・・・ヒが来るから・・・って・・・」

「なんだ、ヒって?」

 もしかしたら「サヒ」のことではないか。隼人はそう思った。

「せいりゅうの者は・・・みらいを見通す・・・遠視ができるから・・・」

「お前にもできるのか! だったら教えろ!」

「いや・・・おいらは血が薄くて・・・できない・・・だから・・・おやかたさまに・・・死んでこいと・・・言われた・・・」

「それで、のこのこやって来たのか・・・」

 絵実が呆れた声で言うと、身体から発散するオーラのようなものが消えた。

「どうせ、おいらはつまはじき者だし・・・絵実に殺されるんならいいよ・・・こうして絵実のあそこもたっぷり拝めたし・・・」

 才蔵の視線はしゃがんだ絵実の股間に注がれていた。

「ばかぁ〜っ!!」

 そう叫んで立ち上がった絵実の踵落としが才蔵の頭頂部に炸裂した。

 ボクッと嫌な音がして才蔵はふたたび倒れ痙攣した。

 高く伸びた脚、ふわりと捲れ上がったスカート、淡い茂みが隼人からスローモーションのように見えた。

「絵実・・・ちゃん・・・」

 隼人は思わず絵実を呼んでいた。

「なによ?」

「パンツ・・・どしちゃったの?」

「あ・・・捨てたわよ。半助が舐めたパンツなんかはけるわけないじゃない」

 言葉だけだと怒っているようにも聞こえたが、絵実の顔は恥じらいで赤く染まっていた。

「なによ・・・ニヤニヤしちゃって・・・」

「だってスカートの下がノーパンだなんて色っぽくてさ」

 隼人はニヤリと笑う。

「もう! 隼人様のばかぁ!」

 絵実の顔がますます赤くなる。

「ごめん。なんだか殺伐とした雰囲気だったから場を和ませようと思って」

「あ〜ん・・・もう・・・敵を倒した後は、そうじゃなくても興奮しちゃうのにぃ・・・」

「えっ・・・もしかして絵実ちゃん・・・」

「ばか・・・」

 絵実は身体をくねらせながら言った。

「ほんと言うと、僕も興奮しちゃったんだ。なんか裸より色っぽい感じがしてスカートの中に潜り込みたくなっちゃった」

「あ・・・」

 隼人の言葉を聞いてキュンというよりもジュンとしてしまった絵実だった。

「して・・・いいよ・・・それ・・・」

「えっ・・・?」

「だから・・・して・・・それ・・・」

 その潤んだ眼を見れば絵実が欲情していることは一目瞭然だった。

「うわっ、男子の夢だな・・・それ・・・」

 次の瞬間には隼人の頭は絵実のスカートの中へ潜り込んでいた。

「きゃ・・・ん・・・」

 両手でふとももを抱えられ、あそこへ頬ずりをされて絵実は身体を震わせる。ただでさえ、戦いの後は敏感になってしまっているのに、隼人の鼻先が茂みをかき分けるようにして肉芽へ迫っていた。

「はっ・・・くぅ・・・ん・・・」

 触れそうで触れないもどかしさに絵実は身をよじらせながら隼人の顔へ下半身を押しつける。

 スカート越しの柔らかい光の中で絵実のふとももは輝いて見えた。その美しさを楽しみながら隼人は手の位置を上へずらしていく。

「あっ・・・そこ・・・やんっ・・・」

 指先がアヌスに触れたのを感じて絵実は反射的に腰を突き出し、結果として隼人の顔を股で挟むような恰好になってしまう。

「いやぁぁぁ〜!」

 素早く隼人の長い舌が秘肉をとらえていた。

「だめ! だめぇぇぇ!」

 隼人の器用な舌の動きとアヌスを彷徨う指先に早くも絵実は絶頂を迎えていた。

「ああん・・・そこ・・・」

 絵実は隼人の指を迎え入れるように腰をグラインドさせた。

「ひゃぁぁんっ!」

 勢いで中指が第二関節あたりまで埋没して絵実が嬌声をあげる。

「ああん・・・どして? おしりのあな・・・きもち・・・いい・・・」

 隼人はオーガズムを送っていない。なのに絵実は激しく悶えている。どうやらアヌスの快感に目覚めてしまったようだ。

「あんっ! あっ・・・くっ・・・くぅっ!」

 指を軽く挿送しただけで絵実は痙攣を繰り返した。

 気がつくと、しゃがんだ隼人の腰に亜実の手がまわり込みベルトを外そうとしていた。

 ジーンズのボタンが外されファスナーが下ろされていく。そして露わになった屹立を亜実の手のひらが包み込んだ。

「あ・・・」

 いくら術で通行人からは見えないと言われても路上で下半身を露出されるのは恥ずかしい。隼人は自分がやっていることを棚に上げて驚きの声を上げる。

「ずるい。絵実ばっかり・・・」

 明らかに媚びを含んだ口調で亜実が言った。

 そして屹立をしごきはじめる。

 そのタッチは絶妙で一気に隼人のボルテージが上がる。

「じゃあ亜実ちゃんにも」

 隼人は絵実の快感を亜実に送り込んだ。

「はうっ!」

 喘ぎとともに亜実の身体が硬直した。

 隼人の中指は絵実のアヌスへ完全に埋没して内壁をこすっていたのだ。

「ああん! お尻がこんなに感じるなんて・・・隼人さまったら・・・」

 亜実はそう言いながら隼人のものをしごき続ける。

 もう我慢ができなかった。

「亜実ちゃん。パンツ脱いで・・・僕と・・・」

 スカートの中から顔を出した隼人はそう言って立ち上がった。もちろん中指は絵実に挿入したままだ。

「うん」

 亜実はすぐにパンティを脱いでスカートを捲り上げ、道端の草むらに横になる。

 隼人に倒錯した欲望が芽生えた。

「絵実ちゃん、亜実ちゃんの上になって」

 挿れた指で絵実を誘導する。

「ああん・・・なに・・・?」

「亜実ちゃんは脚を開いて」

「いや・・・こんなの・・・」

 大きく脚を開いた亜実の上に絵実が四つん這いになる。

「いくよ」

 隼人は亜実の蜜壺へ屹立を挿入して、その感覚を絵実に転送した。

「いやぁぁぁぁっ!」

 ふたりが声を揃えて絶叫した。その快感の深さは中指を締めつけてくる絵実のアヌスからもよくわかった。

 隼人は十回ほど勢いよく挿送すると屹立を引き抜き、こんどは絵実の蜜壺へ挿入した。そのときは絵実の感覚を亜実へ転送する。

 ふたりの嬌声がハーモニーになって空へ響く。

 隼人は亜実と絵実の中へ交互に挿入を繰り返した。

 快感を共有したふたりは、いつしか抱き合い、お互いの身体をまさぐっていた。

 双子で顔かたちはそっくりなのに蜜壺の感触が違うのに隼人は驚いていた。亜実はしっとりと絡みつくような感じだし、絵実は筋肉質というかコリコリと屹立を締めつけてくる。そのふたりが我を忘れて抱き合い互いを求め合う光景は倒錯を通り越して神々しささえ覚えるほどだ。見ているだけで昂ぶり隼人にも限界が訪れる。

「うおぉぉぉぉぉっ!!」

 亜実の中で隼人は思いきり放出してしまう。

 そのとき無意識に自分の絶頂感をふたりに送り込んでいた。

「あうぅぅぅぅぅっ!!」

 その脈動のたびに亜実と絵実は絶叫して、苦悶にも似た表情で射精の快感を味わう結果になった。

 やがて三人は脱力して荒い息をしながら折り重なった。

 気がついたときには遅かった。

 ズボンを脱いだ才蔵が勃起したものを誇示するように三人の傍らに立っていた。

「どけっ!」

 才蔵は隼人の脇腹を蹴りながら言う。

 隼人はふたりの上から転がり落ちた。才蔵は亜実と絵実に覆い被さる。

「やめろっ!」

 間一髪、屹立に手を添えてバックから絵実に挿入しようとしている才蔵に、隼人は脇腹の痛みをこらえながら体当たりをかます。肥ったブヨブヨの身体がよろめき、才蔵は怒りの目で隼人を睨んだ。

「邪魔すんな!」

 才蔵は腕を振り回す。

 隼人は飛び退いて身構える。

 そんな争いに気がついているはずなのに、亜実と絵実は腰が抜けてしまったのか動けずにいた。

「お前ばっかり、いい思いしやがって」

 才蔵は立ち上がって隼人の首に手をかけた。

「ぐえっ!」

 いくら落ちこぼれでも修行した才蔵の腕力に敵うはずもなく、隼人は首を絞められてもがいた。

 もうダメかもしれない。抵抗する気力が抜けかけたとき、空が暗くなり雷鳴がとどろいた。遠くなる意識の中で隼人は運命を悟った。

 ピシャーンッ!

 地響きがして、カミナリが才蔵の頭に突き刺さったように見えた。衝撃が走って隼人は地面に落ちる。見上げると、仁王立ちしたまま微動だにしない才蔵の身体から陽炎のようなものが立ちのぼっていた。シュールな光景に助かったという気持ちが湧かず呆然と見ることしかできない。

 やがて、その陽炎が形になりはじめ、つり上がった眼が見えるようになった。

「お・・・きつね・・・さま・・・」

 気がついたらしい亜実が幽霊に出会ったような声で切れ切れに言った。

 そのときには、はっきりと尖った耳が見え、陽炎はまさしく狐の形になっていた。

 ゆらり。才蔵の身体が揺れ、次の瞬間には地響きを立てて倒れた。

 狐の形になった陽炎は跳躍して天高くへと登っていく。

「ケーン」という鳴き声が聞こえたような気がして、隼人は空を見上げた。そのときには陽炎は雲と見分けがつかなくなっていた。やっと身体に血が巡る温かさを感じた。

「行きましょう」

 亜実はへたり込んでいる隼人の袖を引っ張ってそう言った。

「だって・・・」

「下半身まる出しで雷に打たれて死んだ男なんて放ってかなきゃ。警察でも来たら厄介だわ」

「ほんとに・・・死んじゃったの?」

「だって黒こげじゃない。はやく行かなくっちゃ。絵実も!」

「うん」

 絵実はまだふらついていた。

 三人は小走りで才蔵だった物体から遠ざかっていった。

 
 


 

 

戻る