○○なあたし


 

 



エピローグ?


「へぇー、それは赤っ恥だったねー」
 そう言って、目の前の流はオレンジジュースをストローで一口。
「赤っ恥だよ……」
 そうつぶやいて、飲みかけのコーヒーを目の前にうなだれる涼。
「締まらないんだから」
 そう文句を言いつつ、あたしは手元のチョコパフェにスプーンを突き刺した。

 月曜日。試験も終わり、授業は午前中のみ。
 流は生徒会と書類片付け、あたしはその手伝い、涼は部活を終えて、あたし達はいつものファミレスにいた。

「普段かっこつけない人が頑張ろうとするとー、そうなるよねー」
「はい、仰る通りです」
 例の観覧者からプロポーズまでの流れを聞いて、冷やかす流と、おちょくられる涼。
「ついでに言うと、夕飯に焼き肉リクエストした都ちゃんとお似合いだと思います」
「うるっせえよ! 気にしてたのに!」
 とばっちりを食らった。
「のろけー」
「ちげーよ! 黙れ! 便乗しておちょくるな!」
「それはともかくー」
 今度は無視された。
「受けなかったのー?」
 と言って、流はあたしの「右手」を指さす。
「あ、いや……」
 思わず、右にいる涼に目配せする。……うん。OK、とうなずく。
 意を決して、右手の薬指から、指輪を抜き取る。
 そのまま、左の薬指に付け替えた。
「……こういうことです」
「おめでとー!」
 満面の笑みでぱちぱちと拍手する流。

 うちは私服でOKなのもあって、指輪一つくらいならしていても怒られない(体育では外すけど)。
 けれど、さすがにクラスで左手薬指の指輪を見せるのは、いろんな意味で無理だった。もちろん家でも無理だ。家族にもまだ話せないし。話すにしてもタイミングというものがある。
 というわけで、普段は指輪を右手につけることにしたのだった。

「ちなみに、都ちゃんに言ってなかったけど、もう都ちゃんは僕の催眠しか受け付けないから」
「え? そうなの?」
「うん。一昨日催眠入れ直したときに、そうしておいた」
「どれどれー? こっち向いてー? ……『ラストカードは私に』」
「…………あたし、かかってない?」
 正面からゆっくり右を向いて、涼に確認する。
 自覚では多分かかってないと思うけど、念のため。
「かかってないね」
「都ー、ここでジーンズ脱いでー」
「流お前何言ってんだよ! 万が一やっちまったら大変だろうが!」
 ……正面にいる親友はマジで加減を知らないんじゃないだろうか、とたまに思う。
「あははー、かかってなさそうだねー。……これで名実共に涼くんのモノだねー」
「うるっせえっつの!! んなことをこの場で言うなっ!」



「都ちゃん、ちょっと良い?」
「……え? あ」
 涼の意図を察して、一旦立ち上がると、涼があたしの隣を通り過ぎ、店の奥へ向かっていった。……コーヒーを飲んだからだろう。

「……ねー、都ちゃんー」
「ん?」
「実はねー、私ー、涼くんにー、婚約指輪に良さそうなのー、教えてたんだー」
「……へぇ?」
 じゃあこれ、流のオススメなのか。
「単なる私のお節介だったんだけどねー。……でもねー、その指輪ー、私が紹介したのと違うやつなのー」
「えっ」
「涼くんー、自分で選んだんだろうねー。
 もしかしたらー、前から婚約指輪を何にするかー、決めてたんじゃないかなー?」
「……そうなんだ」
 ……へぇ。
 そうなんだ。



 ………………えへへ。



「これー、婚約祝いー」
「え!?」
 涼が戻ってきて座ると同時に、流れはそんなことを言う。
 準備が良いというか、あたしがプロポーズを受け入れることを見透かしていたように思えた。
 そんなに予想しやすいか、あたし。
 一方、
「いいのに、そんなの」
 と言った涼の顔には、遠慮と警戒が入り交じっていた。いやさー、警戒するのは分かるけど、さすがにちょっと失礼じゃないか、それ。
 と思っていると、
「はいー」
 流が取り出したものは、それぞれ赤と青の包装紙で丁寧にラッピングされている、平べったい2つの物体だった。青い方を涼に、赤い方をあたしに差し出す。
 受け取ってみると、ノートサイズの、いやノートよりは少し大きく重い感じのするものだった。
「開けてみてくれるー?」
「うん」
 流の許可が出たし、プレゼントの正体に興味があったので、リボンをほどいて開けてみる。
 青紫色のしっかりとした表紙に一瞬目を奪われたあたしは、その表題を理解して、……固まった。

 そこには、

『基礎からハマる催眠術2

   恋人〜夫婦編

    被術者版』

 と書かれていた。



「私の友達にー、催眠術のお仕事してる人がいてねー。健くんは知らない人だけどー。
 その人が作った本なのー。
 来週ー、そういう本を売る『お祭り』があってねー、そこに出すらしいんだけどー、先にもらってきたのー」
 その人は誰なんだとか、お祭りって何だとか、『2』ということは『1』もあるのかとか、もやもやした疑問が浮かんでは消える。
 涼のが『1』なのかと思って、あたしと同様に固まった涼の手元を見たら、そちらも『2』だった。
 ただ、涼のは『施術者版』と書いてある。

 いや今はそんなことどうでもいい、と流に突っ込もうとして正面を向いたら、そこに流はいなかった。

「わっ!」

 流は通路側に出ていて、つかつかとあたし達の方の座席に入り込もうとしていた。
「涼くんが都ちゃんもらってくれて、本当に良かったよー」
 まだ固まった状態の涼に、流が言う。
「……エッチな意味でヘンな女の子って、悪い男に引っかかりやすいからねー」
「おい!」
 だーからそこから離れろ! ……と言いかけて、ふと流が真面目な表情に鳴っているのに気づいた。
 流が強引に座り、玉突き的に涼が窓際まで押し込まれる。
「……都ちゃんってー、涼くんのモノにされたいってー、前言ってたでしょー」
 流が、ギリギリあたしと涼に聞こえそうな声で言う。
 なぜか、あたしの頭をなでながら。
「………………言ったような、言わなかったような」
「でもー、そう思ってるんでしょー」
「………………………………はい」
「……それが『普通はおかしいこと』ってー、自覚あるー?」
「………………………………はい、……多分」
 涼と付き合って、催眠をかけられるまで、そんなことを考えたことはただの一度もなかった。
 去年のクリスマスのあたしには、きっと理解できない。
 去年のあたしがそんな願望を口走る女の子と会ったら、きっと流と同じ種類の人間だと思うだろう。

 でも、今のあたしは。
 自分でも自分をごまかせないくらい、淫乱で。
 自分から涼に、自分の体を差し出してしまうほどのマゾで。
 涼に操られてメチャクチャになるのを、本気で心から喜んでしまう変態で。

 つまり。
 今のあたしは、間違いなく流と同じ種類の人間なのだ。

「都ちゃんはー、『そういう女の子』なんだよー。だけど涼くんはー、都ちゃんが『そういう子』だってことー、受け入れてくれてるからねー。
 都ちゃんはー、幸せになれると思うよー」
「ひぁっ」
 ふわっ、と。
 一瞬、流が、あたしをやわらかく抱きしめる。
 変な声が出た。
「あははー、都ちゃん変な声ー」
「え……あはは」
 恥ずかしくなって、あたしも笑ってごまかす。
「涼くんー、都ちゃんをよろしくねー。
 大丈夫ー、別に私ー、都ちゃんを恋愛的な意味では愛してないからー」
「「アホかっ!」」
 揃って突っ込んだ。
「あははー。じゃあ先に帰るねー」
 そう言うと流は、元々いた座席にある鞄と上着を拾い上げて、さっと身支度をととのえた。
 そしてあたし達を改めて見つめる。
「……お幸せにー」
「……ありがと?」
 流には珍しい、全くとげのない、やたらと暖かい声を残して、流は去っていく。



「流さんもさ」
 流が去り、呆然として、しばらくして。
 背中から涼の声が響く。
「やっぱり都ちゃんがとっても大事なんだね」
「え?」
 よいしょ、と元の席に戻りながら、涼が答える。
「変な男に捕まってたら、都ちゃんは幸せになれなかったかもしれない――って、きっと流さんは思ってたんだ。都ちゃんがちゃんとした男を捕まえたから、流さんは手放しで、本当に自分のことのように祝福してくれたんだよ。……僕が言うことじゃないけどさ」
「…………」
 腑に落ちた。そういうことかと。
 きっと流は、安心してくれたのだと。
 これがあたしにとって、間違いなく「ハッピーエンド」だと、親友としてお墨付きをくれたのだと。
 そして、あの親友が、本当にあたしを親友だと思ってくれていたのだと。
 さっきから少しもやもやしていた流からの言葉が、やっと形になった気がした。



 ぎゅっ、っと。
 今さら気づいた親友の思いと一緒に、あたしを包むように。
 涼が、抱きしめる。

「僕が、幸せにするから」

 運命の人は、親友の言葉に乗せて、あたしに誓ってくれる。
 ありがとう。うれしい。
 ……でも。

「違うよ、涼」
「…………?」
 あたしは、幸せにして「もらう」のではない。
「………………あたしは、涼と一緒に、二人で幸せになるんだ」
「…………うん、そうだね」
 口が滑った、と謝る涼。



 もう一度。仕切り直して。



「一緒に、幸せになろう」
「……うん。必ず」

 それが、まだ遠い将来の結婚に先だった、あたし達二人の、誓いの言葉だった。

 
 
< おわり? >


 

 

戻る