友達以上、兄弟未満


 

 

真説・それからの僕たち


「・・・やっ、はぁ、んっ、こ・晃・・好きぃ・・・き・来てぇ・・・んっ!」
「・・・わ、私も逝きそう・・・晃くん・・・来てぇ・・・」
 ちょっと悩んで、今日は霞の中で逝った。

 今日は、僕と茜の八回目の結婚記念日。
 僕らが結婚したのは、高校三年生の時。僕が18歳の誕生日。白馬(しらうま)高校の名物『婚約者特権』で、在学中に結婚した。
 今年三歳になる息子「御子神 空(そら)」は、お隣の家に預けている。

 今日は、妻の茜でなく、霞に子種を授けるべく、セックスしているところ。

 お隣に住んでいるのは、「佐伯 塔子」と「佐伯 霞」夫妻。霞の旧姓は「井上」。
 女同士で夫妻と言うのはおかしいが、世間的には同性の夫婦と言う事にしている。
 塔子と霞は正真正銘の女。現在の法律では結婚できないので、二人は養子縁組する事で同じ戸籍になっている。

 高校卒業後、僕たち四人は同じ大学に進み心理学を学んだ。
 今は、僕と茜は同じ職場に勤めている。職場は催眠療法・カウンセリングを中心に扱う心療内科病院。
 僕は「ミコ先生」、茜は「姫先生」と呼ばれている。「姫」と言うのは、中学時代の「お座り姫」のなごり。

 塔子と霞は、それぞれ違う高校のスクールカウンセラーとして勤務している。
 最近の高校生には悩みが多いらしく、多忙な毎日を過ごしているそうだ。



★★★★★★★★★★★★



「今ので妊娠できたかなぁ・・・」
「出来てたら良いね。晃の赤ちゃん」
「・・・うん・・・」
 霞はいとおしむようにおなかを擦っている。茜も霞のおなかを優しく擦っている。

 世間には霞と塔子は同性愛の夫婦で通しているけど、実際には僕の妻だ。正確には茜を含めて、三人とも僕の奴隷だ。茜だけは少し別格だが。

 僕は誰にも言った事ないけど、前世の記憶と知識があった。その「前世」と言うのは、催眠術師だったことだ。

 前世の記憶をうまく扱えるようになったのは、小学校に進む頃。それまでは、二重人格のような感じとでも言うのか、記憶の混乱がかなりあった。

 前世の記憶・・・催眠術を扱えるようになって最初にした事は、幼馴染の茜を催眠術の虜にする事。
 そして、長い時間をかけて、茜を催眠術を使ってマインドコントロールした。洗脳じゃなくマインドコントロールだ。
 茜にとって僕は愛すべき対象であり、僕が強く望む事には逆らえなくしている。茜を選んだのは、いつも僕のそばに居てコントロールしやすかった事、それに茜が美人だったからだ。

 茜へ与えた使命は、僕と恋人役を演じる事。本人は演じているのでなく、恋人その物のつもりだけどな。
 そして茜には『僕の為に』家事全般をマスターさせた。特に料理の腕前は天下一品にしている。
 結婚するには、家事、特に料理が出来ないのは辛抱できないからな。
 茜にとっては『僕に喜ばれる事』が一番嬉しい事。だから、本人も喜んで料理の腕を磨いている。

 茜の次にマインドコントロールしたのは、茜の親友の塔子と霞の二人。
 なぜこの二人にしたかと言えば、茜に次いで美人な事もあるけど、何と言っても茜のそばに纏わりつく事が多いからだ。
 茜のそばに居れば、僕が催眠術かけるのも容易いと言う事だ。

 最初に塔子と霞には、同性愛に目覚めてもらった。
 なぜ、僕への愛情でなく同性愛を優先させたかと言えば、茜とぶつからせないためだ。へたに、僕を取り合って三つ巴の争いになったら困るからだ。
 もちろん、同性愛のコントロールが完璧になれば、徐々に僕への愛情に切りかえたり、他への応用をする計画があった。

 催眠術でのマインドコントロールが済めば、次ぎはセックスでの調教だ。当然、催眠術を併用して。

 茜の処女をもらった後、さんざんセックス漬けにした。催眠術を使っているから、死んでも僕から離れられないはずだ。
 そして茜には、塔子や霞との同性愛にも加わるようにさせた。茜には両刀使いをマスターさせ、同時にテクニックも磨かせた。

 それと同時に、塔子と霞には僕への愛情も与えた。二人には処女性を神格化させていたから、レズセックスしても処女膜だけは守らせている。
 そして、茜を交えた4Pで二人の処女を頂いた。あとは茜同様にセックス漬けで僕の虜にした。
 少し違うのは、茜の中で最優先は僕だけど、塔子には霞を、霞には塔子を最優先するようにしている。この方が、三人の中で主導権争いが起こらないと考えたからだ。



★★★★★★★★★★★★



 僕の精通は、世間一般の平均年齢より遥かに早かった。これは前世の記憶が早く精通をさせたかったためだ。
 しかも出したのは、催眠でトランス状態になった茜の口の中。茜はトランス状態だったから記憶していないけど、精通する以前からフェラを教え込んでいた。
 トランス状態の茜には、僕のモノを咥えるのを大好きなようにマインドコントロール済みだ。精通後は、精子の味を大好物にさせている。
 これは、今でも効いていて、塔子たちの中で射精したら、茜は喜んで塔子たちのアソコに口をつけて吸い出している。

 戸籍上の僕の子供は、茜の生んだ空だけだが、ホントは違う。

 僕の一番初めの子供は、戸籍上は僕の従姉妹だ。

 精通を向えた後、僕の叔父(母親の弟)が結婚した。その嫁さんは、義理の叔母になるんだけど、まだ20歳になる前の若さだ。小さかった僕を弟のように可愛がってくれた。
 そこで僕が催眠術をかけて、嫁さんにショタコンになってもらった。そして、僕の筆下ろしをしてもらったわけだ。
 生まれた子供は、血液型から考えると生まれないはずの型だった。でもそれは、先祖帰りと言う事で全然問題にならなかった。先祖帰りというのは、父母の血液型でなく、祖父母の血液型を引き継ぐというもので、さして珍しいモノではないらしい。
 でも、先祖帰りよりも、僕の子供と考える方が自然と言う物だ。同世代の友達が精通を向えるか否かというのに、僕は早くも一児のパパになったわけだ。

 あと、何人か僕の子供らしきのがいるが、血液型だけでは分からない。
 夫か恋人のいる女には避妊せずにセックスしていたから、どちらの子供なのか分からない。数年経って、僕に似た顔立ちになれば、僕の子供なんだろうな。
 フリーの女には、基本的に避妊してたから妊娠はしていないと思う。なかには行きずりの女もいたけど、そちらは避妊していなかったから、どうなったのか確かめようもない。

 僕のセックスは、基本的に催眠術を使っている。

 だから、女の方では僕としたことすら理解できていないのもいるだろう。
 まあ、処女の女は僕にベタボレで処女を捧げた事にしているから、良い思い出ができたはずだ。破瓜の痛みもなく、最初のセックスで感じまくったんだから、感謝して欲しいくらいだ。
 高校のクラスメートの大半は、僕が処女を破ってあげた。その後は、適当な男に払い下げたけど。男にも催眠術かけて、処女かどうかの判断力は奪っておいたから、幸せなカップルが激増してたな。

 塔子の一人息子「瞳」も僕の子供だ。こちらは、茜の子供の空同様に確実に僕の子供だ。

 どちらも、避妊に失敗したわけでなく、計画出産だ。
 なぜ計画出産したかと言えば、マインドコントロールをより完璧にするためだ。

 マインドコントロールが解ける条件の一つに、解いた後に心の傷が広がらないのがあげられる。
 でも、マインドコントロール下で『愛のある』出産を経験すれば、それだけで解け難くなると分かったからだ。
 霞にはまだ子供を生んでもらってないから、今、仕込みの最中と言うわけだ。

 もちろん僕は、空も瞳も、そして霞の生む子供を愛している。できるだけ早く、息子達にも催眠術を教え、人を操るすべを教えてあげたいと思っている。

 塔子と霞がスクールカウンセラーで忙しいのは、本来の仕事のほかに、別の仕事があるからだ。

 二人はめぼしい生徒を見つけたら、僕のところに持ってくるのも仕事の一部だ。めぼしいと言うのは、美人でかつ被暗示性が高いこと。
 二人は、まず悩みを聞いてあげて解決する。そして催眠療法を行なって徐々にレズに目覚めさせる。
 レズテクニックと催眠で虜にした後は、僕のところで処女を捧げるわけだ。これで、二人が忙しくないわけがない。

 あと何年、僕は現役でいられるか分からない。

 僕の前世がそうであったように、僕は狂っていると思う。前世の僕は、今の僕と同じような事をして、男どもの嫉妬を買い、そして殺された。

 僕も、いつかは殺されるかもしれない。でも、僕は今の生活を止められない。

 
 
< つづく >


 

 

戻る