友達以上、兄弟未満


 

 

生える、生えます、生えました


 目覚まし時計の音で目覚めると、おちんちんが生えていた。しかも元気が良い状態で。

・・・これって、生えるもんだっけ?

 ベットの上で体を起こす。横を見ると晃(こう)が気持ち良さそうに寝ている。ほっぺにキスしてみる。ちゅ。
 窓の外は朝日でなく、夕焼け空が見える。カーテンが閉まってるから、外から覗かれる心配はない。もっとも、窓の外は私の家で、私の部屋からしか覗けないけど。
 寝惚けたままの頭で考える。
 今日は水曜。学校から帰ってすぐに二人で受験勉強を始めて・・・。一段落ついた頃に、晃のお父さんから「今日は遅くなる」と電話があって・・・。ちょっと気分がエッチぃくなっちゃて・・・その、まあ、あれしちゃったわけで・・・。珍しく二人とも、シャワーも浴びずにそのまま寝ちゃったわけで・・・。それで、現在に至る。寝る前に念の為、目覚まし掛けてたんだ。
 時間を見てみる。大丈夫、晩御飯の支度をするのにまだまだ余裕がある。親公認になってから、帰宅時間が十時過ぎても叱られない。
 こう言う関係になったのは、双方の父親にはまだ内緒にしてるので、それだけは気を付けたい。



★★★★★★★★★★★★



 いつも晃ので見なれてるけど、他の人(?)のを見るのは初めてだから、少し観察してみた。

 太さ=晃より細い。よし!
 長さ=晃より短い。よし!!
 堅さ=晃より柔らかい。よしよし!!!!

 全ての面で、晃より劣っている事で何だか安心できた。男の子って自分の持ち物が他人より劣っていたら気分良くないらしい。ましてや彼女のより劣っていたら、確実に傷付くだろう。

「晃、起きて。起きて」
「・・・うーん・・・」
 安心したら、これからどうするかの相談をしたくて晃を起こす。朝は、目覚めが悪いけど、お昼寝(夕方寝?)では比較的、晃も目覚めが良い。
「晃、驚かないでね・・・。生えちゃった」
「・・・」
 まじまじと、私のアレを見詰める。ちょっと恥ずかしいかも。ちょっと照れてみる。えへ。

「・・・立っちゃてるね・・・お昼寝でも、アサダチしちゃってるね」
「うん」
 さすが晃は男の子。私と違って、目の付け所が違います。夕方でもアサダチとは、これ如何にって事でしょうか。
「痛くない? 違和感ない?」
「痛くないけど、なんか変な感じぃ」
 現実逃避したくて、いつもはしない語尾上げで話してみる。バカっぽくなっただけで、現実からは逃げられない。
「触って良い?」
「うん」
 晃がおずおずと指先だけで、私のおちんちんに触れてくる。
「痛くない?」
「大丈夫。ちょっと気持ち良いかも」
 照れ隠しで冗談も言ってみる。気持ち良いのは事実だけど・・・。

「男の子ってね。一度大きくなっちゃたら、一回抜いちゃうか、長い間放っておくしかないんだけど・・・抜いちゃおっか?」
「・・・抜くって、どーやって・・・?」
 晃がいじめっ子モードなら『自分の手で抜け!』って言われそうだけど・・・。
「僕がやってあげる」
「えっ?」
 私が戸惑っている間に、晃は指でワッカを作って優しく擦りだした。親指と人差し指だけのワッカ。私が晃にする時に比べ、遥に優しいタッチ・・・。
 背中にゾワゾワした快感が走る。男の子が感じる「男の子」の感覚ってこんなのなの?

「どんな感じ? 痛くない? 大丈夫?」
「・・・なんか、アソコの中を優しく触られてる感じ・・・」
 今日は異常事態だからなのか、やけに優しく尋ねてくる。素直に感じたままに答える。ホントにアソコの中を指で優しく愛撫されてるみたい。
「良かったぁ。気持ち良い? もっと、強くして良い?」
「・・・うん・・・」
 晃は残りの指も添えて、少し力を強くする。晃の指が前後するたびに、私の中を何かが蠢く(うごめく)快感がある。
 私の「女の子」は「男の子」に変わっているのに、晃の指から与えられる快感はいつもと変わらない。ううん、「女の子」よりも感度は良いみたい。指よりも深く、でも、晃の男の子よりちょっと浅く。

・・・なんか、感じ良い・・・かも。



★★★★★★★★★★★★



「どう、感じる?」
 コクン。いつの間にか、晃が後ろから私を抱きかかえている。いつものように耳を甘噛してくれる。おまけにおっぱいも愛してくれてる。お尻に晃の焼けるような男の子が当たっている。
「ほら、僕の手見て。手全体が、ピンク色に光ってくるよ」
 いつの間にか催眠術かけられてる。目の前に差し出された晃の左手全体が、ピンクの光に包まれる。
「光ってるでしょ。手のひら全体が光ってる。僕の左手が魔法の手に変わった」
 コクン。ピンク色の光は、魔法の光。この光に包まれた手で撫でられると、そこが私の性感帯になる。
「この手で、茜のおちんちん愛してあげる。おちんちんとクリトリスは同じ。今までより、もっと感じちゃうよ」
「・・・ひゃっ・・・」
 魔法の手で、男の子の頭を撫でられた。敏感になったクリちゃんを直接触られたような快感と、女の子の中を触られる快感が二重になって押し寄せる。
「もっと、感じて・・・。もっと可愛い声聞かせて」
「・・・んっ・・・あっ・・・うん・・・」
 男の子の頭を押したり、竿を撫でられたりする。そのたび、女の子の中を探られるような気持ち良さを感じる。男の子と女の子の違いって『感じるツボ』が、外に出てるか内に隠されてるかの違いだけ? でも、男の子の方が気持ち良いかも。
「一回、逝っちゃおうか。今から五つ数えると、茜ちゃんは逝っちゃうよ。おちんちんを触られて逝っちゃうよ。一つ・・・二つ・・・三つ・・・四つ・・・五つ、はい」
「・・・ひゃ・・・あっ・・・あっ・・・あっあーー!」
 男の子を握る手を左手に代えて、優しく、そして段々強く扱いてくる。数が大きくなるたび、快感が大きくなる・・・。逝っちゃった。ううん、また逝かされちゃった。



★★★★★★★★★★★★



「茜ちゃんは逝っちゃっても『赤ちゃんの素』出ないね」
「・・・うん・・・」
 ちょっと残念そうに晃が言う。私もちょっと残念かも。
「痛くない?」
「・・・うん・・・」
 逝った後の「男の子」を優しく撫でながら晃が尋ねる。また、もぞもぞと気持ち良さが広がってくる。
「まだ、小さくならないね。一回くらいじゃ逝き足りないのかも」
「・・・うん・・・」
 私のだけ元気過ぎるように言うけど、晃のだって一回くらいじゃ逝ったあとも元気なとき多いじゃない。

「今度は、口でしてあげようか?」
「えっ?」
 口でするって言ったら、私のを晃がフェラしてくれるの?
「ダメだよ。汚いよ!」
 晃の口が汚されるみたいで、抗議する。女の子が男の子にしてあげるのは許せるって言うのか当然と思えるけど、男の子に「男の子」をさせるのは・・・。晃が「その手の道」に入りそうで嫌。
「汚くなんかないよ。茜だって、僕のしてくれるじゃん。それとも、汚いの我慢してしてくれてるの?」
「・・・そんな事ないけど・・・」
 晃のを汚いなんて思ったことない。でも、やっぱり晃の口に「男の子」が入る姿は見たくない・・・かも。でも、フェラされたら気持ち良いんだろうなぁ。
「僕も茜に気持ち良くなってもらいたいの。茜の以外は口に入れないよ」
「・・・うん、分かった・・・」
 晃に諭(さと)される。丸め込まれている気もするけど。
「じゃあ、してあげる。横になって」
「・・・お願いします・・・」
 晃の口に勝てないので、そのままベットに横になる。決してフェラしてもらったら、どんなに気持ち良いだろうと期待したわけじゃないよ。絶対違うよ。ちょっと期待してるけど。



★★★★★★★★★★★★



「ふふ・・・茜ちゃん、期待してる?」
「・・・バカ・・・」
 もしかして、モノ欲しそうな顔してたのかな? 照れ隠しで「バカ」だなんて言ったけど、本気じゃないよ。
「いつも茜ちゃんがしてくれてる事。キチンと見ててね」
「・・・あっ・・・」
 晃が舌をちろっと出して、私の「男の子」の先っぽを舐める。指とは違った快感。
「茜ちゃんのおいしいよ」
「・・・ひゃん・・・」
 先っぽから根っこの方にかけて、舌を這わせる。背中をずずっとした鈍い快感が走る。
「いつも、茜ちゃんがしてくれてる事」
「・・・あっ、ひゃ・・・」
 いきなりディープストローク。私馴れるまでかなり時間がかかったけど、晃は簡単に飲み込んだ。あっ、大きさが違うから?
 晃の口を出入りする私の男の子を見続ける。フェラって、される感覚も凄いけど、視覚効果も凄い。よく『奉仕する』って言うけど、まさにその通り。晃に奉仕されてると思うだけで、逝っちゃいそう。
「ひもてぃひひ?」
「?」
 咥えたままじゃ何言われたのか分からない。でも、しゃべるときの微妙に震える感じが気持ち良い・・・。あっ「気持ち良い?」って聞いてきたのかな。
「・・・うん、とっても気持ち良いよ・・・」
 この感覚は良く覚えておこう。今度、晃にも咥えながらしゃべってあげよう。

「・・・(ぬちゅ、ぬちゅ)・・・」
「・・・あっ、はっ・・・逝っちゃ・いそう・・・んっ・・・」
 フェラされてるはずなのに、女の子の中を何かが出入りするような快感がある。その出入りするような音まで聞こえる。晃はフェラだけじゃなく、お尻のほうまで刺激してきた。お尻全体を撫でたり揉んだりする。すっごく気持ち良い。
「・・・(ぬちゅ、ぬちゅ、ずん)・・・」
「・・・あっ、あっ、あ、あーーー!!・・・」
 今までになく激しくストロークされ、逝っちゃった。逝かされちゃった。「女の子」の感覚も良いけど、フェラされる感覚も良いかも・・・。
 晃はフェラを終えると、優しく私を抱きしめてくれる。

「・・・眠ってください・・・」
 優しく抱きしめ、まぶたにキスしながら囁かれる。

・・・あれ? これって・・・!



★★★★★★★★★★★★



「今から10数えると、茜は催眠から覚めます。催眠から気持ち良く目覚めます。催眠から覚めると、茜の体からおちんちんは消えてしまいます。普通の『女の子の姿』に戻ります。一つ・・・二つ・・・三つ・・・意識が少しハッキリしてきた・・・四つ・・・五つ・・・徐々に手足に力が戻ってきた・・・六つ・・・七つ・・・意識はもうハッキリしてます・・・八つ・・・手足に力が行き渡っている・・・九つ・・・次で完全に催眠が解ける・・・十。はい(パン)。茜は催眠から覚めました」
 手を叩いた大きな音で、催眠から覚めた。

「・・・」
 腰の辺りを見てみる。「付いてます」・・・ただし、『男の子そのもの』じゃなくて、大人のオモチャって言うのかな、ベルトに「男の子」を模したのがついてるモノが!
 外に出てる部分と同じモノが、私の女の子の中にも入ってる感覚もある。
 コメカミの血管が、ピキピキ音を鳴らしている! 俗に言う『怒りマーク』が、浮かんでいるのよ!!
「晃ちゃ〜ん、これ、な〜に?」
「京子さんからのプレゼント」
 悪びれずに晃が言う。今回は反省してないな! だって、晃、正座してないもん。

・・・赤い髪の魔女からのプレゼント?

 京子さんと言うのは、私のお兄ちゃんの婚約者「御陵 京子(みささぎ きょうこ)」さん。赤いショートの髪がチャーミングな『イタズラ』好きな、近い将来、義理のお姉さんになる人。イタズラ好きな性格だから、私は心の中では「赤い髪の魔女」と呼んでいる。面と向かっては「お姉ちゃん」って呼んでるけど。

「お姉ちゃんから? で、もう一回聞くけど、これ、な〜に?」
「ペニスバンドって言うのかな。『女の人同士』で愛し合う道具」
 レズビアン用の大人のオモチャってわけね。それを私に無断で、私に使ったと・・・。
「やだなぁ、茜ちゃん、顔怖いよ。ほら笑わなきゃ。可愛い顔が台無しだよ」
「・・・」
 ようやく、私の怒りマークに気付いたのか、猫なで声をだして、私のほっぺをぷにぷに引っ張っている。そんなことしても笑ってあげないよん。
「今日、健忘催眠かけちゃうヨって言ったじゃない。茜ちゃんも『良いよ』って言ってくれたじゃない」
「・・・」
 ほっぺをぷにぷにしながら懸命に私を笑わそうとするけど、私は笑わない。
 ちょっと思い出した。今日、催眠術かける前に「健忘催眠かけて良い?」って、晃が聞いてた。
 確かに健忘催眠かけるの『許可』したけどね。こんなのとは思ってなかったから。今までも何回か健忘催眠使われたけど、全部、Hな事はしてなかったから『許可』したんだよ。

「どんな暗示使ったか、お・し・え・て」
「えっとね。深い催眠状態にしてね、ペニスバンドを茜ちゃん自らの手で付けて貰いました。一回おちんちんで、オナニーもしてもらっちゃった。見てて興奮しちゃったぁ」
「・・・(ギロ)・・・」
 バカみたいに話す晃を、睨みつけた。自分で付けて、オナニーまでさせられた?!
 怒りと恥ずかしさで、顔が真っ赤になっているのが分かる。
「・・・それで健忘催眠で、起きた時ペニスバンドが本物のおちんちんに見えて、かつ、パニック起こさず受け入れるようにして・・・ついでに、目覚めても、僕の暗示は効きやすいようになって頂きました・・・。怒ってますよね?」
「・・・」
 晃が正座になって大まかに説明する。今更、反省してる振りしても遅いんだけど・・・。

「ほらほら、京子さんの手紙読んでよ。ここに『茜ちゃんに付けさせて遊んでね』って書いてあるじゃない」
「・・・」
 お姉ちゃんに責任をなすり付けようとしてるのが見え見えだなんだけど・・・。一通の手紙を出して私に渡す。
 手紙には『晃ちゃん得意の催眠術で眠らせて、茜ちゃんに付けて遊ぶべし』『夫婦生活のマンネリ化を防ごう』なんて謳い文句が書いてある。

・・・『遊ぶべし』って何よ。私もオモチャの一部なの?!

「友達から貰ったらしいんけど、使わないからくれるって・・・昨日宅配で届いたんだ。未使用だからキレイだよ。もちろん、つける前に何度も洗ったし、煮沸(しゃふつ)消毒までしたよ」
「・・・」
 晃は洗う仕草までしている。いや、そー言う問題じゃないでしょ。
「もう、茜ちゃん、シャレが通じないんだから。あっ、これ読んで、これ・・・」
「・・・」
 晃が『茜ちゃんへ』と書かれたもう一通の手紙を差し出した。
「京子さんが、茜ちゃんが怒るようなら、こっちの手紙を手渡してって・・・」
「・・・」
 そう言う『準備してる』って事は、お姉ちゃんも晃も、私が怒るって分かってたんじゃないの。

・・・(手紙を読む)・・・。

「晃、これ、読んだ?」
「ううん。読んでない。京子さん、なんて書いてあったの?」
 手紙は短かった。お姉ちゃんが何を言いたいのかも、すぐ分かった。
「お姉ちゃんの謝罪の言葉はなかったけどね・・・」
「・・・」
 この手紙に私の怒りが治まる何かが書かれていると思っていたのか、晃ががっかりした表情をしてる。
「大丈夫。もう、怒ってないよ」
 努めて明るい表情をして、晃に擦り寄る。横から晃に抱き着いて、体を摺り付ける。

「ごめんね」
「もう、良いよ」
 晃を離さないように・・・、逃がさないように、しっかり抱きつく。
「お姉ちゃんの手紙にね・・・。これって『女の子同士』だけじゃなくって、『男女のカップルでも使えるよ』って書いてあったの・・・」
「・・・」
 まだ意味が分からないのか、晃は逃げようとしない。
「その為に、ちょっと小さめなんだって・・・『お尻の穴』怪我させないように・・・」
「・・・」
 晃の体が強張るのが分かる。私は逃がさないように手の力を強くする。

「ごめん。僕が悪かった。許してください。ごめんなさい」
「・・・晃も、入・れ・ら・れ・る・快感、覚えても良いんじゃない。男の子って『前立腺』刺激されると気持ち良いらしいよ・・・」
 じたばた暴れる晃を押さえて、お尻に手を伸ばす。
  ・
  ・
  ・
『ぎゃーーー!!』
  ・
  ・
  ・
 翌日、晃が腰じゃなくてお尻を押さえていた。

・・・と、言うのは・・・ウソ・・・。

 真っ青になって謝り続けるから、許してあげたよ。もう、こんな事『無断で』しないでね・・・ばか・・・。
 私もちょっとだけ、フェラされる快感に目覚めたかも・・・。うふふ。

 
 


 

 

戻る