絆催眠


 

 

<序>


「返して、ねえ、返してよ」

 肘をぴんと伸ばして、僕は手を掲げる。
 だけど、僕より背の高いリュウヤ君が、僕と同じように腕を上に伸ばしている。
 だから僕の手は、彼の握っている僕の筆箱に届かない。
 ジャンプをしても、手を後ろに反らされて、届かない。

「ほら、早く取ってみろよ」

 リュウヤ君が、ニヤニヤと笑っている。
 周りにいた男の子たちも、僕を囲んで、ニヤニヤしていた。
 誰も僕を助けてくれない。
 悔しさで、涙が滲んだ。

「あ、泣いたぞ!」
「泣き虫!」
「こんなことで泣くのかよ」
「よっえー!」

 悪口の大合唱。
 僕はムキになって筆箱を奪い返そうとするけど、どうしても手が届かない。
 そして僕が失敗するたびに、リュウヤ君たちは僕を弱虫だと罵った。

 だけど、それは事実なんだ。
 僕は弱かった。
 筆箱に手が届かず、すぐ泣いてしまう弱虫だった。
 自分でこの状況を切り抜ける力なんて、持ち合わせていない。

 だから、僕は助けを求めるしかなかった。
 拳をぎゅっと握り締め、涙と鼻水を流しながら、奥歯を噛み締めて僕は願った。
 僕を助けて。
 助けて。
 助けて――――



「ちょっと、あんたら何してんのよ!?」



 女の子の、声がした。
 振り向くと、キッと眉毛を吊り上げた女の子が立っていた。

「あ、お前ら、またこいつを泣かせてたな!」
「えー、そういうのって、良くないと思うなー」

 その女の子の後ろから、更に男の子と女の子が駆けつけた。

「僕たちがいないときを狙うなんて、卑怯だぞ!」
「せ、先生に言いつけちゃうよ……!」

 更に後ろから、男の子と女の子が現れた。
 全部で、5人。
 彼らを前にしたリュウヤくんたちは、あからさまにしまったというような顔をして、後ずさりをした。

「て、てめえら、なんでここにいるんだよ!?」
「シロウなら先に帰ったって、言っただろうが!」
「お前らの言うことなんか、信じるかよ!」
「ずっと探してたのよ。やっぱり、あんたたちが連れ去ってたのね!」

 5人が、じりっと距離を詰める。
 みんな、怒ったような顔をしていた。
 いや。
 怒ったような、じゃない。
 怒ってるんだ。
 僕の……
 僕のために、怒ってくれているんだ。

「く、くそっ、覚えてやがれ!」

 捨て台詞を吐くと、リュウヤ君たちは一目散に逃げ出した。

「あ、待て!」

 みんな、それを追いかけていった。
 後には、僕だけが残される。
 ………………
 …………
 ……
 しばらくして、みんなが帰ってきた。

「くそっ、逃げ足の速い奴だな!」
「明日になったら、覚えておきなさいよ!」

 どうやら、逃げられてしまったらしい。

「ちょっとシロウ、大丈夫?」
「ほら……これで涙拭いて」

 ハンカチを渡される。
 僕はハンカチを受け取り、鼻をすすって涙を拭った。

「ごめん……」
「謝るなよ。悪いのはあいつらだろ?」
「いつもいつも……みんなに助けられてばかりで……」
「気にしないで。友達でしょ?」

 友達……
 そう、僕たちは友達だった。
 家が近所で、物心つく前からずっと一緒に育ってきた。

 ……でも。
 ……ずっと一緒に育ってきたけど。
 …………僕だけが、弱かった。

「ほら、行こうよ。帰りに公園寄ってこ?」
「おう、野球しようぜ、野球!」

 みんな、いじめっ子に負けないくらい、強かった。
 だから僕は、いつもみんなに助けられてばかりだ。
 僕が誰かを助けたことなんて、何一つない気がする。

 みんなはヒーローだ。
 僕のヒーローだ。
 僕もみんなのようになりたかった。

 でも、僕がしていることは、みんなの足を引っ張ることだけ……

「怪我とかは……無いみたいだな、良かった」
「……あ、ほら、落としてった筆箱、拾っておいたよ」

 ……僕は、本当に彼らの友達でいいんだろうか。
 みんな凄いのに、凄くない僕がこの輪の中にいて、いいんだろうか。

 本当は、みんな迷惑に思ってるんじゃないの?
 いつもいつも面倒臭い奴だって、思ってるんじゃないの?

 ……だけど、彼らに見放されたら、僕は本当に一人ぼっちだ。

 だから。
 だから、力が欲しい。
 彼らに、追いつける力を。
 彼らと肩を並べる、力を。

「ありがとう、みんな」
「もう、大丈夫?」
「うん……本当にありがとう」

 僕はきっと強くなる。
 今みたいに、守られてばかりじゃない。
 僕が、みんなを守れるくらいの力を。



 力を、手に入れなくちゃならないんだ――――

 
 


 

 

戻る