ヒューマンコントローラー


 

 



美人上司は俺の性奴隷 その6


〜課長とセックス!!〜


 ついにここまでたどり着いた。
 と言っても、コントローラーを手にしてからはまだ一週間ぐらいしかたっていない。
 その間に何人の女をヤッて来たかと言うと、実は効果を色々と試したぐらいで、“セックス”事態はしていないのだ。
 この前の休日出勤の時もそうだったように・・・。

 そして、日曜日。
 今日も立花課長はオレの家にいる。

 実際、仕事以外では課長は家に帰る事はない。
 課長の旦那もこの一週間の間にオレの手の中に陥れたため、今では立花課長を家政婦変わりとして扱っているのだ。
 家では、“裸エプロン当たり前”に設定してある。

「課長、課長のそのカラダ、ついにオレのモノになりますから!!」

 裸エプロンの姿で掃除をしていた課長を、コントローラーを使って意識剥奪モードにした。
 掃除機の電源は入ったままだが、ピタりと動かない。

 オレはエプロンを外して真っ裸にし、後ろから左手でおっぱいを掴み、右手でマ○コに手をやった。
 この時点でもう濡れ濡れの状態である。

(もしかして、本当にこういった変態プレイが好きなのか?)

 オレは心の中でそう思った。

「課長にチ○ポ、しゃぶってもらおう〜」

 コントローラーを動かして課長にチ○ポをしゃぶらせる。
 普通のセックスと違って、自分で好きなようにやっている感覚があるので、とてもキモチいい。
 時より、速度を上げたり下げたりしながら楽しんだあと、今度はパイズリモードをセット。

 オート機能をオンにしたので、次に動作命令を送らない限り、課長はずっとパイズリを続ける。
 その間、特に表情を変えることはない。
 そりゃあ、意識の無いお人形さんモードだから当たり前か・・・(笑)。

(よし!!そろそろセックス時だな!!)

 オレはいったん課長の意識を戻した。
 すると一瞬、急に暴れ出したがすぐさま淫乱度と性感度をマックスに上昇させ、痴女にする事で特に問題も起こる事無くセックスが出来る。

「欲しい!欲しい!!そのデッカい固いチンチン欲しいの〜!!!」
「言わなくても分かってますよ〜」

 オレは課長に上に乗っかってもらってオート機能をオン!!
 そうすることで、オレがイクまで課長はコシを振り続けるのである。

「ダメ・・・!!コシ・・・振りが・・・、止まらない!!」
「でも・・・、キモチいい・・・!!」

 この快感にオレももうイキそうになった。
 当初は、イッたあと口から飲み込んでもらう予定にしていたが、オート機能を解除しないまま続けていたので、ついそのまま中に出してしまった。
 まぁ、これからも課長はオレのモノになるから関係ないが・・・。

 それからというモノ、オレは先輩と手を組んでコントローラーをより良いモノにしていき、
 社員中のイイ女をコントローラーの手の中に収め、そしてオタク向けに販売していった。
 するとあっという間に会社は急成長、またそれと同時に少子高齢化も抑えられるという効果まで・・・!!

 3年、5年経つとオレの勤める会社は、海外にまで発展・・・。
 海外のMC好きの若い世代を中心にコントローラーは大ヒット!!
 オレの人生も、死ぬまでずっとハーレム人生であった。

 
 
< 終 >


 

 

戻る