悪魔の流儀

〜堕天使たちの挽歌〜


 

 



第3話


 ――その日の夜。
「さ〜え〜こっ!ちょっとこっち来てみ」
「なんですか、旦那様?」
 俺は、部屋に呼んだ冴子に向かって、昼間手に入れたディー・フォンを構える。
 すでに、使用者は、俺に変更済みだ。
 やっぱり、こういうのは、手に入れたら使いたくなるというのが人情だろう。
 ――パシャ!
 これでよし、……ん?なんだ、冴子の情報が入ってこないぞ。
 ――パシャ!パシャ!
「あ、あれ?」
「どうしたんですか、旦那様?」
 ――パシャ!パシャ!パシャ!
「もう……旦那様ったら…」
 ――パシャ!
「あれ?なんでだ?……て、おい!?なにしてんだ!冴子!?」
「私…旦那様のためなら…脱ぎます」
 なに言ってんだよ?つうか、おまえ、いっつも俺のために脱いでるだろうが!
「どうですか、旦那様」
 メイド服を脱いで裸になった冴子が色っぽいポーズをとる。
「お、おお〜!」
 ――パシャ!
 感動して、俺は思わずシャッターを切る。
「こういうのはいかがでしょうか?」
「お、いいよいいよ!」
 ――パシャ!
「こんな感じは?」
「もうちょっと顔を下げて、上目遣いでこっちを見る感じで……そーうそう!」
 ――パシャ!
 ……て、なにやってんだ、俺。
「ああ……旦那様……私…もう…」
 冴子は、頬を染め、潤んだ目で俺の方を見つめてくる。
 ……こりゃ、ディー・フォンのアプリも必要ないな。
 うーん、恐るべし、エロ冴子の実力……。

「お願いします…旦那様…」
 破壊力満点の上目遣いで俺の方を見上げてくる冴子。
「しかたがないな、いいだろう」
「ありがとうございます」
 俺が許すと、冴子は嬉しそうに俺のベルトを外し、ズボンをずらす。
「あふ…ん……ちゅる……」
「くっ!んく!」
 俺のモノに冴子の舌が絡みついてきたとたん、猛烈な快感が走り、俺の口から思わず声が漏れる。
「ふ…んふ…ん…ん…んちゅ…」
 もともと、とんでもないレベルの舌使いが、ここ数年でさらにレベルアップしている。
「ん…ふ…ふ…ふ…じゅる……」
 頭を前後に動かして、俺のモノをしごきながらも、舌先で、ペロ、と先走りをすくい取る。
「くっ!さ、冴子!」
「ん!んんん!…こく…じゅるる!…んん…ちゅる…はあぁ…」
 射精と同時に、俺のモノを奥深く咥え込み、こぼすことなく精液を飲み干していく。
 ……ここまで来ると、もはや名人芸だ。
「旦那様……私、もう……」
 もじもじと、ももをすり合わせるように動かす冴子。
「ああ、こっちに来るんだ、冴子」
「はい、旦那様……」
 俺は、冴子の手を取り、ベッドに上がる。
「んむ…んん……」
 口づけを交わすと、冴子は、積極的に舌を絡めてくる。
「ん…あふう……」
 唇を離すと、ふたりの間を、糸が引いていく。
 俺は冴子をだき抱えると、冴子は、軽く腰を浮かせる。
「冴子……」
「はい…旦那様……あ!……んふう!」
 冴子は、そのまま腰を沈め、俺のモノを飲み込んでいく。
「んっ!…はうん!……ああ…旦那様…」
 ゆっくりと、冴子は腰を捻るように動かす。
「ん…あふ!…んん!…あん…」
 腰の動きに合わせて、冴子のアソコ全体が俺のモノをねっとりと包み込むように蠢く。
「んふ……あっ!あふうんっ!」
 たまらず俺が腰を突き上げると、冴子がしがみついてきて甘い声をあげる。
「あ!あんっ!ん!うんっ!ああん!」
 俺が腰を突き上げる度に、短い嬌声をあげる冴子。
 冴子は、髪を振り乱して頭を振り、辺りに大人の女の香りが漂う。
「んんん!はあんっ!ん!はあっ!あん!」
 俺に抱きついていた手を離し、後ろ手に体を支えて、冴子は腰を押しつけるように動かす。
「ああん!はあんっ!ああ!だ!旦那様!」
「くっ!冴子!」
 俺は、冴子の腰に手を伸ばして抱き寄せ、深く突き上げる。
「ん!んん!んむう!んんんんん!」
 抱きついた勢いで俺の口を吸に吸い付き、体をビクビクと震わせる。
「んむむむ!んん!んはああああああっ!」
 しかし、すぐにまた体を反らし、大きく喘いで絶頂に達する。
「はああぁ……ああ、旦那様ぁ…」
 余韻を味わうように大きく息をする冴子。

「……旦那様、薫ちゃんのこと、よかったですね」
 コトの済んだ後、俺に体を寄り添わせながら冴子が言う。
「冴子…おまえ、知ってるのか!?」
「いえ、何があったかは知りませんが、今朝はあんなに沈んでいた薫ちゃんが、さっきは見違えるほど晴れ晴れとしてましたもの」
「そうか、おまえも気づいてたのか」
「だって、私はこの家のメイド長ですもの。家族のみんなに気を配るのも仕事のうちです」
「すまないな、冴子、そんなことにまで気を使わせて」
「そんな…私、とっても幸せなんですよ、旦那様。みんなと楽しく暮らせて、そして、こうして旦那様に愛してもらって……」
 そう言うと、冴子は俺の方を見て微笑む。
 ……操ってそうさせておいて、こんなことを言うのは欺瞞かもしれないが……心が救われた気がした。
 それが気恥ずかしくもあり、心地よくもある。
 俺は、悪魔のはずなのに……。
「ありがとうな、冴子」
「旦那様、感謝は、言葉ではなくて、態度でお願いしますね」
「というと?」
「もう一度…よろしいですか?」
 冴子が幸に負けず劣らずの妖艶な笑みを浮かべる。
 とりあえず、うちの連中は、揃いも揃ってエロ過ぎるのが難点だな。
 8割がた俺のせいではあるんだが……。
 もし俺が悪魔じゃなかったら、とうの昔に体が保たなくなってるぞ。
 

 翌朝、目が覚めたときには、すでにベッドの中に冴子の姿はなかった。
 夜の間、どれだけ乱れていても、うちのメイド長としての仕事はおろそかにしない。
 ……本当に感心な奴だ。

 2階の寝室から下に降りると、もう朝食の準備はできていた。
「あ、おはようございます!」
「おう、おはよう」
 幸、薫、冴子、梨央……うちのファミリーの面々……そして、
「おはようございます、大門さん」
「ああ、おはよう、綾さん」
 相変わらず、眼鏡に何の反応はない。
 しかし、辺りに漂う雰囲気がだいぶ柔らかくなったような気がする。
「昨日…生まれ育った街に行って来ました…知ってる人もいないし、住んでいた家すらなくなってましたけど……」
「そうか…」
「でも、なにか心の区切りがついたような気がします。これからどうするかは、まだ決めていませんが」
「まあ、ゆっくり考えたらいいさ。やることが決まるまで、ここにいても別に構わないし」
「ありがとうございます、これも大門さんたちのおかげです」
「別に、そんなたいしたことはしてないさ。たまたま助けて、寝泊まりするところを提供しただけだから」
 たまたま…か、なにかスッキリしないが、こいつからは嫌な感じや気配はしないし……。
 それよりも、俺の身の回りで、2日続けてディー・フォンがらみの事件があったことの方が気になる。
 あの会社、どんだけ売りさばいてるんだか……。


 その日、出社すると、俺は仕事の合間に、ディー・フォンを取り出す。
 冴子にディー・フォンが効かなかったのは、おそらく、俺の操作を受けている冴子にプロテクトがかかっていたからだ。
 いちおう、開発に直接関わった者として、それくらいのことはわかる。
 問題は、薫に起こったことの方だ。
 これは、あいつが使っていたディー・フォンだから、薫に変なメールを送ったアプリかなんかが入っているはずだ。
 ……これは?<マインドハッカー>だって?


 ※植春愛那の解説コーナー
 <マインドハッカー>は、倭文さまが作ったディー・フォンアプリで、これを使うと、他人の洗脳下にある相手をディー・フォンに取り込むことができます!
 詳しい理屈と使い方は、『黒い虚塔』第2話を見てね!


 ん?今なんか聞こえなかったか?……まあいいか。
 お、操作マニュアルもあるぞ。
 ……ふんふん。
 ………なるほど。
 …………おいおい!?
 ……………なんだって!?
 …………………………ブチッ!
 なんちゅうアプリ作りやがるんだよっ!
 おかげで俺が迷惑するじゃないかっ!
 しかも、何だよ!ディー・フォン購入1周年記念の特典って!?
 こんなもんタダで配ってんじゃねぇっ!!
「局長、どうかなさいましたか?」
 すっかり立ち直って、いつものクールな秘書モードに戻った薫が、俺の顔をのぞき込む。
「いや、なんでもない。ちょっとむかつくことがあってな。うん、大したことじゃないんだ。あ、薫、コーヒー淹れてくれないか?」
「……?かしこまりました」
 返事をして、部屋付きの給湯室の方に行く薫。
 あいつ、今、一瞬首傾げてたよな……俺がこれ持っていること気づかれたか?
 いや、薫はディー・フォンそのものは見てないはずだから大丈夫のはずだ……。
 しかし……あいつがこれを使ったってことは、少なくとも、一度は写真を撮って薫を取り込もうとしてたってわけだな。
 くそ、考えただけでも腹が立つ。
 つうか、メールで送ってきたってことは、薫のメールアドレスしか知らなかった……ていうことか?
 薫の携帯の番号を知られていたらやばかったじゃないか。
 なんてこった、こんなの持った奴らが、あと何人いるんだよ……。
「局長、コーヒーを……局長?」
 コーヒーを運んできた薫が、頭を抱えている俺を心配げに見ている。
「あ、ああ、ありがとう、薫」
 俺は、笑顔を作って、薫が机の上に置いたカップを持ち上げる。
 薫に気づかれるのはまずい……こいつに余計な不安を抱かせたらダメだ。
 昨日みたいなことが、またあるかもしれないなんて……。


「ただいま」
「あ、お帰りなさい、大門様」
 帰宅すると、いつも通り出迎えが……ん?大門様?そんな風に俺を呼ぶやつって……?
 俺が顔を上げると、そこには、白銀の髪をしたメイドが立っていた。
「あ!綾さん!?」
「はい、幸さん…いや、奥様と冴子さんに相談して、ここでお世話になることになりました」
 いやいやいや!ちょっと考えたら、この家普通じゃないってわかるでしょ!?
 それを、操作されてもいないのに、好きこのんで自分から飛び込んできます?
 うーむ、幸のやつ、前々から素質があるとは思っていたが、ついに洗脳の能力が開化したか?……て、そんなわけないか。
 だいいち、やっぱり眼鏡に何の反応もない。
 眼鏡が壊れてんのか?……うん、他の連中には反応しているな。
「大門様?」
「あの…いいんですか、綾さん?」
「はい!とは言っても、私、家事は全然できないので、まだまだ見習いですが。それと、大門様」
「は、はい?」
「今日から私もここの使用人ですので、私のことは、綾さん、ではなくて、綾、って呼んで下さい!」
「はい……」
 なんか、わけのわからん事になりつつあるな……。

「あ!ご主人様!今、ニュースでやってたんですけど、怪物が出たらしいですよ!」
 居間に入ると、梨央が興奮して飛びついてくる。
「はあ!?どこに?」
「東京ですって」
 と、これは幸。
「冗談か?」
「いえ、本当らしいですよ。ただ、夜中にちらっと見かけたっていう話だけなんですけど。なんでも、コウモリの翼に、蛇の尻尾を持った大男がいたらしいです」
 横から冴子も口を挟む。
「は、ははは、きっと見た奴が酔っぱらってたかなんかじゃないか?だいたい、そんなのがいるわけないだろう」
 と、言い切れないところがつらい。
 つうか、そんなの、魔界に行けばいくらでもいる。
 どっかのバカが地上に出てきたのか?
 最近の魔界の事情は、俺にはわからないし……。
 そういえば、魔界には銀髪の女悪魔もいくらでもいる……まさか?
 ……いや、綾からは悪魔の気配は感じられない。
 それに、よく考えたら、人間界でむやみと本性現す悪魔がそうそういるとも思えない。
 きっとガセだよな……というか、これ以上面倒そうなことは起きて欲しくないんだが……。

 脳裏にかすめた嫌な予感が、杞憂であることを俺は切に願った。

 
 


 

 

戻る