DEMON PERFUME


 

 

第三話(後篇)



 人気のない理科室。
 そこで俺は、担任の女教師と・・・。
 うっ・・・僅かな罪悪感と圧倒的な欲望が・・・。
 もう迷うな俺っ!
 悩むのは全てから終わってからだあっ!
「もしかして迷ってるの?」
「いいえっ!」
 元気に否定した。
 迷ってるってバレたら、せっかくのオイシイチャンスを逃してしまうかもしれない。
 ておい、先生が上に乗ってきた?
「ちょ・・・先生?」
 先生は妖しく微笑むと、脚を腰に絡めて来た。
 椅子に座っているから逃げるわけにもいかないって、別に逃げる必要はないか。
 んぐっ・・・先生が口を塞いできた。
 柔らかい舌が俺の口の中に入ってくる。
「んっ・・・」
 先生の指が、俺の分身に触れた。
 うっ・・・た、玉が弄ばれる。
 わ・・・も、もう一つの手が俺の分身を・・・。
 うっ・・・キ、キツイ・・・げ、限界が・・・あれ?手が止まった・・・。
 んぐぐっ・・・口がぁ、舌がぁっ・・・。
 先生の唾が流れてきた。
 当然飲みこむ・・・結構おいしいじゃないか。
「ふふふ・・・」
 う〜何て色っぽい笑みなんだ・・・。
「私の唾液がおいしかったの?」
 み、耳元で・・・背筋がゾクッときた。
「は、はい・・・」  
「良い子ね」
 頬擦りされた・・・何か立場が違わないか?
「じゃあご褒美をあげましょうね・・・」
 あうっ!ぶ、分身が突っつかれた。
 せ、先生ってこんなキャラだったのか?
 指が俺の後ろに回って・・・ズボンを脱がされたっ!
 腰を浮かせて、トランクスも一緒に・・・慣れてるよ絶対。
 先生って彼氏は・・・
「うっ!?」
 ぶ、分身をいきなりギュッと掴まれ、思わず声に出してしまった。
「イッちゃってね」
 右手は俺の分身を掴んだまま、左手は俺の肛門へ伸びてきた。  
「え?先生其処は?」
 穴に指が一本入り動き始める。
「きたにゃあっ!?」
 お、おかしい・・・こんな処をいじられてるのにき、気持ち良い?
 くっ、うっお、俺は感じてるのか?
「どう、気持ち良い?」
 そう言って微笑む先生・・・確信犯だ。 
 な、何か言いたくないなあ・・・。
「ひゃあっ!?」
 ま、またされた・・・。
「ほらほらぁ〜」
 ち、ちくしょわっ?
「それそれ〜」
 く、くそ・・・ああっ!
「結構頑張るのね〜?」
 こ、これじゃあただの逆レイプじゃないか・・・。
「うぐぐっぐぐぐ・・・」
「ほら〜イッちゃえば?」
 せ、性格変わってるよこの人・・・あ、頭が真っ白に・・・。



 う〜ん・・・お、俺は・・・?
 目を開けると、先生がニコニコして俺を見ている・・・? 
 こ、此処は確か理科室で・・・?
 思い出してきたぞ・・・。
「お目覚めね」
 く・・・返り討ちに合ったんだった・・・。
 うん?コンドームが新しくなってる?
「せ、先生・・・」
「ふふふ・・・気絶しちゃって可愛かったわよ」
 うう・・・この変わりよう・・・猫被ってたのか?
 と言うか、先生実はショタコンなのか?
 などど考えている間に、先生が俺の分身に触った。
「う・・・」
 声が出てしまう・・・一度出したのに、余計に敏感になっている。
 ゆっくりと先生の中に入っていった。
 先生は歯を食いしばって、眉をひそめている。
 色っぽいなぁ・・・。 
く・・・け、結構キツイぞ・・・。
 でもこれなら亜美の方がキツイかなぁ・・・て何でアイツを引き合いに出さなきゃいけないんだ?
 先生の中は、もう十分に濡れている。
 長い黒髪が俺の顔に掛かった。
 見上げたら、先生が俺を覗き込んでいた。
「桐坂君・・・初めてじゃないでしょ?」
 ギクッ・・・バ、バレた?
「ど、どうしてそう思うんですか?」
 自分でも分かる程、声が上ずった。
 途端、先生はニヤリとした。
「ふ〜ん・・・やっぱり童貞君じゃないんだぁ〜」
 先生は頷いている・・・し、しまった!単にカマかけられただけだったのかっ!?
「キスも慣れてるしね〜」
「へ?キス?」
 いやそれは先生が一方的に・・・。
「何言ってるのよ」
 笑いながら、肩を叩かれた。
「しっかり舌を絡めてきたクセに」
 そ、そうなのか・・・?
 俺は何も覚えてないんだが・・・。
 ・・・何となくこの雰囲気、ヤバイ気がする。
 というわけで俺は両腕を先生の手に回し、軽く突き上げる。
「あん・・・」
 大きくはないが、先生の喘ぎ声がもれた。
 ようし、この調子だ。
 俺はゆっくりとだが、突き動かし始めた。
「んっ・・・はあんっ・・・」
 先生の手も、俺の腰に回る。
 ただ突くだけじゃなく、色んな方向に動いてみる。
「あんっ・・・あんっ・・・あんっ」
 先生の腕に力がこもり、声も少しずつ大きくなってきた。
 ・・・でも本当に感じているのか?
 何かいつもより感じない所為か、余裕がある。
 この前読んだ本に【女性は感じているフリをしている時がある】と書かれていたのだ。
 俺もあまり感じないし、もしかして先生もそうなのかな・・・。
「せ、先生・・・」
 言い難いけど・・・仕方ないよなぁ。
「どうしたの?」
 不意に動くのを止めた事もあってか、不思議そうに俺を見た。
 目が少し潤んでる・・・。
「気持ち良い?」
 先生は眉をひそめた・・・やっぱり非常識かな・・・。
「気持ち良いけど・・・何故そんな事を聞くの?」
 その顔は明らかに白けた、と言っていた。
 ・・・・・やっぱりまずかったよな〜。 
 何とかして誤魔化そう・・・。
 ようし・・・クリトリス刺激してやれ!
 俺は右人差し指でクリトリスに触った。
「きゃん!」
 ピクッと先生の体が震えた。
 刺激するついでに、腰も動かす。
「あ、うんっ・・・あんっ」
 先生はまた喘ぎ始めた。
 ふう・・・取り敢えずは一安心だな。
「んあぁっんんっ」
 ・・・何か・・・さっきより感じてるな。
「あんっ、あんっ」
 ・・・あんまり激しくしてないのに・・・。
 よく見ると、先生の体、うっすらと汗ばんでる。
「あんっ、あんっ、あんっ」 
 流石にこれは演技じゃないだろう。
 でも何でこんなに感じてるんだろう。
 うっ・・・俺も少しキツクなってきた・・・。
 一旦動きを止めよう・・・。
「ああん・・・どうして・・・」
 結果的に、二度途中で止められたのだ。
 先生の声は結構不満げだった。
 俺はそれに答えず、分身を深々と刺した。
「あぁ・・・」
 先生は体を仰け反らせた。
 ズンと荒々しく一突きする。 
「あんっ・・・」
 先生も感じてるな。
 深々と刺した所為か、動き難い。
 それでも構わずに動く。
「あんっ・・・あんっ、あんっ」
 先生の声が大きくなる。
 き、気持ち良い・・・。
 少しずつ早く動かす。
「あんっ、あんっ、あんっ」
 上手くはいってないが、時々クリトリスを刺激する。
 段々と絶頂へと近づいているのだ。
 俺も少しずつヤバくなっている。
「あんっ、あんっ、あんっ」
 先生の体が揺れ、胸が俺に当たる。
 かなり扇情的だ・・・。
「あっ、あっ、あっ」
 明らかにスパートが掛かっている。
 ちょっと待て・・・お、俺はもっと・・・。
「ああーっ!」
 体が痙攣したかと思うと、先生はぐったりとなって俺の方へ倒れてきた。
 イッちゃったか・・・俺はイけなかったのに・・・。
 でも先生はイッたんだよな・・・しのぶ先生・・・。
 嬉しいけど・・・ちょっと悲しい・・・。
 先生の胸は俺に押し付けられ、顔は俺の肩の上だ。
 だから分かるんだ・・・先生の荒い息遣いが。
 先生の柔らかい胸の感触がぁっ!
 ご、拷問じゃないのかこれ・・・。
 まだ起き上がらないので、先生の髪を撫でてみる。
 何と言って良いか・・・柔らかい・・・手触りが良いのだ。
 匂いを嗅いでみたら、何か甘い、良い香りがした。
「うん・・・」
 ぐったりしていた先生の腕に力が入った。
「あら・・・ごめんなさい」
 目を伏せ、謝る先生・・・うー堪らない。
「そんな・・・良いですよ」
 そう言って先生の頬を撫でる・・・何やってんだ俺。
 照れたような笑みを浮かべ、俺を見る先生。
「先生の髪・・・良い匂いですね」
 そうすると、嬉しそうに笑った。
 な、何か・・・照れるなあ。
「有り難う。これ嘉応のシャンプーなのよ」
「え?顔のシャンプー?」
 頭じゃなくて?
 痛っ!鼻をギュッとつままれた。
「顔じゃなくて、嘉応よ」
 あ・・・ああ、あの最近出て来た・・・。
 おかしいと思ったよ・・・。
「あらっ!?」
「どうしたんですか?」
 俺じゃなくても、いきなり大声を出されたら驚くだろう。
「もうこんな時間・・・桐坂君、早く帰りなさい」
 こんな時間?確かに暗くなってはきているが・・・。
「ほらっ!」
 先生が指差すまま、俺は時計を見た。
 只今の時刻、午後六時二十分。
 ・・・・・・・・・・・・・・・。
「何イイイイイイイーーーーーーーーッッッッッ!!!!!」
 ど、道理で周りが暗いわけだ・・・。
「分かったでしょ?早く帰らなきゃダメよ」
 耳を塞いだまま言う先生。
 ・・・確かにヤバイ。
 俺がいくら母さんに信用されているとはいえ、これ以上遅くなると流石に心配するだろう。
 いや待てよ?俺って転校早々、担任とエッチしたっていうのか・・・いくら香水の力があるとはいえ・・・。
 うん?香水?
 ・・・・・・し、しまった!すっかり忘れてたあ!
「桐坂君?」
 その厳しさが増した声に俺はハッとなった。
 今は考え事している場合じゃない。
 不完全燃焼でも、我慢して帰らないと。
 俺は慌てて先生から分身を抜いた。
 すると、白い手が伸びてきてコンドームを取り外した。
「これは始末しておくから。早く帰りなさい」
 先生の声に急かされて俺は服を着、理科室を後にした。
 
 ふう〜・・・参ったなぁ。
 香水は使う気なかったのになぁ・・・。
 でも、先生は嬉しそうだったなぁ・・・。
 先生とあんな風になれるなら、使いたくなるよな。
 ・・・いけないって事は分かってるんだ。
 でも、先生が俺を好きになったわけじゃない。
 先生が俺とのエッチを喜んでするようになっただけだ。
 ・・・こんなの言い訳だよな。
 ・・・勉強は何とかなりそうだったけど、部活はどうしようかな。
 クラス委員とかはしなくてもいいんだろうけど・・・。
 ・・・・・・ダメだ、これじゃ現実逃避だ。 
 どうしよう・・・。
 年頃の男にこんな物を渡すなよなぁ・・・責任転嫁か。
 でもエッチするだけなら良いんじゃないか?
 ううう・・・ダメでもしたいのが男だ〜。
 痛っ!電柱にぶつかった・・・。
 今日はついてるような、ついてないような・・・。
 あ、家だ。
 心配してるかな・・・。

 家にはこっそりと入った。
 靴があるから、亜美はもう帰って来てるようだ。
 頼んで相手してもらおうかな・・・。
 いや待て俺・・・妹に性欲の処理をさせてどうする。
 最低だろ、それじゃ。
 ・・・そんな事を俺はやったんだよな。
 亜美の奴、全然気にしてなかったな・・・。
 仮にも俺は兄貴だぞ。
 ・・・そんな風に思われてないのか?
 足音のなるべく立てず、俺は自分の部屋に向かった。
 今、誰かに見つかるとヤバイのだ。
 何故かは・・・言わなくても分かるだろう。
 亜美は俺の事をどう思ってるのだろう・・・。
 恋人みたいじゃないのは確かだが・・・。
 普通、あんな単語は出て来ないよな?
 兄妹だから・・・とか言ってた気がするが、むしろ恋人の方が自然なのでは・・・。
 よく分からない・・・。
 あ、そうだ。
 分からないと言えば、例の香水もそうだな。
 今日みたいなのが、正しい使い方なのか・・・。
 あの露天商め・・・うん?
 俺は香水を取り出す。
 香水の色・・・変わってるぞ。
 今までは紫だったんだが・・・今は黒くなってる。
 何か・・・胡散臭さがアップしたな。
 ・・・まあいいや。
 取り敢えず、風呂に入ろう。
 制服を上だけ脱いで、パジャマとバスタオルを出す。
 うん?何かが落ちた。
 ・・・俺が持って行ったコンドームだ。
 という事は、あの新しいコンドームも先生が・・・?
 ・・・あの人は一体、何枚学校に持って来てるんだよ?
 

 風呂から上がると、長袖のブラウスとジーパンという姿の亜美が俺の前に来た。
「お帰り」
 何故か無表情な亜美・・・それだけか?
「ただいま」
 ・・・何か睨まれてるな。
 穴が開く程、なんて表現が合うくらい、ジーという擬音語が聞こえてきそうなくらい睨まれてる。
「何だよ?」
 遅いってか?だったらそう言えよ。
「何で香水の匂いがするのかなー?」
 ・・・そういう事か。
「そんなの元女子校なんだから、当たり前だろう」
 前もって用意していた答えだ。
「だからってお兄ちゃんの体にしみつくの?」
 うっ・・・確かにそれは考え難い。
「何で匂うのかなー?」
 声が少し低くなった・・・ヤバイ展開になってきたな。
 いやいや。
 何で匂いが分かったんだよ。
 玄関から台所までって・・・犬じゃあるまいし。
「私の鼻、良いの知ってるよね?」
 うっ・・・考えを見透かされてしまった。
 確かに亜美の鼻は良いが・・・。
「どうして答えられないの?」
 さらに低くなる・・。
 亜美の周りの空気が熱くなった気がする・・・。
「まさか女の人と?」
「ち、違う・・・そんな事するわけないって。大体、俺なんかお嬢様達に相手されないって」
 言ってる本人も情けなくなるが、今はそれどころじゃない。
「じゃあどうしてキスマークが残ってるのよ?」
「えっ!?」
 慌てて左頬に手をやる。
 ちゃんと顔は洗った筈だが・・・。
「誰も左頬なんて言ってないよ」
 あ・・・し、しまった・・・は、嵌められたあ〜!
「どうして左頬なのかな〜?」
 うっ・・・凄いプレッシャーだ。
 な、何とかしないと俺はヤバイ。
「べ、別にお前に関係は・・・」
「確かに〜」
 俺は亜美に圧され、最後まで言えなかった。
「私には関係ないけど〜転校早々、何やってるのよ?」
 亜美の体から炎が噴出している。
 その顔は、修羅の如く・・・このままだと死ぬな。
「いい加減お兄ちゃんと雌雄を決しないとね」
 な、なんて物騒な事を・・・。
「し、雌雄を決するって言っても、俺が男でお前が女に決まってるじゃないか」
「・・・そういう意味じゃないんですけど?」
 うっ・・・逆効果だったか?
 いつもなら、亜美が吹き出して場が収まるんだが・・・。
 今度ばかりは亜美の怒りを煽っただけらしい。 
「覚悟っ!」
 亜美がじりじりと間合いを詰めてくる。
 このままじゃヤバイ。
 俺はバスタオルを亜美に投げつけ、撤退する。
「ハアッ!」
 気合と共に繰り出された正拳は、俺のバスタオルに穴を開けた。
 ・・・嘘だろ?
 バスタオルを床に捨てると、亜美が俺を追って来た。
 ちなみに走っているわけではない。
 一歩ずつゆっくりと・・・そんな感じだ。
「ハッ!」
 今度は蹴りだ。
 紙一重で俺はそれをかわす。
 蹴りが通過したと思ったら、亜美が跳び体を一回転させた。
 うおっ!?跳び回し蹴りかっ!?
 ブオーッという凄まじい音と共に、必殺の一撃が来た。
「くっ・・・」
 ギリギリでかわすと、ソレは轟音を立てて俺の後ろの壁を砕いた。
 大きな穴が開いたばかりか、全面にひびが入っている。
 俺の髪が数本落ち、パジャマが少し裂けた。
 ・・・相変わらずとんでもない威力だ。
 この前、ナンパして来た男を撃退する時には、コレで電柱を蹴り倒したのを見た事がある。
 あの男、慌てて逃げ出してたよな・・・。
 現実にこんな事が出来る女が、世の中にどれだけいるってんだ。
 しかし・・・靴下を履いているとはいえ生身だぞ?
「亜美、お前足は痛くないのか?」
「そんなヤワな鍛え方してないわ」
 ・・・そうですか・・・聞くだけ無駄だったか。
「悪かったわね、女だてらに足を振り回して」
 え?いや・・・そういうつもりで言ったんじゃないぞ。
「投げ技にしておくわね」
 ・・・柔道か?
 俺にしてみればどっちでも変わらないんだか・・・。
「ハアッ!」
 っておいっ!跳び蹴りかいっ!
「お、お前・・・今投げ技にするって・・・」
「真剣勝負にそんな事言う方が甘い」
 ・・・真剣勝負? 
 だれがそんな事するかっ!
「お前達、何してるんだ?」
 うん?この声は・・・クソ親父!
 帰って来やがったか。
 だが今はナイスだ。
 コイツを止めてくれ。
「お帰り、お父さん」
 ・・・相変わらず殺気立ってるな。
「暴れるなよ」
 そう言って亜美の肩を叩く。
 おおっ!今日だけはあんたに感謝しよう。
「気安く触らないで!」
 え・・・?
 亜美の肘が親父の鳩尾に綺麗に入った。
「ぐはっ・・・」
 苦鳴をもらし、親父は膝をついた。
 アレは結構キツイからな。
「や、止めろ」
 粘る親父は、亜美の腕を掴む。
「ほっといてよ」
 亜美の膝蹴りが親父の股間に命中した。
「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっ!!!!!」
 口をパクパクしながら、悶絶する親父・・・ア、アレは痛い・・・。
 そんな親父を亜美は冷たく見下ろす。
 所詮、男にしか玉の痛みは分からないんだ。
 何を思ったのか亜美は、苦しんでいる親父の両足を掴んだ。
 そして、持ち上げ周りにぶつからないように気をつけながら、ジャ○○ントスイングをした。
 そ、そこまでやるか・・・。 
 やがて親父はゆっくりと下ろされ・・・亜美は両手を払った。
「な、何もそこまでしなくても・・・」
「良い人にはしないわ」
 ・・・親父を悪人と認めたな。
 だが、例え悪人でも金的はいけないと思うぞ・・・。 
「二人共」
 その呆れた声に、俺と亜美は振り返った。
 母さんがおたまを片手に立っていた。
「じゃれ合うなら外でやってくれないかしら?」
 母さん、止める気はないのか・・・。
「俺・・・もうパジャマだよ」
 あせった俺は、何とか止めてもらおうとする。
「そうね・・・じゃあもう少し静かにしてくれる?」
 そう言って母さんは行ってしまった。
 壁の穴や、撃沈した親父には目もくれずに・・・。 
 亜美はと見ると、まだやる気がありそうだ。
 だが、今は俺が有利だ。
「亜美、俺の部屋へ行こう」
 香水が効こうと効くまいと、亜美はついてくるだろう。
 親父の介抱は・・・誰かがそのうちするに違いない。
 取り敢えず背中に意識を集中し、何時来るかもしれない攻撃に備える。
 親父の死角と思える所まで来ると、立ち止まって振り返る。
「動くな、声を出すな」
 亜美の体がビクッと震え、動きが止まる。
 これで一安心だ。
 俺は亜美に近寄ると、耳元に口を近づけた。
「お前は怒りを全部忘れる・・・お前はとってもエッチな気分になる」
 俺の推測が正しければ、大丈夫な筈だが・・・。
「怒りを忘れ、エッチな気分になる」 
 念の為にもう一度繰り返しておこう。
 どうかな・・・ちょっと虚ろな表情になってるが。
 ・・・試してみよう。
「お前なんで怒ってたんだ?」
 亜美は困った顔になった。
「えー・・・なんでだろう・・・」
「覚えてないのか?」
「ごめんなさい」
 俯いて謝ってきた・・・やっぱり可愛い。
「おしおきだな」
 そう言っても、コクンと頷くだけで何も言わない。
 よし、おしおきだ。
 部屋に入り、鍵を掛ける。
 パンッと一度尻を叩く。
 亜美は声を出さずに耐えているようだ。
 分身を取り出すと亜美にさせる。
 小さな口と舌を懸命に動かし、時々潤んだ目で見上げてくる。
 かなり上手くなってきてる。
 あどけなさの残る美少女に、義理とはいえ妹に・・・。
 た、堪らん・・・。
「出すぞ」
 宣言すると、亜美の口の中に射精した。
 俺の長い一日はまだ終わらない。



 
 


 

 

戻る