DEMON PERFUME


 

 

第三話(前篇)



 俺は今、悩んでいた。
 幸いにも一晩で元気になったのだが、新たなる問題が浮上したのだ。
 う〜んどうするかな・・・。
 何を悩んでいるかって?
 今日から俺は登校するんだが、それに香水をつけていくか迷ってるのだ。
 そんな事で悩むな?さっさとつけて行け?
 そりゃ、皆にすればその方がいいんだろうが・・・。
 亜美とあんな事になったしな・・・。
 後悔はしてないんだが・・・。
 今から思い返せば、あれはレイプと一緒だったと思う。
 え?気付くのが遅い? 
 あの時は香水を手に入れて舞い上がってたからなぁ・・・。
 結果オーライだったが、今度からもそういくとは限らないし。
 ・・・でもないと結構不安だし・・・。
 よしっ!俺はつけて行く事に決めたっ!
 亜美とはセックスフレンドって事で一件落着?だったが・・・。
 他の人間とじゃ、こうはいくまい。
 そこで、だ・・・防衛の為につけるのだ。
 きっと何かあった時、身を守ってくれるに違いない。
 え?男には効かないだろうって?
 心配するな・・・武道をやってるのは亜美だけじゃない。
 香水をつけるのは、女の子を殴るわけにもいかないからだ。
 男なら半殺しにしてやるけどな・・・。
 それだけの理由で亜美を恐れているわけじゃないぞ。
 アイツはキレるとマジでヤバイんだ。
 どれくらいって・・・アイツはジュニア女子の日本代表だぞ?
 この前男の空手五段に勝ったのに、昇段が認められなかったってボヤいてたんだぞ・・・。
 え〜空手、柔道、合気道・・・全部黒帯を持っているという、反則な妹なんだ。
 顔が良くないと、絶対に男は近寄らないだろう・・・。
 ここまで考えているうちに俺はもう家を出て、学校付近まで来ていた。
 言い忘れた気がするが、引っ越しは日曜日だった。
 矛盾だらけで都合が良すぎる?
 さっき見かけた電柱に『話の都合』と書かれてあったぞ。
 ・・・妙に寒くなったが、俺は気にせず校門をくぐった。
 

「君が桐坂陽介君ね」
 職員室に行った俺に、一人の美女が立っていた。
 う〜ん・・・お約束な展開だとは思うが、この場合は素直に感謝しよう。
 肩まで伸びた髪さらさらとしていて、くっきりとした目鼻立ち・・・。
 上手く言えないが、知的で温和な大人の女性だ。
「は、はい・・・」
 情けないが俺は圧倒されていた。
 彼女は神々しいオーラ―を発し、周りに絶対的な存在感を示している。
 優しく包み込むような、それでいて何処か近寄り難い雰囲気。
「私が担任の水崎しのぶです。宜しくね」
「こ、こちらこそ」
 二人は会釈した。
 しのぶ先生・・・何て素敵なお名前・・・て俺は何を言ってるんだ?
「いきなり欠席とは良い度胸じゃない」
 はうっ・・・い、痛いところを・・・。
 まさか義妹相手に張り切ってました、なんて言えないし・・・。
 俺は返答に困ったが、
「次から気をつけなさいね」
 そう言って彼女・・・しのぶ先生はウインクした。 
 す、凄く素敵な人だ・・・もしかして俺って一目惚れか?
 正直、もっとこの場にいて彼女と話をしていたかった。
「あら、もうこんな時間。教室に急ぎましょう」
 ・・・時の流れの何と無情なことだろうか・・・・・・。
 少しだけ、異人さんじゃなくて詩人の気持ちになりたかった。

 しのぶ先生と言葉を交わしながらも、俺は教室へ歩いていた。
 だが、先生の言葉は碌に聞いてなかった・・・と言うより、聞けなかった。
 何故なら・・・香水やら化粧やらの匂いが凄まじかったからだ。
 そう・・・一種類なら“良い匂い”で済ませても、それが何十種ともなると・・・鼻が曲がりそうだ。
 そのうち教室に着いた。
 ・・・ヤバイな、道順なんて覚えてないぞ・・・。
「ちょっと此処で待っててね」
 そう言うとしのぶ先生は、教室の中へ入って行った。
 転校して最初の仕事は自己紹介・・・何て言うか考えてないな。
「はーい今日はお知らせがありまーす」
 先生の良く通る声が、教室内に響いた。
 あれ?席に着いて、なんて言わなかったぞ・・・もしかしなくても皆着いていたのか・・・?
 お、俺この学校に馴染めるのか・・・今更だが何か心配になってきた・・・。
「今日は転校生が来まーす」
 先生の声と一瞬の沈黙。
「本当?」
「普通月曜日じゃない?」
 急に騒がしくなった。
 この辺の反応は同じなんだな・・・ちょっと安心した。
 でも、どよめき声が一つも起こらなかった辺りが・・・。
 何か貴婦人達のひそひそ話の声が大きい版みたいな・・・。
「じゃあ入ってきて」
 その声に再び沈黙が訪れる。
 な、何か入りにくいな・・・。
 こういう場合、ウケを狙う時は後ろや窓から入るんだが・・・それを此処でやると、全員に引かれる恐れがある。
 ここはひとまず・・・普通でいこう。
 ガラッと、扉を開けると・・・うっ全員からの注目が・・・。
 先生の近くまで行くと、正面を向いた。
 ・・・女子が多い・・・男子は三人しかいない。
 噂には聞いていたが、ここまでとは・・・。
 
「桐坂陽介です、宜しく」
 ・・・七十を越える瞳に見つめられ、かなり緊張した。
「じゃあ君の席はあそこ」
 先生が指差した席・・・窓側から二列目の一番後ろ。
 そこに男子三人が固まっていた。
 ・・・女子から隔離されてるのような気がするのは、俺の気のせいか?
 まあとにかく。
 今から俺の新しい学校生活が始まるんだな。
 席に近づくと、その三人に声を掛けられた。 
 一人目は背の高い、眼鏡を掛けた奴。
 こいつはまあ・・・痩せ細ったがり勉君と言ったところか。
 二人目は小柄で丸顔。
 アン○ンマンみたいな奴だ。
 三人目は・・・特に特徴はない・・・平凡君だな。
「俺は袖之岡だ」
 そう言って手を出してきたがり勉君。
「僕は堂道(どうみち)ー」
 マンマル君。
「そして俺が南本だ」
 そう言って笑いかける、白い歯が印象的と言うか、他に触れるべき点が見つからない南本・・・すまん。
 ちなみに席は俺の隣が袖之岡、前が南本、そして左斜め前に堂道。 
 右隣は当たり前だが女子。
 髪を後ろで一つに束ね、縁なし眼鏡を掛けている。
 何か知的で冷たく、真面目な優等生といった感じだ。
 やっぱりこんな子もいるんだな・・・。
「たまにはまともな男も来るのね」
 え?い、今何て言った?
 確か“たまにはまともな男も来る”って言わなかったか?
 こ、この子見た目みたいに、いや見た目以上にキツイな・・・。
 袖之岡・堂道・南本のどこがまともじゃないんだ?
「おい、桐坂」
 この声は南本だ。
 え?分からない?・・・ほっとけ。
「言わなくても分かるだろうが・・・此処は『女尊男卑』だ」
 そんな事、百も承知だよ・・・。
「それがどうした?」
「だ〜か〜ら〜女子を口説こうとは思わないように」
 ・・・はあ?
 南本は何やらおかしそうに笑っているが、俺に身に覚えはない。
「何言ってんだお前?」
 こんな女子しかいないような世界で、そんな度胸があるわけないだろ。
 でも、南本はにやにやしてやがる。
「だってお前、御代(みしろ)さんを見てただろ?」
 そうか・・・御代って言うのか・・・いちいち読み方なくても、それぐらい分かるだろ。
「説明されなくても分かるって」
 そう言ってやったら、
「いや、ミダイって読んだ奴がいたんだよ」
 こう返事が来た。
 ・・・確かにそう読めるかもしれないが・・・
「誰だよそれ?」
「俺だよ、俺」 
 南本の奴、笑ってそう言いやがった・・・お前かよ。 
「ところでさー」
 いきなり別の声が割り込んできた。
 この間延びした話し方は堂道だな。
「桐坂ってさー洗顔はどうすんの?」
 ・・・はい?
「やっぱり顔で石鹸を洗うタイプ?」
 俺は・・・・・・ん?何か変じゃなかったか?
 顔で石鹸を・・・?
「・・・あのさ、顔を石鹸で、じゃないのか?」
 石鹸を洗ってどうする・・・。
 それを聞いた南本が、
「正確には石鹸で顔をって言いたかったんだ」
 と訂正してきた。
「そうとも言うねー」
 ニッコリ笑ってやがる。・・・御代が言った事、なんか分かるような気がする。
 と、取り敢えず袖之岡はまともだろ・・・いや、そうあって欲しい。
「おっ、先生が来た」
 やっと授業か・・・少し救われた気分だった。


 キーンコーンカーンコーン。
 いきなりだが、今は昼休みに入ったところだ。
 授業は結構早いが、ついていくのに問題なかった。
 ただ、休み時間の方が問題だった。
 休み時間になっても、男三人組以外は誰も俺に話し掛けて来ない。
 時々、遠くからの視線を感じたが、それだけ。   
 何か気にはなるが、取り敢えずは男達と友情を深める方が先だ。
 まあちょっと変わってはいるが、三人共悪い奴じゃなくて一安心だ。
 ・・・この三人と一緒にいるって事で、俺も変人扱いされてるとか?
「おーい一緒に飯を食おう」
 例の調子で南本が声を掛けてきた。 
 別にそれはいいんだが・・・
「何処に行く?」
 そう、これが問題。
 クラスはもとより、何処に行ってハーレム状態。
 但し、とてつもなく居心地が悪い。
 いくら男子がいるっていっても、数が少なすぎるのだ。
 せめて後一人か二人・・・こう思うのは俺だけだろうか?
「食堂だ」
 食堂ね・・・よりにもよって・・・。
 俺の反応を気にもせず、三人は歩き出した。
「お、置いてくなよ」
 一人で教室に・・・なんて考えたくもない、俺は急いで追いかけた。
 食堂に行く最中に会う人間、全員が女だった。
 ・・・此処に他の男はいないのか?
「なあ、何で他に男は見かけないんだ?」
「えーとねんぐっ」
 真っ先に反応した堂道の口を、南本が塞いだ。
「他の連中は教師も生徒も、教室や職員室で小さくなってるんだろう」
 なるほど・・・でも、何で堂道の口を塞いだんだ?
 何となくは分かるが・・・。
 
 俺達四人は開いていた場所に座る。
 しかし・・・何なんだこいつら?
 俺は母さんの特製弁当を持って来てるんだが、こいつらは食券を買っていた。
 いや、問題はその量なんだ。
 南本はうな丼と天ぷらうどんとハンバーグ。
 堂道は牛丼大盛りにパスタ、カレーパンとチャーハン。
 この二人は、まあ見た目以上と言えばそれまでだが・・・。
 袖之岡はサンドイッチと焼きそば、きつねうどんにカツ丼、酢豚。
 しかも焼きそばとカツ丼は大盛りらしい。
 こ、こいつら・・・大食いトリオだ・・・。
 いやいやそれより、袖之岡、どこにそれだけ入るんだよ?
 と言うか、何でそれだけ食べるのにそんなに痩せてるんだ?
 おかしーじゃねーかあぁぁーーーっっっ!!!
「お前どうしたんだ?」
 不思議そうなその声にはっと我に返った。
 辺りを見回すと、三人はもとより他の人間も俺を見ている。
 ・・・どうやら俺は声に出してしまったらしい。
 食堂のおばちゃんまで、手を止めてこっちを見ていた。
 ・・・・・・・は、恥ずかしい・・・。
 多分俺の顔は真っ赤になっていたに違いない。
 いたたまれなくなり、俺は座った。
 ・・・座った?・・・・・・つまり俺は・・・立ち上がってたのかっ!?
 うっ・・・ま、周りの目が痛い・・・。
「ところでさー」
 おおっ、相変わらずのマイペースさ。
「桐坂ってさーご飯とお茶?」
 ・・・な、何が言いたいのだろうか?
「それともさーウシチチ?」
 え・・・?ウシチチ・・・?ウシのチチ・・・?
「も、もしかして牛乳の事か?」
 恐る恐る訊き返した俺に、南本は頷いた。
「そうとも言うねー」
 当の本人は、カレーパンを頬張りながら答えてくれた。
 よく分かるように発音出来るな・・・器用な奴め。
 それよりも一番の謎は・・・
「南本、よく分かるな」
「堂道の事か?」
 そう・・・何でこいつは分かるんだ。
「それはな、付き合いが長いからさ」
 ・・・爽やかに言い切りやがった。 
「ふーっ食った食った」
 一人だけ沈黙を守っていた袖之岡。
 俺が見た時、見事に全てを平らげていた。
 こ、こいつが一番の化け物か?
「早いなお前・・・」
 もう俺の言葉には、呆れしかこもっていなかっただろう。
「まあ腹八分目って言うからな・・・これくらいにしておかないと」
 は、腹八分目ってお前・・・。
 真顔で言ったぞこいつ。
 ・・・このメンバーがもう嫌になってきた・・・。
(まともな男・・・)
 御代の言葉が思い出された。
 きっとあいつも苦労したんだろう・・・。
 こいつら、絶対に普通じゃない。
 いや、南本は普通かもしれないが・・・多分これは願望だろうな・・・。


 休み時間を過ごした筈なのに、何故かとても疲れた俺。
 こんな事で大丈夫なのか・・・?
 ・・・そう言えば、亜美の奴・・・あいつはどうしてるのだろうか。
 一応引っ越したのだから、あいつも転校したのだ。
 まぁあいつの事だ、早速友達とファンクラブが出来てるだろう。
 それに引き換え俺は・・・
「桐坂ー卵焼きを醤油にかけるー?」
 ・・・まだ言ってる・・・もう答える元気がないよ、堂道。
「醤油を卵焼きに、だろ」
 いちいちツッコミを入れてる南本・・・本当によくやるよ。
 何でも『ミスター通訳』と呼ばれているらしい。
「・・・クリームパンも食っとくべきだったか・・・」
 残念そうに腹をおさえている袖之岡・・・まだ食う気なのか?
 あれ以上は物理的に不可能だろう・・・と言うか、こいつあれだけ食って何で太らないんだ?
 他の二人も、癖がある。
 でも・・・袖之岡は自然の法則を完全に無視している。
 例え『食べても太らない体質』でも、物事には限度ってものがある・・・ある筈だ・・・あるかもしれない・・・。
 駄目だ・・・頭が痛くなってきた・・・もうこれ以上考えるのは止めよう。
 

 ・・・・・・・・・・・・おい、桐坂。
 ・・・・・・誰かが呼んでいる?
 ドオンッ
「ぐっ・・・・・・」
 とてつもない痛みの所為で、俺は頭を起こした。
 見上げると、何故か距離を取ってこっちを見てる三人。
 そして俺を殴ったらしい女子生徒が目に映った。
 そいつが手にしていた物は、鞄だ。
 しかも荷物がぎっしりと詰まっている事が一目で分かる程、重そうな鞄だ・・・普通、そんな物で人の頭を殴るか?
 一言文句を言ってやろうと、その女子の顔を見た。
 か、可愛い・・・いや綺麗だ。
 悔しいが、そいつは非常な美人だった。
 眉目秀麗という言葉がぴったりな上、明るく華やかな雰囲気を纏っている。
 こいつの前じゃ、どんな花も霞むだろう・・・なんて言っても、全然不思議じゃない。
 可哀想だが、亜美よりもランクは上だな。
 しのぶ先生クラスだろう・・・でも全然動揺しない。
 多分、鞄で頭を殴られたのが原因だろう・・・。
 直接見た者以外は、絶対信じないだろうが。
「転校してきていきなり居眠りとは余裕ねー」
 そう言って微笑む女。 
 悔しいが、様になっている。
 嫌味なその台詞と笑顔にお嬢様育ちな優雅さ・上品さが感じられる。
 やはり来たか・・・でもこんな所で使うわけには・・・。
 薄情な三人とこいつ以外にも、教室には人が残っている。
「先生に睨まれても、SHRが終わってもずっと寝てるなんてねー」
 何て嫌味な・・・え?
 SHRが終わっても?
 俺の目は時計へといく。
 じ、時間は三時・・・十分・・・?
「な、何イイイイイイイィィィィィィ――――――ッッッッッッ!!!!!」
 俺の絶叫が教室に、いやこの階に響き渡った。
 お、俺はそんなに寝てたのか・・・・・・?
「て、起こせよお前等ぁーっ!」
 怒りの矛先は当然、三人組にだ。
 するとその三人は、
「俺達は起こしたぞー」
「何度やっても起きなかったぞー」
「自業自得だぞー」
 離れたところから口に手を当てて叫ぶ。
 あ、あいつ等・・・でも待てよ・・・?何であいつ等はこっちに来ない?
「もう良いかしら?」
 疑問に思う俺の耳に聞こえたのは、低く押し殺された女の声。
 思わずそっちを見た俺の目に映ったのは、耳を抑えわなわなと震えている女子の姿。
 気のせいか、目には灯が点っていた。
 ・・・そ、そういう事か・・・。
 俺もようやく事態を悟った・・・正しくは推測出来た。
 あ、あいつ等・・・俺を裏切りやがったなっ!?
「貴方には今日、教室掃除を一人でしてもらいます」
 な、何っ!?何で俺が・・・いやそれよりお前が決める?
 俺は無駄かもしれないと思いながら、一縷の望みに賭けて三人の方を見る。
 袖之岡は俺から目を逸らし、他の二人は合掌して何やら言っている。
 ・・・俺は読唇術なんぞ出来ない。
 だがっ、状況と動かし方から察するにあいつ等・・・
「ご愁傷様」
 なんて言ってやがるのだ。
 こ、この裏切り者共がぁっ!!
「良いわね?」
 ずんっ、と迫力を増す女子の声。
「は、はい」
 結局俺はその圧力に屈し、泣く泣く掃除をした。
 ちなみに・・・あの三人は忍者顔負けの素早さで逃走。
 あいつ等だけは・・・絶対に許さんっ!!


 ・・・結局四時になってしまった。
 こんなに遅くなったのは、
「窓拭きや床磨きもやるように」
 なんて厳命を受けたからだ。
 手を抜くと一週間、そして一月の間一人で・・・なんて脅迫に屈したのだ。
 誰かに声を掛けて操り、手伝ってもらっても良かったのだが、転校初日にそれをやると流石に怪しまれるだろう。
 ・・・今日は早く帰って寝よう。
「あら桐坂君」
 この声はしのぶ先生!
 振り向くと、愛しの・・・もとい担任のしのぶ先生・・・あれ?隣にいるのは誰だ?
 彼女(しのぶ先生)の隣に、見た事もない女の人が立っていた。
 輝くような金髪、ボンッキュッボンッの見事なバディ。
 この人もこの学校の先生かな?
「あの・・・その人は?」
 当然俺の目はその人に釘付けだ。
 それを見たしのぶ先生は、苦笑した。
「ああ彼女は・・・」
「私は外国人デース」
 そう言ってその人はニッコリ笑った・・・いやそれくらい分かるよ?
 それより、自分で“外国人”なんて言う人もいるのか・・・。
「それでね私の友達で・・・」
「YES!アイアムハーフレンドネー」
 ・・・その英語合ってるのか?
「名前は・・・」
「OH!もーこんなタイムネー!ネクストタイムまでウエイトをお願いネー」
 ・・・日本語と英語がごっちゃ・・・話し難くくないのか?
「それじゃ、バーイネ〜!」
 手を振って去って行った・・・結局誰だったんだよ・・・。
 でも美人だったな〜体も凄かったな〜。
 ナイスバディで明るくて、美人で・・・凄い人ネー。
 ・・・し、しまった口調が・・・。
「桐坂君?」
 まあいいや・・・でも、でも一度でいいから・・・
「エッチしてみてー」
「え?桐坂君?」
 ・・・し、しまったぁっ!せ、先生の事を忘れてたぁ〜!
「エッチしたい?」
 な、何故か真剣な眼差しのしのぶ先生・・・。
 ヤ、ヤバイ・・・停学いや退学になるかもしれない・・・。
 て、転校初日で・・・ああっ・・・俺の人生は・・・。
「どうなのよ?」
「エッチしたい!させろ!」
 もうやけだ・・・退学になって・・・香水の力を使って・・・。  
「いいわよ」
 そうだろ、いいよな・・・・・・え゛?
「い、今・・・今なんて?」
「いいって言ったのよ」
 ・・・えええーーーっっっ!?
「ついて来て」
 先生は歩き出した・・・。
 ちょっ、ちょっと待て・・・何でいいんだよ?
 おかしいだろっ!?
 体を操るだけなんだろ?
 なのに何で先生からオーケーが出るんだよ?
 ・・・でもついて行くか・・・。

 誰ともすれ違わず、俺達が来たのは第二理科室だった。
 人気が全然ない。 
 先生は振り向くと、いきなりキスしてきた。
「んぐっ」
 せ、積極的だなー。
 何て柔らかい唇なんだ・・・んおっし、舌を・・・。
 あ・・・いきなり離れた。
 先生の良い匂いも一緒に・・・。
「ふふふ・・・どうしたの?」
 妖しく微笑むしのぶ先生・・・。
 本当にどうしたんだ?
 これも香水の力なのか・・・いやそんな事は聞いてないぞ。
 じゃあ先生はどうして・・・・・・一番考えられるのはあの野郎が何か隠しているって事か。
「せ、先生どうして?」
 ああ・・・!聞いてしまった・・・。
「君が誘ったんでしょ?」
 いや理由になってないよ、先生。
 先生が俺の彼女ならともかく・・・ああ、そう言えば俺って彼女いないんだよ・・・。
「本当の事言うとね、私にも分からないのよ」
 え?や、やっぱり・・・
「でも何か桐坂君とエッチしないといけない気になって・・・おかしいよね」
 そう言って悲しそうに微笑む先生・・・。
 俺の所為だ・・・。
「でも嫌じゃないのよ?」
 え?おかしいのに・・・嫌じゃない?
「何でかな・・・嬉しい気がするの?」
 ???・・・何言ってんだこの人?
 嬉しい?操られてるのに?
 ・・・操る?いや俺は操ってなんかいないぞ?
 体は操られても、心までは?
 うん?ちょっと待て。
 頭は?脳は?どっちになる?
 ・・・普通は肉体に入るよな?
 いや?体を支配しているのは脳だよな?
 つまり、香水の力は当然脳も対象内って事に・・・。
 ・・・もしかして最初から、相手の脳に命令すれば良かったのか?
 ・・・あ、あの、あの野郎っ!隠してやがったのかっ!?
 いや俺も気付けよっ!!
「桐坂君は私とするのが嫌?」
 うっ・・・媚びるような上目遣いに甘い声・・・。
 せ、先生もこの場にいたんだった。
 それにしても色っぽい・・・。
「そ、そんな事ないです」
 しのぶ先生にそんな目で見られて健全な男が拒否できるか・・・。
 当然この場はするに決まってる。
「それじゃあ・・・」
 先生はいきなりスカートの中に手を入れて、パンティを脱いだ。
 し、白だ・・・。
「残念だけど、時間があまりないの。このままで、ね?」
 本当に残念そうな先生・・・俺は幸せ者だ!
 俺は当然頷いた・・・ちょっと残念だったが。
「もうこんなになってるのね」
 俺の股間が先生の白い指に、撫でられた。
 そしてもう片方の手で、スカートを捲り上げた。
 うおっ白い、美しい脚が、太腿がっ。
 さ、さらにみ、魅惑の、男の憧れがっ。
「さあ・・・舐めてみて」
 言われなくてもいただきますっ!
 し、茂みが・・・割れ目がっ・・・。
 もう俺は止まらなくなった。
 そこを俺は舐める。
「あっ・・・」
 少しだが、先生が反応した。
「もっと!もっと気持ち良くなれっ!」 
 俺は叫ぶとより早く舌を動かす。
「あんっ・・・あんっ、あんっ・・・」
 一気に感じ始めた先生のクリトリスも責め、舌を深く入れる。
「ああっ!イイッ!イイのっ!」
 そう叫ぶと先生は、体を仰け反らせた。
「イ、イクッ!」
 早いな・・・おっと、香水の所為か。
 グニャリとなる、息の荒い先生・・・これはこれでそそるかも。
「先生」
 呼びかけてみたら、微かに反応した。
「桐坂君・・・上手なのね・・・」
 おおっ、喘ぎながら誉められた。
 亜美で練習した甲斐があったな・・・但しこれを言うとあいつは怒るだろうが。
 もう俺も限界だ・・・。
「せ、先生その・・・中に」
 やっぱり・・・言い難いなあ・・・。
「あ、待って」
 先生は手をついて体を起こした。
 ナマは嫌なんだろうな・・・こんな事もあろうかと俺はちゃんと持ってるぞ。
 と、思いきや先生もコンドームを取り出した。
「ちゃんと使ってね」
 分かってるよ先生・・・でも何で持ってるんだ?しかも二枚重ねだし。
 ・・・まあいいや。
 俺は分身に装着した。
 これで準備は整った・・・俺の分身よ行けい!



     


 

 

戻る