E=mC^2 BBS おしゃべりしましょ   ■ Headline ■ HOME    

おしゃべりしましょトップへ ▼カッ飛び最後 

  人生のターニングポイント 性癖の覚醒

01: 名前:天意無法の歌武鬼者 鬼龍院獣侍郎投稿日:2010/08/10(火) 02:38
この世界に入った決め手になったことはなんですか?

02: 名前:nakami投稿日:2010/08/11(水) 12:19
 先日、ようやく課長補佐の肩書きをいただいたところだが、職場での扱いは何一つ変わらなかった。
 上司に呼ばれて、誰かの代わりに私が怒られ、言われるがままに残業し、また理由もわからず怒られる。
 部下にも相手にされず、職場には居所もなく、かと言って家に帰っても妻はパート先の店長と不倫してるし、高校生の娘はチャラチャラした男に引っかかり、ろくに家にも帰ってこない。
 仕事も出来ず、家族にも愛されず、私は本当に冴えない中年男だ。
 そんな自分にはとっくに愛想を尽かしていたはずなのに、それでもくすぶる欲求不満は日に日に大きくなっていく気がする。
 私は誰かに自分を見て欲しいだけなのだ。私を認めて、愛して、私の言葉に従って欲しいのだ。

「あ〜あ。世間の連中を思うさま洗脳してやりたい」

 そんなある日、会社のトイレで放屁と一緒に呟いた何気ない一言が、私の全身を熱くさせた。
 そうだ。私はそれがしたいのだ。私を無視し、虐げてきた世間の連中に、私の命令を聞かせたいのだ。そして、否も応もなく無条件で従わせてやりたい。
 ドクン。
 激しい血液の沸騰とともに、私の中で何かが雄叫びを上げた。
 覚醒。私は本当の『私』に目覚める。

「マインドコントロォォォォォル!」

 燃えるような熱さが私の肉体を突き破り、巨大な生き物となって私の意志を増大させた。
 トイレの個室を、会社の壁も天井も突き破り、私は巨大な何かに変じて、自らの欲望を叫んだ。

「うつろ目ぇぇぇぇ!」

 私の目から発する怪光線は、逃げまどう人々から意志を奪った。光を失った虚ろ目になった人々は、まるで人形のようにゆらりゆらりと私の巨大な足音に揺れるだけだった。

「肉体操作ァァァァ!」

 背後で逃げまどう人々には、私の意志によって動く人形に変える。彼らは自分たちの思い通りにならない体に悲鳴を上げながら、その場で服を脱ぎ始めた。

「常識変かぁぁぁぁん!」

 人々は怪獣と化した私を神の御使いと崇め、若い娘をお供えとして捧げる。
 私は本当の自分を解放し、思うさま世間を洗脳し、街を破壊して回った。

『パターン抹茶色。MCフェチです!』

 どこかでオペレーターの子が私をMCのフェチと認定し、緊急体制が作られた。
 そう、私はMCフェチ。私自身の真の性癖に覚醒したのだ。
 戦闘機が飛び交い、警報が鳴り響く。しかし私はそのくらいでこの解放感を留める気にはなれなかった。
 ずっと我慢してきたのだ。もう自分を押し殺すのはやめたんだ。もっともっと、やりたいことをするんだ、私は!

「チョーウケるんですけど。それ、うちのオヤジのネクタイだし!」

 ビルの屋上で、派手な格好をした女の子が、聞き覚えのある声で私を指さして叫んでいた。
 よし子。私の娘のよし子じゃないか。
 私は自分の触手に引っかかっていたネクタイに気づいた。そうだ。確かにこれは、よし子が小学生のときに妻と一緒に誕生日プレゼントにくれたものだ。
 そんなこと、とっくにお前は忘れてると思ってたのに。
 私はよし子に優しく催眠をかける。
 ここは危ないからおうちにおかえり。母さんも心配している。あとお前の彼氏、他にも女がいるようだから、もうおやめ。

「わかった。よし子、うち帰るし。てか、彼氏とも別れるし」

 よし子は私に背中を向けて駆けだした。
 これでいい。満足した。一番に私の話を聞いて欲しかった人に、私の命令を届けることができた。
 いつの間にか戦闘機の姿は消え、あたりには静寂が包まれていた。空が妙に赤みを増していた。
 そして、ぽっかり穴が空いた。何か黒いモノが私に向かって落ちてくるんだ。
 後悔などない。私は自分の全てを解放できたのだ。
 別にバケモノになりたかったわけではなかったが、それでも、私は自分に満足し、全てを受け入れる覚悟もできていた。
 今まで出会った全てに感謝を。
 ありがとう。マインドコントロール──……


 ……──というところで目が覚めたら、パンツがびっしょりぬれてました。
 おしっことも違うみたいだし、僕、ビョーキなんでしょうか?

03: 名前:闇憑投稿日:2010/08/11(水) 12:33
才能の無駄遣いが垣間見えた……

  名前:
  本文:

おしゃべりしましょトップへ ▲カッ飛び先頭 



管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --