E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示

  憧れの教師

01: 名前:ざくそん投稿日:2019/01/14(月) 08:07
憧れの教師の感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2019/01/14(月) 11:54
読ませていただきましたでよ〜

THE王道!
学園設定も生意気な生徒も素直な生徒も厳しい上司も催眠の描写もすべてが王道でとても素晴らしいでぅ。
ちゃんと振り子をもたせてるしw

あっさりと夏帆ちゃんが落とされて次の狙いは沙織さん。
沙織さんは夏帆ちゃんほどあっさりと落ちるのか、雫ちゃんはどうなるのか。
夏帆ちゃんより沙織さんや雫ちゃんのほうが楽しみなので期待がすごいことになっているのでぅ。
三人をじっくりやってもいいし、次々と新キャラを出してくれてもいいんでぅよ?

周囲にばれないようにエロエロな教師生活を楽しみにしていますでよ〜。
であ

03: 名前:投稿日:2019/01/14(月) 15:35
あんこうさんのページの2話、及び1話から続くのリンクからだと
新しい僕の家族2話に飛んでしまいますね。

お話は基本に忠実。「こういうのでいいんだよ、こういうので」
厳しい女先輩教師をどう料理されるのか楽しみです。

04: 名前:風狂の振り子投稿日:2019/01/16(水) 23:24
どうも〜! 風狂の振り子です〜!
初投稿のお話からまだそれほど経ってないのにもう次のお話が!

そして、相変わらずの催眠導入部分の丁寧な描写なのです。
催眠術をかけやすい、自分を慕って、信頼している対象の選定。
成績アップやスポーツ選手のイメージトレーニングを例に出して相手の関心を引く。
自己催眠でも使う振り子導入法に術者の導入暗示をプラス。
相手の想像力を利用して催眠の深度を下げるためのイメージ暗示。
もう、どこまでも完璧で読んでいて思わずニヤニヤしている自分がいました。
なにより、ここに書き手の熱が感じられて、読む方としても引き込まれます。

それに、絵に描いたようなコンプレックスの塊の主人公。
教師という立場でありながら、一部の生徒や他の先生に馬鹿にされてる状況がかえって劣情をかき立てるところもいかにもという感じです。
そして、手始めに最初に手を出すのが自分を慕ってくれている生徒って、下衆な面でも完璧ですね(←褒めてます)。

次はとりあえず沙織先生でしょうけど、雫ちゃんがラスボスっぽい雰囲気ですね。
ではでは、次回を楽しみにしてますよ〜!

05: 名前:ティーカ投稿日:2019/01/16(水) 23:57
読みました!
ふおお…導入シーンが、本当に丁寧に描かれていて驚きました。
深化させる過程もあり、覚醒させたあとの暗示も、相手の方から性行為を求めさせる王道中の王道のエロさ。
いきなり生意気な雫ちゃんや苦手意識のある沙織先生に向かうのではなく、
比較的素直に慕ってくれている夏帆ちゃんなのも素敵です。

今後も楽しみにしています!

06: 名前:あんこう投稿日:2019/01/19(土) 15:44
みなさん、感想ありがとうございます。

>みゃふさん

書いてる途中に我ながらベタだなあと思ってました 笑
でも、やっぱりベタなのが好きなんですよね。何より書きやすいですし。
初期プロットだと夏帆は最初から操られている状況だったんですが、後からシーンを追加したので内容もかなりノーマルなものになりました。

>慶さん

オリジナリティのある話も書きたいという意思はあるんですが、なかなか発想と技量が追いつかなくて。
まずは王道でエロい話をかければいいなと思っています。

>風狂の振り子さん

>なにより、ここに書き手の熱が感じられて、読む方としても引き込まれます。
熱はすごくあるんですが、ほとんど雰囲気で書いているので、それっぽくなっていたのならよかったです 笑
やっぱり施術シーン好きなので。

>教師という立場でありながら、一部の生徒や他の先生に馬鹿にされてる状況がかえって劣情をかき立てるところもいかにもという感じです。
当初はもっと引いた目線で書いていたんですが、最終的にコンプレックスを押し出した形に落ち着きました。
本当は完全三人称やってみたかったんですけど、難しい・・・。

>ティーカさん

催眠術テーマならやっぱり施術シーンは書いておきたいんですよね。
今回の投稿分は導入から本番までかなりオーソドックスな内容を意識しました。
エッチシーンをエロく書くのは難しいですね、やっぱり。


通しで第一稿まではできているので、この後も間を置かずに投稿できそうです。
自分の趣味を押し詰めた内容ですが、みなさんに楽しんでいただけるものになっていればいいなと思います。

07: 名前:みゃふ投稿日:2019/01/21(月) 14:19
ふぅ・・・(賢者タイム)

いやあ、導入深化堪能させていただきましたでよ。
被暗示性が高くてあっという間に落ちていきましたけど、基本の深呼吸から筋肉硬直、凝視と基本の基本
うんやっぱりベタなのはいいことでぅ。

そしてここからは好みの話w
みゃふはドスケベ変態的な絵面はかなり苦手なのでドMかよりかは常識変換か誤認あたりで素の先生のままエロいことをしてもらいたかったでぅね。
一番は肉体操作なんでぅが、それは生意気な雫ちゃんに期待して、沙織先生はとにかく素がよかったのでぅ。
まあ、みゃふの好みなんか知ったこっちゃない話なんでぅがw

さて、さらっとドMにされた沙織先生でぅが、次回は家でのエロエロなのかエロエロはすっ飛ばして次の日にするのか。
どちらにせよ、沙織先生には普段はいつもどおりの振る舞いを期待したいところでぅ。
唐突に新任の先生に媚び売り出したらおかしいでぅからね。

であ、次回も楽しみにしていますでよ〜。

08: 名前:ティーカ投稿日:2019/01/21(月) 23:30
読みましたー!
沙織先生の面倒見の良さにつけ込んだ見事な催眠導入。ゲスい!(褒め言葉)
動きを絡めた催眠深化にかなりのこだわりを感じました。

いや、それにしても辰巳先生のメンタル強いw
自分ならここまで批判されたら心が折れて続けられそうにないのに、勝手に期待しおいてまさかの逆恨み。

個人的な好みの話をするなら、いきなり洗脳じゃなくもう少し素の沙織先生の様子を楽しみたかったかもしれません。
被虐嗜好を植え付けた状態で目を覚まさせて、辰巳先生に虐められたい欲望と先輩としてのプライドの狭間で葛藤しながら、
なんとか正当な理由をつけてM系の暗示を掛けてもらおうとしたりしながら、最後は快楽に負けて完堕ちとか…!
(自分がエロを微塵も書けないくせに何を言うか)

さて、ラスボスは雫ちゃん。
これまでの二人と違って素直に言うことを聞いてくれそうな気が全くしない彼女に対して、
どうやって催眠状態に落とすのか。

楽しみにしています!

09: 名前:風狂の振り子投稿日:2019/01/22(火) 01:26
どうも〜! 風狂の振り子です〜!
さっそく読ませていただきましたです〜!

やっぱり催眠導入の部分がなんというか……。
昔、自己催眠法にはまってた頃の感覚を思い出してますね。
ワタシのやってた練習は振り子暗示で集中を高めてから、今回の沙織先生のような状態の動揺法か後倒暗示で深度を深めてから手合わせ暗示や手足の移動暗示に移行するっていう感じでしたけど。
特に自己催眠の場合、リラックスしつつも極度にひとつのことに意識を集中させることで相対的に他のことが考えられない状態にして意識水準を下げる=被暗示性を高めるっていう練習が多いですけど、あの、意識は思ったよりはっきりしてるけどなんかフワフワして寝てるのか起きてるのかわからなくなるような感覚を読んでいて思い出しましたです。
こういう、実際の催眠導入法の基本を押さえた描写は催眠術好きの心に訴えるものがありますね(笑)。

で、見事にM奴隷になった沙織先生。
M系に堕とすのは『新しい僕の家族』でもそうでしたし、あんこうさんの好みなんだろうなーと。
まあ、それに関してはワタシも人のことは言えないかなと思いますし(笑)。ワタシの場合は堕とされる側の心理描写がちょろーっと多いだけで、基本的には精神的にM堕ちになってる気もしますし(←特に鬼畜ものは)。
これはティーカさんもおっしゃってますけど、ちょっと即堕ちすぎかなーっていうのは思いました。
実際、即堕ちなら能力ものや機械洗脳ものでもできますし、じっくり堕とす描写だと催眠術ものならではみたいなところもありますから。
みゃふさんの書いてるような、最初は誤認や常識操作系の暗示で遊んでおいてから、改めて性癖や感情への暗示を仕込むとか。
これだと、いったん誤認系の操作を解いて相手がショックを受けている隙を突いて催眠術をかけ直すか、常識操作の効果でいやらしいことに抵抗がなくなったところで性癖の操作を加えるかでシチュがいろいろ代わってきますし。
もしくは、最初の催眠術では本人の意識はそのままで、術者には絶対に逆らえない(当然他人に助けを求めることもできない)状態にして散々いたぶって相手の心が完全に折れたところで改めて催眠術をかけて完堕ちさせるとか(←その発想が鬼畜)。
こうやって何度も暗示を仕込んで段階的に堕とすのって、催眠術ものの醍醐味だと思います(←単にじわじわと相手を堕としていく感じが好きな個人の感想です)。
それと、前回の夏帆ちゃんも即堕ちっぽかったですから。
複数のヒロインを堕とす話の場合、即堕ちが続くとワンパターンっぽくなると言いますか……。
じっくり堕とす系だと、相手ごとにいろいろとシチュを変えることができるのでワンパターン化が避けられるという、これは自分でお話を書いてての実感ですね。

でも、雫ちゃんはあのキャラ的に一筋縄じゃいかないような気がしますけど。

10: 名前:あんこう投稿日:2019/01/24(木) 23:20
みゃふさん、ティーカさん、風狂の振り子さん、感想ありがとうございます。

>みゃふさん

>みゃふはドスケベ変態的な絵面はかなり苦手なのでドMかよりかは常識変換か誤認あたりで素の先生のままエロいことをしてもらいたかったでぅね。
実はあんまり誤認と肉体操作は好みじゃなかったり・・・。
なるべく幅広いシチュを盛り込みたいとは思っているんですが、筆が乗らないものはなかなか書ききることができなくて。
でも、そういう好みの話をしていただけるとすごく参考になります。

それから誤字報告ありがとうございました。何度も確認したんですが、お恥ずかしい。

>ティーカさん

>被虐嗜好を植え付けた状態で目を覚まさせて、辰巳先生に虐められたい欲望と先輩としてのプライドの狭間で葛藤しながら、
>なんとか正当な理由をつけてM系の暗示を掛けてもらおうとしたりしながら、最後は快楽に負けて完堕ちとか…!
正直この発想って全然なかったんですけどいいですね、これ。
仰るように素の状態をもうちょっと書いてからの方がよかったかなと今さらながら後悔したり。
上にも書いたんですが、好みの話をしてもらえると参考になるので遠慮することなく言っていただければ(取り入れるとまでは言えませんが・・・)


>風狂の振り子さん

>これはティーカさんもおっしゃってますけど、ちょっと即堕ちすぎかなーっていうのは思いました。
自分も書き上げるまで気がつかなかったのですが、これは完全に好みが出ちゃってますね。
導入シーンそのものは好きなんですが、深化の過程にはあまり興味がなくて・・・。
自分の萌えるシチュじゃないと途中で飽きてしまうので、ご指摘の通り似たような内容になってしまったのかもしれません。
ワンパターンなのは質の部分の問題なので工夫しないとだめですね。
今作は書き上げてしまっているのでこのまま投稿しようと思いますが、是非是非次作でリベンジしたいと思います。
ご助言ありがとうございました。

11: 名前:みゃふ投稿日:2019/01/28(月) 13:26
辰巳先生使われてるじゃないですかー
たまにある失敗オチでぅね。
いや、ちゃんと主導権取り戻してるけど。

それにしても一日目の夜をやるのかと思ったら、すっ飛ばして次の日の日中と夜とは
騙されたのでぅ(誰も騙していないw)

沙織先生はとりあえずこれで終わりで次は雫ちゃん。
どんな風に落としていくのか楽しみなのでぅ。
生意気な彼女は肉体操作や誤認からの催眠解除とかで屈辱にまみれてもらうのが最高だと思うのでぅ(それはお前の好みだ)

であ、次回も楽しみにしていますでよ〜。

12: 名前:風狂の振り子投稿日:2019/01/29(火) 04:05
どうも〜! 風狂の振り子です〜!
さっそく読ませていただきましたです〜!

堕ちた沙織先生の痴態、堪能させていただきましたです〜!
たしか『新しい僕の家族』のときに、催眠導入シーンを書くのは好きだけどエロシーンを書くのは苦手だっておっしゃってましたけど、実はワタシもエロシチュの好みがMCシチュの好みよりもだいぶ幅が狭いんでいっつも書く時に悩むんですよね。
もちろんエロそのものシーンも数書くと「そんなにエロのパターン持ってないよ〜!」ってなるんですけど、エロい堕ち方っていうのも好きなパターンって案外決まってて、堕とした相手のいやらしさにちょっと押されつつも、なんだかんだいって最終的な優位は握ってるっていうのが好きで……って、それがそのまんま今回の沙織先生(笑)。
ホントに、沙織先生めちゃくちゃエロいです。
それとなにげにさらっと流して書いてある、学校でフェラをさせた後にもとに戻さずにそのまま発情牝奴隷状態で放置してたのがツボにはまりました。
こういう、他の人に気づかれるかどうかっていう際どい状態で衆人環視の中に置いておくスリリングさといやらしさがいいです。ワタシもそういうの書きたくなります(←でも、たぶんワタシは誰かに怪しまれるとこまでやっちゃいそう)。

さて、いよいよ雫ちゃんですけど、辰巳先生は完全に見下されてますし、沙織先生に対しても表向き素直に言うことを聞くだけで、夏帆ちゃんとも特別仲がいいわけでもなさそうですし、どうやって催眠術をかけるきっかけにするのか楽しみです。

あ、それと、今回のお話の最後から6行目のところに、
>やはり、自分にふさわしいのは夏帆しかいない。
って一文があって、「なぜここで夏帆ちゃん!?」って思ったんですけど、これって沙織先生の間違いですよね?

13: 名前:ティーカ投稿日:2019/01/30(水) 08:00
読みましたー!

さて、マゾ奴隷になりながらも、洗脳前と変わらず辰巳先生を振り回す沙織先生。
洗脳されつつも本人の芯は残っている描写って素敵ですね!
他人に見られても構わないとか、操っている側としてはたまったものじゃないけどw

さて、最後は雫ちゃん。
誰の言うことも素直に聞きそうにないので一番扱いにくそうですが、どうやって催眠術をかけるのか。
続きを楽しみにしています。

14: 名前:あんこう投稿日:2019/02/03(日) 12:29
>みゃふさん

>生意気な彼女は肉体操作や誤認からの催眠解除とかで屈辱にまみれてもらうのが最高だと思うのでぅ(それはお前の好みだ)
前作のときからみゃふさんは肉体操作が好みという話をされているのに、期待に添えなくて心苦しいです・・・ 笑
自分なりに挑戦はしてみたんですが、やっぱり好みのシチュじゃないとどう書けばいいのかわからないというか
もうどうしたらよかったのか教えて欲しいです。


>風狂の振り子さん

>たしか『新しい僕の家族』のときに、催眠導入シーンを書くのは好きだけどエロシーンを書くのは苦手だっておっしゃってましたけど、実はワタシもエロシチュの好みがMCシチュの好みよりもだいぶ幅が狭いんでいっつも書く時に悩むんですよね。
私はMCシチュの好みも狭いんですよねー・・・。
最近エッチシーンは官能小説を読んで勉強をしているんですが、そのおかげか文字数だけは稼げるようになってむしろMCのバリエーションをつけるのに苦しんでたり。
でも、今回の話はすごく楽しく書けました。

>って一文があって、「なぜここで夏帆ちゃん!?」って思ったんですけど、これって沙織先生の間違いですよね?
間違いではないんです・・・。
「自分に相応しいのは夏帆であって、沙織ではない」という意味合いでした。
書きたかったことが伝わらなくて弁明するのって本当に恥ずかしいですね。もうちょっと引いて見れるように気をつけます。


>ティーカさん

>誰の言うことも素直に聞きそうにないので一番扱いにくそうですが、どうやって催眠術をかけるのか。
以前感想をいただいたときから思っていたんですが、みなさん催眠をかける過程も結構気にされているんですね。
これも正直自分の中では気にするポイントではなかったので、正直今戸惑っています。


本日最終話まで投稿することができました。
感想、ご助言等ありましたら、遠慮なく言っていただければと思います。

15: 名前:風狂の振り子投稿日:2019/02/05(火) 02:19
どうも〜! 風狂の振り子です〜!
さっそく読ませていただきましたです〜!
まずは完結おつかれさまです!

>「自分に相応しいのは夏帆であって、沙織ではない」という意味合いでした。
確かに……第1話での雫ちゃんのラスボス感が凄かったんでこっちがメインだと思ってたんですけど、改めて読み返してみると第2話のラストは完全に夏帆ちゃんにメインヒロインのフラグが立ってますね(笑)。

そして、ちょっとリスキーな導入で、しかしあっけなく雫ちゃん陥落。
ワタシは催眠導入におけるラポールの形成にはこだわらない方ですし(こだわらないというかお話の状況によって使い分ける感じですけど)、むしろこういったラポールなしのショック型やだまし討ち型の催眠導入は小説じゃないと書けないんで好きではありますけど。
それでも最初に沙織先生に催眠術をかけた姿を見せつけてっていうのはかなりリスキー。
オーソドックスな催眠導入法のひとつに座ってる相手の肩に軽く手を置いた状態で立ち上がらせようとして、立ち上がれないことで暗示にかかってると錯覚させるのがありますけど、それのアレンジみたいな感じですね。
本気で逃げようと思って立ち上がろうとする頭を押さえ込んで、立ち上がれなくなっていると思い込ませるっていう。万が一本当に逃げられてしまったらちょっと大変ですけど。
でも、その後の導入の流れはすごく好きです。
逃げなきゃっていう思いと恐怖で放っておいても体に力が入る心理状態のところをさらに暗示でガチガチに緊張させて、ある程度暗示が深くかかるようになってから弛緩させるって、すごく理に適ってますし描写も好きです。

そして、後半部分の暗示がまたすごい。
心と体を切り離して、自分の体がしている不自然な行動をまったく認識せずに、本人は普通に辰巳先生と話をしている意識でこんなエロいことをさせるなんて……。
いや、ホントにもうすごく興奮しましたです。

で、最終話ではまたバクチを……。
第5話の最後で、自分がクビになっても沙織先生が稼いで貢いでくれるって言ってたのに、これ、沙織先生の方がクビになっちゃうんじゃ? って思わずポカーンとしてしまいましたけど、沙織先生と雫ちゃんの学校での居場所をなくさせて辰巳先生への依存を高めるってところで、ああ〜〜〜ってなりましたです。
辰巳先生からしたら本命が夏帆ちゃんだからとはいえ、そこまでするっていうのがいろんな意味で鬼畜だなーって。
で、最後は雫ちゃんの催眠を解いてからの陥落セックス。
一突きごとに好きになるって、催眠もので小説書くと一度はやってみたくなりますよね〜(←親近感)。
しかも、心から辰巳先生のことを好きにならないとイケないっていうのが鬼畜でいいです。
それにしても最終話の夏帆ちゃん楽しそう。メインヒロインの役得ですね〜。

ではでは、長々と書きましたが、またのお話を楽しみにしてますです〜!

16: 名前:ティーカ投稿日:2019/02/06(水) 00:30
読みましたー!

うおおお!
とても多彩な催眠プレイ!
私は、一時的に思考を操ってはしたない姿を晒させて、
正気に戻ったあと恥ずかしい思いに苛まれるパターン大好きなので、
沙織先生と雫ちゃんを学校で辱めるシーンがかなりツボにはまりました!

夏帆ちゃんを催眠術師にして二人を操らせるシーンも素敵ですね!
夏帆ちゃんなりの催眠術のイメージで曖昧な暗示が与えられた結果、
雫ちゃんと沙織さんがそれぞれの受け止め方で実行するのも、
とても丁寧に描写されていると思いました。

次回作も楽しみにしています!

17: 名前:みゃふ投稿日:2019/02/07(木) 13:06
素晴らしい・・・とても素晴らしいでぅ。

雫ちゃんの素が見える誤認プレイに肉体操作。
生意気な雫ちゃんが気づかないままやられたり屈辱にまみれてやられたりとやはり生意気キャラはこういうのが似合いますね。
肉体操作とか苦手とおっしゃってたのに挑戦してくれたのはみゃふが喚いていたからなのかと思いつつ、もしそうなら申し訳ないことをしたなと思ったりもしますでよ。

>もうどうしたらよかったのか教えて欲しいです。
肉体操作や誤認、人形化など催眠シチュはいろいろあるんでぅけど、肉体操作だけとっても人によって好みがバラバラだったりしますでよ。
例えば肉体操作だけど顔まで完全に操作されてて、人形っぽく命令に従うだけで本音は心の中だけで喚いてたり、おなじく顔まで肉体操作されて愛の言葉を囁いて自分から動くけど本音は心の中だけで喚いてたり、今回の雫ちゃんみたいに顔はそのままで喚き声を普通に外に出してみたりとあるのでぅ。
だから、一概にどうしたらいいかとは言えないんでぅけれど、
みゃふの好みでいうと今回の雫ちゃんみたいな恐怖を出す形の肉体操作が好きでぅね。
もうちょっと細かく言うなら催眠術というのは自覚させないで意味がわからないけれど命令通りに動いてしまい、恐怖を出しながらも従ってしまうみたいなシチュがホームランでぅ。
だから、今回の雫ちゃんは大満足だったりしますでよ。誤認の方も良かったし。

ただ、前にも言ったとおりドスケベ方面とか苦手なのと社会的に破滅するようなのはあまり好きではないので
二人を孤立させて依存度を上げるためというのはわかってるんでぅけれど6話の前半のシーンはちょっと苦手。

雫ちゃんへの誘導は集団催眠でよくあるすでにかかっている人を見せて催眠術を信じさせる方法でぅか。
この方法は催眠術を知ってる人にはあまり効果がないような方法な気がするけど、雫ちゃんが催眠術に詳しくなくてよかったのでぅ。
そして、あっという間に深化していくw
沙織さんのときも思ったけれども誘導の丁寧さに比べて深化があっという間すぎるのが気になるところでぅ。
深化がたるいということでぅが、MC方法を催眠術としていくのなら今度はそっちも挑戦してみてくださいでよ。


とても堪能させていただきました、次回作も楽しみにしていますでよ〜。

18: 名前:あんこう投稿日:2019/02/09(土) 11:05
風狂の振り子さん、ティーカさん、みゃふさん、感想ありがとうございます。
前回はお礼を書くのを忘れていまして、失礼しました。


>風狂の振り子さん

>確かに……第1話での雫ちゃんのラスボス感が凄かったんでこっちがメインだと思ってたんですけど、改めて読み返してみると第2話のラストは完全に夏帆ちゃんにメインヒロインのフラグが立ってますね(笑)。
MCのメインは完全に残りの二人なので、そう受け取られるのも当然なのかなと。
素直なキャラって個人的にはあまり面白みがないので、他の二人を遠慮なくMCするための本命役を担ってもらいました。

>ワタシは催眠導入におけるラポールの形成にはこだわらない方ですし(こだわらないというかお話の状況によって使い分ける感じですけど)、むしろこういったラポールなしのショック型やだまし討ち型の催眠導入は小説じゃないと書けないんで好きではありますけど。
私は執筆する上でラポール形成をまったく気にしないので、信頼関係の構築から丁寧に書いている作品を読むとすごいなあというか、熱量に圧倒されることが多いです。
私の場合は導入シーンそのものが好きというだけなので、ラポール形成なんて知ったこっちゃないぜ! って思っちゃうんですよねー。
風況の振り子さんは催眠好きならではの視点で読んでいらっしゃるようだったので、いつも感想を読む際は鋭い指摘が飛んでくるんじゃないかと思ってドキドキしてました。
特に↓のところ 笑
>心と体を切り離して、自分の体がしている不自然な行動をまったく認識せずに、本人は普通に辰巳先生と話をしている意識でこんなエロいことをさせるなんて……。

>一突きごとに好きになるって、催眠もので小説書くと一度はやってみたくなりますよね〜(←親近感)。
やりたかったので、やっちゃいました。


>ティーカさん

>沙織先生と雫ちゃんを学校で辱めるシーンがかなりツボにはまりました!
自分なりに幅広いシチュエーションをと思って取り組んだんですが、どこか琴線に触れるところがあったのなら良かったです。
私は人前で恥ずかしいことをさせることが好きですね。

>夏帆ちゃんを催眠術師にして二人を操らせるシーンも素敵ですね!
前作でも同じことやってるんですが、私はMCで好意を抱かせた相手に他のヒロインをMCさせるというシチュが本当に好きで・・・。
書いてる途中もすごく楽しくて、初稿だとやたら長い割に全然エロくない内容になっちゃったので大幅にカットしました。
多分次も書いちゃうと思います。


>みゃふさん

>肉体操作とか苦手とおっしゃってたのに挑戦してくれたのはみゃふが喚いていたからなのかと思いつつ、もしそうなら申し訳ないことをしたなと思ったりもしますでよ。
いろいろなシチュを入れたいと思ったので挑戦してみました。
決してみゃふさん個人を意識したわけではないので、お気になさらないでください。
肉体操作はやっぱり書いててもあんまりーって感じだったんですけど、誤認は少し良さがわかりました。

>だから、今回の雫ちゃんは大満足だったりしますでよ。誤認の方も良かったし。
丁寧に返信していただき、ありがとうございました。
満足してもらえたのならよかったです。
私がやるならまず本人のリアクションを残すのはセットになるかなと思います。

>沙織さんのときも思ったけれども誘導の丁寧さに比べて深化があっという間すぎるのが気になるところでぅ。
>深化がたるいということでぅが、MC方法を催眠術としていくのなら今度はそっちも挑戦してみてくださいでよ。
ここが今作で一番みなさんとのギャップを感じた部分でした。
深化の過程に魅力を感じていないのと複数ヒロインの場合長くなりすぎてしまうので、なかなか。
ちょっと工夫しないとだめですね。


今作は自分の好みと他の方の好みの差を認識させられることが多くて、すごく勉強になりました。
自分が一番楽しめる内容を書くという意識は変わらないですが、次に活かすことができればと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示



管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --