E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示

  仮装行列綺談

01: 名前:ざくそん投稿日:2014/10/14(火) 11:04
仮装行列綺談の感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2014/10/14(火) 13:56
読ませて頂きましたでよー

お面が出てきた時点で何となく方向性が予測つきましたでよw
お面=仮面=ペルソナ=違う人格なんて心理学的な連想もありますし、お面=役を演じるなんていう能的な連想もありますし、
そこにMCを絡めれば乗っ取られるなんて言うのは自明の理でぅねw

それよりなにより名字がみんな布や糸など服飾関係縛りになってたのが気になって仕方ないのでぅ
まあ、数多く書いてると名前もネタ切れ起こしてくるのはわかるんでぅけどねw

03: 名前:青い虎投稿日:2014/10/14(火) 17:01
どうも、青い虎です。
「仮面行列綺談」読ませてもらいました。

十数年前に見た映画の『マスク』もこんな感じだったよな。
(少し前にテレビでやってたのは見逃してしまった)
まぁ、アレは多少下品なとこもあったけど、コメディ映画らしいけれど。
仮面が出てくると大抵の場合、乗っ取られるよねw
ディオもそうだし。

04: 名前:青い虎投稿日:2014/10/14(火) 20:38
あれ、他作品のことしか書いてなかったか。

女だけでなく男も仮面で性格が変わってるのが、映画『マスク』に似てたな、と。
『マスク』は男が被るだけで周りがそのノリに合わせる形だったけど。
止めに入ったはずの婦警がラインダンス踊ったり。アレもMCだろうし。

ところで、どの作品でもいえることなんだけど、
「今までのどのセックスよりも気持ち良くなるように」とかする男って、すごく情けない感じがする。
自分のテクニックで‥‥とか言えないのかね。
まぁ、それが出来るほど(ズル無しの性行為の)経験積んでるのがあまりいないから仕方ないんだろうけど。

その内、虚しくなってそういう行為に飽きてくる人も出てきそうな気がする。
(同姓に走ったり、禁欲的になったりと‥‥)

結局、この作品の感想、あまり書けてなかったりw

05: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/10/15(水) 00:57
>みゃふさん
感想どうもありがとうございます〜!

……まあ、ハロウィンなんで(←なにが?)。
いえ、時節に合わせてハロウィンもので何か書けるかなーって思ったんですけど、よく考えたらハロウィンの詳しいことって、中学だか高校だかの英語の教科書にそんなの載ってたかなー?程度の知識しかなくて(笑)。
もちろん、ここ数年日本でも盛り上がっていると噂のハロウィン・パーティーなどに参加したこともなく……というわけで強引に、「東洋のハロウィン」ということで日本の伝統行事の仮装行列ってことにしました(←ホントに強引)。

まあそれと、常々公言してますがワタシのこの方面の嗜好の根っこにあるのは、女の子視点で操られる、変化させられていく、堕ちていく、ていうものなんですけど、よく考えたらそっち視点のお話、冬以来書いてないんですよね。
で、無性にそっち視点のお話を書きたくなったので。

>お面=仮面=ペルソナ=違う人格なんて心理学的な連想もありますし、お面=役を演じるなんていう能的な連想もありますし、
まあ、もちろんそういうのを意識して書いてますしねぇ。

>それよりなにより名字がみんな布や糸など服飾関係縛りになってたのが気になって仕方ないのでぅ
>まあ、数多く書いてると名前もネタ切れ起こしてくるのはわかるんでぅけどねw
いえ、ネタ切れというかですね、けっこう名前がごっちゃになってしまうんですよね、最近(笑)。
一話完結のお話はそうでもないんですけど、ある程度の長さがあるお話だと、けっこう名前は縛ってますよ、ワタシ。
『ツインズ!』は、名字が火(実際に使った字は日ですけど)、水、土、風で、恋愛関係で絡む名前は陸海空ですし。
そういう、同じお話の中では関連のある名前にするか、もしくはどう考えてもまずいないような名字(纐纈さんとか、小鳥遊さんとか、月見里さんとか……)にしておかないと、ありふれた名前だと勢いで書いてるときにふっとごっちゃになってるときがあるんですよね。
で、今回は仮装行列にちなんで服飾縛りです。
ホントは、「帯刀は刀を帯びることで武士や武官から来てて着物の帯のことじゃないぞ!」っていうつっこみが来たらどうしようとか思ってたんですが(笑)。


>青い虎さん
いつも感想ありがとうございます〜!

>十数年前に見た映画の『マスク』もこんな感じだったよな。
ワタシも見ましたよ〜、十数年前に(笑)。
……て、十数年前?と思ってさっき調べたらちょうど20年前でした。時の流れるのって早いなぁ……。

>ディオもそうだし。
ディオは乗っ取られる前からけっこうあんな感じだったというか、本人が乗っ取られる気満々だったと言いますか……(笑)。

>女だけでなく男も仮面で性格が変わってるのが、映画『マスク』に似てたな、と。
というかですね、なんというか、MCの入れ子というか、二重構造みたいなのが好きなんですよ、ワタシ。
唯たちは里の人たちにMCされたような形ですけど、その里の人たちも全員お面にMCされてるんですよね。
で、結局は古くから続く祭りなんで誰も本当の意味も起源も知らないし、根本的な意味でのMCの主体がいないというか、里全体の総意でMCされ、新たな世代をMCしてるといいますか。
実はこのお話、日本の古いお祭りを舞台に設定した時点で、秋茄子トマトさんの『秘仏御開帳』と『或る村の記録』を強く意識して書いていたんですよね。
ああいう、古い伝統行事や、地方の村で行われている淫靡な風習みたいなのを舞台にして、ワタシなりのアイデアでお話にしたらどうなるかなー、ていう感じで。
だから、秋茄子トマトさんの作品がなかったら、このお話はこういう形にはなってないと思います。

あと、MCの入れ子というと、亮太は全てを知った上で天狐の面を受け容れて、実は天狐の面だけがこの里の面だけでパートナーの女の子を自分の好きなように操れる力を持ってるんですけど、それで唯を好きなようにするっていうのもある意味二重構造ですよね。

>自分のテクニックで‥‥とか言えないのかね。
いやいやいやいや、自分のテクニックで女の子を堕とせたらMCは要らないと思いますよ〜(笑)!
まあ、情けないのはその通りなんですけどね(苦笑)。
でも、亮太みたいに(というか、MC小説で女の子を好きにする男の子って、ほとんどが最初は初めてでしょうけど)、自分は初めてで、初めての相手の子は経験があるって知ったときの心境は察してあげてもいいとは思います。
あ、それとですね、ワタシの場合、そうさせられる側の女の子視点で書くことが多いですからね、実際にエッチが上手くて堕ちちゃうと本当にMC小説にならないです。ただのやられて快楽堕ちになっちゃって(笑)。

06: 名前:青い虎投稿日:2014/10/15(水) 01:12
伝統に支配された人たち。

こう書くとどっかから何か言われそうな‥‥。

07: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/10/15(水) 01:23
>伝統に支配された人たち。
>こう書くとどっかから何か言われそうな‥‥。
いますよねー、そういう人たち(←こら)。

いえ……でも、冗談抜きでそういう、伝統に支配されるというか、伝統に縛られてるのってちょっとMCっぽいとは思うんですよね、ワタシは。
たぶん、ワタシみたいな人間には理解できない世界がそこにあるんだろうなーって。
実際、今回のお話でも、全てを知ったうえで自覚的に面を受け容れてる亮太だけ少し違いますけど、他の里の人は案外そんな感じじゃないかなーと思いますです。

08: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/10/17(金) 00:01
仮装行列綺談、読みました!
いやー、こういう雰囲気好きですねー、と書こうと思ったら、『秘仏御開帳』と『或る村の記録』を参考にしていただけたそうで……うおお、ありがとうございます!

読み終わって、一番最初に思ったのは、「この祭り、何かのモデルがあるのか?」ということでした。
仮面をつけた祭りって、一部の人が仮面をつけるのは聞いたことがありますが、みんながつける祭りって……あるんだろうか。
あったらそれだけでなんだが、ゾクゾクするものを感じちゃいます。
エロいって意味じゃなくて(それもあるかもだけど)、まさに異界につながった、非日常空間の出現という感じで、ぐっときますね。

お面に取り込まれずに戻ってきたんだけど、自分の意志でもう一度堕ちちゃうっていうのは、割と好みの展開でした。
あと、唯ちゃんは、どちらかといえばロリ的な属性として読んでいたのですが、ロリにはあまりピンと来ないことが多いのに……彼女は、よかったです。
いろいろなものを読んでいると、全然反応しないと思っていたものに反応することがあります。

男たちも操られている、というのは、なぜか読んでいるときには意識しませんでした。でも、確かに彼らも操られているんですよね。
それから、神主は、神職に関する面をつけるそうですが、読んだ限りだと、調停者や傍観者、観察者のような、お面の影響をうけなくなるような、ちょっと引いた位置に立てるお面なんでしょうか。

登場人物の名前がごっちゃになる気持ちはわかります……しばっておいたほうが後々楽というか、覚えやすくなりますね。
あ、この作品はこういう風につけたんだなー、ってわかるので。

09: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/10/17(金) 01:14
>秋茄子トマトさん
どうも感想ありがとうございます〜!

一度に読むにはけっこう大変な量ですけど、読んでいただいて本当にありたいのです。
本当は2回か3回くらいに分けて投稿するくらいの量があるんですけど、全体の雰囲気があまりにまとまりすぎてて分け難かったんですよね……。

>読み終わって、一番最初に思ったのは、「この祭り、何かのモデルがあるのか?」ということでした。
やっぱりもともとがハロウィンの時期に合わせたものをと思ってたので、大まかにはハロウィンの仮装行列と、あとはカーニヴァルですね。
ヨーロッパのカーニヴァルは町の大勢の人が仮面を被って専用の衣装を着て、っていうのが多いみたいですし。
それと、大昔(たぶんワタシがまだ10代の半ば頃)に見たアニメで、作品名も覚えてないんですけど、架空の町のカーニヴァルで町の人みんなが仮面を被って仮装してて、いつもと雰囲気の違う町の中で主人公が不思議な出来事に遭遇する、ていうのを見た記憶があるんですよね。
もちろん、それはヨーロッパのカーニヴァル風で、日本風のお祭りじゃなかったんですけど、けっこうその時の不思議な雰囲気のシーンだけは覚えていまして……。
そういう意味では、
>まさに異界につながった、非日常空間の出現という感じで、ぐっときますね。
ていうのは、意図していたものをズバッと言っていただいて嬉しいです。

で、パーツパーツの描写は以前も出た奈良の「おんだ祭り」や高千穂の「夜神楽」を参考にしました。
それと、能面や神楽面、狂言面もちょっと調べて、「天狐の面」の名前はそこからいただきましたです。

>お面に取り込まれずに戻ってきたんだけど、自分の意志でもう一度堕ちちゃうっていうのは、割と好みの展開でした。
一度逃がされて、後になって自分の方から戻ってくるっていうのはワタシも好きで、前にもやってるんですけどね。
でも、今回のはそれこそ『秘仏御開帳』のエンディングを意識してあえてこうしたというのはあります。シチュは全然違いますけど(笑)。
実は、今回のとは別に、『或る村の記録』の方をもっと意識した、都会に出て行くことに淡い憧れを抱いていたこの里の高校生が18の歳に祭りに参加して、結局里に残っていくことになる、みたいなお話の素案もあったんですけどね。
うまくまとまったら日の目を見るかもしれませんし、そのままお蔵入りになるかもしれませんし、あまり期待しないで待っていてください。

>あと、唯ちゃんは、どちらかといえばロリ的な属性として読んでいたのですが、ロリにはあまりピンと来ないことが多いのに……彼女は、よかったです。
でも、少女なのは「尾裂の面」の性質で、唯自身は26歳ですよ(笑)。
まあ、唯はもともとの性格が明るくてかわいらしい感じの子なんですけど、おかげで面の影響を受けてさらにギアが一段下がって子供っぽくなる描写がすごく難しかったです。
他の3人は性格の変化もわかりやすいし、なにより三人称で書いてるからそういう説明もしやすかったんですけど、唯と亮太は性格の変化自体が微妙なうえに一人称でそれを描写するのが苦労しました。
それと、自分の好みとは少し違ってもいいと感じるといえば、書いたワタシが気に入ってるのはもちろん唯なんですけど、その次は彩奈なんですよね。
本来ならワタシの好みは、みゃふさんおっしゃるところの独占スキーなので、こういう、ひとりで沢山を相手にするのは好みの範疇からずれてるハズなんですけど、ここの彩奈の変化ってすごく好きなんですよ。
ワタシも他の方の書いたお話を読んでいろいろと影響を受けて反応の幅が広がってるような気がしますね。

>男たちも操られている、というのは、なぜか読んでいるときには意識しませんでした。でも、確かに彼らも操られているんですよね。
>それから、神主は、神職に関する面をつけるそうですが、読んだ限りだと、調停者や傍観者、観察者のような、お面の影響をうけなくなるような、ちょっと引いた位置に立てるお面なんでしょうか。
自分で書いてみてはじめてわかったんですけど、こういう古くからの伝統や風習に囚われて操られているのって、誰かが明確な目的意識を持って操るっていうのがないんですよね。
たぶん、最初は目的や意味があったんでしょうけど長い年月のうちにそれは失われて、ただ風習に囚われたように面に操られていくっていう感じだからでしょうか?
で、操られる、というよりも、変わっていくような感じですので、ジャンル指定も人格「操作」ではなくて人格「変化」にしたんですよ。
あとは、亮太がちょっと特殊なんですよね。彼は祭りの意味を全て知って自分から面による変化を受け容れてますし、ますます操られてる感がないといいますか。
たぶん、神主が面の影響を受けなくなるように感じるのは、祭りの真実を知ったうえで自分から面を受け容れてるせいだと思います。
で、神主の面は、面と衣装を管理して、その時の状況に合わせて面引きの神事で使う面の調整をしたりして、毎年の祭りを滞りなく主催して里のバランスを保つよう努めるようになります。
そういう意味では調停者なのかもしれませんけど、そのおかげで神主を継ぐと本人は祭りに出るのが難しくなります。
ただ、天狐の面を持った亮太が神主を継ぐと、その方が面白そうだっていうんでわざと面のバランスを崩したりしそうですけど(笑)。

名前を縛るのは、作品ごとに混ざらないようにして、覚えやすくするのが一番の目的なんですけど、そうやって縛りの名前を考えるのってゲーム感覚でけっこう楽しかったりするんですよね。

10: 名前:A-Wing投稿日:2014/10/18(土) 00:42
 読ませていただきました。
 あー、考えてたネタとちょっとかぶったー(黙れ)
 あ、いや、書く見込みは薄いネタなので冗談です。しかもちょっとだし。

 MCの多くは内面が変わることで外面が変わるものの方が当然主流ですが、今作のように外面から内面を犯すのもいいですよね。
 そして相変わらず確信犯的に道から外れていく奴がw

 あと、お面は顔が隠れてしまうので、私の好みだけで言えば顔が隠れないアイテムの方がもっといいかもと考えてしまいました。
 かといってどうすればいいかは思いつきませんでしたが。

11: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/10/18(土) 02:16
>A-Wingさん
どうも感想ありがとうございます〜!

>あー、考えてたネタとちょっとかぶったー(黙れ)
いえいえ、ちょっとくらいネタや設定がかぶるのなんかもう諦めないと(笑)。
それを気にしだしたら何も書けないですし、だいいち、みゃふさんも青い虎さんもおっしゃってますけど仮面ものってけっこうありますもんね。
心理学的な説明もしやすいですし。

>MCの多くは内面が変わることで外面が変わるものの方が当然主流ですが、今作のように外面から内面を犯すのもいいですよね。
>そして相変わらず確信犯的に道から外れていく奴がw
仮面や服装に合わせて人の内面が変わっていくっていうのももちろん書きたかったんですけど、実は、お祭りが終わって衣装とお面を取っても変わってしまった内面は元に戻らなくて、それに合わせて普段のときの外面も変わってしまってるっていうのも書きたかったんですよねー。
その意味では、里に戻った唯が変わってしまったミチルと彩奈に会うシーンはぜひ書きたかった部分なんですよね。
まあ、確信犯的なイレギュラーは……だって、その方が面白そうですし(笑)。

>あと、お面は顔が隠れてしまうので、私の好みだけで言えば顔が隠れないアイテムの方がもっといいかもと考えてしまいました。
これですね、書いていて本当にワタシも困りました(主にえっちシーンで)。
普段、どれだけ表情の描写とフェラに頼ってるんだろうって(笑)。
そのどっちも使えないですもんね。
まあ、実際には大半が唯視点の一人称なので、仮面をつけているときの唯自身の表情を描写するシーンていらないんですけど、それでも、顔が隠れているって前提でえっちシーンや性格の変化を書くのって難しいなっていうのは感じました。
でも、他のアイテムだと、それこそ人格を乗っ取っちゃう装身具なんかは、ファンタジーなんかでけっこうありますもんねぇ……。

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示



管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --