E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示

  清流女学院MC調教

01: 名前:ざくそん投稿日:2014/05/26(月) 12:41
清流女学院MC調教の感想をヨロシク♪

02: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/05/26(月) 15:33
秋茄子トマトです。
この小説ですが、自分のサイトの方でゲーム化してみました。
作品紹介ページのトップから、秋茄子トマトのサイトへと行けるわけですが、さらに横スクロールバーを動かすと、十八禁ページへと行けます。
そこに分割ファイルとして、ノベルゲーム化した小説を置いてあります。分割したらファイル数が多くなってしまって申し訳ないんですけど。
気が向いたらプレイしてみてください。背景、文章、立ち絵、ちょっとだけBGMと効果音がついてます。
立ち絵は、最初はアスナロ商店さまからのものを使おうとしたら、連絡がつかなかったので、規約を満たすことができませんでした。
メーラーが死んでるのかな? 異様な雰囲気の目が描かれていたので使いたかったのですが、断念。
ですので、「Blue Forest」(伝奇フリーゲームのSinを制作されているところです)さまの立ち絵を使いました。こちらもきれいな絵です。
最近はゲーム制作ツールも簡単なものが増えてきたので、こえ部なんかでCVを集めれば、簡単なエロゲーっぽいものも作れそうですね。

03: 名前:みゃふ投稿日:2014/05/26(月) 16:03
新作早速読ませて頂きましたでよ〜
ひろとくんにキラキラネームっぷりに時代だなぁとか思ってたらまさかの男性受けで吃驚したのでぅ。
裕翔くんが生徒達をMCしていくものだと思ったのに・・・
いつか、立場が逆転しないかなぁ・・・(男性受け苦手w)
それにしても、生徒達だけでMCするのかと思ってたら先生もグルで裕翔くんの明日はどっちだ(奴隷の道しかありません)

あ、女性かけ、男性受けならここのリンクにある暗黒催眠空間が充実してますでよ。
他にも色々なところにありそうでぅけど、みゃふがその属性ないから知らないw

04: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/05/27(火) 01:35
どうも〜!『清流女学院MC調教』、さっそく読ませていただきました〜!
トップページのリンクから読み始めて、最初は催眠術ものかな?と思って読んでいたので、魔法だって出てきたときには思わず作者ページでジャンルを確認してしまいました。
こういう、最初に結果があって後から種明かしがある構成のお話は好きですね、ワタシ。

掛けられる側視点なので、あんまり魔法の掛け方の細かい描写がないのが残念ですが(当然ですよね、裕翔先生は魔法の知識がないんですからわかるわけないですし、不意打ちで掛けられたんですからあまり怪しい仕草の魔法を掛けるわけにもいかないですし)、これって、魔法のタイプや難易度での細かい掛け方とかを決めておくと結構面白くなるんじゃないかと思ったりもします。
いえ、性的な魔法は掛け方もいやらしかったりすると、それだけで興奮するかな?と思ったりしたんですが。

それにしても、裕翔先生相手に無邪気に魔法の練習をしている女の子たちがいかにも魔女っぽくていいですね。
ワタシとしては続きが読んでみたいです。
女の子たちが、まだまだ魔法の練習中で、今やってるのはまだまだ初歩的なものだっていうのに惹かれました。
今、導入方法が適当な催眠術ものも書いているんですが(まだ、書き始めたばかりなので投稿時期は未定ですが)、導入法が適当なだけにうまくいったり行かなかったりのエッチなドタバタがメインなんですが、そのせいでしょうね。
まだまだ技術が未熟なために失敗することもあって、でも、失敗しても結果的にはエッチな展開になるような、肩の凝らないコメディー調のお話でいけるんじゃないかと。
裕翔先生という、いい実験相手ができたのをいいことにとんでもない魔法を試してみようとする子が出てきたり、いやらしい魔法を掛けようとして失敗して、自分の掛けた魔法が自分に跳ね返ってきて自分の方がいやらしことをしちゃう子が出てきたりとか想像するとドキドキします。
それに、せっかく女の子のキャラが揃ってるのに、これだけで終わらせるのはもったいない気もしますし。
その女の子のキャラならではの魔法シチュみたいなのを読んでみたいなとは思います。

今日のところはとりあえず小説の方の感想だけで……。

人物の名前って頭を悩ますところですけど、同じ話の中でのルールや遊びってけっこうありますよね。
ワタシは、まきまきさんの『Key』の、人物の名字が名前に鳥類が入っているのがすごく好きです。

05: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/05/27(火) 20:51
>みゃふ様
信じられないかもしれませんが、「ゆうと」で変換すると、裕翔って一発で出るんですよ、うちの何も設定をいじっていないPC。
(裕翔がキラキラネームだとは思わないのですが、ぼくも初見ではちょっと読めないかも)
内容紹介には女性主導って書いてあるんですけど、最初のリンクページから飛ぶとわからないですよね。その感覚わかります。
苦手な内容であっても読んでいただいて感想をもらえるというのはとてもありがたいっす。
そして、リンクの紹介も、ありがとうございました!

>風狂の振り子様
確かに、魔法って感じじゃないですよね。
自分の中の、あやしげな魔術のイメージはこうなんですが、意外と催眠術に似ててびっくり。
(自分の中では、催眠術というのは、もっと理論的で、エロスの少ないものというイメージだからかも)

魔法のタイプや細かいかけ方は考えてなかったですね〜、そしてかけ方がいやらしかったりすると(たとえば精液を取ると支配できる的な?)興奮するというのも確かに…!って感じです。
この話は女性主導(とCFNM)ありきで、他のものは全部そのテーマのために作った感があるので、思いつかなかったです。

結果があって種明かしって、推理小説みたいでぼくも好きです。が、今回は狙ったわけじゃなくて、いつの間にかこうなってしまった感じです。この話はあまり流れを自分でコントロール取れなかったですね。気づいたらこんな話になってました。
続きも書きたいのですが、さて、どう話を運んだもんかな、と思ってます。女性主導の話で、自分も満足できるものを書きたいとは思っていたのですが、自分で書くとやっぱり難しいですね。
女の子のキャラは、確かにけっこう違うので、それごとのプレイというのは面白そうです。
今は、執筆ゲージがたまって、アイデアが形になるのを待つことにします……。

ゲームの方は、大した容量はないんですが、分割したら、激しくファイル数が増えてしまったので、ちょっと面倒だと思います。
無理はなさらず、ひまなときに、気が向いたらプレイしてやってください。

そうそう、MCに失敗して、それが一波乱を産む、というのはとても面白そうですよね。
明るい話にあいそうですし、ダークな話にもスパイスになりそうな可能性を持った展開になりそうです。

名前は、本当に悩むところですね。余計なイメージをつけたくないので、なるべく実在の人物とかぶらないような名前をつけようとは思っていますが…。
Keyはあらすじは見ていたけれども読んでない作品ですね。そういうの本当に多いんですが、気が向いたら読んでみたいと思います。

06: 名前:ざくそん投稿日:2014/07/29(火) 15:51
下がってたので上げときます〜

07: 名前:みゃふ投稿日:2014/07/30(水) 01:14
読ませて頂きましたでよ〜。

うん。うん・・・・

女生徒や先生達が楽しそうで何よりでぅね。
・・・本当にいつか立場逆転しないかなぁ・・・

08: 名前:青い虎投稿日:2014/07/30(水) 03:13
どうも、青い虎です。
「清流女学院MC調教」読ませてもらいました。

感想が書き辛いんですが‥‥、
なんかエロさよりもバカっぽさが際だっていたな、と。
読んだ後、どう書こうかと本気で悩みましたw

みゃふさんのいう立場逆転、
周りが女性ばかりということでエロ満載、とても面白いとは思いますが、
このままいくのも楽しくて(エロとは言えない)良いかと思いました。
でも、せっかく女子校に男がいるのだから、そういった展開(立場逆転)も見てみたいかなって。
(結局、自分でもどっちがいいのか分からなくなってきたw)

09: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/07/30(水) 03:18
どうも〜、さっそく読ませていただきましたです〜!

ああ、予想通り裕翔先生がみんなのいいオモチャになっていらっしゃる(笑)。
しかも、挙げ句の果ては保健体育の生きた(文字通り)教材になって……。
……いや、楽しそうでいいんですけどね。
ワタシはこういうのも好きですし。

強制裸生活も、裸なのに服を着たように認識させてるっていうのは読んだことはありますけど(普通は裸にさせられるのは女の子の方ですけどね)、この環境でのそのシチュは見たことないですね。
小悪魔の群れみたいな生徒たちと、ボスの魔女的な鶇澤先生がいい感じです。

それに、単に第2話なんじゃなくて、インターミッションっていうのが、展開が少し変わることを予想させますが。
まさか、本当に立場が逆転するとか?
というか、鶇澤先生の夜這いは、本当に夜這いだったのか、それともサキュバス的な夢セックスだったのか?
……そもそも、あの時になんかおかしな魔法をかけられてそうでコワいんですけど(笑)。

10: 名前:プギー投稿日:2014/07/30(水) 15:54
お世話になります。
楽しみにしていたのでとてもうれしいです。ありがとうございます。

実は、今回の分で一番ぐっと来たのはパンツを見せて恥ずかしそうに去っていく部分だったりします。
僕は、催眠系の女性上位ってあんまり見ないので読めてうれしいのですが、一般受けしないのかもしれませんね。
男性上位の催眠も好きだけど、女性上位の方が好きなんだけどなぁ…。

11: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/07/30(水) 22:28
>みゃふ様
すみませぬ! 女性上位の話は基本逆転せずにいく所存です!
しかし、感想いただけるのは本当にうれしいっす。
(でも、本当に読むのがきつかったら、無理はなさらずに!)

>青い虎様
確かに、エロスは薄めだったよな〜と思ってます。
でも、あまりバカっぽさを目指したわけじゃなかったのです。
一度、バカっぽいものは書いてみたかったので、結果オーライかなあ。
もしかしたら、若干、ツインズ!の影響が入っているかもしれないです。
あと、ちょっと今回、急ぎで絞り出した感があり、あまりエロスは煮詰められなかったのかもですね。

>風狂の振り子様
前も書いたかもですが、CFNM(服着てる女の子、はだかの男の子)がふつうになっている学園ものが、この作品の原型としてあります。
だから、一度ちゃんと、はだかの男の人と、それを取り巻く服を着た女の子の話を書きたかったです……が、ちょっと思うようにいかなかったな〜、って思ってます。
鶇澤先生のは、本当に夢の中での話です。本当に夜這いしたわけじゃなくて、夢でセックスできる魔法、って感じですね。

インターミッションについて。
茶室の花の感想スレッドで、プギーさんから、この話の続きが読めたら、という話がありました。
ぼくは、基本的に、完結した話しか投稿しませんが、この話だけは、先に続くかもね、みたいな終わり方でした。
ですので、せっかく続きを求める声があるなら、いつか書きたいとは思ったんですが、下手したらそのいつかは永遠に来ないな、と思ったので、ちょっとがんばってひねりだしてみました。
しっかり煮詰めたわけじゃないので、二章じゃなくて、幕間というか、おまけという位置づけで、「インターミッション」という名前なのです。

>プギーさん
煮詰めた続編が書きたかったのですが、続編を書けるという確信がなかったので、即興的にひねりだした作品で、少々物足りなかったかもしれません。
でも、実は、ぼくもあのパンツを見せて恥ずかしそうに走っていく女の子はツボです。

ぼくは、MCに会う前に女性上位が好きだったせいか、MCでも女性上位は全然大丈夫だし、むしろ好きですが、どれくらいの勢力なのかわかりませんね。でも、サキュバスの巣というサイトではMC系女性上位もけっこうあったような気がしますし、The Erotic Mind-Control Story Archive ではボコボコあった気がするので、けっこう好きな人いるんじゃないかと思ってます。感想が来ないと読者の方々がどう思っているのかわからないですけど、書きこまないだけで一定数はいるのでは。

MCは本当に幅が広いですし、このサイトの懐もかなり深いと思います。本当に深刻なカテゴリーエラーであれば投稿のときにはねられるでしょうし、好きなMCを好きなように書けばいいんじゃないかな〜女性上位も書きたい人がどんどん書けばいいんじゃないかな〜って思ってます。個人的には、もっとみんな女性上位MCを書いてぼくに読ませて!って思ってますが…。
今までぼくは一般受けするような?どこかで読んだことがある傾向の?作品を書いてきましたが、それはひと段落ついたと思うので、自分の趣味を前面に押し出した、あまり読んだことがないMCも書けたら書きたいなと思ってますし、そのときは女性上位も入ってくると思います。もちろん、書けるかどうかは神のみぞ知るですが。

12: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/07/31(木) 23:49
たびたび失礼します、風狂の振り子です。
なんとなく、雑談がてらという感じですが……。

>ぼくは、基本的に、完結した話しか投稿しませんが
なんか、その気持ちはよくわかります。
ワタシも、もともとがショートショートや短編ばかり書いていた人間なので、最後のオチがあって、それに向かって話を組み立てていく、ていう書き方なんですよね。
ですから、結末が決まってないと投稿どころか書き出すことすらできないという……(『黄金の日々』みたいな長いのでも、いちおう最後のイメージはあるんですよね)。
ここに投稿するようになってから、それまで書かなかったような長さのものも書くようになって、書いているうちに当初予定していた結末と少し変わってしまったり、「こっちもいいかな?」と思ってマルチエンドにしたり、ていうのがあるようになったんですよね。
で、明確な結末のイメージが浮かんでない状態でお話を書けないかな?て思って取り組んだこともありますし(『堕楽の家』です。今でも最終的な結末は浮かんでないです)。
でも、結局は結末のイメージが固まってから書き始めるスタイルに戻ってるといいますか、それがいちばん自分にとって書きやすいのかなー、と。

それに、お話を書く側の人から、自分はどんな風に書いてるのかっていうのを聞く機会ってあまりないですし、そういうのを書いていただけるのはなんというか、すごく興味深いです。
ワタシ自身、書き方は人それぞれで、他の人がどういう風に書くかなんて気にせずに自分に一番あった書き方で書けばいいって常々思ってるんですけど、他の人はどうやってストーリーを組み立てて、どうやって書き進めてるんだろう?っていうのを知りたい自分もいるのはたしかなんですよね(笑)。

>しっかり煮詰めたわけじゃないので
この部分なんかもそうで、しっかり煮詰めてちゃんと完成品に仕上げて投稿できたら最高なんですが、煮詰めているうちにほったらかしになってもう焦げ付いちゃってるんじゃないかっていうこと、よくありますものね。
そういう時は、煮詰まってなくても、勢いややる気のあるうちに「えいっ!」て感じで書いちゃった方がいい時もあります。
というか、勢いとか書く意欲のある時に書いておかないと、寝かせておくと案外書けないネタって多いような気がします。

13: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/08/01(金) 19:59
風狂の振り子さま
雑談がてら、全然オッケーです。

そうですね、完結していない話を(今までのところ)基本的に書いてないのは、このサイトの特にお気に入りの話の多くが途中で終わっていて、完結していないからなんです。
もちろん、それが悪いと言っているんじゃないです。商業じゃないんだから、最後まで書けないのはおおいにありだろうと思ってます。最後まで書ききれるか関係なく書くことで、面白いアイデアが日の目をみたりすることもありますし、完結してなくても面白い話はたくさんあります。
ただ、自分がここに投稿するときに、「続きが読みたいのに数年更新がない……悔しい……!」という気持ちにさせないように、完結してから出そうと思いました。
自分がそこまでだれかのツボに入る話を書けたのかということはともかく、むしろ書けないかもしれないから、せめて続きが気にならないように完結作を投稿していこう、という気持ちですね。

でも、途中で終わっていても面白いものはたくさんあるので、完結させることなんか気にせずに、がんがん書いてもよかったのかな、という気持ちも、最近はあります。
これは、煮詰めているうちに焦げ付いちゃうという話や、ここに投稿するようになってから違う執筆スタイルもとるようになった話と通じるものがあるかな、と思いますね。
前に、「MC小説の没ネタ見せ合いませんか?」というスレッドにアイデアをいくつか投稿しましたが、完結を目指すなら書きにくいけど、完結しない前提なら書けるかなあと思えます。
読む側としては、そっちのほうがありがたいのかもしれません。
少なくとも、ぼくが読者なら、面白かったりツボにはまるシチュエーションが書いてある作品は、完結しなくても読みたいですし、むしろ完結しないから出さないのはもったいないって思うでしょう。
結局、完結させて出したいという気持ちは、読む側じゃなくて書く側にたったときの自分のある種の完璧主義の反映なのかもしれません……。
読者感想を意識的にも無意識的にも作品に反映させないために、基本的に完結させてから、分割して投稿してたように、「影響を受ける」と「書く」を明確に分離して書くほうが楽なのも理由でしょうか。
世の中には、フィードバックによって微調整しながら作品の方向を修正しつつ連載して書き上げられる人もいると思うんですが、ぼくはちょっと無理ですね。たぶん物語が破綻しちゃいます。
感想は次回以降に活かせるけれど、現行の作品にはうまく取り入れられないですね。

物語の組み立て方についてですが、ぼくの場合、シチュエーションありきで、プロットを組み立てるって感じですかね。
魔女のゲームだと、「正体不明のやつから命令される」、「閉鎖空間で男女複数人がいる」というのが頭の中にありまして。
あとはそれに、「はだかでいるのがふつう」だとか「体が勝手に動いてストリップ」だとかのシチュエーションを組み合わせている感じです。
風狂の振り子さんとは逆に、結末は明確に決めずに、というか決められずに書くことが多いです。「シチュエーション」と「環境」を決めて書いてます。
だから、魔女のゲームではマルチエンドになりました。特別クラスでは、複数エンド構想がありましたけど、ほかのエンドはうまく書けなかったので、結果的にひとつになりました。
ぼくの場合、MCシーンのシチュエーションが一番大事で、結末はわりとどう転がしてもいいと作者が思っている場合が多いので、その反映かもしれません。
「悪堕ちで、最後に元に戻っても大丈夫」「実は催眠術にかかったふりでも大丈夫」で、読んでいるときにMCっぽく見えるならオッケー、みたいな。
ぼくは、結末や物語の着地点に悩んだり、ひとつには決まらない、決めたくないからマルチエンドにすることもしますが、風狂の振り子さんは逆に、途中のシチュで悩んだりしますか?

ちなみに、『堕楽の家』も『黄金の日々』も好きな話です。作者名をあまり気にせず作品を読んでいたので最近まで作者様に気づかず…。
二作品とも、いい作品だなと思いましたし、続きを楽しみにしております。
ぼくも、話の書き方について話す機会なんてないので、つい長く語ってしまいました。長文お許しください。

14: 名前:風狂の振り子投稿日:2014/08/02(土) 01:56
どうも〜、風狂の振り子です〜。
ワタシも長文での返信で失礼しますね。

>「シチュエーション」と「環境」を決めて書いてます。
>風狂の振り子さんは逆に、途中のシチュで悩んだりしますか?
すごい、やっぱりお話の書き方って人それぞれだなぁ、て思いましたです。
シチュはともかく、「環境」ていうのはあまり意識してなかったかもしれません。
ただ、舞台設定はかなり細かく決めるようにはしてるので、それが「環境」に近いのかもしれませんが。

それと、「結末」って書きましたけど、もともとは、「オチ」なんですよね。
ショートショートを書いている時期が長かったので、最後をいかに落とすかっていうのと、そのオチを最大限効果的に演出するかっていう書き方をするのが多かったものですから。
でも、結末のイメージが浮かんでるということは、他の部分もある程度できてないとできないので、最初に「結末」ありきというのも違うかな、とは思います。

そういう意味では、たぶんはじめに細かく決めておくのはMC設定(催眠術、魔法、超能力、機械などの手段の設定と、それがどういう理屈で人をMCできるのかっていう理論の設定)と、登場人物の設定ですね。
ワタシの場合、途中のMCシチュやえっちシーンのシチュはもちろん、全体の組み立てや流れはかなりの部分がこの設定に依存してるかもしれません。
MCするシーンはもちろんエッチのシチュも、MC設定やキャラクターの設定(性格や職業、部活など)を活かしたいなと思ってます(それプラスワタシの好みもありますが)。
そうでなくても、全体の流れも基本的には、「このキャラクターの性格ならこういうことを言うだろう」とか「このキャラならこういう風に考えてこう行動するだろう」という、事前に決めた設定に合わせているといいますか、登場人物のキャラが動くのに任せているような感覚に近いときがあるんですよね。
『ツインズ!』の前回投稿分は、それこそ当初は考えてなかったものなので、特に第4話なんかは明日菜のキャラ設定に完全に頼り切った感じですもの。
で、そこの設定がうまくいっていて、キャラがちゃんと動いてくれたら、そうやって途中でシチュを加えるのも、当初は考えていなかった新しいエンディングを加えたりするのもすっと書けるんですけど、そうでないときは全然書き進められなかったりします。

あと、ものすごく長い話になると、MCが薄くなったりする回が出たりして、その場合もちょっと書く手が止まることがあります。
まあ、これはワタシが腹を括れてないだけなんですけどね(笑)。
長編になると、1話くらいMCが薄かったり、エロが薄かったりする回は出てくるはずなんですよね。
それ以外のことの方が重要な回があったり、ストーリーを進める方が重要な回があったりするでしょうし。
その辺のところを臆せず書くだけの開き直りみたいなものが自分にはまだまだ足りないなぁ、と思ったりもします。

15: 名前:プギー投稿日:2014/08/02(土) 18:01
続編を書いていただくのにご無理をされたようで申し訳ないです。
僕は即興感は感じなかったし、十分エロかったと思います。…パンツだけでお腹いっぱゲフンゲフン

サキュバスの巣さんにはお世話になりました。更新が止まって残念なサイトのひとつです。
英語の方は全く知らなかったのでググってみましたが…学がなくて申し訳ないとしか…
もっと女性上位の催眠流行れ!

16: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/08/02(土) 21:09
>風狂の振り子さま
やっぱり違いますねえ、物語の書き方は。
スタイルが違うので、「参考」にはならないけれども、すごく「興味」は惹かれます。
「オチ」は、確かに自分の場合は重視してないよな、と返信を読んで思いました。

舞台設定は、ぼくは甘いところがあって、おおまかな状態でスタートしている気がしますね。
細部はあまりつめないというか。
ぼくはけっこう作中で使われる理論には凝る方だと思ってるんですが、MCに関してはけっこう適当ですね。
キャラは、あまり設定しない傾向にありますが、官能小説の場合、パターン化がある程度されているように思うので、練習のつもりでがんばって分けるように心掛けてます。

MC設定やキャラの設定によって、えっちシーンなどを変えるのは見習いたいところです。
作家さんの中には、キャラが勝手に自分で動くようなことがあるらしいですね。すごい!
ぼくも、一度経験してみたいです。キャラ設定を練習すれば経験できるかな。

確かに長編でMCをすべてにいれるのは難しいですね。荒業ですが、二章を一章にまとめて後半にそういうシーンをもってくるとか(笑)。


>プギーさん
いやいや、書き方ではけっこう無理してる感じだったかもしれませんが、一日か二日で書き上げたので大丈夫です。
書くことが負担じゃなくて、構想が自分の気に入るように構築できないとか、自分の納得のいく感じがうまく出ないって意味です。
絵を描くのは無理してないけど、出来上がった絵に自分であまり満足できてない状態、みたいな。

だったので、即興感もないし、十分エロかったと言われると、救われるというか、よかったー、って思います。
だれか一人にでもそういうことを言ってもらえたなら、それで十分うれしいです。書いたかいがありました。

英語のあのサイトは、ぼくもバリバリよめるわけじゃないですが、Categoriesの、fd:female dominant(女性上位)を見ると、2062storiesで、md:male dominant(男性上位)の4448storiesの約半分。けっこうな数だと感じます。
女性上位の官能小説自体はそれなりに日本のネットにもあると思いますが、たしかにマインドコントロールが入ってくるとぼくもあまり知らないですね…。
逆にいえばフロンティアが広がっているともいえるかも?

17: 名前:秋茄子トマト投稿日:2014/08/02(土) 21:15
うお、すいません、敬称が「さま」と「さん」が、ごっちゃになってました・・・。
よく見たら上のレスもですね…。
基本、「さん」なんですが、この掲示板でだけ「さま」をたまに使うことがあるのでまざっちゃいました。
敬称の使い分けにはなんの他意もありません。すいません。

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示



管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --