E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示

  黒い虚塔

01: 名前:ざくそん投稿日:2011/03/29(火) 04:34
黒い虚塔の感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2011/03/29(火) 13:12
読ませて頂きましたでよ〜。

倭文君、もっと真面目でいい人(悪魔だけど)だと思ってたのに・・・
まさか、大門元課長をあいつ呼ばわりしてるとは・・・

正直、人間界で暮らしている大門元課長の下に倭文君がアイテムを持って来て、これ上げます見たいな展開を期待していたみゃふとしては残念でならないのでぅ。
これから、倭文君がのし上がっていく展開になると思うので、そっちで期待するのでぅ。
もうあの手この手を使ってトップまでのし上がって下さいでよ。


ちなみに洗脳機はある種面白いと思ったのでぅ。使い勝手は皆無に等しいけどw
同じく釣り竿も。
あれか、MC出来れば何でもいいって言う無い物ねだりだな。これは。

03: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/03/29(火) 23:30
>みゃふさん
いよいよ、倭文くんのサクセスストーリーです。
なんかもう、サクセスもへったくれも、この会社、倭文くんがいないと会社として成り立たない気がするのはワタシだけでしょうか(笑)。

>倭文君、もっと真面目でいい人(悪魔だけど)だと思ってたのに・・・
倭文くんは、公の場では、真面目で律儀な男を演じるソツのないタイプでしょうねぇ。
立場が上になった今でもいちおう、先輩の3バカには、さん付けしてますし。
でも、彼って、変に真面目なところもあるし、その割には、とぼけたところもあるし、つっこみも軽いし、いまいち性格がつかめません。
(↑いいのかなぁ、そんなことで……)
ただ、いい人でないのは間違いないです。いや、まあ悪魔なんですけど。

>洗脳機、釣り竿
ボツアイテム出すのって、けっこう気楽なんですよ〜。
こんなもん作ってどうすんねん!ていうもの考えて、上司が却下すればいいだけですから(笑)。
ちゃんと使う道具って、それが作られた必然性とか、それを使うすごさの説明がいるんですけど、これだとそれが要らない。
そもそも、そういうボツアイテムをギャグとして堂々と出せるのをねらって、魔界のメーカの製作現場を舞台にしたというのはありまする〜。
これからも、使いどころのない斬新なMCアイテムを考えていく所存であります〜。
(↑ちゃんと使えるもんも考えんかい!)

04: 名前:Panyan投稿日:2011/03/31(木) 11:51
 読ませて頂きました〜♪
倭文くんが活躍(え?)するお話デスた。後森部長を完全にではありませんが、籠絡済みに近い状況でお楽しみなのデスた。
これからるるるでらららなのし上がりサクセスすとーりーが展開されるのデス。
でも、そうすると後森部長は踏み台で終わってしまうのか、良きパートナー(または良き犠牲者)として継続するのか、気になるのデス。
次回、楽しみにお待ちしてます〜♪

05: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/01(金) 01:03
>Panyanさん
>籠絡済みに近い状況でお楽しみなのデスた。
倭文くんは、受け身が嫌いなので、この状況はお楽しみではないのデスよ、おそらく。
後森部長との絡みは、もうひとひねりかふたひねりくらいはありそうなのでございまする。
あんな事やこんな事があって、2時間サスペンスで、きゃー!あーれー!な事になるのですよ、きっと。

……なんか、これ以上言うと、自分で掘った穴に自分で落ちそうなので、このくらいでやめておきますです、ハイ。

06: 名前:アイス投稿日:2011/04/01(金) 17:15

 読ませていただきま……いただきました(汗
 洗脳機を見て(ヤバッ)って思ったのは内緒なのです。

 いいやこのまま行こう(ヤケ)

>あんな事やこんな事があって、2時間サスペンスで、きゃー!あーれー!な事になるのですよ、きっと。

 まさか洗脳機に自分で入るなんて珍事がっ!

 続き期待してますー

07: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/01(金) 22:40
>アイスさん
>洗脳機を見て(ヤバッ)って思ったのは内緒なのです。
ご心配なく〜、うちの洗脳機は、倭文くんが却下しちゃいましたから〜(笑)。
どうせ、伴天院の設計した代物ですから、形は何のひねりもないただの洗濯機でしょうし。
もしかしたら、百円の投入口なんかついてるかもしれません。
って、コインランドリー!?乾燥機なんかもあって、乾燥かけると暗示が定着するとか!?
う〜む〜、恐怖の洗脳ランドリー……(←妄想暴走中)。
そんなわけですから(どういうわけですか?)、アイスさんも気にせずに、ガンガン書いちゃってくださいませませ〜。

>まさか洗脳機に自分で入るなんて珍事がっ!
だから、書類段階で却下されちゃったんですよう〜!
伴天院が勝手に組み立ててたら知りませんけど、その場合、当方は一切責任を負いかねます(←オイ)。

08: 名前:著者猫投稿日:2011/04/02(土) 10:59
 何と言う倭文くんの裏切りっぷり、この鬼!悪魔!(元々そうです)
 まああのダーツを解除できてしまうのですから、かなりのやり手なんでしょうけどね。

 しかし部長は眼鏡抜きでも恋愛フラグ立ちそうな条件は揃ってそうな感じもしますが、それじゃMCじゃないじゃん!なのでアイテムの餌食になるのはやむをえませんね(笑)。
 これからの展開も楽しみにしております〜。ああ、あと伴天院先生の次回作にも(爆)。

09: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/03(日) 00:14
>著者猫さま
>何と言う倭文くんの裏切りっぷり、この鬼!悪魔!
「そう言われましても、僕は会社に属しているんであって、大門さんに個人的についていたわけではないですから」(倭文淳談)
……と、本人もこう申しております。

>部長
なんか、あの眼鏡って、本当にMCアイテムか?と、書いている本人が思っている今日この頃です。
でも、何かと使い勝手がいいんですよねぇ、あれ……。

>ああ、あと伴天院先生の次回作にも(爆)。
伴天院先生は取材のため、次回はお休みします(笑)。

10: 名前:ざくそん投稿日:2011/04/05(火) 06:59
下がってたので上げときます〜

11: 名前:みゃふ投稿日:2011/04/05(火) 14:39
読ませて頂きましたでよ〜。

倭文君、素晴らしい。
愛だのを語りたがる大門さんには出来ない芸当でぅな。
玉の効果もさることながら、玉を使ってやる事がいいのでぅ。
いや、単にみゃふが肉体操作が好きなだけ何でぅけどねw

それにしても、ホテルを回る事に人が増えていく・・・何処で連れ回すの止めたんだろう。
流石に116人との乱交とか部屋の確保が大変そうでぅし。

12: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/05(火) 23:56
>みゃふさん
>愛だのを語りたがる大門さんには出来ない芸当でぅな。
まさに、そこが、倭文くんと大門の決定的な違いですね。
倭文くんは、下僕だろうが奴隷だろうが、「愛情」を持たないのですね。
それも、「愛ゆえに人は悲しまねばならぬ、ならば愛など要らぬ〜」というタイプじゃなくて、はなっから愛には何らの価値も見出してないタイプですね〜。
そのくせに、妙にポリシーや野心があるからこの後の展開がメンドくさいのでありますが……。

>何処で連れ回すの止めたんだろう。
というか、5人連れ回してる時点で、ホテル側なんか言えよ、っていう感じなんですが(笑)。
そこはそれ、ホテルの人間も玉で操っちゃえば、何ら問題はないんですが。
やっぱりネックは、スペースの問題ですねぇ。
いくらなんでも、116人は、ラブホじゃなくて、普通のホテルの大宴会場レベルですからねぇ。

13: 名前:凡士投稿日:2011/04/06(水) 02:09
悪堕ちではないけど、久しぶりにいい悪堕ちとかにあるような下僕確保だと思いました。
認識としては下僕も幸せ+そこまで人生終わっていないような、契約?的なものが好きなんで……。

あー、でも、愛情が欲しい気もするな。
せめて、そばにいて不快感がないとかから、愛着が生まれてくれるといいなあ。

14: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/07(木) 00:19
>凡士さん
>悪堕ちではないけど
というか、堕としてる方も、堕とされてる方も悪魔ですよう〜。
倭文くんの場合、冷酷とか、無情とかいうのでなく、もの凄く醒めた性格なんだと思います。
自分のことすら、常にどこか突き放してみるタイプですね。
おそらく、愛情、ということに関しては、自分自身にすら愛情を持ってないと思いますよ。
だから、話の中で倭文くん自身が言っているように、「手駒」なんですよ。

ただ、愛情がないのと、役に立つ駒を大事にするしないのは別の話ですね。
愛情がないからといって、ないがしろにするとか、したい放題とか、そういうのともまた違う、ような。
有益かどうか、と言うとミもフタもないですが、役に立つ駒と判断したら、それなりに大事にはするでしょうね。
でも、将棋でも、それで勝利を決定づけられるなら、飛車や角みたいな大駒でも捨て駒にしますから。
まあ、下僕にされている方はそれで満足してるっぽいし、倭文くんもひどい扱いするわけでもなさそうですし。

それに、下僕に愛情持つのは、もう大門がいますからねぇ。
むしろ、あっちの方が全然悪魔っぽくないんですが。

15: 名前:Panyan投稿日:2011/04/07(木) 22:33
 読ませて頂きました〜♪
玉で操っての乱交と、愛那ちん陥落のお話デスた。
感情を操って嫌いにさせつつ、快楽に堕とすという心と身体の二律背反的ぷれぃは、Panyan的に好きなしちゅなのデス。
愛那ちんの方は即落ちな感はありますが、手駒としての優秀さが秀逸なので今後に期待なのデス。ご褒美欲しさに情報収集に走って、仕事が超おろそかになりそうな気がしなくもありませんが。(えー)
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

16: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/08(金) 00:01
>Panyanさん
>感情を操って嫌いにさせつつ、快楽に堕とすという心と身体の二律背反的ぷれぃは、Panyan的に好きなしちゅなのデス。
倭文くんが、何人までホテルに連れ回してたのかはいまだに謎ですが、これだけ人数いれば、こういうシチュもないと、ですよねぇ。
とか言いつつ、いの一番にやってるんですが。
……ハイ、正直に言うとワタクシめも好きでございます、こういうの。
もう、やってる最中に正気に戻させるっていうのがいいですねぇ(←悪魔)。

>愛那ちんの方は即落ちな感はありますが、
即堕ちも何も、客観的に見たら、給湯室に連れ込んだのはその愛那ちんの方なんですが(笑)。
じつは、この部屋自体が、『給蕩室』という、大がかりなMCアイテムなのですよ。
……すみません、ウソです。
でも、話に登場すらしなかった没アイテムに『ガス給蕩器』というのがあったのはヒミツです。

>情報収集に走って、仕事が超おろそかになりそうな気がしなくもありませんが。
そもそも、ここの広報部、まともに仕事している気配がありませぬ(笑)。

17: 名前:著者猫投稿日:2011/04/09(土) 11:24
「なに?地獄からもクレーム?」
「いえ、新型アプリの案内を出すメールへの返信の形で要望が来たのですが……」
 報告によると、その要望は、千年ほど前に地獄に落ちた僧侶と姫君が、地獄にもかかわらずまるでバカップルのようにキャッキャウフフといちゃついてばかりで、血の池地獄を混浴温泉扱いしてたり、針の山で「僕を捕まえてごら〜ん」「待ってぇ〜」と追いかけっこしてたりと全然責め苦を責め苦と感じてくれてないので、アプリで何とかならないか、という内容だ。
「……ほっとけ」

 と、訳の分からないことをふと考えてしまった著者猫です。
 まあ今回は野望への布石の話でしたので大きな展開はなかったのですが、むしろ『Love Fishing』があったせいで「(いままでのパターンから)すわ、3話で終わってしまったのか!?」と戦慄が走ってしまった事の方が…(おい)。
 何はともあれ、新キャラも補強されてますますパワーアップな次回の革命編を楽しみにしております(あれ?)。

 以下あくまで余談ですが、
>とりあえず、シラを切ってみる。
 ここでの用法にはちょっと引っ掛かりを感じました。まあ倭文くんの「※個人の感想です。」レベルの話なので、本人がシラを切ったと主張するならそれでいいのですが、単に思考にふけっていて呼び戻されて、なおかつ「部長の次って一体どういうことですか?」と聞き返しただけ、という時に使う言葉じゃないかなぁ、と。
 ここで倭文くんが何か隠し事をしていてそれを植春さんに指摘されて「シラを切る」ならありなんですが、そういう場面ではないので…。

18: 名前:通りすがり投稿日:2011/04/09(土) 21:20
倭文くん、しとりって読むんですね
最初にふりがな振ってくれないとわかんないよw

19: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/09(土) 23:17
>著者猫さま
>千年ほど前に地獄に落ちた僧侶と姫君が
うわぁ、そんなところでリンクするとは、書いた本人がビックリです。
あのふたり、アプリでどうにかなるモノなんですかねぇ……。
うーん……智泉と姫様のバカップルぶり、描ききれるかなぁ。
(↑て、書く気かいっ!)

>すわ、3話で終わってしまったのか!?
いや、なんか、ギャグの小ネタとして出てきて、却下されているアイテムが無駄に多いので、ショートショートにでも使って供養して上げようかなと。
話に絡ませないくせに、アイデアだけポンポン出すので、他の作家さんにビミョーにプレッシャーかかってるみたいですし(汗)。
いや、別にかぶっても気にしませんし、ここの却下アイテム使ってくれても全然構わないんですが。
その方が、却下アイテムたちも浮かばれると思います(笑)。

>とりあえず、シラを切ってみる。
えーと、ですね、この部分は、聞き流しててもいいんだけど、わざととぼけて聞き返すことで、相手の出方を探る、ていうニュアンスを持たせたかったのです。
愛那が何か知っている(しかも、波留間のダーツに続いて2度目)→とぼけてカマかけてみる→愛那が慌ててごまかす→言ったらまずかったことは認識してる、まともに聞いても答えないだろう、じゃあ、堕として吐かせるか。
と、こんな感じです。で、ついでに下僕にしてしまえばいいという。
それと、倭文くんとしては、部長とのことを見られたかなんかで、確かなことを握られているという確信があったので、隠すというか、ごまかすために、という感じで書いてたので、その時は、「シラを切る」ていう言葉がスッと出てきた感じでしょうか。
ただ、確かに問いつめられているわけでもないので、「わざととぼけてみる」や「とぼけたフリをする」とかの方が自然だったかもしれませんねぇ。

>通りすがりさん
うわ、す、すみませんっ。
『プロジェクトD』の1話で読みつけてたので、引き続き出ている人らは読みをつけませんでした。
確かに、続編でもいったん話変わったらつけておいた方が親切ですよね。
ただでさえ、この話の魔界のメンツ、悪魔の名前を無理矢理漢字当ててるから、ただでさえ読みにくいですものね……。

20: 名前:ざくそん投稿日:2011/04/11(月) 13:21
下がってたので上げときます〜

21: 名前:みゃふ投稿日:2011/04/11(月) 14:32
読ませて頂きましたでよ〜。

これはもう次回以降が楽しみとしか!
氷鞠常務の女王様っぷりに堕ちる所が楽しみで仕方ないのでぅ。
うん、今回堕ちなかった事が残念で残念で……やっぱりこういう高慢な人が堕ちるのっていいでぅよねっ

なんか、読んでて倭文君がなのか、風狂の振り子さんがなのかよくわからないけど、みゃふと嗜好が被ってるように思えるのでぅ。
あれでぅね、大戦期の倭文君の活躍とか良さそうでぅ。

次回、氷鞠常務が堕ちる事を祈ってますでよ〜。

22: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/11(月) 23:57
>みゃふさん
>氷鞠常務が堕ちる事を祈ってますでよ〜。
残念ですが、その前に予行演習があるのです。
ターゲットはひとりしかいませんが……。
よく考えたら、1話につきひとり堕としてた『プロジェクトD』と比べて女性陣少ないですね。
でも、氷毬常務への落とし前、いや、堕とし前はきっちりつけさせてもいますので、ご心配なく〜。

>大戦期の倭文君の活躍とか良さそうでぅ。
このシリーズ、3部作で想定していたんですね。
で、今回は倭文くんが、悪どくサクッと成り上がる感じで、と思ってたんです。
今書いている分で、すでに当初の想定より大分長くなっているんですが……。
全ては、倭文くんが、思った以上にいいキャラになってくれたせいで……。
うーん、隠しても隠しきれない書き手の影がにじみ出ているのでしょうか。
このキャラが惜しいので、本編終わったら、倭文くんを完全悪役主人公にして、悪堕ちもので神々の大戦期の話でも書こうかなと思ってたんですよ〜。
……その前に本編終わらせなくちゃ。

でも、よく見たら、今回の話、ちゃんとしたMCシーンが少ないような気も(汗)。
まあ、この会社が舞台なら、何しててもMCがらみにはなるんですけど……。

23: 名前:Panyan投稿日:2011/04/12(火) 20:46
 読ませて頂きました〜♪
順調に出世を重ねる倭文くんデスが、今回の氷毬さんとは非常に相性が宜しくないご様子で、ストレスでアレルギー反応が出まくってるのデス。
それにしても、『あの頃は僕も若かった』発言はなかなかにタイムスケールが半端無いと思いました。数千年前って・・・。(汗)
えちは今回少なめデスが、MCカードのアイデアは素晴らしいと思いました。記憶や感覚だけじゃなくて、注射された薬物の効果もキャンセルできるだなんて、最強過ぎるのデス。これ、性別や体格や年齢も、やりたい放題なんじゃないでしょうか。
氷毬さんに復讐はなるか、楽しみにお待ちしてます〜♪

24: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/12(火) 23:30
>Panyanさん
>『あの頃は僕も若かった』発言はなかなかにタイムスケールが半端無いと思いました。
京都では、『この前の戦争』と言うと、応仁の乱らしいです(←幕末の争乱ですらない(笑))。
きっと、魔界では、数千年前のことを、『この間の大戦』とか言っているに違いありません。

>MCカード
でも、MCアイテム使う奴って、普通、解除せずに操りっぱなしでしょうから、きっと、消費する魔力が半端ないのです。
ちょっとチャージしただけでは、大した時間保たなくて、お金が湯水のごとく消えていくのです。

>薬物の効果もキャンセルできるだなんて、最強過ぎるのデス。
ここまで来ると、精神操作じゃなくて、完全に肉体操作ですよね。
こんな事ができるなんて、作った倭文くん驚いてるくらいですから。
良い子は真似しちゃダメです(笑)。

このところ、受難編で、倭文くんが何かと多忙なため、残念ながら、氷毬常務への復讐劇はおそらく次々回になる模様です。
(↑書き手が多忙なためではないらしい)

25: 名前:著者猫投稿日:2011/04/16(土) 11:25
>このところ、受難編で、倭文くんが何かと多忙なため、残念ながら、氷毬常務への復讐劇はおそらく次々回になる模様です。
「私は工場長よ! ICカードを納期に間に合わせてほしかったらあなたの(以下略)」
 ともかく、ここで拒否するのは得策じゃないな……。
「魔界無線通信保安安全委員会の者ですが、おたくの会社のあれですけど、あのままでは許可は出せませんわぁ…。でも1日言うことを聞いてくれれば考えなくも(以下略)」
 しかし、こうなったら、もう行くとこまで行くしかないか……。
「うちで売ってほしかったら、それなりの誠意を見せてほしいわね。あらあなた、いい体してるわね…(以下略)」
「あらいい製品ね。でもお高いんでしょう? まああなたの(以下略)」
「すいません、消防署の方から来ました(以下略)」
(……この屈辱、いつか倍にして返してやる)

 そのいつかがいつまで経ってもやってこない展開になるんじゃないかと思ってしまった著者猫です(爆)。

 野望へのそのにー、なお話でしたが、それはともかく(?)よくもまあ次から次へと新アイテムのアイデアが出ることですなぁ。もう読むだけで満足できちゃって自分で書かなくても済むではないですか(こら)。
 まだまだ逆襲どころか苦難が続くようですが、次回も楽しみにしております〜。

#しかし、過去の倭文くん最強伝説のエピソードからすると…そんだけの実力者が「若手」でくすぶるとは、魔界はどんだけ年功序列なんですか(笑)。
 もしくは「淳か…フフフ、あいつは倭文四天王で一番の小物よ…」ともっとすごい面々が活躍してあの程度では目立たなかったのか(おい)。

26: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/16(土) 23:50
>著者猫さま
とりあえず、恒例の小ネタの時間です。

倭文くんの受難 その1
氷毬「あら、私の言うことは素直に聞いた方がいいわよ。」
倭文「断らせていただきます」
氷毬「まあっ!いい度胸してるわね!わかったわ!今度から課長に降格よ!」

倭文くんの受難 その2
僕に、辞令と書かれた封筒が届いた。
開けてみると、「ふりだしに戻る」と書いてあった……。
倭文「なんじゃそりゃー!!」

……という、人生ゲームが双六のような展開も面白いんですが、とにかく、倭文くんがのし上がらないと、この話終わらないので、こういうのはちょっとしんどいです。

>よくもまあ次から次へと新アイテムのアイデアが出ることですなぁ。
番外編 しとりもん
泰三「しとりもーん!どうしてもこずえちゃんが釣り上がらないよう〜!」
倭文「はい〜、どこでもルアー!このルアーをひっつけると、こずえちゃんもイチコロだよ!」
泰三「いや、それ、別にルアーの形じゃなくてもいいじゃん!」

……冗談はほどほどにしておきませう。

>過去の倭文くん最強伝説
いや、たしかに洗脳系の力は最強に近いかもしれませんが、倭文くん自身の戦闘力は未知数です。
案外、スカウターかなんかで見てみたら、「戦闘力7」くらいかもしれません(笑)。

>四天王
「フッ、よく来たな、我は魔界四天王がひとり……ぐわぁ!」
なんか、四天王って、その中にひとりくらい、こんな感じで名乗る前にやられてる奴って結構いません(笑)?

27: 名前:みゃふ投稿日:2011/04/18(月) 09:56
ついにアンチ・洗脳感知センサー完成でぅねっ。

これで常務も恐れるに足らないのでぅ。
と言うわけで次回こそと期待していますでよ〜w

それは置いといて、今回は部長の再支配。大門元課長がいないので意味はないでぅが、個人的に嫌悪感を抱いているのに雌奴隷という状態は受け入れていて、嫌がりながらも奉仕せざるを得ないというのも見たかったのでぅ。
嫌だけど、雌奴隷なんだから仕方がないとか。でも、これ、下手するとただの脅迫と変わらない感がでてきそうw

それにしても、計算っぽい部長との痴話喧嘩でしたが、本気だと考えると部長に刺されそうな勢いでしたね。
刺されるのも面白そうだとか思ってる猫がここに(MC話のオチとしては大分駄目な部類に入りそうでぅが)w

では、次回、今度こそ常務をーっw

28: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/18(月) 22:11
>みゃふさま
いつも、いの一番のコメントありがとうございます〜。

>嫌がりながらも奉仕せざるを得ないというのも見たかったのでぅ。
いや、次の常務の回の展開が、完全に相手が嫌がってる状況なのは目に見えてるので、変化をつけたかったのですぅ。
そもそも、常務と部長って、高飛車系の美人って面では、キャラがかぶってるものですから……(汗)。
で、急遽、『プロジェクトD』第5話の雌奴隷状態再登板にあいなりましたのです〜。
大門の時よりも甘甘奴隷状態なのは、部長の大門と倭文くんへの好感度の差が出たんでしょうねぇ。

>刺されるのも面白そうだとか思ってる猫がここに(MC話のオチとしては大分駄目な部類に入りそうでぅが)w
それやっちゃうと、完全に2時間サスペンスですよう〜!
でも、その展開で堕とす方向でちょっとシミュレーション……。

「そして、私に用がなくなったら、次のお相手は常務なわけね!」
「ぐはっ!ぶ…部長!?」
「常務に渡すくらいなら!あなたを殺して私も死ぬの!」
「……ぶ…ちょう…僕は……ほん…とうに…ぶちょうの……こと…愛して……たんですよ……」
「え!?ちょっと!倭文くん!?倭文くんっ!?」
「……」
「ねえっ!倭文くん!目を開けてよっ!倭文くん!お願いっ!なんでも言うこと聞くからっ!」
「本当ですね」
「え!?きゃああああああっ!」

……やっぱりサスペンスになっちゃいます。

>では、次回、今度こそ常務をーっw
もう、ほぼ出来上がりつつあるんですが、力入りすぎて、そのシーンだけでものすごい量になっております……。

29: 名前:Panyan投稿日:2011/04/19(火) 23:44
 読ませて頂きました〜♪
とうとう倭文さんが本部長に。凄い出世のペースなのデス。
時間の概念が人間と全然違う彼らの事、もしかしたら人間の世界では既に数十年経っているかも知れませんが。
そして、絢華さんの完全陥落はぎゃっぷ萌えという言葉が浮かんでくるくらいに可愛らしかったのデス。でも、常務攻略には役に立ちそうにありませんが。
そうなると、愛那さんにどんな仕事を頼んだのかがキーになりそうデス。
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

30: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/20(水) 00:45
>Panyanさん
>凄い出世のペースなのデス。
まあ、倭文くんが出世しないと話が終わらないので、じっくり地道に昇進していると、時間がかかってしょうがないのです。
たぶん、この会社って、上からの覚えがめでたければ、ものすごく簡単に出世できるものではないかと……。
どう考えても、この人たち(悪魔ですけど)、定年もへったくれもないので、放っておくと管理職だらけですよ(笑)。
だから、出世しない奴はいつまでも(数百年単位で)ヒラ社員だし、出世しても、上層部の不興を買えばすぐ降格。
……ある意味シビアな社会ですねぇ。

>でも、常務攻略には役に立ちそうにありませんが。
常務は、アンチ・センサーができた時点で、人間サンドバッグ(悪魔ですが)決定なのですよ。
部長を落堕としたのは、本当にアンチ・センサーの機動テストですね。

愛那のお仕事はと……あ、少しは常務攻略に役に立ってるのかな……(汗)。

31: 名前:著者猫投稿日:2011/04/23(土) 10:16
>これで部長のセンサーは無効になったはずだ。
>「……!今……何かした?……倭文くん?」
 部長自身は感知したようだが、センサーは…ば、バカな! 反応しているだと!? 僕のセンサー無効装置は完璧だったはず!
「フフフフフ、かかったわね! こんなこともあろうかと、洗脳操作感知センサー無効装置感知センサーも埋め込まれているのよ!」
「な、なんだってー!」

 もちろんんなわけないので部長陥落編となりましたが…、しかし常務も「催眠系の操作かなにか(第4話)」で操っている(と思っている)対象に感知センサーを渡すとは、よほど自分の「操作」に自信があるのか単なる天然ボケか(汗)。自分のしたことで倭文くんにこれから埋め込むセンサーが反応してしまう可能性は考えなかったのでしょうか?(笑)
 まあ倭文くんの言っている通り「下手するとセンサーが反応するかもしれない」の範囲をわきまえている、ということなのでしょうけどね。

 ということで次回常務攻略編楽しみにしております〜。

#しかし刺される刺されないともかく、愛那の情報網に前編の一件が「部長が男と別れる別れないの修羅場になって刃物を持ち出して…」ぐらいの尾ひれがついて伝わっている、ぐらいのことはあるかもしれない(爆)。

32: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/23(土) 23:52
>著者猫さま
>洗脳操作感知センサー無効装置感知センサー
そ、そうなんですよね〜。
こういうのを出すと、「アンチの無限連鎖」状態(「子どものケンカ」状態とも言いますが)になりそう、って、ちらっと思ったんですが(汗)。
「必殺技返し!」「必殺技返し返し!」「必殺技返し返し返し!」みたいな(笑)

>自分のしたことで倭文くんにこれから埋め込むセンサーが反応してしまう可能性
そういうことは、理屈っぽい倭文くんが説明してくれるはずですよ、きっと(←書き手が、ではないらしい)。

>「部長が男と別れる別れないの修羅場になって刃物を持ち出して…」
実は、事後の噂ではなくて、事前に愛那から連絡が入る、というのは考えてたんですね。

 ……プルルルル。
 携帯が鳴る。……愛那からか。
「なんだ、愛那?」
「倭文さま!大変です!部長が!」
「部長がどうしたって?」
「部長に!部長に気をつけて下さい!倭文さま!」
「……!あ…いや、もう遅い、愛那」
 僕の目の前に、部長が立っていた。
 異様なオーラ、いや、殺気が漂っている……。

と、こんな感じで……。
ただ、これだと、確実に刺される方向一直線なので却下させていただきました(笑)。
誰かに見られて噂になる、てのも考えないではなかったんですが……。
しかしこの噂、どこを見てるかで話が分かれますね。

「おい、部長が街なかで、男と別れる別れないのって、すごい修羅場だったらしいぞ!」
「え?俺が聞いたのは、路地で、男と抱き合ってキスしてたって話だぞ!?」

……どっちもやってるんですがね(苦笑)。

33: 名前:みゃふ投稿日:2011/04/27(水) 02:08
読ませて頂きましたでよ〜。

常務キターッ!
うん、凄く楽しませて頂きましたでよ。
やっぱり常務のようなタイプを泣かせるのは最高でぅね。
欲を言えばもっと常務をいたぶるのを見たかった所でぅがw

これで、魔界の大半の勢力を手駒にした倭文君。
まだ次がある様な終わり方で楽しみなのでぅ。

でも、次の話は展開から見て、天界への侵攻になりそうだから、捕虜とかをMCする展開しか思いつかない。
倭文君は前線に出るタイプじゃなさそうだし。あとは暗殺者とか、一人突出した奴を落とすとかそう言う方向かなぁ?

次回作を楽しみにしてますでよ〜。

34: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/27(水) 23:55
>みゃふさん

>欲を言えばもっと常務をいたぶるのを見たかった所でぅがw
たしかに、もう少しオモチャにしたい気もあったんですが、7話の大部分が常務いたぶるシーンで、ホントに今回の話で大丈夫か?と、書く側はヒヤヒヤしてましたですよ。
しかし、話の中では、やらせることがあるから壊さなかったと、倭文くんに言わせてますが、はっきり言ってしまえば、あっさり壊したら面白くなかったんです(←悪魔)。

>次の話は展開から見て、天界への侵攻になりそうだから
ごめんさいごめんなさいごんなさい!
実は、次回の主人公大門なんです!……ああ!今なんかブーイングが聞こえた気がっ!
しかも、しばらく魔界にかまけて、人間界ほっといたら、あんた誰?っていうくらい大門がまっとうな奴になってて、書き手が困惑しているくらいです。
……もうしばらく魔界で、璃々栖の、上昇下降日記とか下降かなぁ……スタートは道具で、ペット、奴隷と階段を上がってまた不興を買って道具に降格とか……。
(↑現実逃避)

>捕虜とかをMCする展開しか思いつかない。
あ、そっちの方は責任をもって書かせていただきます!天界との大戦の話で。
このシリーズを終わってから、主人公は倭文くんですが、別にこのシリーズ読んでなくても楽しめる独立の話にしたいです。
今のペースで書き続けることができたら、そう遠い話でもないような……。

ともあれ、次作はブーイングの嵐、覚悟しております。

35: 名前:闇憑投稿日:2011/04/28(木) 05:15
はじめまして。ぢつは毎度毎度読ませて貰ってても、色々と恥ずかしくてレス出来なかった闇憑といいます。

サラリーマン悪魔の企画会議と見た時、最初、思いっきり吹いたのを思い出しました。
ですが、洗脳装置を使ってのおふぃす・らぶ(?)から始まり、次々と陥落させて行き、最後に社長に成りあがる。

特に、高慢ちきな常務を堕とすシーンは、そーいうの好物な自分にはストライクでした。

そして……今だからこそ言えます。「僕と契約して魔法少女に(ry」

……では、捕虜(天使?)を堕落させる話、楽しみにしています♪

36: 名前:Panyan投稿日:2011/04/29(金) 01:34
 読ませて頂きました〜♪
今まで溜まったストレスのせいか、璃々栖の扱いの酷さが楽しかったのデス。
屈辱が快感なのでは無く、屈辱を感じると快感が発生するという事は、屈辱を屈辱のまま感じられないといけない訳で、まったくのどMになったら気持ちよくなれないという。でも、どMになればいぢめられるのが気持ちよくなるのか・・・。(悩)
そして、倭文も最後は威厳のあるハーレムっぷり、素晴らしかったのデス。もう社長じゃなくて、大魔王でいいじゃん的な。
完結、お疲れ様でした。次の作品も、楽しみにお待ちしてます〜♪

37: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/29(金) 07:08
>闇憑さん
どうも〜、たしかに、こっちの方でははじめましてですね。
読んでいただいてどうもありがとうございます〜、いや、もう、いらっしゃいませませです。

>サラリーマン悪魔の企画会議と見た時、最初、思いっきり吹いたのを思い出しました。
闇憑さんの言葉じゃないですが、王道というか、ストレートで勝負できないタイプなんですね、ワタシ。
もう、変化球勝負ばっかりで、奇を衒ってばっかりなもんですから。
こういうのは、普通、人間のところに悪魔が道具持ってきて…、ていうのがスジなんですが、それを開発する悪魔の会社の話にしちゃおうと。
で、どうせなら、完全にサラリーマン状態にしてコメディータッチにしたら、これは誰も書いてないかなー、と。
おまけに、こういうところが舞台なら、何書いてもMCがらみと強弁できるだろうっていう、ズルい事も考えてまして。
んでもって、次のネタが今昔物語……人のやってないとこばかりほじくる、すきま産業状態です(笑)。

>「僕と契約して魔法少女に(ry」
え、えっと、アプリの話ですよね!?魔法少女を屈服させて、あんな事やこんな事をするんですよね!?
というか、闇憑さんに、「魔法少女」と言われて、真っ先に、『零刃愚覇亜屠』が頭に浮かんだワタシも相当にビョーキです(爆)。
……契約した人の方がやられそうです。

>……では、捕虜(天使?)を堕落させる話
ううう、ワタシも早く天使を堕としたいです……(←次の話の展開が難航しているらしい)

>Panyanさん
>どMになればいぢめられるのが気持ちよくなるのか・・・。(悩)
璃々栖がどMになるのは、倭文くんが許しません(←きっぱり)
でも、これ、下手をすると、屈辱が快感に変換されて、その快感を感じることすら屈辱に感じて……という無限連鎖になりそう。
それはそれで面白そうなんですが、確実に璃々栖が壊れますね。

>もう社長じゃなくて、大魔王でいいじゃん的な。
大魔王への道のりはまだまだ遠いのです〜。
て、あら、次の話、当分倭文くん出てこないわ……。
もう、断言してしまいます、次の話、書き手の意図に反して、序盤は完全にホームドラマです(泣)。

38: 名前:著者猫投稿日:2011/04/29(金) 11:31
>それは、神と互角以上に戦い、打ち負かす力。
>そのためには、あの力を手に入れなければならない……。
 僕はようやく登りはじめたばかりだからな。
 このはてしなく遠い天界への坂をよ…
<未完>

 …と、何となく天に続く石畳の坂が見えてしまった著者猫です。
 ということで、会社制覇をいきなり通り越して魔界征服に至ってしまうとは(汗)。魔界警察は何をやってるんですか!(爆)
 ただ…、
>残りの2割は、無視しておいてもかまわないレベルの奴らだ。
 あかーん! これはその2割から支配体制を打倒する英雄が出てきてしまうパターンや!(笑) 気をつけなはれや!

 常務陥落については、王道を行く思考刷り込みで大変おいしゅうございました。
 まあ常務にしろ部長にしろ、手懐けた後の管理が大変そうなお人ではありますが…(汗)。

 ではでは次回作も楽しみにさせていただきます。

39: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/04/30(土) 00:13
>著者猫さま
>魔界警察は何をやってるんですか!(爆)
ま、魔界警察!その発想がすごいです。
ああ、これから、正気を保つことができた魔界警察の生き残り(もちろん美人の女悪魔)が独自に潜入捜査を開始するのですね!
で、結局倭文くんに捕まって洗脳されてしまうと……。
いかんいかん、これじゃ話が脇に逸れてしまいます。

>これはその2割から支配体制を打倒する英雄が出てきてしまうパターンや!
愛 那「倭文さま、魔界使い魔協会の者が本社ビル前でデモを行っていますが…」
倭 文「ほっとけ」
愛 那「倭文さま、魔界固定電話愛護団体と名乗る者から、ディー・フォンを批判する投書が来ています」
倭 文「ほっとけ」

↑おそらく、残りの2割はこの程度のものかと(笑)。

>まあ常務にしろ部長にしろ、手懐けた後の管理が大変そうなお人ではありますが…(汗)。
あー、常務は楽だと思いますよ、とりあえずないがしろに扱っておけば、快感に悶えてくれますから(笑)。
それはそれで、鬱陶しいといえば鬱陶しいんですが。

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示



管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --