E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]

  形而上の散歩者テルマ

01: 名前:ざくそん投稿日:2010/04/26(月) 07:20
形而上の散歩者テルマの感想をヨロシク♪

03: 名前:TB投稿日:2010/04/26(月) 11:54
やった!ついにシリーズの続きが見れました!
今回でシリーズは終わりなのかな?

次の後編(中篇?)も楽しみにしています。

04: 名前:ジャム投稿日:2010/04/26(月) 18:06
投稿するようになってからますますnakamiさんの凄さに打ちのめされてます。
もうジャムはドロドロのグチャグチャですよ(性的な意味で)

遂に来た続編!
今朝トップページの更新情報見て思わず叫んじゃいました。
そしたら隣の人に壁を軽く叩かれました、次はないぞ的な感じで(^_^;)

渡辺さんも三森さんもどんどん可愛くなってますね、凄い進化してる。
今回のお話はフェラチオと主従関係について改めて考えさせられました。
nakamiさんのエロは勉強になります、それでいて実用的。
むぅ〜、その才能が憎いナァ…。
そして布団ババアからナンバー1な藤沢さんが生まれてる事実に驚愕。
ズタボロな倉島くん、立ち直れるのかな?
次回がとっても気になります!倉島くんもnakamiさんも頑張って!

ではでは(^‐^)/

05: 名前:荻窪投稿日:2010/04/26(月) 22:13
きゃー、ポップでクレイジーなエロスきたー!!

渡辺さんも、三森さんもかわいいよう!!
しかし、藤沢さんがこわいよぅ。
これはリベンジのための山ごもりで、山の主のイノシシと出会い
イノシシMC獣姦ルートへのフラグ!?
獣姦王におれはなr(ry

それよりも妹がどう大変なことになるんじゃろか。
次回が楽しみです。

06: 名前:tamakai投稿日:2010/04/26(月) 23:24
やっぱりキモオタのサクセスストーリーで終わるのかしら

07: 名前:海河童投稿日:2010/04/26(月) 23:42
倉島君おかえりなさーい!首を長くして待ってましたよw
笑えて抜けるMC小説の元祖ですしねwちょっと微妙な展開かもしれないけど
エロパワーの前には敵は無しってことでww
あと渡辺さんと三森さんを並べてダイブすると心の中での3Pなんて出来ますかね?
出来たらいいなぁ、って言うかしてくれ!ww
前編の一が終わって次は前編の二、三、四〜六くらいまであって次に
中篇の一が始まって〜後編の十二くらいで終わる長編小説に乞うご期待!!マテw

08: 名前:みゃふ投稿日:2010/04/27(火) 02:24
ふじさわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
朝、七時頃起きて更新を見つけたのに、用事のため半分くらいまでしか読めず、ずっと悶々としていたみゃふの魂の叫びでぅw
ついに世紀末美少女藤沢出陣でぅな。

完璧超人藤沢綾音。超人強度はきっと一億パワーくらいあるw
布団婆の身内で、しかもそれに対抗するために全てを完璧にした普通の人。しかも、能力がばれてる。なんて素晴らしい。
そんな警戒心ばりばりの上位の相手をあの手この手で篭絡していくのがやっぱり期待でぅ。

でも、サブタイトルにあるのに全く出てこなかった妹。続きには彼女の巻き返しがあるのかそっちも気になる。
そして、エロい渡辺にミモロい三森。どっちも色々やばいでぅが、みゃふの中では藤沢>渡辺>三森の順でぅ。
設定だけですでに渡辺を上回ってる藤沢w
落ちた後はあまり興味が無くなるので、結構普段通りとか明るい渡辺の方がみゃふの中では三森より上だったり。

続きが超期待でぅ。
ふじさわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!

09: 名前:kazu投稿日:2010/04/27(火) 11:01
形而上の散歩者シリーズ新作きたあああああああああああああああああああ!
藤沢に手を出すの待ってました。やっぱり第一位って何かあると思ってました!!
こう完璧って感じだと汚したくなるのが人のサガだよね。弱点見つけて攻めてSEXだああああああ!!!

渡辺とのエロが一番息子が起つお(*′▽`*)
続き待ってます。

10: 名前:nakami投稿日:2010/04/27(火) 12:40
>SRWさん
ありがとうございますー。頑張ります!

>TBさん
ありがとうございますー。
引っ張るほどの話でもないのに、いつでも書けると思ってたら優先順位がどんどん下がって、とうとう1年くらい?空いてしまいました。
シリーズ的には今回のテルマ編の前後編と、次回のヨハネスブルグ編(仮)前後編で完結予定です。
テルマの後編は、ざくそんさんの修羅場の終わる「ゴニン!?」発売日後に投稿するつもりですので、よろしくお願いしますー。

>ジャムさん
ありがとうございますー。
いや、毎週投稿を続けているジャムさんの方が普通にすごいと思うんですが…。近頃はすっかり週刊ジャムって感じですよー。
ハイペースで大変だとは思いますが、無理なさらず、できれば息の長い執筆をしてくれると嬉しいです。
にった〜せぶん、応援してますので頑張ってください!

>荻窪さん
ありがとうございますー。
イノシシ犯せるようになっちゃったら、もうクラスランキングとかもどうでもよくなると思うよ!
妹も相変わらず大変だよ!また次回!

>tamakaiさん
それが奥さん、ババアのサクセスストーリーって噂ですわよ。

>海河童さん
ありがとうございますー。
3Pちょっと設定ややこしくなりますねえ。ごめんなさい。
あぁ、でも高速で行ったり来たりして同時プレイとか出来るかもですねえ。そして、その高速の中でやがて光速を越えて、ビッグバンが生まれる感じですか。
そのアイディア、上手いこと魔法的な何か少女に繋げてみたいと思います!

>みゃふさん
みゃふさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんッ!!
いつもありがとうございますー。
完璧超人といえば、関係ないけど某牛丼チェーンがゆで○まご先生にしたことは僕も少なからず怒りを覚えましたが、よく考えたらどうでもいい話ですよねえ、あれ。
今のあの店で食べ放題もらったとしても、そんなに魅力感じないし。
汁だくだの、ねぎだくだの、どうでもいい。肉なんだよ、肉!
とか、こんなこと書いて関係者がここ見てたらどうしよう。ごめんなさい。応援してます。
妹は後編に出てくる予定ですー。あと、自分の書いてるキャラにランク付けてもしょうがないんですが、僕的には渡辺>藤沢≧三森ですねえ、今のところ。
渡辺さんは初めて書いたエロイン(エロ小説のヒロイン)なので、なんとなく童貞捧げたくらいの感謝の気持ちがあります。

>kazuさん
ありがとうございますー。
第1位の人はなんかあったほうがいいですよねえ。VS完璧超人の後編がんばりますー。でもエロは前編ほどじゃないと思うんでー。

11: 名前:ヒデ投稿日:2010/04/27(火) 18:17
キターーーーー!
リナの活躍(?)を待っていた。
しかも、さりげに黒かったw

nakamiさんらしく、はっちゃけててにやにやが止まりません。
これは続きを期待せざるを得ない!

12: 名前:やかん投稿日:2010/04/28(水) 14:07
読ませて頂きました!

……nakamiさんの才能が恐ろしいなって思いました。

ミモリンかわいいよミモリン。ドM最高です! ロシアンハーフな巨乳って最強だと思います。思いませんか? ですよね!
そして藤沢さんの気持ち悪いくらいの完璧さに正直ビビりまくりなやかんです。
これもうちょっとした化け物だろ……。
やかんごときの頭ではどうやって藤沢さんを堕とすのか見当もつきませんが、nakamiさんのことだからきっと予想を斜め上に超えるすばらしい展開であるに違いない! と昨日から全裸で待機してたら通報されたなう(ォィ)。
とにかく、おもしろく、かつエロく、かつすばらしく、かつエロかったです。
次も楽しみにしてます!

追伸:スレチですいませんが、コマキも読ませて頂きました。
……すごい人は何書いてもすごいんだと実感しました。
個人的に、お兄ちゃんが一番輝いてました。さすがあの校長の息子ッ!
本当におへそで茶がボルケーノするくらい面白かったです。

これからも頑張ってください!

13: 名前:ほのお投稿日:2010/04/29(木) 00:07
形而上の散歩者の続ききたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。
待ってました!
そしてついに登場ですね!
学園No1美少女藤沢綾音!!!
そしてこの一筋縄では攻略出来なそうな設定!最高です!
面白い!素晴らしい!グレイト!いよっ日本一!
続きを期待して僕のボルテージは上がりっぱなしですよ〜!
首を長〜くして待ってます♪

14: 名前:とーかいのA投稿日:2010/04/29(木) 00:38
はじめまして 初感想カキコです
形而上の散歩者の個人的にかなり好きだったんで
続き読めてうれしぃです!!

実はたまには、主人公が負けるパターンも期待してたりします☆
MCは大好きなんですが、因果応報ってのも好きでして☆

15: 名前:nakami投稿日:2010/04/29(木) 20:52
>ヒデさん
ありがとうございますー。
三森は結構キャラ立って役に立つ子です。エロいというだけで大抵のことが許されるw
続きもゆるく頑張りますー。

>やかんさん
ありがとうございますー。
ロシアンの人たちいいですよね。ネット始めたばかりの頃とかすごいお世話になりました。まさにワールドワイドウェブと思いましたw
コマキの方もありがとうございます。
これからもやりますー。

>ほのおさん
ほのおさんの感想きたああああああああああああああああ。
ありがとうございますー。
続きも頑張りますー。6月上旬投稿予定です。ゴニン!?もよろしく!

>とーかいのAさん
はじめましてー。ありがとうございます。
いろんな好みの方がいるんですねえ。僕はどちらかというと、唐突に主人公に不幸が訪れて終わりっていうのはあんまり好きじゃないんで、その中でも希望とか成長の兆しがあって終わる感じの方がいいですねー。
いや、今考えてる形而上の終わり方とはまた別なんですけど。
続きもがんばりますー。

16: 名前:ほのお投稿日:2010/04/29(木) 23:42
ゴニン!?ですか?当然買いますよ!
6月上旬!了解しました〜期待して待ってます☆

17: 名前:二重螺旋投稿日:2010/04/30(金) 00:28
渡辺がかわいすぎて、ツボすぎます!

藤沢の「完璧」設定も難敵としての説得力も、ストーリー上の自然さも見事で、脱帽です。
一見弱点がないようにも見える藤沢をnakamiさんがどう料理するのか、今から楽しみです。

18: 名前:nakami投稿日:2010/04/30(金) 12:43
>ほのおさん
ゴニン!?たのしみですよねー。というわけで僕の投稿もその後で!

>二重螺旋さん
ありがとうございますー。
もう2、3年前に投稿した話の伏線を今更出すのもどうかとは思ったのですがw、とにかくまあ娘がいるという設定はこれで消化できましたので、一安心です。
あとは後編でその先を書いていきますので、よろしくお願いしますー。

19: 名前:Panyan投稿日:2010/05/01(土) 14:37
 読ませて頂きました〜♪
三森の内面世界の理解と把握が済んで、これかららう゛らう゛ソフトSMな毎日かと思いきや、最強(いろんな意味デ)の美少女の登場デス。
力を持たない一般人として登場して、力を持つ主人公を精神力で圧倒するという力技を見せてくれました。さり気に性格悪いし。(えー)
ヤヴァい、続きがすげぇ気になる。布団ババァとの再戦になるのか、それとも藤沢との再戦になるのか。それとも突然ヒキコモリになってしまうのか。予断を許さない状況なのデス。
続き、楽しみにお待ちしてます〜。

20: 名前:スギ投稿日:2010/05/02(日) 14:24
凄い続きが楽しみです!
これからもお忙しいとは思いますが色々読ませてください
お身体に気をつけてくださいね

21: 名前:運命の輪投稿日:2010/05/04(火) 02:18
おくれ馳せながら・・

>ブラを外した瞬間にボインと揺れるおっぱい

「ボイン」なんて死語をよく・・
作品は素晴らしかったのですが、ちょっと気になりましたので。

乱文多謝

22: 名前:nakami投稿日:2010/05/08(土) 11:17
>Panyanさん
ありがとうございますー。
後編はヒキコモリになった主人公が人間やめるまでを描いていきますー。
来月投稿しますので、どうぞよろしくおねがいします。

>スギさん
ありがとうございますー。
がんばります!

>運命の輪さん
ありがとうございますー。
(・)(・)<ボインにあやまれ!

23: 名前:Mr.K投稿日:2010/05/10(月) 16:50
主人公、精神的に負けてますけど、がんばって欲しいものです。
人間やめるってのがどういうことになるのか……堕とした女の子たち&妹のためにも負けないでくれるといいんですが。

24: 名前:みゃふ投稿日:2010/05/24(月) 12:18
おお、おお!!

妹が大変な事になったのでぅ!!
修吾君がパワーアップしたのでぅ!!
藤沢キターーーーッ!!

色々と衝撃的だったのでぅ。
大変な事になった妹とか、なんか超絶パワーアップした修吾君とか、藤沢の真実とか。
エロい上にラノベのような軽妙っぷりが素晴らしかったのでぅよ。

個人的な趣向として特殊能力者より、何でもない普通の人間が努力の末に最強になるって言うのが好きなので、藤沢の真実はちょっと悲しかったのでぅけどね。
そして、盛大に学校支配してしまった修吾君。そのツケというか、支配してしまった反動が今から楽しみでぅ。
修吾君枯れないかなw

その前に布団ババアとの対決か。

星が壊される光景、その後の何の反応もない美結の姿ににやりとしてしまったみゃふでしたでよ。

25: 名前:Mr.K投稿日:2010/05/24(月) 12:21
妹攻略不可ですか……残念。
ま、学園攻略はしたし、仕方ないというところでしょうか。

でも、可能性が皆無ではないと信じておきましょう。
きっといつか可愛い妹の願いを叶えてあげるだろうと(笑)

しかし、これだけ数多く攻略してると、いつか生理が来なくなる子が多数出そうで心配。
ニート、そんな現実に対応できるんだろうか。なんか、思いきり逃避しそうな。
これからどう展開していくか、楽しみにしています。

26: 名前:pterasena投稿日:2010/05/24(月) 18:06
さすが天才…
何処から突っ込んでいいのか…突っ込みが追いつかない(笑)

27: 名前:田舎人投稿日:2010/05/24(月) 19:23
最高に面白かったです。
めちゃくちゃにした学園がどうなるのか気になります。
続編を今から楽しみにしていますので、宜しくお願いします。

28: 名前:ALORC投稿日:2010/05/24(月) 19:38
超怒涛の勢いでオーバーフローでアッパッパーになるまさしく
妄想世界
きっと最後にヘタレるくらいでちょうどいい

29: 名前:ふろんと投稿日:2010/05/24(月) 22:30
面白くて力強くてエロい。とにかく凄すぎる。

感想は上記に尽きるのですが、あまりに素晴らしいので
無粋に長文感想をかきます。

・ストーリーが面白い。
意表のドキドキしつつも、ぐいぐい次の展開にひきこまれていく。
妹を壊してしまってまさかの鬱展開かと思いきや
実は修行フラグかつパワーアップイベントだったり
あきさせない展開はとても良かったです。
布団ババアの藤沢に対する仕打ちとかは「何…だと…?」と
思わず棒読みで声を上げてしまいました。
漫画・アニメ・ラノベ・ネットスラングをおりまぜた
どこかでみたような表現が頻用されており、文章に洒脱さと軽妙さを醸し出しており、
元ネタを知っていると笑える上に心の中で突っ込めてさらに面白い。
突っ込み切れないのですが藤沢ェ…のところではnakamiェ…と心の中で突っ込んで
爆笑していました。

・描写が力強い
主人公の考え方が聖人ではなくむしろ一般ピープルというか小物なのがよい。
弱い者が挫折・鬱屈したところから這い上がり
逆転をする展開は王道ながら熱いカタルシスがある。
個々の場面の描写もこれでもかとねちっこい描写がされていてぐいぐい読ませる。
美結宇宙の破壊など、数々の心象風景の描写がとにかく秀逸です
もともと形而上は形のないものを指す言葉なのでそれを
文章にして形容するのはとにかく難しい。
渡辺の「鉄の城」,三森の「館と庭」、美結の「宇宙」
藤沢の「パーフェクト・ワールド」など多様に表現していて
これまた読ませる文章はnakami節とでもいうべき独特の力強さがある。
遙か昔に倫理の教科書で覚えたユング心理学にあるいわゆる集合的無意識を
生き物や川や道などに例えて主人公を形而上の散歩者としたのには脱帽です。

・MCでエロい
エロMCの醍醐味は相手の精神をねじ曲げて
やりたい放題するところにあると個人的には思います。
形而上シリーズはここに来てまさにやりたい放題な感じがあって非常に好みです。
何より今回の「クラス1位〜3位と妹を攻略しておしまいかと思っていたら
いつのまにか学校全体をMCしていたでござる」の巻には
MCかつハーレム好きにとってはたまらない展開で俺得でした。
全ての戦いが終わって倉島ハーレムができあがると思うと胸が熱くなるな。
ポケガみたいに最後にでもハーレム描写あるといいなと思いました。
思っているだけで要求しているわけでありません。
しかし、麻呂はあるといいなと思っていたのでした。(AA略

また、MCはあらゆるジャンルと親和性があると思っていますが
形而上の散歩者シリーズはエロとしてもMC・ハーレムの他にも
寝取り・フェラ・SM・兄妹など様々なジャンルも
含まれていて彩り豊かなところに今回はまさかの触手。
触手は好きで嫌いでもないですが、触手小説もビックリな描写は圧巻でした。
次はどんなエロがくるのか楽しみにしています。

面白さと力強さとエロさが渾然となって圧倒的な熱を持った作品になっている
というのが感想です。nakamiさんの次回作を期待しております。

書き上げてから素に戻ってこんな長文感想書くなんて俺はキモいと反省しましたが
「とにかく非常に素晴らしかった」と伝えたいために投稿しました。どうかご容赦ください。
読みにくい長文で失礼しました。

30: 名前:玉飼投稿日:2010/05/24(月) 22:39
おい、フリルで見せた未来と違うじゃねーか、どうなってんだよ!
ミユと兄の禁断のラヴは!?

31: 名前:海河童投稿日:2010/05/24(月) 23:05
後編お疲れ様です〜。ただちょっと漢字が多いぞリアルエロが少ない!!ww
怒濤の展開にあっ気に取られるやらなんやらでまたも一気読みですw。
触手出てからの展開はなんというかジェットコースタみたいですげぇw

なんとまぁ続編、スピンオフ編、その後編、エピローグ編等々が期待できそうな
終わり方でエロと妄想と憧れとで頭を通常の三倍ほどに膨らまして倉島先生の
今後のご活躍と腰振りをお待ちしておりますわww

32: 名前:君はいつでも台風の目投稿日:2010/05/25(火) 01:31
藤沢ってば生きてんのか死んでんのか…半身でアゥアゥはきっついなぁ。
女の子は「バーカ」って笑ってるのが可愛いのに。振り回されてハリケーン!
でも「バーカ♡」の一言であっけなくスライムになっちまう。それが男だろ。
布団ババァ、女のことしか考えてない変態なめんなよ!ロックだ!エロスだ!リビドーだ!

33: 名前:nakami投稿日:2010/05/25(火) 12:25
>Mr.Kさん
ありがとうございますー。
前編の感想もいただいてたのに、レス遅くなってすみません。
妹については、一応、まだ予定というかイメージなんですが、次回の形而上は妹の朝フェラ先制攻撃から始まる第3次兄妹攻防戦で幕を開けるつもりなので、ご安心(?)くださいー。
俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!

>みゃふさん
ありがとうございますー。
>特殊能力者より、何でもない普通の人間が努力の末に最強になる
それわかります。ジョジョ第4部で吉良が子どもに正体を暴かれたときみたいな感じ、すごいかっこいい。
布団ババア戦後の藤沢も、なるべく可愛かっこいい感じに書けるといいなーと思ってます。
よろしくお願いしますー。

>pterasenaさん
ありがとうございますー。
基本ツッコミ役は読者様任せですw
スルーしたりマジ切れツッコミされたり、楽しんでいただければ幸いですー。

>田舎人さん
ありがとうございますー。
学園のその後については、いつになるかはわかりませんが、次回ヨハネスブルグ編(予定)で書いていきますので。


>ALORCさん
ありがとうございますー。
次回、ヘタレまくりですよー。

>ふろんとさん
ありがとうございますー。
そこまで僕を褒めてくれたのは母親以来ですw
ちょっと感動しました。これからもがんばりますのので、よろしくお願いします。

>玉飼さん
申し訳ございませんー。
フリルで見せた未来はまだ僕も書く予定でしかないのでお約束はできませんが、あれはあくまでミユ視点で語られてることですし、主人公もあの調子ですので、本物の「彼氏」になってるのかどうかは怪しいものです。
でも「毎日フェラしてる」のが事実かどうかは、シリーズの次回で明らかになる予定ですので、申し訳ありませんが、もうしばらくお付き合いいただけるとありがたいですって言ってんだろーが!

>海河童さん
ありがとうございますー。
リアルエロが少ないのは、確かに僕も気にしてました。
次は形而上以外の話を書くと思いますが、もうちょっとエロいの投稿しますー。
形而上の続編は、予定どおり書けば今回より長くなると思いますし、学校支配の件でエロも増えるんじゃないかと思いますので。

>君はいつでも台風の目さん
そう、君はいつだって台風の目。
海岸を走り回る僕らは子供みたいで、夕べは花びら大回転させてた君も、今は妖精気取ってスカートひるがえす。
車から流れるロックンロール。シートに残った君のシミ。波飛沫はまるでソーダ水みたいで、さっきまで蚊にマンコ刺されて不機嫌だった君も笑ってる。
いつだって君は台風の目。
そして僕は振り回されるのさ。

34: 名前: 投稿日:2010/05/25(火) 16:24
nakamiさん、聞いてくれよ
おれ、倉島54クラブとの乱交パジャマパーティーより
藤沢、渡辺、三森との4Pの方が楽しみなんだ
男としてロマン不足かな、おれ

35: 名前:ヒデ投稿日:2010/05/25(火) 18:14
今回結構シリアスでしたね。

だがしかし!
シリアスな場面が持続しねーw
まぁ、それがいいんだけど

>小学生のとき、授業中にお漏らししたことあるから、
あとはうんこ漏らせばグランドスラム達成だな。
この発想はなかったw

>それにショーパンの太ももだって、まだまだ女っぽさが100年ほど熟成の足りないし、
熟れ過ぎで腐ってますw

相変わらずのギャグの切れの良さでしたw
てか、妹は攻略しないんですか?
まぁ、今回ので懲りたのかな・・・

36: 名前:nakami投稿日:2010/05/25(火) 20:45
>34の名無しさん
わかってるって。俺に任せとけ( ゜ー^)d

>ヒデさん
ありがとうございますー。
妹は攻略しないです。でも攻略されそうです。そんな兄妹でいこうと思うのです。

37: 名前:とりせい投稿日:2010/05/25(火) 23:55
綾音は母親から開放されたら、反動大きそう。
是非、触手大好きっ娘になってほしいものです。

服装は躰の線が出まくりのボンデージファッションが基本で、
夜は緊縛orローションプレイ。ソープごっこも捨てがたい。

綾音トゥルーENDを希望です〜。

38: 名前:投稿日:2010/05/26(水) 17:03
超絶言語センスに脱帽です。

しかしまあこうやって「手を出さない」というのも一つの選択ですね。
それ以上のことを妹にも綾音にもやっている気がするけどw

完璧な世界を突き破る触手や男性器って…まさに地獄

39: 名前:kazu投稿日:2010/05/26(水) 20:47
読みましたー。
シリアスな雰囲気で続くに持っていっていて続きが気になりますw
3人娘攻略で終わるかと思いきや主人公の能力が爆発してて笑ったw
色んな娘が出たので期待が高まってます。

40: 名前:ほのお投稿日:2010/05/26(水) 23:44
おおおおおおおおおおおおおお、最高でした!
まさかそう来るとは思わなかったですよ。
っていうか主人公レベルアップしすぎで吹きましたw
でも、今回こそ綾音とのシーンがあると思ってたのになかったwww
続きを心待ちにしております!
是非是非、お早目に〜

41: 名前:Panyan投稿日:2010/05/27(木) 01:33
 読ませて頂きました〜♪
完結、お疲れ様でした〜って、え? まぢデ!?(驚愕)
ここは布団ババアとのガチムチ変態バトルへなだれ込んで、藤沢を普通のおにゃのこに戻してあげてから食べちゃうのが筋(え)デスよね? うそぉん!
それはともかく、この作品独特のノリが、今回も非常に疾走しまくってて、楽しませて頂きました。 13Kmや!は、不覚にも会社で吹き出してしまいましたデス。誰この不審人物。(えー)
しかし、本当にジャンプやネット上のギャグが乱舞して、ハマルと非常に面白かったデス。ガイアが〜は、今でもPanyanのココロに光る名台詞。
美結は、主人公が自分の能力を理解する為に必要だったとは言え、一旦コワされてしまったのは可哀想でした。それで吹っ切れたのか、対藤川戦ではヘンタイ方向に突っ走るし。触手藤川ズのえちに引き摺られて、ロボ藤川がえちくなったシーンはとてもエロいと思うのデス。
出来れば、第2部を期待したいデスるが、まずはお疲れ様でした〜♪

42: 名前:nakami投稿日:2010/05/27(木) 12:24
>とりせいさん
ありがとうございますー。
藤沢が自分でもわからないうちに触手にはまっちゃうのも面白いかもですねえ。
まあ、確実に主人公のせいだとバレますけどw
トゥルーかどうかはわかりませんが、次回シリーズで終わりですので、最後までお付き合いお願いしますー。

>マさん
ありがとうございますー。
>完璧な世界を突き破る触手や男性器って…まさに地獄
ビジュアル的に最悪の心理戦ですねw

>kazuさん
ありがとうございますー。
>3人娘攻略で終わるかと思いきや主人公の能力が爆発してて笑ったw
僕も当初の予定はそこで終わるつもりだったんですけど、書いてるうちにノリで学校支配しちゃってw
次回はそのぶん余計に長くなってしまうと思うんですが、きっちり書くところは書いて終わりたいなあと思います。
いくつか捨てるシチュエーションもあると思うんですけどー。

>ほのおさん
ありがとうございますー。
>っていうか主人公レベルアップしすぎで吹きましたw
This way
>今回こそ綾音とのシーンがあると思ってたのになかったwww
そうなんですよねー。次回はなるべく早めに投稿できるようにがんばりますんでー。

>Panyanさん
ありがとうございますー。
毎度会社でエロテキスト読まれている勇者っぷりに、こちらの方がハラハラしますw
バレたらやばくないんですかー。
>ガイアが〜
僕もあのセンスが羨ましくて仕方ないですwさて、明日はいよいよ「ゴニン!?」ですね!
楽しみだ!

43: 名前:Mr.K投稿日:2010/06/03(木) 16:57
妹の朝フェラ攻撃、期待しています。
そしていつか処女喪失攻撃とか、お兄ちゃんの赤ちゃん欲しい攻撃とかに発展するといいなぁなんて思ってます(笑)

ま、学校の綺麗どころ全員攻略済みなんだろうし、ババアとの対決もがんばって勝利してほしいものです。
次回更新も楽しみにしています。

44: 名前:ヨキ投稿日:2010/10/10(日) 09:44
楽しませていただきました。
主人公の小市民ぶりがなかなか乙でした。
またエロだけでない読み応えのあるストーリーが面白かったです。
最終話を楽しみにしております。

45: 名前:nakami投稿日:2010/10/14(木) 18:47
>Mr.Kさん
遅くなって大変申し訳ないです。ありがとうございます。
妹の攻撃力UP、がんばってみます。

>ヨキさん
ありがとうございます。
小市民っぽい主人公、僕も好きです。かっこつけてる系主人公より好き。でも次に投稿す

るのはイケメンぽいかもしれません。なるべく愛されるMCプレーヤーにはしたいです。
形而上の最終話もがんばります。

46: 名前:nakami投稿日:2010/12/15(水) 20:49
都合により形而上の続きは書けないんですけど、一応「ぼくの考えた形而上の続き」を貼るので、何かの参考に。

・妹に朝フェラされる場面から。
・妹とヤるヤらないの大論争。ベッド下に隠してた「妹アンソロジーvol.3」まで暴かれて苦境に陥るも、ぎりぎりの舌戦を繰り広げる兄。
・キスとフェラまでならOKというところで妥協。それ以上のエッチは禁止。
・妹「シックスナインはエッチに入りますか?」兄「入ります。あれはとても危険な行為なので18才まで禁止です」妹「ぶー」
・しかたなくフェラだけで我慢する妹。
・妹「んっ、んくっ、んっ、ちゅっ、お兄ちゃん、んっ、んっ、きもひいい? んっ、んっ、あたし、がんばるからね。あんっ、んっ、んっ、お兄ちゃん、んっ、んっ、んっ、ちゅぶ、お兄ちゃん、んっ、好き、好き、ちゅっ、ちゅぶ、ずずっ」
・うちの妹はこんなに可愛い。
・近親シックスナインへ移行。
・倉島「イエ〜イ。東京都民のみんな見てる〜?」
・都条例を挑発しながらフィニッシュ。

☆ここでタイトル……『形而上の散歩者ドアラ(仮)』
副題は『あいかわらず大変なうちの妹だが最近では俺のパンツが大変なことになってる件(仮)』

・妹に抜いてもらってスッキリ顔で学校行ったら今世紀最大美少女に「放課後、商店街でうちのババアが待ってるから来い」と告げられたでござる。
・ガクブルで1日過ごす。
・泣きながら商店街へ。
・ババアと対峙。失禁寸前の倉島。
・世界的美少女藤沢は、他人のフリして書店で立ち読み。
・インナーワールドへ。
・最初と同じババアの世界。田舎の風景。河原。汚い小屋から飛び出す数千匹のウサギたち。
・ババア登場。巨大化し、ドロドロになって倉島を飲み込む。
・溺れる主人公。このドロドロは妹の中で見た黒い渦と似た感触。
・負けたくない気持ちで「チンチンの実」発動。
・ババア世界を巨大ペニスで破壊し、高笑いする倉島。
・覚醒者同士の醜い戦いが、今、始まる!
・なんてところでバトルシーンは省略して時間経過。
・田舎の山道を歩く倉島。とても気持ちの良い光景。
・ウサギがピョンピョン跳ねている。探し物に近づいてることを感じる倉島。
・倉島「見ーつけた」
・ショートカットの少女「見つかっちゃった」
・ババアのロリ状態登場。
・ボーイッシュな彼女にボッキしそうになるが、なんとか堪える倉島。
・ババア「あ〜あ、残念。やっぱりボクの負けか」倉島「ボクっ娘かよ!?」
・『ゴニン!?』では四女にハマってた倉島、全力ボッキ。
・勝負はすでに倉島が勝っている。
・戦いは力ではなく速度で決まる。相手の心を先にステージにしたものが勝ち。つまり最初の出会いのときから、倉島はババアに勝っていたらしい。慢心、環境の違い。
・小屋から逃げ出した数千のウサギの中に彼女はいた。彼女を見つけてだして試合終了。
・ウサギたちの正体は、ババアが今まで削り取ってきた他人の心。ババアはそれを自分の精神安定と能力強化に使っていた。
・能力の悪用禁止を倉島は命じる。
・ババア「だが断る」倉島「俺の命令を拒絶…だと…?」
・自律する無意識、ババア少女は条件を出してくる。倉島には勝てないことを知ってたババアは、最初から自分の中で倉島と話をするのが目的だった。
・ババアの解説「形而上の世界は、君も見た集合無意識の世界で終わりじゃない。あれもまた、別世界への入り口にすぎない」
・「次は快楽と恐怖の世界。どんな願望もそこでは即座に叶う。あらゆる快楽が押し寄せてくる。でも、人はそれに心から溺れることはできない。有り余る快楽は不安を生み、終わりを求める。それもまた人の願望だ。一瞬でも不安に囚われれば、今度はあらゆる恐怖と死となってその世界は襲ってくる。ボクは何度もそこで死を体験し、苦しみ、快楽に救いを求め、抜け出せなくなった」
・「天国と地獄は同じ場所にあるんだ。そこは生ある人間が行ってはいけない場所だった。ボクはそこで、こういう人になってしまった」
・ババア少女、短い髪をズルリと剥く。顔の半分が欠落していた。それが彼女の本当の姿。
・「でも本当に怖いのは、それでもまだ終わりじゃなかったっていうこと。そこもまた次の世界への入り口にすぎない。もっと先にも世界は続いている。ボクたちはまだ、入り口の入り口にようやく立っただけ」
・「その向こう側へ、ボクの代わりに行くんだ。君のそのバカみたいに速い能力で突き抜けろ。そしてボクの代わりに探してこい。本物の天国を。このクソみたいな現実をぶっ壊せる世界を。ボクのつぶれた頭を埋める何かを。それが条件だ」
・倉島はババアの過去を見ている。河原の汚い小屋で起こった出来事。世の中を憎む気持ちも、現実から逃げたい気持ちもわからないでもない。倉島も似たような人間だった。これは弱い人間だけが目覚める能力に違いない。
・倉島「でも、その向こう側なんて本当にあるの?ババアも見たわけじゃないっしょ?」
・「見てないけどある。ボクはそこで男の子と会った。天使みたいな男の子だ。彼は平気な顔して向こうから帰って来たんだ。まだまだ向こうにも扉があるって言ってた。彼は友だちを探して、一番向こうまで行ってきたんだって。タイヨウっていう名前の男の子を探してるって言ってた。…ボクは彼に助けられて、こっちの世界に戻ってこれたんだ」
・「だからあるんだ。間違いなくその先はある。ボクの代わりに君が行け。そうしないと綾音は戻さない。早く行けよグズグズしないで…イテッ!?」
・チョップを喰らわせる倉島。痛がるババア少女。
・倉島「そんなの行く必要もねぇよ。そいつが戻ってきたっていうんなら、たいした天国はないんだろ。友だち一人のために戻ってこれる程度の価値しかないんだから。つまり一番楽しいのは現実。ここの後ろにある世界だよ」
・ババア「そんなわけない。あんなところが一番なわけがない」
・倉島「俺も知らないけど、でも、そういうことなんだろ。てか、1個先の世界でも死にそうだったのに、戻ってこれる自信ねーしな。俺はみんなのいるところに帰りたい」
・ババア「男のくせに探求心はないのかよ。このゆとりが」
・倉島「ゆとり言うやつがゆとりだブース」
・ババア「じゃあ、この頭をどう穴埋めしてくれる? ボクはここが欠けてる限り、ウサギ集めはやめられない」
・倉島「僕の能力をお食べ」
・倉島「俺のこの余分な形而上能力をやるから、お前の欠けた場所に埋めろ。そうすりゃお前もまともに戻れるはず。その代わり、もう能力を悪用はするな。他人を不幸にするな」
・ババア「君は今の力を失うことになるが、大丈夫か?」
・倉島「大丈夫だ、問題ない。確かにまあ、俺みたいな喪男は、この力なしじゃ二度と女と付き合えないんだろうけど、でも十分に楽しい数日だったよ。俺はもう誰も不幸にしたくない。こんな力はあって良いものじゃないんだ。だから頼む。頼むよババア…」
・ババア、倉島から力を分けてもらう。欠けていた何かが満たされる。長年の苦しみから解放される。
・ババア「…ボクの中が君でいっぱいになった。君のことが大好きになったよ」
・倉島「はぁ?ババアにそんなこと言われてもキモいだけなんですけど」
・ババア「でも好き。すごい好き。ボクの全てを君に捧げてもいい。この力は、これからは君のためだけに使うって約束する」
・背後からウサギが一匹。ババアはウサギを持ち上げて、何やら耳打ちする。
・ババア「ねえ、キスしようよ」倉島「冗談じゃない」ババア「でも今のボクにならできるでしょ?(少女のキス顔)」倉島「むむ、そう言われると…」
・キスする。2人の周囲から一斉に飛び立つウサギたち。
・そして強制的に現実に戻ってきて、ババアとキスしてた。
・ゲロゲロと吐く倉島。高笑いするババア。悲鳴を上げる藤沢。阿鼻叫喚の商店街。
・ババアは、布団叩きを捨てて悠々と歩き去る。
・12枚の羽根を持つ美少女藤沢は、倉島に「ド変態!」と罵声を浴びせて逃げていく。
・レイプ目で路上に転がる倉島。
・冷たい風が吹いている。
第1話終了。

47: 名前:nakami投稿日:2010/12/15(水) 20:50
第2話
・学校休んでゴロゴロする倉島。
・昨日のバトルの疲れと、全ての力を失った虚脱感と、もう二度とエッチなイタズラができない寂しさをライムにして歌う。
・そんなことして時間を潰してたら誰か来た。
・地上最後の美少女、藤沢綾音襲来。
・腰を抜かす倉島。
・彼女は怒っている。「このヘンタイ」とか「信じらんない」とか言いながら、倉島を外へ連れ出す。
・ファストフード食べながら、今日は何で休んだとか、誕生日とか、趣味とか、好きな食べ物とか聞かれる。終始、藤沢は顔を赤くして落ち着かない。
・倉島「なんなの?」藤沢「こっちが聞きたいわよ」
・藤沢「私にあんなことさせるなんて信じられない。他人の心がイジれるからって、勝手なことするな。私はそんなに安い女じゃない。殺すわよ」
・倉島「意味わかんないですが。僕、もう力はなくなりましたし」
・藤沢「ウソばっかり。私を、こ、こんな気持ちにしておいて…とにかく、私は簡単な女じゃありませんから。お互いのことよく知りもしないで、そんな関係にはならない。あなたのことをもっとよく知って、ちゃんと段取りを踏まえた上じゃないと、そういうことは絶対しないから!」
・倉島(なにを言ってるんだ、コイツは…)
・藤沢「いいから、それで、どういう女が倉島の好みなの!はるかとかリナとか、いっぱい女いるくせに、私までこんな風にした理由はなに!?」
・よくわからないままラブホに。
・倉島「え…なんでラブホに?」
・藤沢「だ、だから、どうして私にいちいち言わせようとするのよ!あんたがそういう風に仕向けたんでしょ!」
・倉島「えー」
・藤沢「夕べは、私に、あんなエッチなことまでさせて…あ、あれだって、あんたのせいだってわかってるんだから!」
・昨夜、彼女は倉島のことを想って初めてのひとりエッチをしたらしい。
・倉島(なんだか全然わかんないけど…ま、せっかくのラブホだしな!)
・ヤる。
・藤沢は初めてだったが、すっきりした顔。「こんなに…すごいことだったんだね。なんか…すごい。私、始まったって感じ」彼女は一皮剥けたようだ。倉島も彼女の完璧な肉体に感動していた。
・倉島にべったりくっつく藤沢。幸せな2人。
・藤沢「あ、今…私にまたエッチな命令した」倉島「え、してないけど」藤沢「う、ウソばっかり!私、初めてなのに、こんなことしたくなるわけないもん!」
・とか言いつつ、藤沢の方からフェラへ。
・藤沢「やり方とか、全然わかんないし…これでいいの?んっ、ちゅっ、もう、変な味する…やだもう、こんなの…んっ、ぺろ」
・嫌がる藤沢にされるフェラは気持ちいい。でもやっぱりこの状況は変だと思う倉島。
・あのとき、ババアが耳打ちしてたウサギ。あれじつは藤沢だったんじゃないだろうか。なんか変な命令されてんのかも。俺に惚れろとかなんとか。
・形而上能力を失った倉島だが、厨二病で培った第三の力で何かを感じる。藤沢と俺以外に、ここに誰かいる。霊?最近誰かこの部屋で死んだ?
・いいや、ウサギ飼いの少女だ。ババアの形而上が、すぐ近くにいる。俺らのプレイを見てる。そして藤沢に指示を出してる。
・ババアは俺のためにだけ力を使うと言っていた。もしかしたら、ババアは自分の娘を俺に捧げてくれたのだろうか。
・よし、試してみよう。「藤沢は、俺にフェラするのが大好き美少女になーれ」と念じてみる。
・俺にフェラするのが大好き美少女藤沢「ふっ、んっ、ねえ、これ気持ちいいの?私、初めてだから、上手く、ふっ、できないよ。ん、ねえ、倉島は気持ちいい?私、もっと練習しててもいい?んっ、んっ、なんか、やだ…んっ、私まで、熱くなってきちゃう…」
・倉島「バ、ババアだ。ババアの仕業じゃ!」
・倉島「でも、これじゃやっぱり藤沢に悪いよな。俺とババアの取引に彼女は関係ないんだし、俺も誰も不幸にしたくないって言ったばかりだし。よし、藤沢には本当のこと言おう。今すぐ言おう」
・藤沢「私、んっ、これからもずっと、倉島の言いなりなんだね…んっ、ふぅん、こんな、エッチなことさせられて…それでも嫌いになれなくて、いろんなことさせられちゃうんだ…もう、最悪……私、あなたには逆らえないから、仕方ないからしてるけど…んっ、こんなの、私はしたくないんだからね。んっ、私は、んちゅ、こんなことして喜ぶような女じゃないんだから、誤解しないでよね…んっ、んっ、ちゅぶ、ずずっ…ね、ねえ…これ、もっと深く咥えた方がいいの?」
・倉島「はい、お願いします」
・場面転換。
・能力のことを知ってて流されてる藤沢はもういいとして、渡辺と三森には、今の状況を何て説明しようか悩む倉島。
・もう自分に2人を引き留める力はない。素直に三股をかけていると告白して、フラれようかと思う。
・さっそく渡辺から。
・渡辺「うん、私、知ってた…」
・バイト上がりに彼女の家に行って告白しようとしたら、いきなり激しく求められ、とりあえず2回ほど済ませてから告白すると、渡辺からは意外な返事が。
・渡辺「でも、私はシュウに文句言える立場じゃないもん。そりゃあ、よりによってあの2人は友達だし、キツいなー、なんて思ったけど、私はそのことでシュウには何も言えないよ。先に二股始めたは私の方だし、少なくともシュウは私のことは気にしないで」
・渡辺「あのね。私、篤とは別れるんだ。あ、シュウは全然悪くないの。自分の気持ちがなくなったし、篤も最近、私といても楽しくなさそうだから。シュウのせいじゃないから気にしないで」
・渡辺「私は、シュウにこれ以上のこと求めたりしないよ。今のまんまでいい。ただのセフレで十分だから、たまにこうして会って欲しいの。もう私には飽きてるかもしれないけど……何でもするから、抱いて?」
・倉島「い、いや、飽きるとかありえないよ。俺ははるかのこと好きだし、それに…はるかは、初めての相手だから特別だと思ってるし…」
・渡辺「……え、ちょっと待って。今、初めてって言った?私としたのが初めてだったの?」
・倉島「言わせんな恥ずかしい///」
・思わぬ童貞ゲットに歓喜する渡辺。彼女のハシャギっぷりに顔を赤くする倉島。
・渡辺「私、やっぱりセフレや〜めた!ちゃんとシュウの彼女を目指す。初めての女なんだから、責任とってあげなきゃね」
・キスの嵐。そして静かになった思ったら、倉島の胸に顔を埋めて一言。
・「…シュ、シュウは、その、後ろの穴って興味ある?そっちなら、わ、私も初めてなんだけど…もし、シュウに興味があるんだったら…その…」
・ボッキで答える倉島。
・渡辺「……準備、してくるね。えと、さ、30分後にお風呂場で、ね?それまでは絶対に来ちゃダメだからね?」
・真っ赤になって出て行く渡辺。見送る倉島。
・待ちきれずに5分後に突入する。
・場面転換
・三森の家にて、三股してることを告白する倉島。
・三森「(倉島の足の指を舐めながら)もちろん知ってますよ。はるちゃんだけでもすごいのに、あの綾音ちんまで恋奴隷にしちゃうとか、さすがご主人様だと思いました。リナの誉れです」
・倉島「なんとなくお前ならそう言ってくれると思ってた」
・三森「でもまたまたライバルが増えてしまったので、リナはますます頑張らなくちゃいけません。ということで、今日はご主人様にプレゼントを用意しました」
・メイド服を着たロシアンロリータ登場。
・三森「お祖父ちゃんのお仕事の都合で、たまにこういう子をお手伝いさんとして預かることがあるんです。だいたい半年くらいかな?何らかのほとぼりみたいのが冷めたころに、彼女たちは別の場所にお勤めに行ってしまうんですけど」
・倉島「おいおい、のんびり語るような話じゃねぇぞ」
・三森「でも、リナはこの子とは友だちになったので、リナがお金を払って身元を引き受けることにしました。そしてご主人様の話をしたら、是非、自分も奴隷になってお手伝いしたいと彼女の方から言ってくれたんです。だから、今日はこの子も抱いていただこうと思いまして。ね、ソフィアちゃん?」
・ソフィアと呼ばれた子、三森にロシア語で話かけられ、涙をポロポロ流しながら頷く。
・倉島「とても是非には見えないんですけど!?」
・だが、なんだかんだで抱いてしまう倉島。ババアを近くに感じたので、ソフィアを自分に惚れさせる。処女を捧げて喘ぐソフィアに満足な倉島と三森。
・倉島「でも、もうこんな力で誰も不幸にしたくないと思ってたのに…」
・煩悶する倉島。だけどやっぱり、渡辺とか三森とか藤沢が大好き。
・倉島「まあいっか!ババア、これからもヨロシク!」
・俺たちの戦いはまだ(ry
・場面転換。
・休日に、藤沢、渡辺、三森と買物。
・学校は前にかけた全校暗示とババアの援助もあって、すでに倉島のものになっている。各クラス女子ランキング上位3名、計54名が倉島ハーレムのメンバーになっているが、トップ3は今もこの3名。
・今日はその3人が買い物に行きたいというから付き合いで参加したのに、なぜか倉島の服ばかり選ぶ彼女たち。
・美容室にまで連れていかれる。会計は全て三森持ち。悪い気がする倉島。
・三森「リナはご主人様の財布ですから、これぐらい全然平気です」
・倉島「でも、もうかなり使ってるだろ…。俺も少しは持ってきてるし、カット代だけでも払うって」
・三森「やですー。奴隷の財布はご主人様の財布です。リナから財布を奪うということはご主人様の財布を奪うということです。つまり、ご主人様がもしも財布を落としたとしたら、怒られるのはリナの方なんですか?」
・倉島「知らねーよ」
・藤沢「要するにね、リナは倉島にいっぱい貢いであげたーいって言いたいわけ。いいじゃん。どうせリナの財布は、このくらいの出費じゃ痛くも痒くもないんだし」
・渡辺「しかもリナがシュウに一番買ってあげたいモノは、綾音にまだ早いって怒られてから我慢してるんだもんね?」
・倉島「俺に?何買おうとしてたわけ?」
・三森「リナはみんなで暮らせるマンションを買いたかったです」
・倉島「じょ、冗談ですよね?」
・藤沢「いや、この子ってば本気なの。不動産屋まで呼んでたから、私も必死で止めたんだよ。ホント、リナんちはすごいよねー」
・倉島「すごいってか…ああいうの、何千万とかするんじゃねーの…?」
・渡辺「ていうか、もう不動産屋が私のとこまで電話かけてきてるんだけど」
・藤沢「なんではるかのとこ?」
・三森「はるちゃんが一番しっかりしてそうだから、管理人お願いしようと思って」
・倉島「マンション丸ごと買うのかよ!?」
・三森「だって、54のメンバーみんなと住むんですよ?」
・倉島「発想のスケールが違った…」
・渡辺「仕方ないよ。リナだもん」
・藤沢「管理人に選ばれなかったのが地味にショック」
・三森「違うの。綾音ちゃんには社長をやってもらうの。将来みんなでご主人様を養っていくための会社。お金はわたしと美香センパイで出すから」
・藤沢「あ、それ面白いかも。それじゃマンションも会社名義にしちゃえばいいよね。何の会社がいいかなー。倉島も考えといてよ?」
・倉島「…これ、冗談ですよね?」
・渡辺「さあ?たぶん、この人たちは本気じゃないかなぁ。ふふっ」
・そんな感じでファッションや髪型を整え、倉島がかっこよくなったと渡辺や三森は大喜び。藤沢は「ふ、ふーん。べ、別に前と全然変わってないけど?」と基本のツン。倉島は自分でもよくわかんない。鏡を見ても浮いてる気がして仕方ない。
・渡辺「本当にかっこいいってば…んっ」
・渡辺にチューされる。三森も対抗意識を燃やして、2人に交互にチューされる。人前で何してんだと怒る藤沢。でも美少女2人と代わる代わるチューしながら街を闊歩とか、リア充すぎて満更でもない倉島。
・その後、次の店でジーンズを試着しようとしたら、藤沢乱入。「ま、また私に変な命令したでしょ?エッチ!」全然身に覚えのない倉島。
・試着室でフェラされる。藤沢「も、もう、本当スケベなんだから。チューばっかりしてるからよ、ヘンタイ!」倉島「え、な、なに?なんで?」藤沢「いいから、ん、静かにしてよ。ちゅぶっ、んっ、もう、ほんとにバカなんだから…」と、自分のジェラシーを倉島のせいにしてぶつける藤沢。倉島、よくわからないまま悶絶。天国へ。
・試着室を出たら、他の2人が疲れた顔してた。「…店の人を近づけないの大変だったんだけど」「綾音ちゃんのスケベ」「ち、違うの、倉島がっ」みたいな。
・その後も4人でイチャイチャしながらデート。ホテルにも行ってしまう。
・みんな恥ずかしがってぎこちない。渡辺のフェラテクとか、三森のドスケベぶりが多少発揮されるも、照れくさくて盛り上がりきれない4人。
・そんなとき、ウサギ飼いの少女を近くに感じる倉島。
・倉島「来たぜ、俺のエンペラータイム!3人まとめてエロエロのぐちょぐちょになーれ!」
・めっちゃくちゃに盛り上がる4人。
・渡辺と三森はイキすぎて失神。体力に余裕を残す藤沢は、二人っきりになったことを確認してデレモードに移行。
・倉島「…ところで、藤沢の母さんって家でどう?どんな感じ?」
・藤沢「あれ以来、全然大人しくなったよ。お母さんが負けたんでしょ?もうあの変な力はないって、お母さん言ってた」
・倉島「んー、いや、負けは負けなんだけど…いいや、何でもない」
・藤沢「おかげで、もうお母さんは怖くないよ。そういえば、ちゃんとお礼言ってなかったよね。……私を助けてくれて、ありがと///」
・倉島「え、いや、別に…」
・藤沢「あれからね、お母さんは家事もするし、ご近所にも迷惑かけないし、私にも何も言わなくなったよ」
・藤沢「ていうか、普通のお母さんになった。家のことして、テレビ観て、お父さんと私と3人でご飯食べて、日中はときどきお昼寝してる。ソファとかで、夢を見て笑ってるんだよ。ふふっ、あのお母さんが」
・たぶんそのとき、彼女は形而上を散歩している。あの河原を、おだやかな顔して歩くウサギ飼いの少女を思い浮かべる。そして、たまに今みたいに俺のところにやってきては、エッチなイタズラしたり、俺のリクエストに応えたりして遊んでるんだろう。と思う倉島。
・藤沢「あ、ひょっとして心配してる?ふふっ、大丈夫だって。今日は女の子だけで買い物って言ったきたから。私たちが付き合ってること、お母さんにはバレてないから安心して。ちゅっ」
・倉島(いや、バレてるけどな。てかお前、四つんばいになってエッチしてるとこ母親に見られてるんだけどな)
・ここまでで第2話終了。
・ていうか、ここで全終了でも良いところ。
・以下、学校編。なくてもいいけど、あった方がいいかもしれない大事な蛇足。

48: 名前:nakami投稿日:2010/12/15(水) 20:52
第3話からは新キャラ登場。ハーレムを楽しみつつ、ハーレムに振り回される日々。

☆渚美香……3年B組1位。3年生1位。総合4位。しっとり系で生粋のお嬢様。おとなしい性格のせいで、倉島へのアピール力の弱さに悩んでいるところを、お嬢様つながりで交流のあった三森に相談する。そして相談相手を誤ったことに気づかないままドMの道へ。のちに三森が勝手に結成するドMユニット『渡り廊下引きずり回され隊』のメンバー、MIKA。

☆宮田花……1年D組1位。1年生1位。総合5位。バカ。「倉島センパイの1番になる!」がマニフェストの元気美少女。そのためなら明るく元気に卑怯な手を使うがバカなのでいつも自爆する。かなりクオリティの高いトラブルメイカーだが、何を言われてもめげないし、汚れ役も平気でこなす根性もあるので、オチに困ったときには重宝される汎用性の高いバカ。男嫌いのドスケベで知られる倉島に、「美少女よりも男に生まれて相方になって欲しかった人材」と言わしめるほど美少女の無駄遣いをしている。

☆北別府ます子……隣のクラスの2位。学年12位。総合32位。見た目セレブだが、実際は中の上くらいの家庭。宮田と同じく藤沢を勝手にライバル視しているが、宮田と同じくまるで相手にされていない。倉島的にも割とどうでもいい存在。せいぜい名前がちょっと面白いかもしれないというぐらい。しかし彼女の子分で小動物系の高坂巫子(クラス順位1位、2年生4位、総合6位)が、あまりにも素直で可愛いマジ天使で困る倉島と藤沢。下克上を薦めても、巫子は北別府を心から尊敬し、彼女の手下というポジを忠実に守り続ける。そういうところがまた健気で可愛くて困る倉島と藤沢。

☆馬淵由乃……倉島クラス第11位。ハーレムランク外。処女。イジメられっ子。掃除道具入れのロッカーの中でよく倉島に性的なイタズラをされている。しかしある日、三森絡みのプレイをきっかけにドSに覚醒。ロッカーの中で倉島が返り討ちに遭うが、みんな見て見ぬふり。イジメかっこわるい。

☆中橋みちる……倉島クラス第6位。ハーレムランク外。倉島によって変な下着マニアにされているが、のちに勃発する倉島パンツ事件の最中においては、ノーパン状態に陥った倉島の窮地を何度か変態下着で救う英雄。だが、倉島的にはあまり救われた気分になれてない。

☆その他いろいろ。

☆ストーリー的には、たまにやってくるウサギ飼いの少女を相棒に異能力を発揮する倉島が、KDJ54H(倉島のことが大好きな女子54名によるハーレム)というアイドルチームを結成し、メンバーとやりたい放題、またはやられ放題しつつ、藤沢がツンツンだったり、渡辺がエロ優しかったり、三森がヘンタイだったり、妹に美味しくいただかれたり、寺田と友情が芽生えたり、新キャラたちに振り回されたり、そして学校でエッチするたびに倉島のパンツがなくなるという怪事件とも戦いながら、文化祭のKDJ54Hステージに向けてドタバタするポップでクレイジーな青春もの全6〜7話くらい。

☆そんな感じで形而上終了です。ありがとうございました。

☆あくまで僕の現段階での構想っていうだけなんで、もしも形而上の続き書いてくれる人がいれば、上のアイディアは縛られず自由に考えていただけると嬉しいです。僕を踏み台にすればいいよ。

49: 名前:河童投稿日:2010/12/16(木) 00:00
ああああああああああああ読みたかったです!!!

でも構想だけでも読めて良かった、あとは日頃鍛えた妄想力を
通常の3倍以上使って話を膨らします!

50: 名前:みゃふ投稿日:2010/12/16(木) 01:47
やばい、構想時点(しかも二話だけ)で物凄い量でぅw
これだけでも充分楽しすぎる。
キリヤが出てるのも面白いし、何より藤沢のツンデレっぷりがやう゛ぁい。

本当に構想だけでも見れて良かったのでぅ。
しかしこの量、書くとなると凄く大変そうでぅw

本当に最後までお疲れ様でしたでよ〜。
またいつか会える日を楽しみにしていますでよ。

51: 名前:カサカ投稿日:2010/12/21(火) 23:59
ちゃんと締めくくりまで概要が解ったのは嬉しい

が、めちゃくちゃ読みてえええええぇぇぇ

52: 名前:ヨキ投稿日:2010/12/29(水) 19:56
素晴らしいの一言です。
ツンデレ藤沢、エロ渡辺・どM三森のほのぼのトークと小市民倉島のボケっぷりがおもしろいですね。
物語の一応の完結を見れてよかったです。

nakamiさん、最後に祝福の言葉をば・・・

リア充爆発しろwwww

では、またお会いできる日を楽しみにしております。

あと、管理人さんに相談なのですが、このプロットをnakamiさんのインデックスに加えられませんか?
掲示板のままだとそのうち埋もれてしまいそうで・・・

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]


管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --