E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]

  ビールス・パニック

01: 名前:ざくそん投稿日:2008/04/22(火) 05:50
ビールス・パニックの感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2008/04/22(火) 12:16
読ませて頂きましたでよ〜。
最近の過疎の中、否、過疎だからこそ頑張っていらっしゃる永慶さんのお姿には頭が下がるのでぅ。

ど、ドジッ娘・・・・エロッ娘・・・・
MC−Aシリーズにはどんなウィルスがあるのか気になるところでぅが、それよりも気になるのはMC−A5の効果とかでぅね。
凶悪な洗脳ウィルス。
MC−A2では三週間で自然消滅してしまうウィルスがA5ではどんな改良を施されているのか、自然消滅がそのままだとしても、その間に施された洗脳や書き換えられた情報はどうなるのか、気になるところは山のようにありますでよ。
これから明かされるであろうこれらのことやエロを楽しみにしていますでよ〜。

MC−A1
MC−A2:ドジッ娘ウィルス?
MC−A3:エロッ娘ウィルス
MC−A4
MC−A5:洗脳ウィルス

A1やA4も若干気になりますでよ。
であ。

03: 名前:Panyan投稿日:2008/04/22(火) 12:59
 読ませて頂きました〜♪
ドジッ娘ビールス・・・実害が無ければ、素直に萌えられそうな症状なのデスが、思考力低下とか、淫乱化とか、いろいろアレな症状がでまくるようで・・・。(汗)
唯一の救いは、若い女性限定というところでしょうか。
ドジ雄くんとか、淫乱老婆とか、想像するだに恐ろしいカモ。(えー)
今回はドジッ娘の症状だけ目だった真弓ちんデスが、次回は潤也君にいいように弄ばれるという展開がきそうで、とても楽しみデス。

04: 名前:著者猫投稿日:2008/04/22(火) 22:42
 早くも新シリーズですね。
 始まったばかりであれこれ言うとあれなので今回は控えておきますが、A3にしろA5にしろ、MC状態の女性が「洟垂れ(はなたれ)」に(近く)なってしまうのが難ですね(笑)。まだまだ改良が必要なようです(笑)。
 次回も楽しみにしております。

05: 名前:パトリシア投稿日:2008/04/22(火) 23:37
おう、新シリーズ。
長い講釈ではそんなに危険な気配はしなかったのに、実質はものすごくやばいですね。
真面目に考えれば考える程、やばいような気がします、これ。

とりあえず、前哨戦はいい感じでした。
次回を楽しみにしています。

06: 名前:boby投稿日:2008/04/24(木) 02:50
ご無沙汰しております。
なんか妄想が限りなく膨らんで今晩は眠れそうにありません
実はこれに似た設定を僕も長年(それこそ少年の頃から)抱えていたのですが
なんか結構難しそうで自分で書くのはほぼ断念していたんですよ。
それをまさか永慶さんが具現化してくださるとわ。もう感動です
ただ僕の場合は自分だけがウィルスに感染しない得意体質だったんですがこちらの設定だと自分以外にもイイ目を見れる奴が大量発生するわけで
最終的にはなんかガツン状態になってしまうのがやや心配...
あ、ひょっとするとA5の開発でそれが解消されるとか...うーむ楽しみだなぁ
もうこうなったらタケト氏に世界征服してもらう位のイキオイで頑張っていただきたい!
出来れば短編ではなくシリーズ化されるコトを祈ってるのですが、どちらにしても楽しみにしてます。
がんばって下さいね〜

07: 名前:ざくそん投稿日:2008/04/28(月) 05:51
下がってたのであげときます〜

08: 名前:みゃふ投稿日:2008/04/28(月) 15:21
第二話読ませて頂きましたでよ〜。

A2の症状ではありますが、消滅後の状態を知れたのはよかったのでぅ。
自然消滅した後全てが元に戻ったら悲しいことになりますからねw

これで三人目。一体どれだけの人数の視点で中継をするつもりなんだろう。
様々な人と様々な事件、そこから編み上げられて形成されていく全ての真相。
楽しみなのでぅ。

今回はエロ分がほとんど無かったのが悲しいところでしたけどw

09: 名前:著者猫投稿日:2008/04/29(火) 09:50
 喫茶店で「ドジってレベルじゃねーぞ!」…と言ってみたかった(汗)。

 次回への「引き」のお話でしたので「H分控え目」ではありましたが、『決して自分に惹かれているわけではない悲しみ』とか『「自分だけが」自由にできるという黒い誘い』とか、今後の展開が楽しみになる要素満載でしたね。
 みゃふさん同様、症状回復後が心配だったのですが、実に「都合のいい」(褒め言葉)ウイルスでよかったです(笑)。

 喫茶店編では「感染者同士の会話が思わぬ方向に向かう」という可能性を示したわけですが、多少強引でもHな方向に向かわせることもできたかな、とちょっと惜しい気もしました。コーヒーぶっかけて「うっかり」舌で拭こうとしたりとか…。

 ではでは、次回も楽しみにしております。

#あ、「様式の便器」はどこ様式の便器だったんでしょうか…じゃなくて、当然「洋式」のことですよね。

10: 名前:永慶投稿日:2008/04/29(火) 22:05
皆様、感想ありがとうございます。
いつも大変励まされております。
このシリーズも、精一杯やらせて頂きますので、よろしくお願いしますです。

>みゃふさん

「過疎だからこそ」ってほどでもないですが、
売り手市場だといいこともあるかも(笑)、なんて考えております。
頑張ってまいりますので、よろしくお願いしますです。

そしてウイルスの消滅後にどうなっているかですが、
これはウイルスに侵されている間を「酒に酔った脳の朦朧状態」に近い状態と
考えて頂ければ、わかりやすいかと思います。
酩酊中は思考能力が落ちたり騙されやすくなったりするかもしれませんが、
その状態から脱却さえすれば、通常の思考に戻ります。
作者としてはそんな理解でおります。

>Panyanさん

ご指摘の通り、現在確認されているウイルスは、
一応若い女性限定の発症になります。今後は、色々違う状況も
出てくるかもしれませんが、作者が書いてて気持ち悪いような状況は
不思議と起こらないのではないかと考えております(笑)。

>著者猫さん

設定を今のうちは色々つつくのを我慢して頂けるとのこと、
大変助かります(笑)。
説明しすぎにはならないようにしつつ、
急いで全体像の解明を進めますので、もう少しのご辛抱でございます。
あとは嵐のように突っ込んで頂いても(笑)、結構でございますです。

>パトリシアさん

すみません、第2話も前哨戦の続きのようで・・・。
早々に本筋に突っ込んでいきますので、よろしくお願い致します。

11: 名前:永慶投稿日:2008/04/29(火) 22:15
>bobyさん

ご無沙汰しておりますです。
ウイルスものは、あれこれ設定を考えるのが楽しいですね。
シリーズ化、してまいりますので、
お気に召しましたら、よろしくお付き合い願います。

>みゃふさん

第2話の感想、素早くお送り頂きまして、感謝です。
エロ・・・、すみません、少なかったですね。
トンデモな話を少しでも皆様の腹に落とすための設定、
ドジッ娘描写、エロシーン。うまくバランスがとれるよう、頑張っていきます。

>著者猫さん

エロシーン。頑張って描ききりたいと思いますので、
ノンビリお待ちいただければ幸いです。
様式・・・、様式美の便器・・・、そんなもんないか(笑)。

12: 名前:Panyan投稿日:2008/04/30(水) 13:48
 読ませて頂きました〜♪
今回はえち分が少ないのがちょっち残念でしたが、代わりにウイルスの感染拡大がイイ感じに出ていて楽しめました。
しかし、女の人が片っ端からお馬鹿さんになっている社会というのは、実は結構コワい気がします。
しかも、自覚症状はあっても、危機感はまったくないという。
さて、次回こそは潤也くんは真弓さんを食べてしまうのか、非常に楽しみデス。

13: 名前:みゃふ投稿日:2008/05/06(火) 01:13
第三話、読ませて頂きましたでよ〜。

一言で言って、真弓ちゃん可愛いw
恋する真弓ちゃんの姿が、恐ろしい程可愛らしくて、みゃふはのっくあうとされてしまいましたでよ。
このまま行けばウィルスが消滅した後には普段はクールで毅然としている彼女が潤也君の前でだけは従順になるという姿が見れるのでぅかね?
それはそれで、凄い楽しみなのでぅ。

ところで、浦辺のおっさんに声を掛けられていた女子大生達が一瞬だけ若返ってますでよ。

> 野外で上半身裸になってしまった二人の女子高生は、浦部のオッサンの前で「気をつけ」の姿勢をとった。

新たな登場人物も現れて、だんだんと混沌としてきたこの世界。
彼等がこれからどういう風に交わっていくのか、この話はどんな風に終わっていくのか。
非常に楽しみでしかたないのでぅ。

次回もたのしみにしていますでよ〜。
であ。

14: 名前:著者猫投稿日:2008/05/06(火) 11:33
>スレンダーな体の彼女は、ショートパンツから出ているほっそりとした両足を、跳ねるように伸ばす。
 えーっと、ここの「ショートパンツ」は「ブルマ」の誤植ですね。

 …いやそーじゃなくて(汗)。
 さて第3話。「報告書その3はどこにいった!?」と、冒頭でちょっと驚いてしまいましたが、「病気のような」らぶらぶっぷりは良かったですね。
 もっともストーリー的にも病状的にも起承転結で言えば「承」に当たるわけで、今後どう展開させるか、ひっくり返すか楽しみにしております。

 ところで、
>コンパの待ち合わせしてたのに、待ち合わせの場所も時間も間違えてたって?
 とあるわけですが、ということは冒頭で潤也が真弓に翌日のプランを言って聞かせても、電話をかける先を間違え(しかも間違えたことにも気づかず)、待ち合わせの駅とは全く違う駅で迷子になっている可能性もあったということなのですが…(笑)。
 やはりちゃんとたどり着けた上に服装もそこそこきちんとしていたのは「愛の力」でしょうか(爆)。

15: 名前:Panyan投稿日:2008/05/09(金) 13:05
 読ませて頂きました〜♪
いろいろな登場人物が、この異常な状況に気付き始めて、しかもそれを利用して。
おにゃのこ達にとっては受難もいいとこなのデスが、基本的にイヤがったりイタがったりするシーンがないので、とても安心して楽しませて頂いてます。
そんな中、潤也君は一番上手く立ち回ってるご様子。
好きなおにゃのこを(強制的に)恋人にして、えっちしまくり。他の男に悪戯されないよう、条件付けも織り込み済み。
どんどんおかしくなっていく世界の中で、この二人がどうなっていくのか、楽しみデス。
周りがえちぃことを無制限にしまくる中で、二人だけがらう゛らう゛っていうのも、シュールで面白そうデス。

16: 名前:みゃふ投稿日:2008/05/12(月) 01:52
第4話読ませて頂きましたでよ〜。

須永婦長の潔さも含めてかっこよさに感動したのでぅ。
須永婦長かっこよすぎなのでぅ。

徐々にヒグチウィルスに気づいていく世界。こっそり出てる諏訪岳人の名前。
かなり風呂敷が拡げられていて、収束させていくのは大変そうだなぁと思ってしまいますでよ。

それはそれとして潤也君ややピンチ。
潤也君はこのピンチをどう切り抜けるのか。


ところでトンズラーはいないのでぅか?

17: 名前:Panyan投稿日:2008/05/12(月) 16:26
 読ませて頂きました〜♪
混乱が広がる状況の中、やっと警察が動き出した模様。でも、頼りなさ気な今日この頃、無事解決する日は来るのでしょうか。
で、圭吾くんは完璧に確信犯な訳デスが、真弓ちんを狙って潤也くんに取り引きを持ちかけてるご様子。うん、素晴らしいほどに外道Da。(えー)
しかし、考えてみたら、今の真弓ちんは一部のヒト以外の誰に何を命じられても、絶対に従わない状況な訳で、
先生「支倉、ここの問題を解いて」
真弓ちん「やですー」
アナウンス「白線の内側まで下がってお待ち下さい」
真弓ちん「やですー」
・・・という状況なのか。あるイミ社会不適合者の道をネコまっしぐら。(ええー)

18: 名前:永慶投稿日:2008/05/13(火) 22:10
皆様、感想ありがとうございます。
とにかく今は、突っ走っておりますです。修正も後からついてくる・・・と。

>みゃふさん、

毎度、素早い感想、ありがとうございます。毎度大変励まされます。
女子大生の件、ありがとうございました。ざくそんさんに直してもらいました。
トンズラーは退官してしまってます(笑)。
このお話、とりあえず行けるところまで行きますので、
しばしお付き合い願いますです。

>著者猫さん

毎度、ご指摘ありがとうございます。
気を抜かないで頑張りますです。
普段はあまり掲示板で本編の補足はしない方がよいかな、とか
考えておりますが、ご質問がありましたので少々。

コンパの場所に辿りつけなかった女子大生たちと違い、
真弓が普通の格好で駅まで歩いてこれたのは、
いつものルーティンだからです。痴呆症などでもあるパターンですが、
新しいことはうまくいかないけれど、いつもの習慣は比較的セーフという
ことですね。あと、電話をかけたのは潤也の方なので、これもセーフ。
などと考えつつ、前進前進で走っております。

19: 名前:永慶投稿日:2008/05/13(火) 22:16
>Panyanさん

ご指摘の通り、今の支倉真弓はほとんど自閉症もしくは天邪鬼ですね(笑)。
なにぶん、茫洋とした一、高校生の潤也がとっさに考え出した
緊急避難的対策ですので、長期的な解決からはほど遠いです。
ただ、潤也はこの間、真弓に学校を休ませて、
自宅と彼の家の往復に同行していますので、
当座のトラブルはやり過ごせているようです。
この後は・・・。さほど間を空けずにその後の展開をご紹介出来るかと思います。
是非とも、おつきあい願いますです。

永慶

20: 名前:みゃふ投稿日:2008/05/19(月) 09:57
読ませて頂きましたでよ〜。
あ、悪の秘密結社ッ!!
何の臆面もなくそんなことを言い切るとはっw

なんて、そんなことより驚いたのはA5は男声にも効果があることでぅ。
A2とかみたく飛沫感染とかするのかはまだ分からないみたいでぅけど。

しかし、諏訪くんが一人でやっている物だと思っていたのでぅが、秘密結社が関わっていたのでぅか。
この秘密結社は世界征服にでも興味があるのでしょうか?

しかし、5話になるのに未だに序盤のような気がしてならないでぅ。
どれだけ長い話になるのか。
楽しいからいいのでぅけれど。
学校の綺麗所の味見も楽しみだったりしますでよ。
であ。

21: 名前:著者猫投稿日:2008/05/19(月) 11:19
>ちゃんと毎日ピルを飲んでおります。
 だめー! 21日飲んだら7日休まないと!

 そういう意味じゃないでしょ、と自己ツッコミしてそれはさておき、圭吾のどす黒い誘いをどうかわすかと思ったら、より黒い方向に誘導するとは。その直前でふっと持ち上げてすとんと奈落に落とす持って行き方はさすがですねぇ。
 後半パートの花火プレイもある意味真っ黒でしたが(笑)、確実に感染を広めるA5と警察当局の攻防戦が今後の見どころとなりそうですね。そして「秘密結社」の存在も。
 では次回も楽しみにしております〜。

#誤植ですが、前回(#4)の「ただし、感染の確立(確率)が最も高いのは、」。

22: 名前:Panyan投稿日:2008/05/20(火) 15:32
 読ませて頂きました〜♪
なんとか危機を脱した潤也くんデスが、なんだかさらなる泥沼に足を踏み入れただけのような気がします。友達は選びましょう。(えー)
そして、とうとう登場したある意味最強の『MC−A5』。
不具合も無く即効性で、男にも有効。近所の奥様も大喜び。(違)
しかし、どんどん登場キャラが増えていってるのデスが、最終的にどう落ち着くのか、楽しみデス。
例えば、潤也くんのお話は周囲の友人関係で終始している訳デスが、これが他の登場人物と絡んでいくのか、真弓とのお話だけで終わらせるのか、などデス。
これでもし、それまで関係なかった登場人物達が、一つの流れに乗って共通の目的の為に共闘する、なんて展開になったりすると、凄く面白そうデス。

23: 名前:永慶投稿日:2008/05/26(月) 00:13
>みゃふさん

毎度、感想ありがとうございます。
秘密結社。出てきてしまいました(笑)。
学校パニック話、書いてみましたので、
どうなったのか、見てやってくださいませ。

>毎日ピル。

まだ始めて1週間なので、ここのところは毎日ですね(笑)。
「確立→確率」はおっしゃる通りでございます。
ただ、わかりやすいので、直しません(笑)。
警察当局との攻防、なるべくエロを減らさないようにしながら、
頑張って書いてみますです。よろしくお願いします。

>Panyanさん

一つの流れに乗って共闘。そうなんです。
パニックものの一つの理想的展開として、考慮してみたんですが、
そうすると20話ぐらいになってしまう・・・(笑)。
おそらく、12話ぐらいで完結させたいと思っております。
それまで、どれだけ風呂敷を広げられるか、連投出来るか、
是非とも見てやって下さいませ。

ではでは。

24: 名前:みゃふ投稿日:2008/05/27(火) 02:07
学校大パニック編。

大パニックの名にふさわしい混乱具合。
その中でうしろめたさで困っている潤也君と永友先生が光っていましたでよ。
いや、ファイアー・アヤノとか、凄いイイのでぅが、みゃふは永友先生を推したいのでぅ。
というか、須永婦長と永友先生には是非とも活躍してもらいたいのでぅ。
まあ、まるっきり見識のない二人とかがどうやって活躍するかは全く思いつかないんでぅけどね。

MC−A2の欠点はドジッ娘ウィルスとの名前の通り、みんなドジッ娘になって、やや抜けたような思考パターンになってしまうところでぅね。
兵器や道具としての使用には向かないけれど、やっぱりキャラ毎に違った楽しみ方をしたいなあと思ったりもしましたでよ。

であ、次回も楽しみにしていますでよ〜。

25: 名前:Panyan投稿日:2008/05/27(火) 17:04
 読ませて頂きました〜♪
とうとう潤也君の通う学校が物凄いコトに。おにゃのこ達が正常な判断が出来ず、あるイミ楽しそうなのが救いデス。
それにしても、今回の胸の感度を上げるあたりは、Panyan的にお気に入りだったりします。
最後の大鬼ゴッコ大会は、実際に目にしたら凄いだろうとは思うのデスが、校庭とか運動場とか、外から見えるところも範囲というのは、結構アレな感じだったりします。
あと、永友先生が『待ちなさいっ!』と叫んでる訳で、声が届く範囲の女生徒は待ったりはしないのかなぁとか考えてしまいました。
とにもかくにも、これで学校が閉鎖となって、学校内の混乱は収まりそうデス。
しかし潤也君は、真弓ちんを犬にして遊ぶとか、さり気にえぐいコだったんだね。(汗)

26: 名前:師走投稿日:2008/05/27(火) 23:44
潤也君人生終了しちゃったか。

27: 名前:著者猫投稿日:2008/05/28(水) 11:23
まさにパニック。集団の暴走の恐ろしさとエロさを堪能させていただきました。

 …が、少々疑問点もなくもなく。Panyanさんの指摘の「待ちなさいっ!」もそうなんですが、

>「君が読んでいた教科書には、何にも変なことなんて載っておらん! ヨーロッパの近代史についての記述があるだけじゃないか。」

 この時点で浅賀先生の教科書に関する暗示は、冒頭の真弓のように解けているような気もしないでも。
 それはさて置き、次回も、そしてどう収拾つけるか楽しみにしております。

#誤植ですが、「潤也が入ると、すぐに鍵をかう。」…大樹は実は女の子の可能性がありますね(笑)。
#あと、ピルのタイプによっては服用開始7日間以内の行為に関しては避妊具を着用した方がよろしいかと(その話はもうええっちゅうねん)。

28: 名前:boby投稿日:2008/05/28(水) 20:47
飛び飛びで申訳ないのですが、ご感想をば
ん〜、まさにパニック。
この祭に乗り遅れてめぼしい女が残ってなかった男はさぞくやしいだろうなぁ。

普段の僕なら犯人に感情移入しちゃって他のヤツがオイシイ目をするのはいただけないトコロなのですが
この作品の場合はみんなが主人公。あっちでもこっちでも自分がオイシイ気になれる至高の一作です。
ただアソコの匂いのキツい順を判定する自信はありませんでしたorz
で、肝心の犯人様が久しく登場しておりませんがこのパニックのおさまる先は果して世界征服か、はたまた逮捕、死亡などのバッドエンドか?
でもそんなコトよりもやっぱり真弓ちんの先行きが気になるbobyでした〜

29: 名前:永慶投稿日:2008/06/01(日) 20:08
>みゃふさん

いつも感想ありがとうございます。
ボロボロとミスはしつつも、このまま振り返らずに疾走しようかと(笑)
思っておりますです。
永友は、またどこかで出てくるかも知れません。
須永はすでに遠く山形なので、ちょっと難しいかもしれませんが。
でも「こんなショボイ展開か」と思われないよう、頑張りますです。

>Panyanさん

あ、「アドレス帳」の時と言い、何となくPanyanさんのツボが
わかってきたかもしれないです(笑)。
今後も、よいシーンあったらお楽しみ下さいませ。
鬼ごっこのところで「待てー」という言葉に反応しないのは、
・・・症状の個人差ですね(笑)。

>師走さん

感想ありがとうございます。
都合のいいことに(!)、学校閉鎖+不祥事の揉み消しの中で、
潤也以下はピンチを免れる方向です。
今後ともお楽しんで頂けたら幸いです。

30: 名前:永慶投稿日:2008/06/01(日) 20:17
>著者猫さん

いつもありがとうございます。
ご指摘どうもです。浅賀の反応・・・。どうも永友哲雄はあまり
話を聞いてもらえませんね(笑)。これも個人差ということで、一つ。
次回はもう少し、ストーリーが進展する予定ですので、
変な展開とかあったら、ご指摘よろしくです。

>bobyさん

あっちこっちで騒動が多発していくのが
ジャンルとしてのMCウイルスものの王道かと思いまして、
この辺は注力してますです(キャラクターの名前を捻り出すのが大変(笑))。
そのあたりを楽しんで頂けると、大変嬉しいです。
次回諏訪は出てきますが、真弓は・・・、もう少々お待ち下さい。

ではでは、ありがとうございますです。

31: 名前:みゃふ投稿日:2008/06/04(水) 10:17
岳人君大活躍。

徐々に迫っていく警察。そして、それを嘲笑うかのように暗躍する諏訪君。
松園さん、葉室さんなどのエロエロ具合がいい感じなのでぅ。

千春女王様や芳野分析官の痴態も見たくなってきたのでぅ。(あったとしても、きっと最後の方になるんだろうけれど)
次回も楽しみなのでぅ。

32: 名前:著者猫投稿日:2008/06/05(木) 11:20
 「あれ、誰がこんな刷り込みやったんだろ」と思ったのですが、読み返してみると時間の経過と共に世間の症状が後期段階に移行している、ということなんですね。
 単純な淫乱化ではなく、中途半端に理性的な行動を取っているのが面白かったですね。
 あと、ここはツッコミポイントか?と思っても即座に潰してくる隙のなさも見せ付けられました(笑)。
 次回も楽しみにしております。

#警察関係には詳しくないですが、逮捕状を取らずに強制的に転院させることって可能なんですかねぇ。入院先の病院で徹底マークするなら可能でしょうけど。

33: 名前:永慶投稿日:2008/06/08(日) 17:57
>みゃふさん

諏訪は久しぶりの登場でしたが、忘れずに出すことが出来ました(笑)。
重野や芳野がどうなるのか、考え中ではございますが、このうち一人は、
犠牲になってしまうと思いますです。
もうしばし、お付き合いをよろしくお願いしますです。

>著者猫さん

どうもです。毎回感想ありがとうございます。
励まされますです。ツッコミポイント潰しは、正直申しまして、
あまり得意ではないです。
どちらかと言うと、辻褄の合わない部分もほったらかしに、
どんどん走っていくつもりの作品でございます。
逮捕状を取らずに強制転院というところですが、これはどちらかというと、
ウイルス感染源への深い関わりが予想される患者だったため、
市民病院が依頼して、警察病院への転院を実現したということになっています
(形式上は)。ま、CIAの尋問とかも取り沙汰されるほどですので、
警察機構もかなり通常の法令順守とは違う取り回しをしているようですね。

ではでは、第8話でお会いしましょう。よろしくお願い致します。

永慶

34: 名前:みゃふ投稿日:2008/06/09(月) 03:07
早速読ませて頂きましたでよ〜。
MC−A5万歳w

いや、あのテレビ番組は最高でしたでよ。
基本的に独占なみゃふにはあんな方向性が思い浮かばないわけで、非常に楽しませて頂きましたでよ。

そして、遂にMC−A4の詳細もでましたね。
変態っ娘ウィルスって・・・・非常に使いにくそうなのはさすが純正亜種でぅね〜。

どんどんA5が広まっていく世間にどんどんA3の症状が進行していく真弓ちん。
芹沢さんにしても潤也君にしても非常にぴんちなのでぅ。
特に潤也君はかなりのぴんち。これからどうやって真弓ちんを確保しておくのか。
きっと後一週間くらいの辛抱だ。真弓ちんを柱に括り付けるなりして監禁でぅっ!
頑張れ潤也くんっ!

35: 名前:Panyan投稿日:2008/06/09(月) 17:46
 読ませて頂きました〜♪
「妻が毎晩、口汚く私を責めるので、妻を従順にさせるウイルスを開発したい」
・・・なんだろうこの頬を流れる熱い液体わ・・・。
今まで、性欲とか、復讐とか、探究心とかが原動力というのはよく見かけるのデスが、今回のこれはあまりにスゴすぎて、もう何も言えません。(血涙)
それはともかく、Panyan的に、アウトレットの店員さんのシーンが好きなのデス。
松園穂花ちんの『友達100人できるかな』も良いのデスが、どうも切羽詰った心境が可哀想で。
アウトレットの店員さんは、行為も最後まで記述されていないのデスが、らう゛らう゛っぷりが良い感じなのデス。
それと、次第に追い詰められていく(まだ危機感はそれほど無い模様)諏訪さんなのデスが、ハンカチだけでウイルスを防ぐという荒業を発動。もしかして、マスクで予防できちゃうのでしょうか。(悩)
そして第8話ですが、真弓ちんがとんでもない状況に。
おばかさん状態から復帰したのかと思えば、今度は超淫獣もぉどに。(えー)
誰でもいいから入れて欲しくなるって自覚があるって事は、最初に潤也が掛けた、自分以外とはしないという暗示より、性欲の方が強くなっているという事でしょうか。
まぁ、アイテムでも満足してくれるようで、最悪の展開にはならなくて良さそうデス。
・・・これでもし、精液が無いと満足できないとかだったら、もうだめだったろうなぁ・・・。(遠い目)

36: 名前:著者猫投稿日:2008/06/10(火) 11:27
 なんというパラダイステレビ(笑)。
 同じネタの中で細かく認識変換と思考操作と肉体操作を使い分ける芸の細かさを堪能させていただきました。

 それにしても木部くんのアドリブの割には、ミキサーさんが妙に曲の準備がいいなぁとか思いました(笑)(特に休憩前)。
 あと、握手で局を掌握していくのも大変な作業だなぁ、と(笑)。感染者から感染者へと鼠算式に増えていくのなら楽ですが、この書き方だと1人1人握手して回ったことになるので…。
 それと冒頭の放送事故。「大写しになる」ということはカメラさんもA5あたりの感染者ということですかねぇ? それとも本能?(笑)

 Panyanさんの指摘もありますが、ハンカチで押さえるよりはマスクしちゃった方が逆に目立たないような気もします(笑)。

 茶化しばかりになってしまいましたが、次回も楽しみにしております〜。

#誤植は「種の拡大の確立がより高い」。まあある意味「確立」するわけですが。

37: 名前:boby投稿日:2008/06/11(水) 18:45
もぉ妄想の宝庫というかなんというか、他の作品とだぶらせないようによくこれだけ思いつくなぁとか感心しちゃいます。
学校編、病院編、オフィス編にTV局編とどれもが最高の出来で、某スランプ野郎みたいに別の作品用に半分ほど残しとこっか、なんて貧乏くさいコトは考える必要がないのですね...
シリアスな捜査側とある意味コミカルなハチャメチャ騒動も違和感なく混合されててホント「巧いなぁ」と尊敬しきりです。
とにかくカオスちっくになってきたこの展開がどう収束していくのか?もうしばらくこの調子で楽しみたいトコロですが、
とーても楽しみにしております。がむばってください〜

PS.今回気になったのが、潤也君状態になった男は果して天国か地獄か?
贅沢な悩みってな気がしないでもないのですが、その状態になったら皆さんはどうでせうか?

38: 名前:永慶投稿日:2008/06/15(日) 20:45
皆様、感想ありがとうございます。
感想、有り無しに関わらず、読んで下さっている皆様に感謝です。

>みゃふさん

みゃふさんに誉められると格別嬉しいですね。
TV番組のシーンは、最初出そうか迷いました。
「別にウイルスの話でなくても、永慶が書いたらこうならない?」って思いまして(笑)。
催眠術ショーでも、魔法使いでも、トーク番組を乗っ取ったら、
多分同じになってしまったでしょう(笑)。
ま、それがバッチリオンエアされているということで、
ウイルスが社会を揺るがす話ということで押し切りました。
真弓と潤也の今後ですが、ご時世がら、「少女監禁」方向には進まないよう、
留意しておりますです。

>Panyanさん

「アウトレットのお姉さん」は、仕事だと思いながら、楽しんでやってるのが
罪がなくてよいですね。個人的にも好きです。
なお、諏訪のMC−A5の取り扱いですが、基本的にこのウイルスは、
空気中の感染はほとんどないです。
揮発性の培養液が蒸発した瞬間だけのものなので、
ハンカチガードでオッケーという設定でございますです(笑)。

39: 名前:永慶投稿日:2008/06/15(日) 20:52
>著者猫さん

毎度どうもです。
このミキサーさんは、バラエティの生番組やラジオの放送の経験もある方なので、
アドリブへの準備もバッチリです。
カメラマンの対応もそうですが、場がグルーブしてくると、
妙に良いものが取れてしまったり、ハプニングがよい方向に繋がっていったり、
するもののようですね(笑)。

>bobyさん

いつもありがとうございます。
「妄想の宝庫」とは大変嬉しいお言葉です。
そういったものを目指して書いていきたいと思っております。
潤也を羨ましがれるかどうか、男性のタイプの別れ道かもしれませんね(笑)。
次回もまた、ちょっと違うタイプの操り野郎が出てきます。
お気に召すかどうかはわかりませんが、おつき合い頂けますと幸いです。

ではでは。

永慶

40: 名前:みゃふ投稿日:2008/06/16(月) 13:59

遂に九話。
読ませて頂きましたでよ〜。

芸能人エロ再び。
肉体操作大好きなみゃふはやや肉体操作気味な高階凛ちゃんがよかったのでぅ。
やっぱり自分の思っている通りに動かない体とそれを感じる心は素晴らしいのでぅ。

重野さんか芳野さんの時もそう言った方向で行ってくれると嬉しいなぁ〜とか言ってみたりw

そう言えば、遂に秘密結社の名前が判明してたじゃないでぅか。
リヴァイアサン。
その名前でぱっと浮かぶのは某RPGの召還魔法だったりするわけでぅけど。

都築さんが見つけた突破口とは何なのか。
そして、愛の逃避行(^^)に走る潤也君と真弓ちんの運命や如何に。

次回も楽しみにしていますでよ〜。
A5良いなぁ・・・・

41: 名前:Panyan投稿日:2008/06/16(月) 17:50
 読ませて頂きました〜♪
真弓ちんと潤也くんの愛の逃避行開始なお話なのデス。
しかし、潤也くんとローターがあれば生きていけるって、なんだか胸に響かない愛の告白デス。いえ、それすらも潤也くんからの暗示が生き残ってるというだけなのでしょうが。
全体のお話としては、都筑さんが活躍するのか、なんとも微妙な気がしてしょうがありません。現時点、対症療法的に手探りで進んでるようで、歯がゆいような。
圭吾くんは・・・まぁ、自業自得という事デ。内心、ざまぁ♪とか思っているPanyanがイル。(えー)

42: 名前:永慶投稿日:2008/06/17(火) 21:31
すみません、このサイトには間接的に関係があるようなのですが、
某所で「はてなid」を教えるとツッコミが入ると聞きまして、
とりあえず「Eikei」というidを取得しました。
これでよいのかな・・・?

43: 名前:著者猫投稿日:2008/06/19(木) 00:06
 確実に進むカタストロフィへのカウントダウン。濃厚なエロ描写の中にも事態が緊迫化してきましたね。まさに毎号クライマックス(笑)。
 今回も認識改変ものだったわけですが、1人だけ肉体操作的なものを盛り込む芸の細かさ。
 まあ何はともあれ、ツムジは人に見せちゃだめですよね(笑)。

 さて今週のツッコミコーナー。まずは
>『首のつながりのところは自然な処理になってるが、桃香にしては貧乳すぎ。ちと体にリアリティがない』
 志村、後ろ後ろ! アイコラにあるまじき背景の『らしくなさ』に気がつかないと。笹沼が部屋から出られないということは背景のバリエーションも乏しいはずだし(もしくはスクリーン?)、逆にアイコラの元ネタとなるはずの写真集がこんなしょぼい背景を使ってるわけはないと気がつかないと。 まあ、笹沼氏がブルーバックに必死に背景を合成したのであれば話は違いますが(おい)。
 あと、機材が一眼レフでもライティングの腕前が未知数なだけに、アイコラというよりは『そっくりさんのハメ撮り』になってるかもですね。それはそれで(以下略)。

 誤植指摘は、「凄く大事な要(用)が」「何の要(用)だっただろうか?」、「性欲の吐け口(捌け口)」。
 それと、高階凛の名前が登場シーンでは「高科凛」となっていて、どっちが正しいか自信が持てません(汗)。
 ついでに誤植ではないですが、「モアモア」という言い回しは…うん、モアモア…モヤモヤとは違う微妙なモアモア感が…。なんかいいかもしれない(笑)。

 では緊迫の次回も楽しみにしております。

#あっ、宝塚歌劇団は実名なんですね(汗)。

44: 名前:永慶投稿日:2008/06/22(日) 18:18
>みゃふさん

こんにちは、なんとか9話まで来てますです(笑)。
ちょっと次の10話がエロ薄目かもしれませんが、
必死こいて書いとりますです。
もう2週間ほどかと思いますので、何とかお付き合い願いますです。

>Panyanさん

潤也と真弓は、なかなかロマンチックな決めシーンにいきつかないですね。
捜査の歯がゆさを、なんとか解決できればと思っておりますが、
悪が栄えないとMCエロが少ない(笑)。頑張りますです。

>著者猫さん

おっ、色々出てきてるみたいですね(笑)。
まぁ、ラブホテルの寝室のようなアイコラは結構ありますので、
そんなものだとご理解下さいませ。
終盤に入ってからの修正は、あんまりやると「謎解き」のズルに
つながりかねないので、7月ぐらいにまとめてやっておきますね。
それではもうしばしの間、お付き合い願いますです。

永慶

45: 名前:みゃふ投稿日:2008/06/24(火) 01:05
待ってましたでよっ!!
遂にドロンジョ様がっ!!
いやー、そこはもう楽しませて頂きましたでよ。
常日頃から肉体操作が大好きだと言っているみゃふは重野さんの肉体操作エロがもっと欲しかったりするのでぅけれど、それでも十分に楽しませて頂きましたでよ。

潤也君達が逃避行をしているうちに芹沢さんがリヴァイアサンの頭を確保。
とはいえ、まだ体が残っているのでそっちの方のMCエロを期待していて良いのでせうか?

諏訪君の活躍に期待でぅな。
あとは須永婦長と永友先生w
次回も楽しみにしていますでよ〜。

46: 名前:運命の輪投稿日:2008/06/24(火) 02:41
永慶さんて、何者?
これが正直な感想です。

でわ

47: 名前:Panyan投稿日:2008/06/24(火) 11:36
 読ませて頂きました〜♪
潤也くんと真弓ちんの逃避行開始。タクシーのおっちゃんは、人情味溢れるエピソードのようで、実は重犯罪と言ってもいいくらいの行動だったりします。まぁ、警官も同罪なのデスが。伝染病の怖さは、その拡散にあるというのに・・・。
と、一般論は置いといて、とうとうリヴァイアサンによる世界征服が始まった訳デスが、もう少し密やかに進めないと、出来て日本征服ぐらいな気が。
もうちょっと、リヴァイアサンには頑張って頂きたいものなのデス。(えー)
しかし、重野さんが『体の一部、酷使』って、やっぱりヤラれまくったってコトでしょうか。(汗) 一刻も早い回復をお祈り致します。

48: 名前:通りすがり投稿日:2008/06/24(火) 22:12
毎週の投稿お疲れ様でございます。

クライマックスが近づくにつれ更新が楽しみな一方で、完結した翌週から
の寂しさを思うと、もっと続いて下さいと思わずにはいられません。
(リヴァイアサンの奴隷として活躍する重野さんも見たかったです)

連続投稿は大変だとは思いますが、次回も楽しみにしています。

49: 名前:著者猫投稿日:2008/06/29(日) 01:53
>「すぐにこのサイトにアクセスしろ。www.leviathan. ○○○○.co.jp」
「…あーすいません、エル、エー、ビー…でしたっけ?」
「違う違う、ビーじゃなくてブイ、ビクトリーのブイ!」
「そうですか。あと最後も、エイチ、エーときて…エム?」
「エムじゃなくてエヌ! エヌだから! あーもう!」

 …1万人もこうやって伝達したのなら、絶対にこういう光景がどこかであったに違いないと思う著者猫です(汗)。

 陥落、そして大逆転とめまぐるしく進みましたね。まさに毎号クライマックス。
 毎度恒例のツッコミポイントを見つけたのですが、かなり野暮な分類に入るので見なかったこととして(汗)、やはり堕ちっぷりが凄かったですね。普段とのあまりのギャップもさることながら、高度な技量と腕力を要求されるリフトを易々とこなさせる刷り込み能力の凄さ…(いやそこは関係ないだろ)。
 ではでは、次回も楽しみにしております。

 余談ですが、今回一番驚いたのは、「本当にハンカチ一枚で身を守れたA5」(笑)。

50: 名前:永慶投稿日:2008/06/29(日) 19:44
>みゃふさん

いつもありがとうございます。
重野の陥落シーン、お気に召して頂けていたら嬉しいです。
リヴァイアサンは頭が取られましたが、諏訪はまだ捕まっておりませんので、
もう一波乱書きたいと思っております。
だんだんエンディングに近づいて来ておりますが、ここで一言お詫びを。
須永前婦長も永友教諭も、事態の進展に絡みませんです(笑)。
これは、少年少女の物語では昨今、あまり格好いい大人が出てこないような
気がしておりまして、パニックものの中で、社会を背負っているちゃんとした大人を
しっかり書きたいなと思った訳です。
事件の展開には深く絡まない端役のキャラクターが、それぞれに、
存在感を持ってちゃんとやるべき仕事をして、子供たちを守っていて欲しいな、
とか思っております。

>運命の輪さん

感想ありがとうございます。
しがない、このジャンルの一ファンですが、お世話になったこのサイトの
更新を止めたくないというだけで、
とりあえず12週間埋められるお話を書いております(笑)。
楽しんで頂けていたらとても嬉しいです。ストーリーは残り僅かですが、
精一杯やりますので、よろしくお願いいたしますです。

>Panyanさん

タクシーのおっちゃん。困ったもんですよね(笑)。
でも社会的な大事件ってやっぱり、人の悪意だけで拡大することって稀で、
人の自然な反応や、時には善意の行動が、さらに事態を大きくしちゃうことが
あると思うのですね。
今回の久保のケースは大問題には発展しないのですが、
パニックの連鎖の要因に成りかねない、困った行動でした。
ただこれを無駄にしないよう、潤也も真弓ももう一踏ん張りすることでしょう。

51: 名前:永慶投稿日:2008/06/29(日) 20:03
>通りすがりさん

ありがとうございます。常連の方々(勿論嬉しいです)以外の方からも
感想を頂けると、また格別な喜びです。
このストーリーが完結してからも、あまり間を空けずに何か書きたいと
思っております。まずは完結まで気合で突進しますので、
もうしばし、お付き合い願いますです。
連続投稿は、平日中に半分ぐらい書き上げる必要があるので、
仕事が忙しい時は確かにキツイですね。
ただ、こういったストーリーものは、更新の間隔が空き過ぎると
読者も作者も記憶を手繰り寄せたりテンションを
上げなおしたりするのが難しかったりもするので、
そういう意味では書き続けた方が楽な面もありますです。

>著者猫さん

そうなんですよね。英語のアドレスは聞き間違いもありうる。
当初はアドレスの聞き違いや、「アドレス」の意味を誤解したお爺さんが
交番に来たりして、そこからバレるという筋も考えたのですが、
「神様のアドレス帳」の展開とカブるので、やめました。
今は「似たアドレスもメインサイトに繋がるように登録されている」ってことに
しています。

この話もあと二話と考えております。
ツッコミポイントだらけ、破れかぶれでもよいので、とにかく大きな風呂敷を、
トンデモなホラ話を目一杯広げてみたいと思っております。
よろしくお願いしますです。


永慶

52: 名前:みゃふ投稿日:2008/06/30(月) 10:59
ついに飛沫感染まで。
凶悪すぎるA6でぅが、無秩序に感染が拡大される辺り、みゃふはあまり好きになれないでぅw
やっぱり、MCは自分で管理出来なくちゃ☆

>須永前婦長も永友教諭も、事態の進展に絡みませんです(笑)。
あ、やっぱりw
まあ、最初から無理だと思いながら言ってみていただけなので問題ないでぅ。

それはそれとして、真弓ちん遂に復活。
症状が沈静化したものの潤也君固定で受け入れちゃうはずだから完全に治ったとは言い難いんでしょうねぇ。
そんな真弓ちんがワクチン開発の鍵を握るとは。
化学関係の話とか、報告書等の難しい話に凄いなあと思わされますでよ。

次回で最終回。
もちろん、次回も楽しみなのでぅよ〜。
であ。


・・・ケニー・ワイズマン氏がガツン特捜部みたいでしたでよw

53: 名前:はにワ投稿日:2008/06/30(月) 23:52
『ビールスパニック』もとうとう最終回ですか……
毎週読ませてもらって楽しかったです(過去形はまだ気が早いかな?

ケニー・ワイズマンさん何やってんすかwwwww

54: 名前:西湖ののた投稿日:2008/07/01(火) 00:08
いや〜おもしろい。ホント、読みごたえあっていつも楽しみに読んでます。
ストーリーもいよいよ佳境。エロを楽しみつつどんなオチになるのかな〜
と期待しております。もう終わりかと思うと寂しい気もしますが。

なんか感想書き込むの遅くなって申し訳ないです。最初から楽しく読ませて
もらってました。ありがとうございます。最終回へ向けて正座して待ってますw

55: 名前:与作投稿日:2008/07/01(火) 00:53
初めて、感想を書きます。

いや、なんか凄え。永慶さんて、こういうの書ける人なのね。
エロ描写も素晴らしいんですが、純粋に警察サスペンスとして見ても白眉なのでは。
ラストのメッセージが発見される下りでは、軽く鳥肌が立ちました。
まさか抹茶でこういう感動に出会えるとは。

なんか、映画版パトレイバーとか思い出しました。
エロ成分を抜いて、潤也君と真弓ちゃんの逃亡パートあたりを増量すればホント映画にできそうな。
次回クライマックスということで、楽しみにしてます。

なんか、真っ当に絆が深まってそうな純也君と真弓ちゃんが素敵ですww

56: 名前:Panyan投稿日:2008/07/01(火) 14:09
 読ませて頂きました〜♪
全てがドクター樋口による壮大な釣りだと明かされるお話。(ちょっち違)
しかし、自分の保身の為に、どれだけのおにゃのこが犠牲になったと思っているのかと、ちょっち苛立ちを隠せない今日この頃。人類の為に、危険な情報は頭の中にしまったままで、死んでしまえー。(えー)
けれど、これで悪化を辿る一連の事件も、解決の兆しが見えてきたと思われます。
事件の解決の鍵となったのは、結局は真弓ちんだったワケなのデスが、どうやら彼女はMC-A2に患ってた期間の記憶があるご様子。
・・・と、いう事は、潤也くんぴーんち。あんな事や、こんな事をして真弓ちん『で』弄んでた事を憶えているという事なのデスね?
しかし、なぜか真弓ちん的には気にしてないご様子。むぅ。

57: 名前:永慶投稿日:2008/07/01(火) 22:50
>Panyanさん

すみません。他に感想頂いた方々よりも先にお返事してしまいますが、
本作ずっと見守って応援頂いたPanyanさんを苛立たせるのが
目的ではないので(笑)、来週説明を追加する予定だった部分を、
もうここで補足しちゃいますね。
僕の説明力の欠如だと思います。すみません。
普通はこういうことはすべきじゃないと思いますが、掲示板で説明追加っす。
一週間ヤな気分でいて頂いては申し訳ないので・・・。

自己保身のために女の子を犠牲にという点ですが、
これは物語の世界では一応、違う行為として起こっているつもりです。
樋口の視点から整理すると、

1.発表が盗用だと言われた。急に相次いで特許関連訴訟で敗訴。
  →仕事がなくなった。ノイローゼと診断を受けた。社会的信用ゼロに。
2.以前の発見に関して、思いがけず製薬会社から研究依頼を受けた。
  →研究の全容は明かされないものの、名誉挽回しようと必死に頑張った。
3.依頼元が怪しい組織と繋がっていて、危険な意図で研究させていると
  わかった →相手組織の規模・全容はわからず。
          告発しようにも自分の社会的信用ゼロ。
          闇組織の監視つき。怪しい行動をすればすぐ消されて、
          その後に危険なウイルスが散布されそう。
         →秘密裏にこの組織を出し抜くため、ワクチン開発開始。
4.依頼を仲介した元弟子が、実は組織側の研究メンバーの中核だった。
  過去の弟子とのやりとりの経緯から、
  そいつが組織以上に邪悪な意図で人類を衰弱死の危機に
  追いやろうとしているとわかった。提供した研究結果を元に、
  既に凶悪なウイルス開発をあとわずかで完了させるということも察知。
  →完全なワクチンの開発は間に合わない。
  →相手組織を駆逐するウイルスを開発しようにも、組織の全容わからず
  →待っていれば元弟子が最も危険なウイルスを開発、散布。

この状況で樋口の選択肢としては、
 a)洗脳ウイルスを持っているのだから、これでもって秘密組織と戦う。
 b)副作用を無くす代わりに汎用性に制約のあるワクチンを開発、散布。
 c)駄目元で昔の仲間に救いを求める。
 d)弱毒化が完全に済んでいないが、「これから開発される」ウイルスに
  対抗出来るワクチンの散布。
 e)別のかたちでメッセージを残す。

ぐらいだったかと思います。
a)は相手組織の全容がわかっていないなか、
(組織の頭が手先を信用していなければ特に)洗脳効果で組織を全て
無力化させられるかは疑問。とすれば、
人類衰弱死ウイルス大暴走のリスクは消せず。
b)の場合は、そもそも人類衰弱死ウイルスのリスクを消し切れない。
最初からワクチンであることがバレるようなものを散布すれば、
組織は樋口を始末した後、ゆっくりと代替ウイルスの開発に切り替えるだけ?
c)はトライしてみたが、芳野の無視(笑)を含めて、黙殺の結果に終わった。
e)北峰が洗った通り、樋口の死後、全ての遺品類は組織がチェック済み。
 唯一チェックをスルーしたのは「ビールス」と表記したメモと、
 A2が代謝遺伝子に残していく、例のメッセージだけ。

で、人類総衰弱死という最悪のシナリオを潰すということを最優先すると、
残った選択肢がd)だったわけですが、これも自分の「錯乱」を
ちゃんと演じないと組織に代替ウイルスを開発させるだけに終わるため、
自殺までしてみせる必要があるという、嫌な案。でも樋口はこれを選択。

っていうのが、樋口側のドラマですね。
血液中にしか説明が残っていないため、
わかりにくいところはご容赦下さい(笑)。

58: 名前:永慶投稿日:2008/07/01(火) 23:23
>みゃふさん

ありがとうございますです。そうですね。自分で思い通りに人々を
操れてこそのMC、という思いもありますです。
とはいえ、しばらくMC−A5の話を書いていて、
「やっぱりこれ、洗脳薬っていう設定でも、あんまり変わらないな。
対象範囲が上手に管理出来すぎちゃうと、
ウイルスものの醍醐味を消しちゃうかも」って思いました。
無秩序に拡大する危険さも、ウイルスものの魅力ですということで一つ(笑)。

「化学関係の話」ですが、ほぼウィキペディアとネット検索で済みました。
時代は便利になりましたです。

>はにワさん

長く、時にエロの薄い話を、毎週読んでいただいていたようで、
誠にありがとうございます。楽しんでもらえてましたら、非常に嬉しいです。
ワイズマン議員はお気に入りです。本当はもう一、二回。
パニックのたびに「今度こそ感染か?→また素だったと判明!」って
記事になってもらいたかったですね。

>西湖ののたさん

毎度ありがとうございますです。
今回は魔法と違って、「トンデモ」であっても科学的な裏付けモドキを
考えるのが、楽しくもあり、悩ましくもあり。色々と設定を捏ねくりまわしました。
もうすぐエンディングですね。お付き合いよろしくお願いしますです。

>与作さん

非常にありがたいメッセージを頂きました。励まされます。
ウイルスというテーマを軽妙にコミカルにだけ料理するのも
勿体ないと思い、捜査のストーリーを若干シリアス目に入れたのですが、
重くなりすぎていないか、心配でした。
(あと、「捜査」と「操作」の変換ミスを訂正するのが大変でした(笑))
そのように仰っていただけると、大変嬉しいです。
最後まで気を抜かずに書ききりたいと思いますので、よろしくお願いしますです。

永慶

59: 名前:Panyan投稿日:2008/07/02(水) 09:53
>>永慶さん

お気を使わせてしまい、申し訳ありません。
Panyanが上で書いた苛立ちは、キャラクターの行為についての苛立ちで、Panyanが時々言う『○○がお気に入りなのデスよー』の逆パターン程度と思って頂ければありがたいデス。
物語として、どうしてもそうキャラを動かさないといけない(お話が成り立たない)という事があるのは、自分の経験からも了解なのデス。
樋口側の視点を記述してもらうとなるほどと思う部分が多いのデスが、その行動の結果起こりうる被害を考えると、えぅーと悩んでしまう今日この頃のPanyanなのデス。(えー)

60: 名前:著者猫投稿日:2008/07/03(木) 10:41
 なんと迷惑なダイイングメッセージ(笑)。まあダイイングメッセージは「こんな回りくどいことせんでも」がお約束ですが。
 もちろん、誰もが予想し得なかったところに伏線を隠していた鮮やかさは賞賛に値しますね。いやはや参りました。もう私書かんでも(以下略)。

 今回のツッコミポイント・疑問点は、次回で解消される可能性があるため指摘はやめておきます。
 しいていうと、今回のA6の「効果」が前回の「裸族デモ扇動」とリンクしやすい情景なだけに、そこがちょっと誤認といいますか読むときに引っかかりを感じたかなぁ、と(前回の伏線が発動したかに見えてそうではない、という意味で)。大したことではないのですが。

 世界規模の混乱に発展したこの事件にどうオチをつけるか、最終回も楽しみにしております。
 ところでヨーグルトは、ちゃんとコンビニで「買って」きたのでしょうか?(笑) 周囲の状況からして拝借した可能性が高いと見ますが、ちゃんと買ったとするとウイルスにも暴徒にも負けない無双な店員さんがいたことに(笑)。

#誤植は「一部、 不自然な複写エラー(不自然な空白が混入しています(笑))」「バサり(←最後のみひらがな)」。

61: 名前:ざくそん投稿日:2008/07/04(金) 02:15
誤植ご指摘感謝です。
修正しておきました〜

62: 名前:nakami投稿日:2008/07/05(土) 23:38
はじめまして。ずっと読ませていただいてました。
まずはおつかれさまでした!
12週連続更新という、なにげに倖田來未と肩を並べる快挙を成し遂げた驚異的な文章力と体力、モチベーションに感服しました。
物語の質の高さも素晴らしい。すごすぎです。
こんな本格的なサスペンスを描きながらもエロもないがしろにしてないあたりが、永慶さんの凄いところだと思います。これだけ大がかりな物語を仕掛けながら、それに振り回されずに1話1話読者サービスに徹するって、どんだけクールな人なんですか。
素晴らしい作品をありがとうございます。本当に面白かったです。
少し休んだら、またすぐ次の作品を書く作業に戻ってください(酷)
おつかれさまでした!

サー・ケニー・ワイズマンに敬礼!

63: 名前:みゃふ投稿日:2008/07/06(日) 01:00
まさかの12週連続更新にして完結。お疲れ様でしたでよ。

しっかりと話を作りつつだったのでエロがみゃふの好みと合わなかったのが悲しかったのでぅが、最後に須永婦長と永友先生の名前が出て来てくれたのでそれだけで充分なのでぅw
こっそりと生きていた諏訪君。MC−B群は今度はMC−A5に近い効力でパニックではなくハーレムとかの話がいいあなぁとか無理を承知で言ってみたりw

今回の話は永慶さんもいつぞやのレスに書いた通り、人の名前を考えるのが非常に面倒で大変だなぁと思いましたでよ。
全部で何人出て来たんだろう・・・・。

本当にお疲れ様でしたでよ。

短編の読み切りで良いのでMC−B群の話も・・・(爆)

64: 名前:ベネ!投稿日:2008/07/07(月) 03:01
読了〜
ども、はじめまして
おもしろかったです。初めはちょっと小難しい感じのエロかな〜とか思ってたらこんなことになるとは…

最後の黒幕っぷりや実は面識があった樋口博士とかがもうツボでツボでw
では、おつかれさまでした〜

65: 名前:著者猫投稿日:2008/07/07(月) 11:31
「あれが最後のウイルスとは思えない。我々人類が同じ過ちを繰り返す限り、第2・第3のウイルスが…」

 と言ってみたかった著者猫です。
 まずは完結お疲れ様でした。来週からの新連載を楽しみにしております(えー)。

 さて最終回。やはり最終回といえば建物は炎上するべきですし、落下した黒幕はどこかで生きているべきですよね!(笑) 王道中の王道のラストを堪能させていただきました。
 ウイルスの特性もあって「世はこともなし」な終わり方を迎えたわけですが、これだけ社会にインパクトを与えた事件ですし「性モラルが若干緩んだ新世界秩序」(飛鳥井さんクラスの女優がテレビドラマですんごい濡れ場を見せるのが普通になっちゃったりとか)という方向性で締めちゃっても面白かったかなぁ…まあ個人的趣味ですので自分でやれってことですね(汗)。
 あと、A2からの回復で心的ダメージは回避されるのは明言されてますが、伝説の『キャメロット!』を初め「その当時の記録」は山ほど残ってる上に、デジタル社会の現代それらはほぼ永久に闇で出回ってしまうわけですが…そこまで考えると対処にはもはやうちの魔法少女を投入する以外に手はないので(笑)、気にしないことにしましょうか。

 序盤で活躍(?)した帝都銀行組のその後も見てみたかった気もしますが(清岡主任がレズビアンかつマゾヒストになってたりして(笑))、些細なことですね。
 では来週からの新連載を…(しつこい)。

 以下余談。とはいえA6の感染力を考えると、アフリカや東南アジアの奥地で「風土病」になったり、ヒトから動物への感染・潜伏を経て再びヒトに戻ってくることも十分考えられたりとか(何年かに1回発生する「奇病」扱いに)…。

66: 名前:著者猫投稿日:2008/07/07(月) 11:42
 あっと、書き忘れました(汗)。
 この後、世界規模の空前のベビーブームが…??(汗)

67: 名前:Panyan投稿日:2008/07/07(月) 18:07
 読ませて頂きました〜♪
まずは、完結お疲れさまなのデス。最後は、一部不穏な描写もありましたが、潤也君と真弓ちんを軸に、綺麗に終わって良かったのデス。
真弓ちんは潤也君と二人っきりの時は、エロエロンな娘さんになってしまいましたが、まぁ幸せそうなので問題は無しという事デ。(えー)
・・・結婚して、子供が出来て、それでもこんなカンジのままだったら、子供的にウザいよなぁ、とか一瞬心配してしまいました。(汗)
しかし、MC−B群・・・完成したら、どんな効果があるのか、非常に楽しみデス。多分、次のお話は別のものになるのでしょうけど。
と、言う訳で、お疲れさまでした〜♪

68: 名前:boby投稿日:2008/07/13(日) 17:19
完結お疲れ様です〜
いやいやいやいや、たぁっぷりと堪能させていただきましたよ〜
もうこれはSSってレベルの物じゃないですねぇ。
ひょっとしたらハリウッドから脚本化の話が来るんじゃないかってくらいの出来じゃないかと。
若干褒め過ぎかもしれませんが(笑
ホントによく練れてるし文も上手いし、エロ濃度はいつもより若干低めでしたがストーリーがそれを補って、
ってよりこれ以上エロを増やしたらシリアスに支障が出るかもしんないので僕的には最高の比率だったんじゃないかと。
マジ尊敬してますですorz

ラストで悪玉がやっぱり生きてたってのは定番なのかもしれませんが、読んだ時にとーっても嬉しかったのは
やはり僕がキホン悪者だから....?
なにより一番”サスガダッ!”と思ったのはDNA配列をメッセージに使ったトリック
意表をつかれただけでなく、ホントこれをパクッた映画か小説が近々出てくるんじゃないだろうかと思う。

あと、個人的には真弓ちんが事件の根幹に関わってくれたのと、純愛ハッピーエンドを迎えてくれたのが嬉しいっす。

僕もこれほどのを一作は残したいなぁとは思うのですが...まだまだ先は長そうだなぁ。
それでは次回作も期待しておりますのでぜひぜひ頑張ってくださいね〜

69: 名前:永慶投稿日:2008/07/13(日) 21:59
皆様、長い話を読んで頂きまして、誠にありがとうございました。
無事完結まで漕ぎ着けることが出来たのも、応援して頂いた方々、
読んでいただいた方々のお陰です。今は旨い酒を呑んでおりますです。

>nakamiさん

貴方のような才能迸る作家さんに誉めてもらえるのは、とても嬉しいです。
一息つけたところでnakamiさんの作品にも感想を書かせて頂こうと思いますが、
「魔術師ダリ」を始め、雰囲気作りと色々織り込める腕力が素晴らしいと思います。
今後ともよろしくお願いいたしますです。

ストーリーとエロはいつも難しい課題ですよね。
今回は、「ちゃんと来週書くから、許してね」と、勢いで突っ走った部分があります。
個人的にはこれまで長編らしきものでも基本は一話完結の連作だったので、
長編らしい長編への初チャレンジだと思って書きました。
色々勉強になりました。 お互い頑張っていきましょう!

>みゃふさん

エロがあわなかったって・・・。そんなこと、言わないの(笑)。
ちゃんと肉体支配の独占シーンだって書きましたでしょ(笑)。
「ウイルス」ってジャンルの王道を考えると、やっぱりパニックになりましたし、
やっぱりサスペンスチックになりました。
またあれこれ、考えますので、その時は変わらぬご愛顧を。

>ベネさん

時に長く、時に小難しい話を、読了頂きまして、ありがとうございます。
エピローグ部分と言うのは、プロローグ以上に、書くのが快感なんだな、
と今回身にしみて感じました。
一話目を書き出す前から、ほぼイメージしていた最終話でしたが、
3ヶ月近くたって、やっと書ける時は、とても嬉しかったです。
この楽しみをベネさん他、皆さんと共有することが出来たとしたら、
とても幸せな作品だったと思います。ありがとうございました。

70: 名前:永慶投稿日:2008/07/13(日) 22:23
>著者猫さん

どうもー。12回連続でツッコミを入れ続けて頂いた貴方も、
立派な共演者です(笑)。目の粗さを勢いで押し切ろうとした作品だったので、
時に目に余るところがあったかもしれませんが、
何はともあれ、最後までお付き合いありがとうございました。
ベビーブームも、性病ブームも、来るなら来いっ!っていう終わりです。
スキャンダラスな動画ファイルの存在も、「Bubuka」の記事のように黙殺して、
面の皮の厚い社会は乗り切っていくのでしょう。
そこが頼もしくもあるような、駄目なような・・・。ういっす。それでよいのでしょう。

>Panyanさん

無事、完結しました。応援、ありがとうございましたー。
困った博士の困ったウイルス騒動話でしたが、
最後は収まるとこに収まりました(でしょうか?)
ちょっと休んだら、また何か、面白い話が出来ないか、考えます。
またよろしくお願いいたしますです。

>bobyさん

激賞頂いてしまいまして、素直に嬉しいです。
お褒めの言葉はストレートに受け取るたちですので、
てらいもなく天まで昇ってしまいますよ(笑)。
「黒と白」シリーズを、テイストを変えつつ大河ドラマとして、
量書いていくことが出来る貴方です。
拙作をはるかに超える作品を書けると思いますよ。
貴方は書きながらリズムを作るタイプだと思います。
お暇が出来た時でよいですので、また僕らを楽しませる企てを見せてください。
ではでは、お互い頑張っていきましょう。

永慶

71: 名前:一読者投稿日:2008/08/13(水) 01:11
誤植です。

>>ビールス・パニック11
>>迷いのない、よい手際だった怪我を負い、憔悴している様子の潤也も、真弓の看護を、何も言わずに任せる。
よい手際だった怪我・・・、意味が通らないので誤植ですよね?

>>ビールス・パニック12
>>掃除の時間が終わったも後でも、
終わった後でも、ですね。

以上です。
永慶さんお疲れ様です。体を休めて充電してください。


みゃふさんみたいに「エロがあわなかった」って言ってみると、
もしかしたら、書いてくれるかもしれない・・・、
認識不可ネタが好みです(笑)
古い感想ですが、ピンク魔法ってMC以外のコスチュームチェンジや変身魔法もあった方が、
ピンクな悪戯に幅ができていいのではと思ったことがありまして。
それを、別な方向に繋げるんですが、
地元がハロウィンで有名で、去年、動物人間の特殊メイクした人の人気が凄くて、
見物客に延々と写真を取られまくっていて「中の人大変だな」と思ったのがきっかけなんですが、

友達とちょっとした仮装でパレードに参加してるつもりが、
気付かないうちに魔法とか特殊メイクで犬娘猫娘兎娘などにされて、
「うわ、犬だ。毛で暑くないですか?」と見物客に言われて、ぽかーーんとしたり、
コンテストで優勝しちゃって、司会のお姉さんとかみ合わない会話したり、
見物客に写真取られまくって、訳わかんなくておろおろしたりとか、
って言う認識不可ネタ希望(笑)

72: 名前:ざくそん投稿日:2008/08/13(水) 07:55
誤植2点、修正しておきました〜

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]


管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --