E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 3 4 [最新レス]

  TEST

01: 名前:ざくそん[MAIL]投稿日:2005/03/07(月) 01:23
TESTの感想をヨロシク♪

116: 名前:abigail(月光蝶)投稿日:2012/02/27(月) 21:36
既に奈津美にはフラグが立っているものと見た・・・クク・・・

117: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/02/27(月) 22:39
どうも、はじめまして、ワタクシ、風狂の振り子という者です〜。
ワタシはこのサイトにたどり着いたのが1年半ほど前で、その時に第1話から読ませて頂きましたです。

個人的にはこのお話、普通の小説みたいな感じで読ませていただいております。
他の作家さんの作品もそうなんですが、すごい面白い話って、エロとか抜きにして、読み物として素直に面白いんですね、もちろん、このお話もそうなのです。
捜査官ものとか刑事ものとかは、小説を読むのもドラマを見るのも好きなのでそのせいもあるとは思いますが。

やっぱり、この手の作品は、人間が洗脳で壊されていき、さらには組織としても崩壊していくのが醍醐味ですね。
オスとして発情した弘美の内面での葛藤のシーンもいいのですが、奈津実を襲った美穂の無機質な感じが、また作品の雰囲気に良く合ってぞくぞくしてしまいます。
感情も表情もなく、裸のままで銃を持って立っている美穂の姿を思い浮かべるだけでワタシの方がやられてしまいそうです(←バカ)。

どうみても嫌な予感しかしないのですが(奈津実視点だと)、それがまたどうなるのか続きが楽しみなのです。

118: 名前:トトロとトロ投稿日:2012/02/28(火) 00:16
もう読めないかとあきらめかけていたのに…
感激の極み!!

119: 名前:Panyan投稿日:2012/02/29(水) 21:13
 読ませて頂きました〜♪
孤軍奮闘する奈津美さんは、けれど絶対絶命の危機という状況に陥って。しかも他の仲間も誰を信じて良いかも判らないという。
萌える・・・違う、燃える展開なのデスる。
ここでヒーロー属性を発揮してセルコン攻略がなるのか、意表をついて瑠璃子ちんの手に落ちて完全調教か・・・どちらも面白そうではありまする。
しかし、今回の弘美と美穂のえちしーんデスが、銃口を入れちゃう所で思わずひぃっ!とかなってしまったのデス。普通の銃には照星(銃口の上についてる照準)があるので、恐ろしい事になりそうでしたので。
ただ、プロい人はわざと削る(早撃ちの際に引っかかるのを避ける為)というから、弘美もそうしていたかもなのデスが。
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

120: 名前:ユキヲ投稿日:2012/03/03(土) 13:48
ご無沙汰しておりました
ユキヲです

>みゃふ さん
感想ありがとうございます
TESTの初出が2005年3月ですからかれこれ
7年もの間、見守って、励ましていただきましたこと
感謝しております。

この先、数十行で終わってしまうお話も含め
最後のエピローグまで間隔をあけずにUPして
まいります(もちろんざくそんさんのおかげなのですが)
拙速な終わり方と若干の誤字脱字はお許しください
もう、1話UPされたあと音信不通で何年も・・ということは
ありませんので、見放さず最後までよろしくお願いします

>abigail(月光蝶) さん
abigail(月光蝶)さんからもお言葉をいただけるなんて光栄です
この先、読み通りになるかどうか
ご期待に添えるかどうか大変不安です
ユキヲのヤツ、さっさと話を終わらせるために
あっさりと書き抜いたな、と思われぬよう
頑張ります・・・が、今までのような
『1話がなっげー』というパワーはありません
1話数十行のときもあることをお許しください

>風狂の振り子 さん
初めまして、風狂の振り子さん
あまりにいいことばかり書いていただくと
顔が真っ赤になってしまいます
TESTは遅筆に遅筆を重ね7年かかってしまっています
最初から読んでいただいたこと感謝しております

また、今のこのサイトを盛り立てていただいている
大事なおひとりとエールをお送りしたい気持ちです
これからも私はROMであることが多いとは
思いますがよろしくお願いします

>トトロとトロ さん
長い間、気にかけていただいていたのですね
本当にありがとうございます
大変うれしいです
これからエンディングまでは、今までのように
行方知れずにならない程度にUPが続いていくと思いますので
期待外れの終わり方になってしまうかもしれませんが
懲りずに読んでいただけたらとてもうれしく思います
長い間、気にかけていただいていてありがとうございます

>Panyan さん
Panyan さん、ご無沙汰しておりました
Panyan さんもTESTの初出からカキコしていただいていた
大切な方のおひとりです。
要所要所に頂けていたアドバイスを胸にとどめ置きつつ
ここまで参りましたが照星は不勉強でした
たしかに、ありますね、痛いでしょうね(汗)
稚拙な場面設定は笑い飛ばして補完して読んでやってください
いつも、ありがとうございます。

≪ユキヲ≫

121: 名前:abigail(月光蝶)投稿日:2012/03/04(日) 00:04
長い感想を書く体力がなくなっていて、こちらこそ申し訳ありませんが・・・
引きが入れば入るほど、堕ちた時の快楽は素晴らしい・・・・

われらは操りの鬼(笑)、MCファンは、良作を決して見捨てない(笑)。

122: 名前:ざくそん投稿日:2012/03/05(月) 15:04
下がってたので上げときます〜

123: 名前:みゃふ投稿日:2012/03/06(火) 02:39
読ませて頂きましたでよ〜。
今回もシリアスすぎて、エロがあっても全然エロく感じないw

どんどん収束していく事態。瑠璃子と祐実の対決は状況的には祐実に分があるけど、心理的には瑠璃子の方に分があるのがなかなか。
やや焦り気味の祐実を美味い具合に落としてくれないかなぁ〜と思いつつ、美味しい所は琥南君に持っていかれるのを期待しているみゃふw
かなり難しそうでぅけどw

次回も楽しみにしていますでよ〜。

124: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/03/06(火) 03:03
どうも〜、読ませていただきました〜!

どこからどう読んでも、裕実陥落→チーム壊滅というルートしかしか見えてこない今回の流れ。
こうなると、今回出てこなかった奈津実の動きが、流れをどういう方向に転ばせるのかですね。
どっちに転ぶのか読めないので実に楽しみなところです。

ただ、今回の話で個人的にインパクトがあったのは、後半の大部分を占める瑠璃子と裕実の対峙シーンです。
腹を探るというか、えぐるような言葉のキャッチボールがもう……。
火花が散りまくってて、オソロシくて楽しませていただきました(←おい)。

て、ん?これではMC&えっちシーンへのコメントがない。
京香さん乱れ損?
いやいや、あのシーンはあのシーンでツボにははまるんですよ。小雪ちゃんの怒りも。
でも、瑠璃子と裕実のキケンな会話が、小説としてホントに面白かったのです。

まだまだ目が離せないシーンが続きますね。
続き、楽しみにしておりますです〜!

125: 名前:Panyan投稿日:2012/03/09(金) 21:22
 読ませて頂きました〜♪
複数の思惑が入り乱れての乱戦の為、えちぃしーん少なめなのがちと寂しいPanyanデス。
ここは好きなキャラである瑠璃子ちんにがんばって欲しいのデスが、奥の手はあるっぽいものの祐実が有利なのは変わらず。最後に出てきた石原が、どういう動きをとるかがキーになりそうデス。
今回はいろいろ特殊装備が活躍してて、名前と機能の結びつきがちょっち良い感じなのデス。非致死性の武器がもっと充実してるかと思いきや、ショックウェーバーさんは破壊されると電撃で反撃するとかステキ仕様なのデス。活躍するところを見たかった。(えー)
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

126: 名前:ユキヲ投稿日:2012/03/11(日) 01:41
>abigail(月光蝶)さま
やさしいお言葉に本当に恐縮しております。
最後まであともう少し。
ご期待に添えない部分がほとんどかもしれませんが
未完のままにはしたくないというキモチでここまできました
どうか、最後までお付き合いいただけると嬉しいです
本当にありがとうございます
励みになります

>みゃふさま
感想頂きありがとうございます
シリアスすぎてエロ少ない・・もしかしたら
こんな調子でしばらく続いてしまいます

以前ほどのエロさがなく、ひたすら物語を
終局へと向けるためのシリアスになってしまっていたら
自分の力の至らない部分です
すみません
なんとかエロ度を上げられるよう努力します


>風狂の振り子さま
今回も感想頂きありがとうございます
みゃふさんのお言葉同様、エロさが少なくて
このままいってしまったら大変すみません
ただただ、お褒めの言葉に先週から赤面しております

>Panyanさま
感想ありがとうございます
不勉強な上に妄想で作り上げた変な武器乱発です
笑い飛ばしてちぐはぐなところはどうか読みとばしを(汗)
武器以上にこれからは話が急展開ならぬ乱回転します
どうか、期待はずれな展開は笑い飛ばしてやってください

Hの増量を考えなくてはいけませんね
これからもよろしくお願いします

ユキヲ

127: 名前:みゃふ投稿日:2012/03/12(月) 15:11
読ませて頂きましたでよ〜。

い、石原さーんっ!?
殺されたり、組織の犬だったり、さらにはレディースワットのトップが仔猫だったりもう色々と吃驚なのでぅ。

あっちでもこっちでも進行していく状況にワクテク感が止まらないのでぅ。
具体的には一時的に元の人格に戻された紀香さんがもう一度堕とされる所とか、準備が出来たって言う瑠璃子(仮)の逆転劇とか。

次回、楽しみにしていますでよ〜。

128: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/03/12(月) 20:49
どうも〜、読ませていただきましたです〜!

どどどどっ、どツボなのですうぅっ!
紀香さんの牝奴隷っぷり、本当にワタシのストライクゾーンにきておりますです。
堕とされた後の状態としてはもう最高にエロくて、どうしようもなく奴隷でいいですねっ。
(↑興奮のあまり言語回路に支障をきたしている)
しかも、これからいったん元に戻して陵辱しようなどとわ……。
ああ、もうこれだけでお腹いっぱいなのです。

と、思わず、階下で展開している緊迫した場面がどうでもいいくらい楽しませていただきました(←こら)。
ええっと次は何でしたっけ?(←おい)
瑠璃子と裕実の決着は?奈津実は?
いろいろなところで次の展開が気になりますが、やはり次回は紀香さんの陵辱シーンに期待させていただきますです。

129: 名前:Panyan投稿日:2012/03/17(土) 18:21
 読ませて頂きました〜♪
最後の方の、紀香さんを弄んだ挙句に意識を取り戻させるあたりの上げ下げが、酷スとか思いながらも

楽しかったのデス。ここまで精神力があると、よくあんな催眠状態に落とせたなぁ、とか思うのデス。
そして、Panyanイチオシな瑠璃子嬢様デスが、すげぇハイスペックなお人なのに、次から次へと危機的

状況に見舞われるのデス。もはや主人公。(えー)
Panyan的には琥南君との対決が好きデスる。
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

130: 名前:ユキヲ投稿日:2012/03/18(日) 00:42
>みゃふさま
ご感想をいただきありがとうございます
いよいよストーリーもエンディングに向かっていくわけですが
ご期待に添えられる結末にはほど遠いかもしれません
話が佳境になる分、さらにHが少なくて・・・
仔猫の結論は今少しお待ちください

>風狂の振り子さま
感想をいただきありがとうございます
少しでもストライクゾーンに触れた部分があって
ご期待に添えられたのならよかったとホッとしております
ただH度はさらに下降気味で次回の凌辱シーンは
おそらく「えっ、これで終わり?」のように淡泊になろうかと・・
すみません、どうかご勘弁を。

>Panyanさま
ご感想いただきありがとうございいます
以前からいろいろな方にお言葉をいただいていますとおり
本当にTESTは主人公が誰なのかはっきりしないつくりに
なってしまいました
これはもう自分の技術的な面だと反省しつつ、今後に
生かしていきたいとも思います(今後があるのかどうか不安ですが)

琥南をごひいきにしていただいており
大変うれしい限りですが、
だんだん脇へ脇へといってしまいましたね
本当にすみません

引き続き、よろしくお願いします。

ユキヲ

131: 名前:ざくそん投稿日:2012/03/19(月) 15:39
下がってたので上げときます〜

132: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/03/19(月) 23:57
どうも〜、読ませていただきました〜!

えっ、これで終わり?……いえ、言ってみただけです(笑)。
実際、前回の感想を書いているときに、「紀香さんの精神力が勝って桐山を張り倒すかも」という展開が頭をよぎったりはしていたのですが。
普通は、その前に相手を傷つけることができないような暗示を仕込むのですが、その代わりに牝奴隷の紀香を深層心理に残しておくというアイデアに、なるほど〜、と思いましたです。
それに、やっぱり階下の展開を放っておくわけにもいかないですしね。

とにかく、今回は勉強させられっぱなしでした。
やはり、もともとが1話完結の短編書きの人間としては、長編での伏線の張り方、謎の残し方と種明かしの仕方、話のヒキ方など、本当に勉強になります。
それを言うと、ここ数週間ほどの間、ユキヲさんとKRTさんの作品を読むことで本当にいい勉強をさせていただいてますが。
ようやく明らかになった『仔猫』の秘密も、確かに意外性を考えると裕実しかいないんですが、ギリギリまで気付きませんでした。
いや、裕実の行動や思考が極端すぎたのにはどこかしら違和感があったのですが、思考があまりに上昇志向の強いマッドサイエンティストっぽい感じで、『仔猫』は別にいるんだろうなと。

そろそろ、終結の気配が近づいてきましたね。
とりあえずは、このあと裕実がどうなるのか?瑠璃子の思惑は?で、奈津実は今どうしているのか?
えっちの多寡は関係なく、続きを楽しみにしておりますです。

133: 名前:abigail(月光蝶)投稿日:2012/03/20(火) 00:17
なんとまあ…
これは驚いた。確かに、全ての伏線が収束に向かいつつあるなあ。

で、セルコン、その実体はショッ…まあ、それはジョークとして、流石にそこまでは気づかなかった。
全てが仕組まれていた、それも遊びか。
実際に人間を支配する能力者を山と抱えた組織にとって、行く所まで行った人間改造は、ショウとゲームでしかないのか。
当事者が真剣になればなるほど…。

長い夢が終わりに近づいているのを感じますね。
行き着くところは、悪夢か淫夢か。

134: 名前:みゃふ投稿日:2012/03/20(火) 04:48
やばい、色んな意味でやばい。
まず、紀香さんのエロ。肉体操作大好きなみゃふには超ストライクでしたでよ。むしろホームランボール?
抵抗しながらも逆らえず従ってしまう状況、意志は嫌がってるのに体は従ってしまう状況。素晴らしすぎる。
しかし、そこが大好きなみゃふは堕ちた後が割とどうでもいいので楽しめるのが一瞬過ぎるというw

そして、まさか、仔猫が祐実さんだったとは・・・全てが茶番とは・・・石原さんとか伊部さんとか・・・色々悲しすぎるのでぅ。
前回で仔猫は紀香さんだと思ってたから凄くびっくりなのでぅ。
セルコンのTESTも終わり、残った人達による後始末がこれから始まるって所でぅね。
まあ、間違いなく無理だろうけど、琥南君が美味しい所を全て持っていくっていう展開来ないかなぁ〜w

次回、楽しみにしていますでよ〜。

135: 名前:ユキヲ投稿日:2012/03/25(日) 06:17
みなさん感想ありがとうございます
ユキヲです

>風狂の振り子さん
感想をいただきありがとうございます
ご期待に添えたかどうか・・・
一気に終話目指しての気持ちが強くて
拙速な感じが自分自身では否めないのが本当のところ
気持ちが「書く」ことに前向きになっている今を大事に
荒くならないよう気をひきしめてまいります

KRTさんのBLACK DESIREと並べて評していただくのは
大変恐縮するところ
自分もBLACK DESIREの展開に
わくわくしつつ、勉強させていただいております

TESTはあと少しで終わりますが頑張りますのでよろしくお願いします

>abigail(月光蝶)さん
感想をいただきありがとうございます
遅筆で間をあけすぎてしまったため
話のつながりが矛盾してやしないかと
実は半ばヒヤヒヤしております

仮面ライダーの各話で必ずと言っていいほど
出てきたアジトでの首領の「声」を連想して
頂けてうれしいです

どうか最後までよろしくお願いします

>みゃふさん
感想をいただきありがとうございます
ストライクゾーンであったこと何よりです
琥南のご期待に添えるかはちょっと
難しいところですが、TESTの結果も出たことですし
あともう少しガンバってみようと思います

136: 名前:Panyan投稿日:2012/03/25(日) 14:42
 読ませて頂きました〜♪
最後の最後で「な、なんだってー!ΩΩ Ω」となったのは素晴らしいさぷらいず。
今回はえち多めで、非常に楽しませて頂いたのデス。
紀香さんが身体だけでなく、心まで支配されてそうで、霧山を見てきゅんとしてる様子が、これからの

変化を期待させるのデス。
・・・ただ、サドっけだけが増幅されてるだけで、霧山をタコ殴りしてきゅんきゅんとかいうオチには

ならないデスよね?(えー)
瑠璃子の洗脳テクも、さすがのAAAなのデス。でも、他人にえちされるシーンが見たいと思うPanyanは

ちょっち歪んでる。琥南君はやくーっ!(えー)
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

137: 名前:ユキヲ投稿日:2012/03/25(日) 20:17
>Panyanさん
感想いただきありがとうございます

>・・・ただ、サドっけだけが増幅されてるだけで、霧山をタコ殴りしてきゅんきゅんとかいうオチには
>ならないデスよね?(えー)

う〜ん、すみません(事前に謝ってしまいます)
すでにざくそんさんにお渡ししております

Panyanさんの読みどおりに安易な方向へ
行ってしまうと思います(ごめんなさい)

いよいよラスト間近です
最後までよろしくお願いします

ユキヲ

138: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/03/27(火) 02:08
どうも〜、読ませていただきました!

のっけからなんですが、前回の感想で霧山を桐山と変換ミスをしておりました、失礼いたしました。
で、その霧山さんなのですが、せっかく暗示を仕込んであったのなら、殴るたびに湧き上がる霧山への愛情に戸惑い、変化する紀香さんの様子をじっくり見たかったなぁ、とか思うワタシはどうしようもないヘンタイなのです。
でも、紀香さんに殴られ続けてたら、きっと霧山は意識が保たなかっただろうなぁ(笑)。
それでも、やっぱり紀香さんの牝奴隷モードはツボにはまっていいのです。

で、本題は裕実の過去の話を交えて、ママ(メドゥーサ)が精神的サディスティックなワルでした、というお話。
過去の描写を絡めると、裕実の性格が改変させられた事実を改めて思い知らされて良かったのです。
本来の性格に戻ってからの裕実に、これまでの記憶を思い出させて壊していくところは、実際かなりツボにはまっていたのですが(←ヘンタイ)。
それだけに、ママと瑠璃子が揉めてる間に、自ら命を絶った時には、「あ……」と数分固まってしまいましたが。

しかし、今回は起承転結でいえば、転のきっかけですね。
なにやら瑠璃子がひと騒動おこしそうな気配がしますが、それが最終局面へどう繋がっていくのか。
続き、楽しみにしております。ラストスパート頑張って下さいませ〜!

139: 名前:みゃふ投稿日:2012/03/27(火) 03:24
わはは〜いw
なんて、最後の展開で喜んでみるみゃふはやっぱり酷い猫でぅw
正直、もうちょっと詳細に記憶が戻ってきている時の心理描写をして欲しいくらいでしたw

紀香さんはえろえろでぅが、やっぱり前回の紀香さんが素晴らしかったので、何とも言えない。
瑠璃子がどう動くのか、奈津実さんはどうなってるのか。
次回を楽しみにしていますでよ〜。

140: 名前:Panyan投稿日:2012/03/28(水) 21:17
 読ませて頂きました〜♪
あ・・・あれ・・・? なんか瑠璃子がまともな人間風味な性格になってる・・・!?
瑠璃子から見てママの楽しみ方が嫌悪の対象だというのは判るのデスが。
そして、祐実が今まで自分がさせられていた行為に耐え切れずに自決。 oh...。
あとは、霧山に完璧に精神を塗り替えられて奴隷化した紀香も、復活の見込みがなさそうな・・・。(汗) レディースワットもオワタ感が凄いのデス。 こうなったら、琥南君と瑠璃子が幸せに結ばれるエンドを迎えるしかっ!!(えー)
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

141: 名前:ユキヲ投稿日:2012/04/01(日) 01:38
ユキヲです

>風狂の振り子さん
いつも感想を頂きありがとうございます
>殴るたびに湧き上がる霧山への愛情に戸惑い、変化する紀香さんの様子
そうですね、そこの心理描写はうまくできずに(というより思いもよらず)
淡白だったとご指摘いただき、振り返っては反省しております
>続き、楽しみにしております。ラストスパート頑張って下さいませ〜!
ありがとうございます。遅々として進まなかった分、間を空けすぎてしまった分
ここで最後のエンディングまで一気に頑張るつもりです
だんだんHも少なくなり、ご期待に添えない終わり方になるかもしれませんが
最後までよろしくお願いします

>みゃふさん
感想をいつもいただきありがとうございます
>正直、もうちょっと詳細に記憶が戻ってきている時の心理描写をして欲しいくらいでした
おしゃるとおりで、あっという間の数行で表現してしまいました
やはり、みなさんのお言葉を頂くことで何が足りなかったのか
どうすればもっとよくなったのかを感想を頂くたびに考える日々です
大変ありがたいと思いつつ、至らなさを反省しています

次回以降は結末も近づき、Hも少なくなり、なんとなく終わらせモード
となりつつありますが最後までよろしくお願いします

>Panyanさん
いつも感想をいただきありがとうございます
琥南の件、補足いたしますと祐実の身柄確保の時は
高校生で登場させましたが、それ以降に何か馬鹿をやって
組織の怒りを買い、コドモにされて封印されてしまっていたのだと誤解釈ください
(本当はしっかり描写すべきなんでしょうが筆が進みませんでした)

>レディースワットもオワタ感が凄いのデス
そうですね、完全にチームとして芯も軸もなくなってしまいました
あとは、エンディングまでにどうオチをつけるかです
琥南の登場へのご希望になかなか十分な落としどころと
字数がたりず消化不良で終わってしまうかもしれません
今のうちに謝っちゃいます
「すみません」
あとエピローグまでもう少しです
最後までよろしくお願いします

ユキヲ

142: 名前:みゃふ投稿日:2012/04/02(月) 14:06
な、なんだってーっ!?

まさか生きてたとは・・・そして、奈津実さんは逆に・・・(T_T)
瑠璃子じゃないけど、ご都合主義っぽく思えてしまったのでぅ。
いや、単にみゃふが人死にとか好きなだけでぅけどw

ママに持った反感がうやむやになった感があるのでぅけど、瑠璃子はここからどうでるのか? 琥南君の出番は?(ない) と続きが気になるのでぅ。
次回も楽しみにしていますでよ〜。

143: 名前:Panyan投稿日:2012/04/02(月) 21:14
 読ませて頂きました〜♪
奈津美(今度こそ)死す。いえ、死亡確認が行われた訳ではありませんので、まだ生きている可能性はあるのデスが。
祐実は助かったようなので一安心なのデスが、瑠璃子が祐実の時ママに対して憤ったのと、死に掛けの奈津美に対する態度が一貫していない気がして、ちょっち不思議なのデス。
しかし、これだけ修羅場が展開されてても、えちぃ事に耽ってる方々もいらっしゃるのは、絵的にはかなりインパクトがあるのデスが、文章だとパンチが弱くなるのが勿体無いところ。物語もクライマックスなので、がっつりえちが入れられないのがまた。
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

144: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/04/02(月) 22:01
どうも〜、読ませていただきましたです〜!

まさに、Panyanさんのおっしゃるとおり、映像化したら、やばいくらいにキケンで、しかもいやらしいシーンだろうなぁ、と思います。
ここは、想像力を働かせてイメージイメージ……。

で、これまたPanyanさんの指摘されたとおり、奈津美も美夜子もまだ死亡確認がなされていないのですね。
前回の裕実のことがあるので、まだなにかあるのでは、と思わず勘ぐってしまいますが。
ふたりとも、もとから相当な重傷だったはずですし、奈津美にいたっては死亡フラグが立ちまくっているのですが、それでももしや、と思ってしまいます。

今回は量的には短いですが、最後のシーンがいかにも破滅的でいいですね。
それまでいやらしく絡み合っていたチーム6のメンバーが、(おそらく肌も露わな姿で)仕込まれていた暗示に従って瑠璃子を守り、奈津美を取り押さえるシーンが、想像すると本当に妖しくて、レディースワットの破局を端的に示していて、洗脳ものの醍醐味だなぁ、と思わせていただきました。
これでいよいよ役者が出揃ったのか、それともまだ何かビックリな人物の登場はあるのか、次回を楽しみにしておりますです〜!

145: 名前:ユキヲ投稿日:2012/04/08(日) 11:17
>みゃふさん
いつも感想ありがとうございます
>ママに持った反感がうやむやになった感があるのでぅけど、瑠璃子はここからどうでるのか? 琥南君の出番は?(ない)
瑠璃子の考えはママ(メデューサ)が同じ「操り」の能力の
持ち主として、操り人形化した相手をどう扱ったか、にあります。
奈津美は誰からも操られていないわけで瑠璃子からすれば「眼中にない」ということになります
以前、芽生えた反感にはぶれはないとご解釈ください

いよいよ、7−7・エピローグとなりますが
感想をいただけるのもあと2回かと・・・
最後まで休みを入れずに頑張ります
ご期待に添えてはいませんが琥南はちらっと登場です

>Panyanさん
いつも感想をお寄せいただきありがとうございます
>瑠璃子が祐実の時ママに対して憤ったのと、死に掛けの奈津美に対する態度が一貫していない
  みゃふさんからも同じご指摘を頂きました。前述のとおり、ママへの憤りは自分が絡めとった「操り人形」と化した人間の取り扱い方に由来しております。
  その意味で、奈津美に対しては「ただの人」的に見ており感情の起伏が激しくならなかったとお考えください。

>文章だとパンチが弱くなるのが勿体無いところ。物語もクライマックスなので、がっつりえちが入れられないのがまた。
 すみません、これからはさらに私では文章表現の力に乏しく、終結を急ぐあまりHと内容のはしょりがあると思われます
 一度はざくそんにTESTの再開時点で順次UPしていただけるよう最終話まで全てお渡ししてしまったものを
 自分勝手にも、みなさんから頂いた感想を励みにして毎回加筆修正を繰り返している状態です。
 あと2話は消化不良の塊になる傾向を少しでも直して、わがままを快くお受けしていただいている
 ざくそんさんに感謝しつつ毎回修正をお願いしています。
 どうか、最後までお付き合いいただきますようよろしくお願いします。

>風狂の振り子さん
いつも感想をいただきありがとうございます
>レディースワットの破局を端的に示していて、洗脳ものの醍醐味だなぁ、と思わせていただきました
レディスワットチーム6の破滅・壊滅と、山場はとうに過ぎた感はありますが以前の霧山の残している言葉どおりに
このチームを壊滅させること、チームをTESTの舞台装置の一つとして使うことが全てではなく
最後にちっちゃくですがオチがあります。

おそらくあと2回、4月中にはTESTもお別れとなりますが
最後までよろしくお願いします

ユキヲ

146: 名前:みゃふ投稿日:2012/04/09(月) 15:21
おお、おおお!!
瑠璃子いや輝美に楔が打ち込まれてる!!
琥南君の出番は厳しいと思ってたので出番が少なくても問題ないでぅけど、瑠璃子が支配されるのは興奮するのでぅ。

次回はいよいよ最終回。
セルコンは益々繁栄し、レディースワットはセルコン御用達の警察組織として再構成されてるのかな?
次回、楽しみにしていますでよ〜。

147: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/04/10(火) 00:23
どうも〜、読ませていただきました〜!

最終回に向けてまっしぐらなのですが、それはそれで、やはりそこはかとなく寂寥感があるというか、このまま終わってしまうのももったいないと感じてしまうといいますか……。
話を長引かせるために、瑠璃子、もう少し頑張って抵抗するんだ!とか思ってみたり(笑)。
でも、打ち込まれた楔を解くためにあがいてあがいて、結局失敗して絶望に打ちひしがれてセルコンの駒として完全に堕ちていく瑠璃子、みたいなので外伝的な話が書けそうなのです。
実際、組織に対して反抗的な態度をとったときに発動する良心回路、その発想も瑠璃子の描写もすごく面白いのです。
……て、それを普通に面白いと思うワタシも相当病気ですが(笑)。

なんとなーく、ラストは完全に堕ちたレディースワットのハーレムエンドか、『美しく華麗で自由にSEXのできる最強のボディガード』にされてしまったレディースワットのメンバーのその後みたいな気配ですが、オチを用意されているようなので、最後まで見守らせていただきたいと思います。
ではでは、次回お待ちしております。

148: 名前:トトロとトロ投稿日:2012/04/10(火) 01:04
(!!!!!!!!!!!!!!!!しまっ・・・た)(c)瑠璃子

まさに今そんな気分です。
紅く咲く〜と連動していたのですね。
輝美というキーワードですべてがつながりました。
というか、それまで気付かなかった自分(−−;

そもそも、この感想板を最初から読んだら、紅く咲く〜の番外編って書いてありましたね。

149: 名前:abigail(月光蝶)投稿日:2012/04/10(火) 21:19
シオマネキ○グ(笑)、つまりショ○カーと(笑)。

幹部が改造されているのは悪の秘密結社の定番として…あの瑠璃子がねえ。
しかし萌える。
瑠璃子の術中に堕ちた場合は愛欲一色っぽいが、良心回路は文字通り「組織のための良い子」になってしまうというのがなんとも。
改造ものも好きだけに・・・。

150: 名前:Panyan投稿日:2012/04/10(火) 22:39
 読ませて頂きました〜♪
今回、瑠璃子がヒドい目にあうお話デスが、Panyan的には瑠璃子がいぢめられるシーンはやっぱりいいなぁと思うのデスる。歪んでるな、Panyan。(えー)
しかし、以前琥南に蟲(に誤認させた音叉)を入れられてたので、瑠璃子は非処女だとすっかり思ってました。ぬぅ。
瑠璃子が『おにいちゃん』の暗示で心に楔を打ち込まれる様子とか、組織の上位者には逆らえなくなってるとことか、とても楽しませて頂いたのデス。
・・・潮招きに調教されるのも見てみたい気がしてしまいまする。(えー)
続き、楽しみにお待ちしてます〜♪

151: 名前:マサト投稿日:2012/04/12(木) 00:22
読ませて頂きました。
TESTは最初から読ませていただいているのですが、
今回はその中でも特に興奮しました。
傍若無人に相手をハメる最初の展開もいいですが、
本当に相手を「ハメる」時のギャップと言ったら……。
最終回が近いというのが残念ですが、続きを楽しみにしてます!

152: 名前:ユキヲ投稿日:2012/04/15(日) 00:12
ユキヲです
>みゃふさま
いつも感想ありがとうございます
>セルコンは益々繁栄し、レディースワットはセルコン御用達の警察組織として再構成されてるのかな?
すでに先を読まれてしまっていますね。行き着く先はもうそこがGOALなのですが、
実はこれだけ長くほったらかしにしておいたためエンディングが幾つも湧き上がっては
泡のように消えるを繰り返しており正直今でもブレています。
自分らしく最後は支離滅裂な未完エンドがお似合いかと・・・(悩)。

>風狂の振り子さま
いつも感想ありがとうございます
>なんとなーく、ラストは完全に堕ちたレディースワットのハーレムエンドか
本当に今回だけは期待を裏切ることなくそちらへのベクトルなのですが
最後は終わらせるための説明文状態になりそうでHなし、オチなしという点で
幻滅させてしまうかもしれません。今のうちに謝ってしまいます、大変すみません。

>トトロとトロ さま
感想を頂きありがとうございます
>紅く咲く〜と連動していたのですね。輝美というキーワードですべてがつながりました
魔法の瞳さんの『紅く咲く白い薔薇』を読んでいただいていたのですね
本当に感謝しております
ここで『紅く〜』の一部のキャラをストーリー的に最後までもってこれたことだけが
自分のなかで少しだけ満足感になろうとしています。『紅く咲く〜』は文字通り未完
エンドとなってしまいました。TESTを最後までよろしくお願いします。

>abigail(月光蝶)さま
感想ありがとうございます。abigail(月光蝶)さまからお言葉をいただけること大変恐縮しております。
>シオマネキ○グ(笑)、つまりショ○カーと(笑)。
どうしても、BG(ブラックゴースト)よりは、自分の中で悪のルーツはショ○カーなのです。
あのアジトの緊張感、『失敗は死だ』という強い掟をもちながら結構「最後のチャンス」を与えてくれる
人情味が大好きでした。セルコンはあくまで『悪』というよりは『自らの快楽のためには手段を選ばぬ究極のアソビを追求する集団』
をイメージしてきましたが、自分の気持ちではやはり「ショ○カー」です

>Panyanさま
いつも感想ありがとうございます
>以前琥南に蟲(に誤認させた音叉)を入れられてたので、瑠璃子は非処女だとすっかり思ってました
痛いところを突かれました。そうなんですよね、気づいてたけどあえて無視したといえばウソになります
ただ、やっぱり瑠璃子が最後に苛められるにはロストバージンが不可欠との思いで書いてしまいました
どうか、大目に見てやってください。

>マサトさま
感想ありがとうございます。最初から読んでいただいている方には感謝の気持ちで一杯です
なにせ、誰が主人公なんだかわからず、登場人物も多く、話がそれるし、休眠するしで読んでいただいて
いた方にはご迷惑のかけどおしでした。なんとかもう一押し、ブレたままですが遅らせることなく最終話に
したいと思っています。
>TESTは最初から読ませていただいているのですが、今回はその中でも特に興奮しました
そう言っていただけるだけで感謝です。

最後は説明調のリードが長く、H少なしで、あれ?終わり?え、おわりかよ、これで。
となりそうですが、精一杯頑張りますので最後までよろしくお願いします。

ユキヲ

153: 名前:みゃふ投稿日:2012/04/16(月) 14:42
完結お疲れ様でぅ。
奈津美、生きてたんだ。とか、弥見子さんとかいろいろとびっくりする展開もあったりでぅ。
人数がいるので各人の近況だけでも凄い量になってますね。

その中で琥南君のシーンが際立って見えたのでぅ。
看護婦のお姉さんも、操られてるのを認識できずにオナッてるナイトホークも、感情を操作されて好きにさせられた輝美も素晴らしかったのでぅ。
でも、そのすぐ後の一号の報告を見る限り、琥南君封印作戦の一環だった模様なのが悲しいところなのでぅ。琥南君にはもっと頑張って貰って、識者会に君臨して欲しいのでぅが。

ANOTHERは周囲の殆どを洗脳されている状況でどれだけがんばれるかっていうので気になる話でぅね。
ライフログの話を含めてナイトホークさんには記憶を管理されてるわけで近いうちにこれはばれると思うんでぅが、どれだけセルコンの手の及んでいない所へと情報を飛ばせるかになる話でぅ。
ここから新たに話が出来そうな気もしますが、絶望からのスタート過ぎてどうしようもない気がするw

今まで楽しませて頂きました。次回作を楽しみにしていますでよ〜。

154: 名前:風狂の振り子投稿日:2012/04/16(月) 23:13
どうも〜、読ませていただきました〜!
まずは完結、お疲れさまでございます〜!

この最終回だけでも、ものすごく楽しませていただきましたよ〜!

いや、琥南くんすげぇ……。
というか、やりたい放題だし、記憶ごと人格をごっそり移すなんて……。
結果だけ見ると奈津美も美夜子も結局肉体自体は死んでないんですよね。
美夜子の体にはメデューサが入ってるし、最終回に来て、なにこの贅沢な精神転移ものみたいな。
しかも、移された先の肉体のもとの人格もちゃんと生きて残ってるっていうのは結構好きなシチュなので。

チームのメンバーと紀香さんについては想像がついていましたが、裕実が石原くんのペットになっているとは予想外でした。
そもそも、石原くんも死んだものと思ってましたし、もともと男の生死は気にしてなかったので(笑)。
なにげに瑠璃子がささやかな抵抗を試みているのもウレシイところなのです。
それにしても潮招きのお婆さん、女子高生に追われて転落死……。

「さよならの向こう側」の方も、結構好きだったりするんですね。
どっちかというと、エンディングというよりかはスタートっぽい話なのですが。
人格や記憶を全てデータに置き換えることができれば、奈津美の中の美夜子の人格の扱い方も含めてこの装置で反撃を開始することができるのか?という感じですが。
でも、仕組みとしては、やってることは脱洗脳というよりかはもとの人格を上から書き込むという名の再洗脳なわけで、そこを突っ込んでいくと奥が深くなりそうな。
結局は、限りなく不利な条件から始まっているわけで、バッドエンドが目に見えてますが。

最後になりますが、感想のコメントがユキヲさんの励みになるように、ユキヲさんのレスに気付かせていただいたものもワタシには結構ありました。
長編を書いている方に心情や意図を吐露していただくのは、自分が書くときに参考にさせていただくところが大きかったです。
ワタシの場合、今は書き急ぎそうになるのを我慢するのに必死で、逆に話がだらけてしまいそうな状態ですが、これからも精進していこうと思います。

では、また新しい作品でお会いできることを楽しみにしてますね。
もちろん、セルコンとレディースワットのさらにその後の話や外伝のような話でも大歓迎です(笑)。
それでは、本当にお疲れさまでした〜!

155: 名前:永慶投稿日:2012/04/17(火) 00:52
ユキヲさん

ご無沙汰してます。永慶です。
大長編TESTの完結おめでとうございます。
話をまとめるために手繰り寄せるのは
広げる時の2倍から3倍力が要ったと思います。
これだけ大掛かりな、随所に見所のあった(随所に寄り道もありえた)話を
まとめ上げたのは本当に見事な仕事でした。お疲れ様です。

エピローグの「さいごに」、小生の名前に触れて頂いたのは恐縮です。
先人のなかに括って頂きましたが、私の記憶が確かなら、
「大人の」と「瞳」とサイトは違いましたが、書き初めはほぼ同時期だったと思います。
長く長編に挑んでこられましたが、今回デビュー作ともリンクするエンディングまで辿り着いた
ユキヲさんの成果を祝福しながら、同期として非常に誇り高く思っています。

風狂の振り子さんも触れておられますが、「人格の複写」という技は催眠小説史でも
特別で重要な催眠術の小説内での拡張だと思いますし、
ここから色々な可能性を秘めていると思います。
結末に近づくにつれてこれが大きくクロースアップされ、感心しながら堪能しました。

と、冷静に分析するようなポーズを取っていますが、個人的には
園美がFORESTのステージで辱められるシーンが今も大好物です。
あとクラッカーが非常に印象的なキャラクターでした。

瑠美子、メデューサ、パンプキン、潮招き、ナイトホーク、琥南、
沢山の魅力的な術師のキャラが絡み合ったコクのあるストーリー。
これからも何回も読み返して、楽しませて頂こうと思っています。
ありがとうございました。

156: 名前:rukusu投稿日:2012/04/17(火) 16:56
どうも、普段はROM専のrukusuという者です。小説完結おめでとうございます
自分は作品を書いたり出来るほどの技量がないため、感想を残す事ぐらいしかできませんが…

最初はよくある正義の味方が最終的には悪を壊滅するという物語だと思ってしまいましたが
読み進めていくうちにそんな単純な物語ではない事に気づかされ
エンディングを迎えてみると最初の予想とは(良い意味で)全く違うものになり驚きました

自分は勧善懲悪というのはあまり好きではないですが
読み始めのころ祐実のあまりの外道さに「いつかしっぺ返しを喰らってほしい」と思っていて
終盤でついにそのしっぺ返しが着たか・・・と思ったら、またも予想を裏切る展開になって
事実上の罰は受けたけれども、胸がすくどころか可哀想とまで思ってしまいました
そこがこの小説の中で一番印象に残ったところです

一番読み返したところは瑠璃子が琥南に落とされてお兄ちゃんモードになったところですが(笑)
また随所に盛り込まれているオマージュネタにはクスッときました

非常に多い登場人物と、それらを取り巻く物語を最後まできちんとつなぎ合わせられたのは凄いとしか言いようがありません
どの人物もそれぞれ個性があり、実際に映像で見ているかのように動きを感じられました
素晴らしい物語を本当にありがとうございました

157: 名前:Panyan投稿日:2012/04/17(火) 20:57
 読ませて頂きました〜♪
多数の登場人物の思惑や能力が絡み合う複雑でえちぃお話の完結、お疲れ様でした。
最後の勝者は、現時点限定で組織や犬さんに見えますが、なんだかんだ言っても女性キャラはみんな偽りの幸せを(強制的に)手に入れ、それなりに幸せな結末な気がしました。
琥南と輝美のカップリングに関してはPanyan的にはとても嬉しいのデスが、最後に輝美のツメが甘いように見えるのがちと残念。琥南は、今後の組織でのサクセックスストーリー(なんか混ざったけど間違ってない)を見たいのデスが、組織も見抜いた上で利用する気デス。簡単にはいかなそうなのがまた面白そう。
また別のお話を、楽しみにお待ちしてます〜♪

158: 名前:ろすた投稿日:2012/04/17(火) 21:55
拝読させていただきました。

「TEST」完結おめでとうございます。

このTESTという物語のなかで一番すきなのは奈津美でした。
周りのみんながセルコンに堕ちていくなかで、一人戦っている姿が
とても好きでした。そして、可哀そうだった・・・。

悪魔堕ちがすきですが、この物語では正義の奈津美が好きでした!

ANOTHER-ENDも読んだら、セルコンつぶしたいですねっ!(ムリ…)
想像しかできませんが、奈津美には幸せになってもらいたいです。

長い間お疲れさまでした。
※脈絡のない感想ですみません。

最後に。。。
ユキヲさんの書いた物語、もっと読みたいです。

159: 名前:トトロとトロ投稿日:2012/04/17(火) 23:59
ついに完結!(>o<)
おつかれさまでした。

やっぱりこの作品が一番好きです(笑)

ボリュームからして、外伝とかもできそうですよね。
かつての「ガツン」とはまた違うかもしれませんが、
いろいろな人で書いてみるのもまた面白いかもしれません(?)

ユキヲさんの次回作、楽しみにしてますm(__)m

160: 名前:かもなんばん投稿日:2012/04/19(木) 01:55
完結おめでとうございます。
足かけ7年とは……すごいです。文字通り大作になりましたね。

僕はずっと、最終的には輝美の個人事情に収束していくのだろうと勝手に思っていたのですが、
そういった局所的な視点に頓着せずストーリーのまとめられていく様子を見て、
なるほどこれは芸風だなと感心する一方、
たんに自分が輝美というキャラクターを好きだったんだなと改めて気づきました。
『紅く咲く白い薔薇』は、今でもたまに読みに行きます。

素敵な作品をありがとうございました。いずれ再びのご来駕を。

161: 名前:ユキヲ投稿日:2012/04/21(土) 01:54
>みゃふさま
長い間、感想をこまめに頂きまして本当にありがとうございます。
>ライフログの話を含めてナイトホークさんには記憶を管理されてるわけで近いうちにこれはばれると思うんでぅが
ライフログは設定上、ホストに記録された奈津美の記憶で奈津美が存在する時に、ヒーリングと称して眠らせた本当の脳内のログを取り出しているのでナイトホークは気づかない
定期的に検診・ヒーリングと称してログを収集して、ホストに存在する奈津美に事実把握だけがアペンドされ、いづれ本来の脳内にホストにだけ存在する純然たる奈津美が戻れる日を信じてる
・・そのような設定で、ログ収集に全てをかけてレディスワットの起死回生を望んで耐えているというシチュエーションでした
本当は奈那の状態描写もヒーリングの処置ではなく、やはりログ解析、他のチームメイトも実は検診と称して個々のログ収集だった・・と設定しつつ書き残してしまいました。
やはり、納得ずくでいるのは奈津美ひとりだけで戦いが続いているとしました。

>風狂の振り子さま
最後の感想をありがとうございます
>ワタシの場合、今は書き急ぎそうになるのを我慢するのに必死で、逆に話がだらけてしまいそうな状態ですが、これからも精進していこうと・・
我慢しているということは、いろいろなアイデアや皆に伝えたいことがいっぱいあるのだと推察いたします
降っては湧いて、広がっていくアイデアはきっと後々、別のシチュエーションの役に立つと思います。
少しでも思いついたらメモメモ、それから皆さんが感想や今後の展開の期待でいただけるお話にも
自分の思いもよらぬ展開をいただけることが多々ありました。是非、長くながく続けてください。
今までの感想は本当に私の宝物です。ご活躍をお祈りしております

>永慶さま
憧れの永慶さま、最後の最後にお言葉をいただけて本当に嬉しいです。
同期といっていただくには大変恐縮してしまいます。本当にびーろくさんや
おくとぱすさん、お名前を書ききれない多くの方々と同様、私の目標でありました。
一線を退かれる際の「永慶的MC小説論」は大切にとってありますが、「TEST」を
取り上げていただいていたのがどれだけ嬉しかったか(泣)。
今回、メッセージをお寄せいただき本当にありがとうございます。
機会と気持ちの充電ができたら新たな気持ちで・・とも思っています
このままROMメンバーになってしまうかっもしれませんが・・・。
今回、この掲示板でお会いできて光栄でした。お声をかけてくださりありがとうございます

>rukusuさま
感想を頂きまして本当にありがとうございます
最後までお読みいただいて大変感謝しております。
登場人物が多くて、主人公不明確で、話がそれて、次回まで間が開きすぎの
「TEST」でしたがrukusuさんのように感想を寄せていただくことが何よりの励みでしたし
最終回に書き込みをしてくださったこと感謝しております
十分ご満足していただけたかはあまり自信がありませんが、楽しんでいただけたら
それだけでも嬉しく思います。これを機会に他の皆さんの作品にも感想を寄せてあげてください
それだけでも感想を頂いた方は「よし!次もがんばるぞ!」という気持ちが湧いてくるものです
今までありがとうございました

>Panyanさま
最後の最後まで感想ありがとうございます
>最後に輝美のツメが甘いように見えるのがちと残念
大変すみません、最後の方は本当に完結させたいという一念から気持ちが急いてしまいました
おっしゃるとおり、輝美(SNOW=瑠璃子)のことをもう少し丁寧に書けたらよかったなと思います
ただ、ハンターとして活躍開始か琥南に取り込まれたかぼやけてしまったのは
最後まで彼女の完結時の立ち位置が明確にイメージできず、最後までブレてました
しっかり、見抜かれてしまいましたね、ご期待に沿えずすみません。
気持ちでは充電(実際は放電)のつもり、次の機会がありましたらまたよろしくお願いします
長い間、とても感想を励みにさせていただきました
ありがとうございます
引き続き、このサイトの優しいご意見番として感想を寄せてください
皆、とても励みになると思います。
いままで、本当にお世話になりました

>ろすたさま
感想ありがとうございます
>TESTという物語のなかで一番すきなのは奈津美・・
自分の作り出したキャラを好きだといっていただけるのは
本当に嬉しいです。結末は、いずれでも悲しいENDでしたが
起死回生の可能性があるとすれば、彼女にと思ってのライフログ=システムです
あれ、思いついたのまだ先週なんですよ、たまたまニュースで「ライフログ」なることに
はまっている人たちがいるとの映像をみて思いついたものです。
「彼女が死んで、私の一部も死んだ」・・・はロッキー4からですが・・。
最後の最後にお褒めとご期待のお言葉、大変嬉しいです。
いつかまた、戻ってこれたら・・・と思います。
本当にお心遣いいただき、ありがとうございます。

>トトロとトロさま
最後まで感想を頂きありがとうございます。
外伝・次回作、お約束は今までの過去の遅筆状況を見ていただければ
期待しないで気長に待とう・・程度で気持ちを残していただければと思います。
今は、風狂の振り子さんなど、このサイトの第何世代かはたshかではありませんが
しっかりと元気な作家さんが寄稿されております。
これからの方たちにどんどん頑張っていただければと思います。
ROMではこのサイトの住人であり続けたいと思っています。
今までありがとうございました。

>かもなんばんさま
最後の最後にご感想頂きありがとうございます
足掛け7年もずる休みばかりでした。
>『紅く咲く白い薔薇』は、今でもたまに読みに行きます
本当に、ルーツは『紅く咲く・・・』ですから、呼んでいただいているなんて
大変感謝しております(未完のままですみません)
あの中に、輝美もメデューサも出てきていますから。
アルテミスは実は、祐実の構想の原型なんです。
あの物語では匂わすシーンはどこにもないのですが、
操っているのに、実は操られているという設定で作っていたものです。
そして『紅く咲く〜』を今でも呼んでいただいているお礼に一言
あのタイトルは以前再放送で見た『カリメロ』で出てくる
カリメロが病気の家族(もしくはプリメラ)を助けるために必要になる
薬草が「紅く咲く白い薔薇」というフレーズのものでした。
「可愛いラウラ」というフレーズと合わせてある1話に収められた
フレーズが脳裏から離れずに使ったモノなんですよ。
以上、タイトルのネタ晴らしでした。
輝美というキャラに好感を持ってお話を読んでいただき
本当に嬉しく思います、今までありがとうございました。

さいごに・・
TESTをお読みいただいた方々に心からお礼申し上げます
本当にありがとうございました
いつかまた、このサイトでお会いできたらと思います
ユキヲ

162: 名前:abigail(月光蝶)投稿日:2012/04/21(土) 12:57
出遅れましたが、完結おめでとうございます。

…しかして、7年間。
じつに長かった・・・・・時間的にもですが、物語自体も長大なものとなりました。
楽しみな話が途中で消えた例も少なくなく、長編とて魅力が息切れする例も少なくないなか、見事にENDを迎えたと思います。

・・・私は、瑠璃子はミイラ取りがミイラになったに一票。
セルコンという組織が肉体を乗り換えながら人間社会をたゆたっている欲望の幽霊たちの集団とすると、
「生きること…ゲーム
 死ぬこと…ゲーム
 人生、すなわちこれゲーム」(by 武田翔丸 のような風情も漂います。
「翔丸」は相手を心理の陥穽にハメ、洗脳するという特殊能力(高い知性の産物)の持ち主でした)

さて、「セルコン」の存在する世界で、この先「TEST」の登場人物にどんな人生が待っているのか。
瑠璃子も気がつくと何世紀も長生して、宇宙時代の魔女になっていたりしてね(笑)。

「私の名は宇宙海賊キャプテン・スノウ。お前たちを全員洗脳し、その資産と頭脳と肉体を組織捧げさせる。抵抗は無意味だ。」
・・・とか言うと雰囲気に合わないか。

楽しゅうございました(笑)。
で、エロかった(笑)。

いつか、再び(・・)ノシ

163: 名前:ユキヲ投稿日:2012/04/22(日) 14:34
>abigail(月光蝶)さま
最後まで感想をお寄せいただき、また今までざくそんさんともども
サイトでのお世話になり大変感謝しております。心よりお礼申し上げます。

>・・・私は、瑠璃子はミイラ取りがミイラになったに一票。
セルコンという組織が肉体を乗り換えながら人間社会をたゆたっている欲望の幽霊たちの集団とすると、
「生きること…ゲーム
 死ぬこと…ゲーム
 人生、すなわちこれゲーム」(by 武田翔丸 のような風情も漂います。

そうですね、瑠璃子の『おとしどころ』は最後の最後まで悩んだところです。
組織が堅い結束をもって運営されていくためには、悪であればあるほど
「変わりやすい心を信頼する」などということでは、あまっちょろく、不可能であり、
たとえ、ハンターやブリーダーであろうとも組織の「楔」で結束するところ
・・とまではまとめたのですが、それでも自由奔放であって欲しい瑠璃子と琥南については
「組織での成り上がり(琥南)による組織の横取り」と
「組織への反抗・脱出による自由の獲得(瑠璃子)」
の2パターンの不穏分子が組織に残ったことを明確にしたかったのですが
残念にもうまく筆が進まず、おっしゃるとおり瑠璃子は限りなく琥南に
取り込まれています。ハンターとしての初仕事なのに。

ただ、瑠璃子の組織からの解放を琥南の顔をキーにした自分を支配する
全ての暗示の解除キーを事前に知っていた組織は、それがすでに無駄であることを
瑠璃子に思い知らせた、そして『琥南封印作戦』をやらせる以上、瑠璃子を組織の
支配下で琥南の支配をいずれ解除し、その憎悪を琥南封印に向けさせる――
といったところで補完していただくというのはいかがでしょうか。

>楽しゅうございました(笑)。
>で、エロかった(笑)。
>いつか、再び(・・)ノシ

あたたかいお心遣いと、お褒めの言葉を
さらにこれからの励みにしていきます。
これより充電(漏れて放電かも)期間に入らせていただきます。
さらに他の皆さんの作品に触れて筆を磨くことは怠らずに。
しばし、お別れですがROMとしてこのサイトを引き続き楽しませていただきます。

ユキヲ

164: 名前:ささぶね2号投稿日:2012/08/06(月) 22:55
本当に超おもしろかったです!!卒論そっちのけでめっちゃ読み入りました!瑠璃子さん大好き!!
素敵な作品をありがとうございました!!

165: 名前:ユキヲ投稿日:2012/08/16(木) 23:09
ささぶね2号さま

ユキヲです。お返事が遅れてすみません
卒論の時間を割いてまでのご一読、ありがとうございました
そこここの誤字脱字を修正しないまま放置している恥ずかしい限りの
状態にも関わらず、ご感想を頂けて大変嬉しいです。
暑い日が続きますが、卒論頑張ってくださいね

ユキヲ

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数50でのページ 1 2 3 4 [最新レス]


管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --