E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

感想専用掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 3 [最新レス]

  サグラダ・ファミリア

101: 名前:名無し投稿日:2013/01/14(月) 14:29
今回も面白かったです
話が盛り上がってきましたねー、続きを楽しみに待ってます。

102: 名前:MC愛好家投稿日:2013/01/14(月) 17:23
もうサクラダファミリアを見るためだけに毎日このサイト巡回しておりますよ
今回の話も台詞まわしがエロくてまだ明るいのにムラムラしまくってしまいましたよ
催眠の良さを改めて再確認できましたよフフフ
次回もこれぐらい早い更新だと嬉しいですのう(切実)

103: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/01/14(月) 22:11
感想ありがとうございます〜

>みゃふさん

4年ぶりですね〜いや〜お互い年は取りたく(ry

すみません、日ごろの行いが悪いといかんですね…。
昨年のうちに投稿するのが本当は目標だったのですが、順調に遅れて、少し遅い七草粥のようなタイミングになってしまいました。

>ほんと、導入シーンや過程が素晴らしいでぅ。
>弥生さんとの本番にテンションが上がったら、みちるさんへの報復にさらにテンションが跳ね上がりましたでよ。
>天才美少女催眠術師優華さんの活躍っぷりが素晴らしかったのでぅ。

今回は1話でのMC&エロシーンとしては滅多にないテキスト量になってます。
弥生&みちるコンビは、もっとさくっと終わらせるつもりだったのですが、思いのほかねちっこくなってしまいました。

>ちょっと垣間見えた祥平君の闇とかが解放される日が来るのか?
>続きが楽しみで仕方ないのでぅ。

今回は少し寄り道気味だったのですが、次からが最終章になると思います。
これを書きたくて8年前に一念発起してここまで書いてきたので、がんばりますです。

>唯さんまだ〜?
そこは、次回をご覧じろ、ということで…

それでは、次は東京五輪(?)で〜

>名無しさん
感想ありがとうございます〜

>今回も面白かったです
>話が盛り上がってきましたねー、続きを楽しみに待ってます。

はい〜引き続きご愛顧よろしくおねがいいたします〜

>MC愛好家さん
感想ありがとうございます〜

>もうサクラダファミリアを見るためだけに毎日このサイト巡回しておりますよ
>今回の話も台詞まわしがエロくてまだ明るいのにムラムラしまくってしまいましたよ

このサイトは基本日曜深夜〜月曜更新なんで、毎日巡回されてもたぶん更新はないと思います……
それはさておき、エロい、といっていただけるのは大変ありがたいことです。
どうか、読む場所と周囲の視線にはお気をつけて。

>催眠の良さを改めて再確認できましたよフフフ
>次回もこれぐらい早い更新だと嬉しいですのう(切実)

水星の公転周期はだいたい1/4年とのことですので、水星で次の五輪が開かれるまでにはなんとかしようと思います。

ではまたいずれ。

104: 名前:風狂の振り子投稿日:2013/01/15(火) 00:58
どうも〜、4年ぶりの続き、お待ちしておりました〜!
……て、もうええっちゅうねん。
人のボケに乗っかるのもいい加減にしないと……。

でも、みゃふさんと同じく、ワタシもこんなに早く続きが読めるとは思っていなかったので驚きつつも幸せな気分です。
年の暮れに永慶さんの作品を読めて、年の初めに邯鄲夢さんの作品を読めて、なんかすごく贅沢な感じで今年はいい年を迎えられそうです。

それにしても怖い……みちるちゃんの嫉妬。
それになんか本末転倒な気も……そんなに体操部のキャプテンが嫌なのでしょうか……。
まあ、嫉妬とは言っても同じ男を巡っての嫉妬じゃなくて、みちるちゃんは弥生さんが好きなんですからねぇ……。
そんなみちるちゃんの気持ちはよくわかるし、途中まではみちるちゃんに同情してたんですが、さすがにあまりの破れかぶれぶりに、「おいっ!」とつっこみのひとつも入れそうになりましたが(笑)。

そして、祥平くんのじっくりとかける催眠術シーンがいいですね。
ヒトミちゃんにかけながら、同時に弥生さんにもというのに思わず唸ってしまいましたです。
そして、相変わらずの優華さんの瞬殺催眠術の切れ味はさすがとしか言いようがないです。
それがまた、祥平くんの催眠術といいコントラストになっていて……。
で、その後みちるちゃんの身に起きたことは因果応報と言うしか(笑)。

後始末とか言いながら、そのまま一緒にお風呂に入っている祥平くんが微笑ましかったり、後始末のドタバタ劇をさっくりと流すところが心憎くもあります。
まあ、どのみちそのままほっとけはおけませんしね。

でも、これでちょっと場面が一区切りして、ストーリー的にも祥平くんの心理の面でも新たな展開が来そうな気配。
そしてこれは新たな展開の準備のための時間を作者が必要としていることの伏線なのでありましょうか(笑)。
……ええっと、東京五輪っていつでしたっけ?(←おい)。
ともあれ、次回から最終章ということですので、どのような展開になるのかお待ちしておりますね〜。

105: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/01/20(日) 20:43
>風狂の振り子さん

>どうも〜、4年ぶりの続き、お待ちしておりました〜!

お久しぶりです〜年をとったせいか月日が過ぎるのが早いですねえ……もうあれから4年ですかぁ……

>年の暮れに永慶さんの作品を読めて、年の初めに邯鄲夢さんの作品を読めて、なんかすごく贅沢な感じで今年はいい年を迎えられそうです。

永慶さんと並んで評価していただけるとは光栄です。

>それにしても怖い……みちるちゃんの嫉妬。
>それになんか本末転倒な気も……そんなに体操部のキャプテンが嫌なのでしょうか……。
>まあ、嫉妬とは言っても同じ男を巡っての嫉妬じゃなくて、みちるちゃんは弥生さんが好きなんですからねぇ……。
>そんなみちるちゃんの気持ちはよくわかるし、途中まではみちるちゃんに同情してたんですが、さすがにあまりの破れかぶれぶりに、「おいっ!」とつっこみのひとつも入れそうになりましたが(笑)。

振り子さんの突込みは、実は鋭いところを突いています。
もちろん、みちるの弥生への愛情があまりに強くて裏返った、というのがひとつの説明ですが、それでも、普通は、なかなか理解しがたいですよね、いくら嫉妬心が煽られたからといっても。

なぜ、そんな普通ではありえないようなことを、みちるはしてしまったのか?という原因は、次か次次話あたりで、判明してくるかと思います。

>そして、祥平くんのじっくりとかける催眠術シーンがいいですね。
>ヒトミちゃんにかけながら、同時に弥生さんにもというのに思わず唸ってしまいましたです。

ここは祥平が、結果的には策士策におぼれてしまったところですね。素直にヒトミだけにしておけば、そもそもこんな結末にはならなかったわけですが・・・。

>そして、相変わらずの優華さんの瞬殺催眠術の切れ味はさすがとしか言いようがないです。
>それがまた、祥平くんの催眠術といいコントラストになっていて……。
>で、その後みちるちゃんの身に起きたことは因果応報と言うしか(笑)。

今回は弥生とみちるへの催眠とエロの展開をまったく逆パターンにしてみましたので、コントラストに注目してもらえるのはうれしいです。

>でも、これでちょっと場面が一区切りして、ストーリー的にも祥平くんの心理の面でも新たな展開が来そうな気配。
>そしてこれは新たな展開の準備のための時間を作者が必要としていることの伏線なのでありましょうか(笑)。

それはないです。もう構想は固まっていて、エンディングまでストーリーはほぼ電車道なので……。ただ、執筆の時間は必要です。

>ともあれ、次回から最終章ということですので、どのような展開になるのかお待ちしておりますね〜。

はい〜、あまり間をあけないで、今回と同じくらいのペースで投稿したいと思います。

106: 名前:一読者投稿日:2013/03/12(火) 23:26
初めて読みました。
続きが”早く”読みたいです:D
これからも頑張ってください!!

107: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/03/13(水) 22:47
>一読者さん
書き込みありがとうございます。
だいぶできてますよ・・・もう少し待ってください〜

フェイスマークが横向きなので外国の人だったりしますかね?:P

108: 名前:MC愛好家投稿日:2013/05/15(水) 22:00
そろそろ更新がくる・・・・違いますかな・・?

109: 名前:ざくそん投稿日:2013/06/03(月) 08:03
下がってたので上げときます〜

110: 名前:みゃふ投稿日:2013/06/03(月) 12:19
サグラダキターッ!!

遂にダークサイドにおちちゃった祥平君。
普通にノリというか、ハプニング的に堕とされると思ってたら実はラスボスだった唯さん。
とんでも催眠技能は本当は催眠能力だった優華さん。

と8話のへんてこ裁判が霞むほどの超展開にちょっとビックリしていますでよ。
祥平君が支配の楽しさを覚えちゃってダークサイドに堕ちていくんだと思ってたのにまさかそんな裏があるなんて。
おかげで、ミサキさんへのお仕置きにwktkしてたのが一気にもっていかれてしまいましたでよ。

次回は本格的に高坂家を支配する方向に行くんだろうか?
優華さんや瑠美ちゃんは既に落とされてるけど、更に完全に従属させてその成果を唯さんに見せつけ、その上で犯しにいくのか?
妄想が膨らんでしまうのでぅ。

それにしても水島の能力は犯さないと発動できないんだろうか?
それはそれで使い勝手が悪そうだなぁとか思ったりもするんでぅよね。高坂の人は宗主の唯さんには逆らえないらしいし。
祥平君も高坂の能力を持ってるにしても、今回の美樹先生みたいに防御されることもあるし。

次回が非常に楽しみでぅ。
であ。
あ、某教会のレプリカが出てきた時には笑ってしまいましたでよw

111: 名前:亜喪投稿日:2013/06/03(月) 18:47
ヤバイヤバイ続きがすごい気になる
ここのところ人の闇を見まくってとうとう一歩を踏み越えてしまった祥平くん
この先どういうふうに狂うのか救いがあるのか続きがすごい楽しみです

112: 名前:風狂の振り子投稿日:2013/06/04(火) 01:32
どうも〜、風狂の振り子です〜!早速読ませていただきました〜!
うーん……いろいろな意味でヤバいのです……なんかもう、お腹いっぱいで、頭の中もいっぱいになって……。

第9話で、これまでの様々な謎が解き明かされましたが、最大のものが優華さんの力、それが高坂の能力だったと言うことと、祥平くん自身の謎、水島の能力についてですね。
実際には、今回のお話で主要なピースはだいたい埋まっているんですけれど、まだ埋まっていないピースがいくつかあるんですよね。
ひとつは、水島の力は能力の発動した男子によって犯されないと発動しないものであると言うこと。
だから、唯さんを支配しようとすると唯さんを犯さなければならないんですけど、そもそも、高坂の能力は他人を支配する能力で、唯さんはその気になれば祥平くん以外の全ての人を手駒に出来るし、高坂の宗主である唯さんに対して高坂の人間は逆らえないということ。
これは、美樹先生の場合、高坂の者を支配する水島の力と、一族を支配する宗主の力がどちらが強いのかということにも関わりますが、薬を飲んでいる間は祥平くんの水島の力が発現していないとすると、優華さんも瑠美ちゃんも、厳密にはまだ水島の力には支配されていないんですよね……。
で、一番重要なピースは、水島の力が高坂の人間にしか効果を及ぼさない以上、最後の水島一族である祥平くんがいなくなればそれこそ高坂一族が世界を支配することすら出来るし、水島の能力を怖れる必要もなくなるのに、なぜ祥平くん殺さずに監視(観察?)し続けるなんていうまどろっこしい処置をしていたのかということ。
そういう意味では、美樹先生の言っていた、唯さんが祥平くんのことを大切な家族と思っているのは事実なんでしょうけど、それ以外の理由、というか、唯さんがそこまで祥平くんのことをそこまで大切に思っているのか……。
……いえ、なんとなく想像はつくんですけどね、つくだけにやるせないというか……サグラダ・ファミリアという言葉の意味がぐっさりくると言いますか……。
唯さんの本当の思いは祥平くんに届くのか、というのと、それを知った時、祥平くんはどう対処するのか……というか、両方見てみたいんです。
あくまでも心を閉ざして復讐を遂げるのか、それとも心を開くのか……。
とにかく、次回以降がヤマ場でもあり修羅場でもあるのは間違いないのですが……すごすぎてため息しか出てこないですね。

第8話も、最初は心理ゲームのふんだんに入ったコメディーと思っていたんですが、改めて読むと、断罪と罰のメタファーに見えてきたりして……。
とにかくもう、ここまでこのお話にはまってしまったら、期待とか、楽しみとか、そういう次元を越えて、どんな結末になるのか、ただただ続きを待つだけ、という心境です。

113: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/06/06(木) 01:47
みなさま

感想ありがとうございます。
ちょっと更新が遅れました。本当はもう少し早めに投稿したかったのですが、いろいろ立て込んでおりました。

それでは個別に。

>みゃふさん

いつも感想ありがとうございます〜

>8話のへんてこ裁判が霞むほどの超展開にちょっとビックリしていますでよ。
>祥平君が支配の楽しさを覚えちゃってダークサイドに堕ちていくんだと思ってたのにまさかそんな裏があるなんて。
>おかげで、ミサキさんへのお仕置きにwktkしてたのが一気にもっていかれてしまいましたでよ。

8話と9話は分離投稿するかは悩んだのですが、8話だけだと方向性がどうなるかわからない、とか言われそうなので、一気に投稿してしまいました。
9話がアレ過ぎて8話の感想はつかないかも、と思っていたら案の定w

>次回は本格的に高坂家を支配する方向に行くんだろうか?
>優華さんや瑠美ちゃんは既に落とされてるけど、更に完全に従属させてその成果を唯さんに見せつけ、その上で犯しにいくのか?
>妄想が膨らんでしまうのでぅ。

さすがは鬼畜王。私ではとてもそこまで鬼畜な話は書けません(少し嘘)
どうぞその妄想を膨らませて外伝でも書いてもらえればw
事実、現段階が一番フリーハンドでなんでもできる状態ですので。

>それにしても水島の能力は犯さないと発動できないんだろうか?
>それはそれで使い勝手が悪そうだなぁとか思ったりもするんでぅよね。高坂の人は宗主の唯さんには逆らえないらしいし。
>祥平君も高坂の能力を持ってるにしても、今回の美樹先生みたいに防御されることもあるし。

細かい話は次回以降ですが、水島のほうが使い勝手が悪いです。発動対象も少なくほとんど意味がない能力なので、それゆえ「能力者」の発見が難しいとも言えます。

>亜喪さん
はじめまして、感想ありがとうございます〜

>ヤバイヤバイ続きがすごい気になる
>ここのところ人の闇を見まくってとうとう一歩を踏み越えてしまった祥平くん
>この先どういうふうに狂うのか救いがあるのか続きがすごい楽しみです

ここまで来るのに足かけ8年、長かったです。
それでは次回、ブラジル五輪を目途にお楽しみに…

>風狂の振り子さん
感想ありがとうございます〜

>実際には、今回のお話で主要なピースはだいたい埋まっているんですけれど、まだ埋まっていないピースがいくつかあるんですよね。

>これは、美樹先生の場合、高坂の者を支配する水島の力と、一族を支配する宗主の力がどちらが強いのかということにも関わりますが、薬を飲んでいる間は祥平くんの水島の力が発現していないとすると、優華さんも瑠美ちゃんも、厳密にはまだ水島の力には支配されていないんですよね……。

いいところついてます。そうですね、今、提示されているピースだけ詰めていくと、そういうことになります。

>で、一番重要なピースは、水島の力が高坂の人間にしか効果を及ぼさない以上、最後の水島一族である祥平くんがいなくなればそれこそ高坂一族が世界を支配することすら出来るし、水島の能力を怖れる必要もなくなるのに、なぜ祥平くん殺さずに監視(観察?)し続けるなんていうまどろっこしい処置をしていたのかということ。
>そういう意味では、美樹先生の言っていた、唯さんが祥平くんのことを大切な家族と思っているのは事実なんでしょうけど、それ以外の理由、というか、唯さんがそこまで祥平くんのことをそこまで大切に思っているのか……。
>……いえ、なんとなく想像はつくんですけどね、つくだけにやるせないというか……サグラダ・ファミリアという言葉の意味がぐっさりくると言いますか……。

ここは、今の段階で書き手が掲示板では語るより物語で語るほうがいいと思いますので、どうぞ先をお待ちください、ということで・・・。
ただ、この小説のタイトルの意味はいくつかの意味がかかっているわけですが、その片方側の意味を直接指摘いただいたのは初めてですね。(やたら、この小説が終わらないことを示唆しているとか言われることが多いもので(笑))

>唯さんの本当の思いは祥平くんに届くのか、というのと、それを知った時、祥平くんはどう対処するのか……というか、両方見てみたいんです。
>あくまでも心を閉ざして復讐を遂げるのか、それとも心を開くのか……。
>とにかく、次回以降がヤマ場でもあり修羅場でもあるのは間違いないのですが……すごすぎてため息しか出てこないですね。

結末の方向は決めているのですが、そこにいくまでの経路はまだ揺らぎがあるので、そこは今後の筆次第ですね。

>第8話も、最初は心理ゲームのふんだんに入ったコメディーと思っていたんですが、改めて読むと、断罪と罰のメタファーに見えてきたりして……。

これはさすがにそこまで込み入った意味は持たせるつもりがなくて、余りに9話が重すぎるので、その前に軽いノリのシーンを一つ挟んでおこうと思ったら、いつの間にか1話(以上)のボリュームになったので分離してしまったというのが顛末です
というわけで、コメディとしてお楽しみくださいw

>とにかくもう、ここまでこのお話にはまってしまったら、期待とか、楽しみとか、そういう次元を越えて、どんな結末になるのか、ただただ続きを待つだけ、という心境です。

はい〜次回がいつになるかわかりませんが、リオ五輪くらいまでのゆとりをもって、お待ちください〜

114: 名前:MC愛好家投稿日:2013/06/06(木) 21:56
な・・なんだこれは・・・まさか主人公が能力者だっただと・・・
1話から見てまさかこのような展開に行き着くとは思いませんでしたぞww
しかしこれはこれで面白い 完結までお付き合いいたしますぞ
(あと優華さんのHが見たい今日このごろ)

115: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/06/06(木) 23:58
どうもです〜

1話を書いていたことからこうなる予定だったので書いているほうとしては予定どおりですw
最後までまだ少し時間がかかりますが、ゆっくりお待ちください
優華さんとのH…今思うとだいぶ昔になってしまいましたね。もっとも、めったにないからありがたいということで…

116: 名前:帽子男投稿日:2013/06/13(木) 22:14
サクラダ・ファミリア。久しぶりに読み直してすっかり引き込まれてしまいました。
やっぱり邯鄲夢さんの小説、大好きですね。

117: 名前:邯鄲夢投稿日:2013/06/15(土) 14:27
帽子男さん

お久しぶりです。感想ありがとうございます〜

>サクラダ・ファミリア。久しぶりに読み直してすっかり引き込まれてしまいました。
>やっぱり邯鄲夢さんの小説、大好きですね。

ありがとうございます。時間的にもテキスト量的にも長い小説になってしまい、最近いらっしゃた方には読んでもらいづらい小説になってしまっているうえ、昔から読んでいただいた方は昔の内容が忘れられてしまうものになってしまってますが、そん中読み返していただいてありがとうございます。

今後も、お時間あるときに、気が向きましたら、メールでも掲示板でも結構ですので、感想いただけると嬉しいです。

118: 名前:通りすがりのMC好き投稿日:2013/06/26(水) 00:50
ガウディの誕生日で思いだし久しぶりに見たら凄いことになっていますね。
本家?サクラダが遂に登場して物語も終盤という感じがでてきてドキドキするような寂しいような、です。
この話は暗示をかけるシーンが自分にとってとてもいい表現だったので一気に好きになった作品でした。
ここからラストに向かっての話もとても楽しみにしてます、お身体等に気をつけて頑張ってください。

119: 名前:青い虎投稿日:2014/06/25(水) 23:40
どうも、青い虎です。

書こうかどうか迷ったんですが、この作品って公開停止中ってなってるじゃないですか。
それでどんな作品なんだろうな。とか思ってたんですけども、
3週間程前に2chをROMっていたら、
小説を書くようなスレッドでもないのに「サグラダファミリア」という小説が書き込まれまして、
全年齢板ということもあり、誰かが通報したのか、たまたま運営・削除人が通りかかったのかは分からないのですが、
その日の内に削除されたんですよ。

ここで読んだことが無かったもので、オリジナルがどういったものか分からなかったので、
それを読んだ時は結構面白かったな‥‥というだけだったんですが、
今日、この作品のページ(公開停止中って書いてあるところ)の各話の右側にある内容(短い文章)が、
2chにあったのとだいたい同じ感じだったので一応報告しときます。
もう削除されてますし、適当に伸びてるスレッドを見ていただけだったのでスレタイも忘れてたりするんですが。

120: 名前:青い虎投稿日:2014/06/26(木) 00:05
ちなみに、その時読んだのは、第一話〜第八話までです。
その後は削除されてましたから。

(3週間も前なので、最初の方の話はあまり覚えてないんですがw)感想としては、
第七話の弥生先輩の身体検査と、第八話の裁判が面白かったと思います。
特に裁判の時のミサキがすごく可愛かったです。

優華がなぜ催眠術を使えたのか、という謎が残っていたりしますが、
みちるの壊れ具合が、昔見た映画(催眠とかは一切無し)のヒロイン(主役が男なのにレズ→破局)にそっくりだったことや、
第六話のイジメの話で、ウサギの死体を下駄箱に入れたというのを見て、
昔あったダブルキャスト(PSのゲーム)を思い出したりw

ただ、作品を読むだけではなく、色々と楽しませてもらいました。

121: 名前:通りすがり投稿日:2014/07/26(土) 14:16
青い虎さん

それは多分この「サグラダ・ファミリア」です
実際は第9話まであります。
インターネットアーカイブを使うとまだ読めますよ

122: 名前:よいこ投稿日:2014/07/27(日) 15:13
通りすがりさん

それについて詳しくお願いします
インターネットアーカイブの使い方がよく分かりませんでした
どおすれば良いのでしょうか

123: 名前:pnm投稿日:2014/07/28(月) 00:20
あぁ〜続き読みたいなぁー。。。

124: 名前:青い虎投稿日:2014/07/28(月) 00:34
>>121
通りすがりさんへ

やっぱりそうだったんですね。
アーカイブで第9話、読めました。
今までと違い、いきなりのシリアス急転回でした。
あの病院は何かあるな‥‥とは思ってましたけど、まさか黒幕があの人とは‥‥。

>>122
よいこさんへ

アーカイブの「Wayback Machine」にアドレスを入力。
その後の日付のリンクから見れますよ。
文字化けしてた場合は、エンコードを変更すれば日本語表示に出来ます。

  名前:
  本文:

感想専用掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数50でのページ 1 2 3 [最新レス]


管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --