E=mC^2 BBS 感想専用掲示板   ■ Headline ■ HOME    

Headline / おしゃべりしましょ 感想専用掲示板 MCなんでも掲示板 誤字脱字・連絡・削除依頼ほか

71 :黄金の日々×悪魔の流儀(05)  72 :堕天使の憂鬱 (03)  73 :黄金の日々(150)  74 :悪魔の流儀(54)  75 :催眠太郎(11)  76 :ヒューマンコントローラー(34)  77 :生徒会ゲーム(36)  78 :ぼく達は支配者(12)  79 :放課後の催眠(55)  80 :メリーメリーネバーランド(05)  81 :鑑賞用催眠人形(10)  82 :ねこのみゃー(73)  83 :ある教室の日常(05)  84 :探偵を探偵(12)  85 :催眠事件簿(10)  86 :恋色ビーナス物語物語(12)  87 :軽トラに乗った白馬の王子様(13)  88 :ビッチシステム(54)  89 :絆催眠(23)  90 :GGSD(25)  91 :囚われのたいきくん(31)  92 :県庁特別高等課(26)  93 :戻れない、あの夏へ(30)  94 :永慶的MC小説論(17)  95 :羞恥心ゼロ地点へ(16)  96 :Turn Out Devils(20)  97 :魔心本(27)  98 :老教師の午後(57)  99 :誘う女(10)  100 :海ちゃんと催眠術(07)  101 :慶応三年の乱痴気(05)  102 :聖騎士王国の籠絡(33)  103 :サタナエル賛歌(09)  104 :スキッツォイド(10)  105 :注文の多いダンジョン 完成版(10)  106 :LLL(23)  107 :教室の恋人(16)  108 :音楽室の嬌声(19)  109 :ひめくり(13)  110 :居候のさくらちゃん(26)  111 :反復式ランダムマッサージセラピー(16)  112 :ヒミツの購買部〜琴乃と和音〜(07)  113 :妻が催眠にかかるとき(11)  114 :ヒミツの購買部(07)  115 :監獄の男(06)  116 :サイミンラブホリデイ(05)  117 :僕と、生徒会長と、(23)  118 :僕の彼女はメスメリスト(09)  119 :旧校舎(06)  120 :いつかみた、あの夏へ(97)  121 :いすずヶ森のシラオニ様(06)  122 :バイト研修(04)  123 :潜入若妻捜査官 早乙女沙雪(05)  124 :女王の庭(110)  125 :花の帝国(55)  126 :種蒔きは男の本能(06)  127 :タクマ学校(08)  128 :偽心理学ゼミナール集中講義(19)  129 :コンピューター室のリンク(08)  130 :ぼくの彼女は寝取られ属性(12)  131 :彼女はもういない(07)  132 :モラトリアム的小遊戯(37)  133 :魔女のゲーム(60)  134 :トラジコメディ(16)  135 :仮装行列綺談(11)  136 :エデン32(15)  137 :ルームシェアのすすめ(13)  138 :ツインズ!(41)  139 :落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート(28)  140 :メイドさんは魔女(08)  141 :清流女学院MC調教(17)  142 :サグラダ・ファミリア(124)  143 :茶室の花(24)  144 :何気ない日常が(22)  145 :ジュエルエンジェル(132)  146 :姉交換(09)  147 :視聴覚室の従属(21)  148 :文化祭実行委員の放課後(11)  149 :或る村の記録(17)  150 :オイディプスの食卓(105)  151 :不思議なカメラと悩めるぼくら(17)  152 :第一分寮の日常(11)  153 :幸せのつきあたり(11)  154 :洗脳組織(05)  155 :グビリ(07)  156 :変わらない日常(43)  157 :Deja Vu(04)  158 :誘導尋問(36)  159 :○○なあたし(206)  160 :秘仏御開帳(07)  161 :凍てつく夜に人形は踊る(07)  162 :学園特別クラス(15)  163 :未来性紀(05)  164 :聖天さん(13)  165 :おみくじ(05)  166 :幼なじみが中二病の催眠術師だが問題ない(06)  167 :帝国軍特別女子収容所(177)  168 :パペドル(03)  169 : サンタ屋(04)  170 :狂逝実習(04)  171 :おままごと(03)  172 :堕楽の家(19)  173 :馴奴 六(05)  174 :好奇心は猫をも殺す(32)  175 :危ないやつら(26)  176 :枕営業マン(05)  177 :自衛官の妻(10)  178 :幼なじみ(07)  179 :オタク針(04)  180 :3種の神器(168)  181 :現実乖離(08)  182 :本当はえむしーだったシンデレラ(03)  183 :MC三都物語(14)  184 :あるオフィスでの出来事(08)  185 :全自動恋人訓練機(04)  186 :ソウルホッパー・ケン(09)  187 :夢で会いましょう(07)  188 :新米神様の贈り物(04)  189 :シェアリング・ラブ(06)  190 :エムシー新薬研究所(07)  191 :霧と太陽のジュネス(66)  192 :記憶のカケラ(09)  193 :マゾロイド(29)  194 :スピンオフ・もうひとりの隼人(08)  195 :はっぴぃぶれぇかぁ(06)  196 :アヘおは(04)  197 :マインド・クラック(10)  198 :四神戦隊メイデン・フォース(168)  199 :魔性の少女(84)  200 :きつねの眷属(34)  201 :診療所の日常風景(11)  202 :催淫師(130)  203 :Love Is the Plan the Plan Is Death(21)  204 :最期のプレゼント(05)  205 :Format(07)  206 :TEST(165)  207 :寄生虫(09)  208 :天使のチカラ(29)  209 :key(259)  210 :愛は、自分を救う(13)  211 :とある王国の悲劇(85)  212 :USBケーブル(117)  213 :夢を叶えるディギトゥス・マヌス(11)  214 :洗脳家族(10)  215 :即堕ち洗脳系、制服改変あり人形化なし(09)  216 :ヒトモドキ(06)  217 :天使との取引(11)  218 :魔本物語(23)  219 :日誌と夕日と催眠術(10)  220 :馴奴 五(04)  221 :変えられた常識、変わる私(08)  222 :結婚相談所へようこそ???(07)  223 :高野聖異聞(07)  224 :英理と里彩(28)  225 :俺の妹が超天才美少女催眠術師なわけがない(16)  226 :記憶構築(11)  227 :えんぴつ(20)  228 :永遠に続く幸せを君に(14)  229 :誤認逮捕(05)  230 :made in heaven(23)  231 :馴奴 四(07)  232 :馴奴 三(07)  233 :愛欲の鬼(22)  234 :かけられて(10)  235 :あに、いもうと……(09)  236 :ガドガドガード(15)  237 :金の双星(07)  238 :忍び寄る世界(06)  239 :天使と悪魔(11)  240 :犬坂長者の物語(09)  241 :馴奴 二(08)  242 :奴隷ノート(06)  243 :教室のハナコちゃん(07)  244 :馴奴(07)  245 :かくれんぼ(08)  246 :禁じられない遊びIF(11)  247 :千紗と未来(08)  248 :お洗濯しましょ!(26)  249 :ダンジョンマスターの日記帳(63)  250 :指人形(49)  251 :左目の悪魔(44)  252 :更衣室の応援(09)  253 :ドアラっぽい何か(24)  254 :洗脳メカ エムシーファイブ(07)  255 :エロ百物語(05)  256 :淫魔王転生(50)  257 :ポケガ(71)  258 :へたれ悪魔と七英雄(49)  259 :ANTI HERO(38)  260 :十二の指環(25)  261 :Bloody heart(95)  262 :黒い虚塔(39)  263 :ZIPANG(08)  264 :逆転砂時計(19)  265 :結婚相談所へようこそ(07)  266 :Love Fishing(07)  267 :サイミン狂想曲(90)  268 :グノーグレイヴ第二章(41)  269 :テーチャーズペット(11)  270 :オフランド(11) 
ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 62871 - 80 を表示


71: 黄金の日々×悪魔の流儀  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2016/06/13(月) 05:55
黄金の日々×悪魔の流儀 の感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2016/06/13(月) 13:33
うん、まあ、とりあえず。
大門エンドと倭文エンド(双方の後日譚含む)は二週に分ければよかったんじゃ・・・
更新見たときにどうしようかと思ったのでぅ。

まあ、それはともかく
こっちも投げっぱなしだよ!
前大戦の頃より強力な戦力を組織して、自身も槍に対抗できるレベルに強くなって、なんか神も不調っぽいから間違いなく勝つんだろうけれど、どうせなら勝った後天界を蹂躙するというのを見たかったのでぅよ。
確か、天界にいた頃のシトリーを知ってるのはエミリアくらいだった気がするけど、神が覚えてるとか、天界の頃のシトリーを知ってる神絶対主義な天使を出して堕としてみるとか見たかったのでぅ(とはいえ、そこまで長くなくてもいいからw)
もう、神を女性にしちゃって堕としてしまえ(TSF的な意味ではない)

ふう、長かった・・・
とりあえず、これでシトリー関係は終わりでぅかね?
次回作はもうちょっと短めでお願いしますでよ〜w

03: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/06/13(月) 21:32
>みゃふさん
>大門エンドと倭文エンド(双方の後日譚含む)は二週に分ければよかったんじゃ・・・
>更新見たときにどうしようかと思ったのでぅ。
これ、実際ワタシもどうしようか悩んだんですよね。
先週の第21話を挟んだ第20話とエピローグにMCもえっちもないのでそれだけ単独で投稿するのは気が引けて、どっちかにひっつけて投稿するしかないかなとは思ったんですけど。
先週でエピローグまで投稿していったん完結させてから、にした方がぽかーん度が低かったかもしれません。
下手にあそこで切ったせいで変に期待を持たせてしまったかも……。

>こっちも投げっぱなしだよ!
投げっぱなしというか、このお話は後日談の体を装って、あの大戦の後からプロジェクトDシリーズが始まるまでの期間どうしていたのか、その間世界がどうなったのか説明するのがメインなんですよね。
でも、イストリアといい天界といい、改めてよく考えてみたら、ワタシって大人数の蹂躙シーンを書くの苦手かも? と思うフシがあります。
だから、無意識のうちに避けちゃってたのかもしれません(戦闘に限らず、MCもワタシの場合基本的に1対1のものがほとんどで、大人数MCとかってうまく書けないんですよね。永慶さんやプッシーアイランドさんのような大人数NC劇場みたいなのってすごく憧れるんですけど)。

とはいえ
>もう、神を女性にしちゃって堕としてしまえ
実はこれ、一瞬だけちらっと考えたのは考えたんです。
神を、実は女神だったということにしてそれを堕とすとこまで書く、っていうのは考えたんですけど、神のキャラのイメージがうまく湧かなかったんですよね。
それと、このお話はシトリーがどう思っていてもやっぱり『黄金の日々』のヒロインたちへの鎮魂歌みたいな役割を担っているので、こういう形の方がいいかなと。

>とりあえず、これでシトリー関係は終わりでぅかね?
>次回作はもうちょっと短めでお願いしますでよ〜w
大門エンドの方だとシトリーの存在そのものが消滅しちゃってますしね〜。
ていうか、そもそもショートショートや短編しか書いてこなかった人間が長編小説の書き方も弁えないまま長編に手を出してこの有様です(笑)。
とりあえずわかったことは、長編を書くのってホントに大変だってことだけで、書き上げた今でも長編の書き方がわかったかといえば、全然わかってないので、また長編に手を出したら長くなってしまうんだろうなぁ、って思います。
長編小説を書いてらっしゃる書き手の方たちって本当にすごいなっていうのを思い知らされましたです。
でもまあ、やっぱり長編に取り組むのはすごいエネルギーがいるので(精神的に)、とりあえずしばらくは1話から数話完結のお話でいきたいですね。

04: 名前:古参の名無し投稿日:2016/06/14(火) 11:09
完結お疲れ様でした。
ラスト数回の駆け足っぷりも含めて、お腹いっぱい楽しませて貰いました。

邯鄲夢さんが休止?されてから黄金の日々とBlackDesire(こちらも休止続きですけどw)だけが抹茶のお目当てになってましたので、とうとう一区切りついたなーと思います。

『ショートショートや短編しか書いてこなかった人間が長編小説の書き方も弁えないまま長編に手を出してこの有様』って仰いますけど、キッチリ大風呂敷を畳んでらっしゃるじゃないですか。このうえ天界侵攻編までやっちゃうと、ジャンプの新人読み切りが当たって長編で仕切り直したものの、収拾がつかなくなって打ち切り(ここだと作者休業w)って流れになりそうですw

なんにせよ、長編完結お疲れ様でした。

05: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/06/14(火) 23:41
>古参の名無しさん
どうもありがとうございます!
まだ続いている最中のお話に感想を書くのって難しいですし、最後まで書き上げたときに、ずっと読んでくださっていた方から感想をいただけたらというのを励みに書いてきたので、こうやって感想をいただいて本当に嬉しいです。

>邯鄲夢さんが休止?されてから黄金の日々とBlackDesire(こちらも休止続きですけどw)だけが抹茶のお目当てになってましたので
でも、KRTさんはどれだけ間隔が開いても必ず続きが来ますから。
実際、1タイトルの作品としてはBlackDesireが話数も分量もワタシのお話よりもはるかに多いですし、内容もすごく面白くて、読んでいるとまた長編にチャレンジしようかなって、そんな気持ちにさせてくれる、ワタシにとっても尊敬できる大先輩です。
それに、ワタシは邯鄲夢さんはきっと戻ってこられると信じてますから。

>キッチリ大風呂敷を畳んでらっしゃるじゃないですか。
でも、本当にしんどかったです(笑)。
ここに投稿させてもらってからのペースを見てる人には信じてもらえないかもしれませんけど、もともとワタシはそんなにぶっ続けて書くタイプじゃないんですよ(笑)。
なにかアイデアが浮かんだら書く、気が向いたら書く、みたいな感じで、それこそ書いてないときは何年も書いてない時期があったりして、知ってる人にはお話を書くのをやめたと思われたりしたくらいで。
でも、短編だったらアイデアが浮かんだときにひとつ書いて、投稿とか応募とかしてみて、なにも浮かばない時は書かないっていうのでいけるんですよね。
プロの作家じゃないですからそこは気楽なもので(笑)。
でも、長編って絶対に一気には書けないので、続きを書かなかったら、「書きかけの状態のお話」がずっとほったらかしになってしまうんです。
それが短編書きには初めての体験で、忙しくなって書く時間が取れなくなると、気ばかりが急いて精神的に重荷になってしまうんですよね。
でも、忙しいときに無理に書いてると今度は書くこと自体が苦痛になってきますし、書こうとしても書けないことなんてしょっちゅうでしたし。
ホントに、途中で放り出せたら楽だろうなとは思っても、それだけは絶対に嫌なので、「エタりたくない!」という一心で最後までこぎ着けましたです。

>このうえ天界侵攻編までやっちゃうと、ジャンプの新人読み切りが当たって長編で仕切り直したものの、収拾がつかなくなって打ち切り
いや、ホントに……正直なところ、そこまでいくと完全にドラ〇ンボール状態で、さらなる強敵、難敵を堕としていかないといけなくなりそうで(笑)。
もう、これ以上強敵の設定考えるの無理かなぁって自分で思いますもの。

>なんにせよ、長編完結お疲れ様でした。
ありがとうございます。
実は、長編のアイデアだけをメモったものはあるんですよね。
ただ、完結してない長編を抱えながらもうひとつ長編を書くのはワタシには無理なので全然手をつけていないのと、今度長編にチャレンジするときにはまたいろいろと試行錯誤しながらだと思うのでいつ書けるかはわかりませんけど。
でも、もし書けたときにはそれがうまく好みに合ってくれたらいいなとは思います。

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示


72: 堕天使の憂鬱  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2016/06/13(月) 05:55
堕天使の憂鬱 の感想をヨロシク♪

02: 名前:みゃふ投稿日:2016/06/13(月) 13:23
唐突に加筆された悪魔の流儀の後日譚が!?

でも、加筆分とこれを読んで思ったことがどうにも黄金の日々のアーヤとこっちの綾が=で結ばれないということでぅ。
黄金の日々の方はマハみたいな直情径行脳筋バカで悪魔死すべし慈悲はないみたいな感じに思ってたんでぅけれど、こっちのほうでは諜報したり、堕としてくれと懇願してきたり、最初から好感度高すぎたりと黄金の日々で言うならエミリアとかその辺のイメージでぅ(結構流し読みなみゃふの勝手なイメージなので違ったらごめんなさいでよ)

まあ、前大戦から二千年は経ってるし様々な経験をして性格が変わったと言えなくもないでぅけどw

03: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/06/13(月) 21:31
>みゃふさん
>唐突に加筆された悪魔の流儀の後日譚が!?
実はですね、この、綾視点のふたつのエンディングは加筆したわけではなくて、ほぼこの形で最初から出来上がっていたんですね。
そもそも、このお話が大門視点と綾視点が入れ替わりながら進行していたのもこの綾視点のエンディングがあるのが前提だからこそで、その意味でこのお話は大門と綾の両方が主人公というお話だったんです。
ただ、綾視点のエンディングには『黄金の日々』の設定がかなり含まれているので、そっちが完結してから投稿しようとしたらこのていたらく……。
ここに至るまで5年もかかってしまったのは全てワタシの不徳のいたすところでございます(涙)。

そういうわけで、そもそも『黄金の日々』の当初の目的が、この『悪魔の流儀』の綾視点のエンディングを演出するためにって思っていたので、サラとアーヤが関わる部分、つまり第2部の後半しかはじめは考えていなかったわけです(実際、このふたつの話のリンクしてる部分はサラとアーヤが登場してからの部分だけですし)。
でも、それだけじゃ話がいきなりすぎるんで、それ以前の部分をと思って第1部を考え、なんやかやで話数にして47話、年月にして丸5年……(涙涙)。

>黄金の日々のアーヤとこっちの綾が=で結ばれないとい
>黄金の日々の方はマハみたいな直情径行脳筋バカで悪魔死すべし慈悲はないみたいな感じ
マハみたいな脳筋バカではないですけど、直情径行タイプなのは間違ってはいませんですよ。
だから頭に血が上ると周囲の状況を顧みずに突っ走りますし、実際に倭文エンドの方の綾はそうやって突っ走ったせいで逆にシトリーに捕まってしまいますし。
倭文エンドでの綾の言動は、『黄金の日々』のアーヤとそんなに違ってないとは思います。

>こっちのほうでは諜報したり、堕としてくれと懇願してきたり、最初から好感度高すぎたりと黄金の日々で言うならエミリアとかその辺のイメージ
アーヤがそもそも戦闘部隊であるアブディエル隊に所属してましたから、本当は剣を振るって戦う方が得意なんですよ。
諜報や監視といった任務に当たるようになったのはミュリエルに拾われてからで、それはミュリエルの任務がそういう性質のものだったからです。
でもって、これは直情径行タイプの裏返しなんですが、好きになった相手にはとことん一途っていう、その一途さがエミリアに通じるものはあるのかなと思います。
ただ、エミリアの方は普段はその一途さは表に出さないで、周囲の空気を読んでわざとおちゃらけたりしながらも、何かにつけていろいろ気を遣うことができたタイプなのに対して、綾の方は、何事にも一生懸命ではあるんですけどかなり天然が入っています。
平和なときの綾(アーヤ)はそれが素なんですけど、『黄金の日々』では常に戦闘状態で交わされる会話か、サラ絡みで冷静な対応ができない状態での会話ばかりなので、大門家で見せるような天然っ娘の一面を見せる場がなかっただけです。

それと、綾は最初から大門への好感度が高かったわけではないですよ。
最初はあくまでも監視者と監視対象として、大門との間には一定の距離を置いていたんですけど、第5話の序盤で綾自身の心境の変化に描かれているように、しばらく一緒に暮らしてみて、監視対象である大門がどう見ても悪人には見えないし、幸をはじめとする大門ファミリーが本当に幸せそうな様子から、大門のことを悪魔だとか魔物であるとか思えなくなってきています。
そして、決定的だったのがその直後のNTR事件と大門と綾が襲撃された事件です。
NTR事件のショックで引きこもりになっていた綾に対して、大門が悪魔とは思えないほどにど直球の救済案を、それも当の綾自身に真っ正直に提案してきた上に、バティンに襲われた際に大門があくまでも綾を守ろうとした、その綾への誠実さに対しての結果が好感度18万という数値に繋がったわけです。

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示


73: 黄金の日々  レス数50でのページ 1 2 3  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2011/09/26(月) 20:49
黄金の日々の感想をヨロシク♪

147: 名前:みゃふ投稿日:2016/06/07(火) 11:42
結局バリアーは崩せませんでした。でもバリアーは崩しました(イミフ)

それにしても一人を引き入れるのに三人犠牲にしてるのは計算として成り立ってないんじゃないんでぅか?(但し一人は関係ない)
理由は説明されてるけど一人犠牲で二人引き入れた方がハーレム的にはよかったんじゃ(やはり一人は関係ないw)
まあ、みゃふが言っても説得力がないんでぅけどねw
そんな関係ない一人のエミリアさんでぅがあまりに唐突でえーと言いたくなりましたでよ
なんか甘いところのあるシトリーが黒い虚塔とかのドライなキャラになるために必要な儀式なんだろうけれど、もうちょっとクライマックス的な所で欲しかったような
イストリアを落としたけど直後に槍が飛んできてそこでエミリアがとか

そしてステファニアがいい感じに堕とされてたけど、次回辺りに攻め入って悪魔軍に抵抗してたけど、シトリー見たら救世主様!って駆け寄る展開が来るんでぅかね?
ただ姫巫女が犯された姿で発見されて、救世主と婚礼したなんて言い出してたら精神状態疑われて自室軟禁されるだろうし救世主よろしくイストリアが陥落したあとにステファニアの部屋に来て「救世主様! 助けに来てくださったのですね!」って感じなのか

サラでだれてたせいか今回新鮮な感じでしたでよ。
次回でイストリアが陥落して、天界と痛み分けみたいな感じで終了って所でぅかね

しかし、なんて長い話なんだ! 誰だよこんなの期待したの!(お前だw)
であ

148: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/06/08(水) 01:50
>みゃふさん
感想どうもありがとうございます〜!

>エミリアさんでぅがあまりに唐突でえーと言いたくなりましたでよ
>なんか甘いところのあるシトリーが黒い虚塔とかのドライなキャラになるために必要な儀式なんだろうけれど、もうちょっとクライマックス的な所で欲しかったような
まあ、クライマックスもなにも、次で正真正銘終わりですから……。
このお話がプロジェクトDシリーズの前史という位置づけで、しかもあのお話開始時点の倭文くんの状況(なぜ倭文くんは一匹狼的な感じなのか? なぜ彼は魔界での地位が高くないのか?)っていうのを考えていくと、このお話の結末がどうなるかわかってしまうんですよね、実は。
でも、だからこそ、このお話に登場するメインヒロイン(もしくはそれに準じるキャラ)は、お話から退場する最後のシーンまでちゃんと描きたいっていう思いがありまして。
ぶっちゃけると今回のエミリアとクラウディア、それとリディアがその中に入るわけですが……。
厳密には、本来第1部のメインヒロインのはずのクラウディアが一番最後に堕ちる順番だったためにあまりヒロインとしてのシーンがなかったせいで、本来クラウディアが負うべき悪堕ちヒロインとしての役目をリディアが多く果たすことになったという点で、ある意味クラウディアとリディアはふたりでワンセットのヒロインなんです。

で、エミリアに関しては、ホントにワタシのわがままなんですよね。
実際、今回の第20話って、エミリアの最期のためだけにMCもえっちもない話を書いたという、本当にワタシのわがままのためにある回で……。
これをどこに置くかっていうと、シトリーが落ち込んで、また再起するまでの時間を考えたら、イストリア陥落後だとかえって都合が悪いといいますか……ていうか、次はそれどころではなくなるので、シトリーの腕の中で最期を迎えるというのは本当にエミリアだけに与えられた特権なので(←これがワタシのわがままです)、それでシトリーがどっぷりと落ち込む時間も欲しかったんですね。

>理由は説明されてるけど一人犠牲で二人引き入れた方がハーレム的にはよかったんじゃ
あ、でも、本人の精神はハーレムには加われませんでしたけど、フェリシアの体は十分に楽しませていただいてますよ(シトリーとクラウディアが)。
……我ながら言ってることが鬼畜だなぁ(←いまさらなにを)。

>サラでだれてたせいか今回新鮮な感じでしたでよ。
ここまで来たら能力が通じるかどうかじゃなくて、通じるのが前提なのでそこでどう変化をつけようかなっていうのが前回のテオドーラと今回のステファニアだったんですが、楽しめていただいてなによりなのです。

>しかし、なんて長い話なんだ! 誰だよこんなの期待したの!(お前だw)
ワタシも最初は二十数話で終わるくらいの感覚だったんですよぅ〜!
長編小説を書き慣れてないので思いっきり目測を誤ってしまいましたですぅうううう!(だめじゃん)

149: 名前:みゃふ投稿日:2016/06/13(月) 13:13
・・・ぽかーん

痛み分けというかなあなあな形で終戦するのは以後の物語を考えれば分かってたことなんでぅけど、まさかこんなオチだとは・・・
というか、イストリア攻めが放り投げられてええーってなりましたでよ。
ステファニアとは一体何だったのか・・・w


ノアさん一家だけ助かりました(今まで全く出てきてない)

そして、唐突に崩れ去っていく皆さん。在庫処分張りの駆け足な退場に本当にぽかーんとしましたでよ。
まあ、エピローグだし・・・これ以上長くしてもだし・・・(それはお前が決めることじゃない)

150: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/06/13(月) 21:30
>みゃふさん
感想どうもありがとうございます〜!

>・・・ぽかーん
>というか、イストリア攻めが放り投げられてええーってなりましたでよ。
>ステファニアとは一体何だったのか・・・w
ゴホッゴホッ……すみません、きっとみゃふさんは前回の感想でおっしゃっていたような展開を期待してらしたんでしょうけど。
やっかいなバリアーが消えたら相手が混乱から立ち直る前にできるだけ早く攻め込むのは戦術として当然と言いますか……。
というか、戦術以前に相手に体勢を立て直す余裕を与えるような緩慢な動きは、クラウディアの覚悟と犠牲を軽んずることになるのでシトリー自身許せないはずです。
だから、間髪入れずに全軍を動かしたはずです、それこそステファニアの意識が戻るよりも早いくらいに。

>そして、唐突に崩れ去っていく皆さん。在庫処分張りの駆け足な退場に本当にぽかーんとしましたでよ。
>まあ、エピローグだし・・・これ以上長くしてもだし・・・
そもそもこの話は、最後はシトリーたちが負けなければいけないお話ですから(というか、負けなければそこから続く話が始まらない)。
それも、一度は過去の栄光と言えるほどにシトリーが優位に立ってからひっくり返されないといけないですし。
難しいのは、攻めているときはMCやえっちの見せ場はあるんですけど、いったん状況がひっくり返るとそういうのを入れにくいんですよね(負けてるときにえっちしてる暇なんかあるのか? って言われそうですし)。
だから状況をひっくり返されるとMC小説としては書くことがなくなるので(←こら)、どうしても駆け足になってしまいましたです。
在庫処分って言ってしまうとそれまでなんですけど、この数の登場人物の最期を全部描くのはワタシには無理ですし、前回のエミリアとクラウディアに続いて、第2部のメインヒロインという立場でアナトとサラの最期なんですが、実はラストのサラのシーンは既出なので決まっていたことなんですよね(『悪魔の流儀』第5話冒頭の綾の夢がまさにこの場面の夢なので)。
だいいち、サラ自身がメインヒロインというよりかは、影のメインヒロインであるアーヤ(=綾)の引き立て役という立ち位置にはなるんですけど、そのあたりのことはあっちの方のスレでしますです。

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 3 [最新レス]


74: 悪魔の流儀  レス数50でのページ 1 2  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2011/05/02(月) 14:10
悪魔の流儀の感想をヨロシク♪

51: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/07/08(金) 22:52
>著者猫さま
沢山の、本当に沢山のご指摘ありがとうございますですぅ。ううう。

>MCというよりは甘々らぶらぶだったり、MCがあっても「会った瞬間に完堕ち」とそっちの面ではちょっと物足りなさもあった
というかですね、主人公の大門がMCしてないですよね。いや、本当に、主人公のキャラ設定ミスです。
書いていて、「あかーん!この人MCせえへんわぁ〜」と叫びそうになったことが何度あったことか。
ついでに言えば、操る視点じゃなくて操られる視点ばっかり…。

>一方で、個人的には「一人称視点の作品内での視点変更はどちらかというと『ナシ』」派なので
実際に、ここが大きなネックになってしまったんですね。
いや、まあ、綾視点のシーンは楽しんで書いていたのは事実なんですが、書いている人間だけ楽しんでいるという感じになったのは否めないのです。
それに、書き手として頭の中で持っているものと、書いたものとして読み手に伝わるものにギャップが生じたのは、まさにご指摘の通りなのです。
そもそも、一人称で書いてしまったのが、じわじわと後になってどんどんしんどくなってきましたね。
『プロジェクトD』と『黒い虚塔』は、主人公が見て、考えてる範囲でしか話が展開しないから一人称で充分だったんですけどね。
この話は、視点は変わるわ、場所は変わるわ、バトルはあるわで、一人称で話を進めるのがだいぶきつかったです。

>結局伴天院さんらも上級悪魔だったわけですが、そんな人らが中級悪魔である大門さんの部下をやっていたのは
というよりかは、あの3バカを管理職に据えると会社が潰れかねません(笑)。
結局は、大門がわりと真面目で常識があった(悪魔の中では、の話ですが)ので、中間管理職向きだったのが大きいかと。
でも、きっと大門は魔界の会社ではそれ以上出世できないと思われますです。

>ヤマムラコウタ
本当に、目立つと思いますよ、大門ファミリー。しょっちゅう全員連れて外出していますし。
たぶん、彼もそんな噂を聞きつけたか、見た目で目立つ綾か梨央を街で見かけて後をつけたんだろうと思います。

>綾に対して急に数字が出るようになった眼鏡の伏線は一体なんだったんだろうとか
いや、これは完全にワタシの説明不足なのです。
綾が天使だから、そういう道具に対してはブロックしていたのが、あの事件の後、大門に対して心を開いてしまったために数字が出るようになった、ということなんですが。
読み返してみると全然伝わらない〜!う゛う゛う゛う゛う゛。

>10話後編で普通に結界の中に入ってきた冴子さんが只者じゃないなとか
この結界は大門ファミリー以外の者を遮断するタイプと思われます。
両エンドで、しっかり梨央も結界の中に入って来ちゃってるのです。

>それ以上に植春さんが「たいていの悪魔や天使」どころじゃないお方にクラスチェンジしてるじゃないかとか
実は、この話に出てくる名前の付いている悪魔は、大門以外は皆上級悪魔だったりするのです。
それに、愛那はきっと倭文くんの側にいることが多いので、慣れというか耐性ができてるというか。
というか、せっかくのハーレムエンドなのにひとりだけ仲間はずれは可哀想ですし。
まあ、あのコの場合、根性でクラスチェンジしそうですが(笑)。

>『ダイモンスクープハンター 〜妻と部下とメイドたちの午後〜』、『魔界サラリーマンNEO』、『英語でMCしちゃわナイト』
『プロジェクトD』は、別にタイトル『魔界サラリーマンNEO』でも違和感ないんですけど(笑)。
ああでも、それなら3バカ主役みたいな感じで、コント名は「えむすぃー部長」とかで(爆)。
……結局、某公共放送の番組名もじるのは決定なんですね。

>『お洗濯〜』
ゴホッゴホッ(←次の投稿分がまだ書き上がってないらしい)

恒例の誤植指摘ありがとうございます〜。
実は、倭文エンドの方に「幸と薫が媒体されている状態で」というのもあったりするのです。
訂正しなければっ。

ともあれ、最後まで読んでいただき、ビシビシと愛の(?)ムチをいただきましてどうもありがとうございますです〜!

52: 名前:酔狂な旅人投稿日:2011/07/11(月) 14:51
どうもはじめまして。
ネットに書き込むのはリア友とエロ談義しはじめるより勇気を必要としましたが、とても楽しませて頂いたのでお礼がわりに感想を投下させていただきたく思います。

自分は両エンドあってとても嬉しかったです。どちらかと言えば綾ちゃんが復讐も果たせて報われすっきりした読後感に浸れる大門エンドが好みなのですが、しっかり念入りに準備しMCを駆使した倭文がただの暴力的な力に負けてしまうのもMC好きの目線では残念に思っていたのです。
私の中に潜む黒い欲望も、読後のすっきりした気分も満たしてくれるとは……本当にありがたかったです。

これまでの作品を何度も楽しませていただくとは思いますが、これから書かれるだろう未読の話を楽しみに待っています。

53: 名前:風狂の振り子投稿日:2011/07/11(月) 23:38
>酔狂な旅人さん
こちらこそ初めましてなのです。感想いただきましてどうもありがとうございます〜。

>ネットに書き込むのはリア友とエロ談義しはじめるより勇気を必要としましたが
ワタシも、毎週投稿していて今さらなんなんですが、初めて投稿したときにはかなり勇気が要りましたです(笑)。
でも、暖かいものであれ、手厳しいものであれ、自分が書いた物に対してリアクションがあるのは素直に嬉しいものです。

>自分は両エンドあってとても嬉しかったです。
そもそも、大門エンドを読まないと大門が本当は何者かわからない事からもわかるように、最初はこのエンディングしか考えてなかったんですね。
『黒い虚塔』を書いているうちに、倭文くんに愛着が湧いて、倭文くんが成功した方のエンディングも書きたくなったという訳なのです。

>しっかり念入りに準備しMCを駆使した倭文がただの暴力的な力に負けてしまう
たしかに、ここの部分は時間をかけたらもう少し練れたかなとは思いますね。
ただ、あまり凝った力や特殊な能力を、訳が分からないまま大門が使うのも不自然なので、ただただ純粋で巨大なエネルギーにしたのです。

とにかく、途切らせずに最後まで話を持っていくという想いが自分の中で強かったものですから。
むかし、まだ高校生の頃に長編ファンタジーを書こうとして、途中で投げ出した苦い経験がありまして……。
長い話を書こうと思ったのはそれ以来のことなので、時間をかけて話を練り込むのと、とにかく最後まで書ききるということを天秤にかけて、一気に最後まで話を書く方を選んだ、というのが正直なところですかねぇ。
そこは反省点として、この後に活かせていけたらいいな、とは思います。

まあ、まだまだ技術面でも表現力も未熟者ですが、ご期待にそえるものが書けるように頑張りたいと思いますです。
本当に、感想どうもありがとうございました〜!

54: 名前:ざくそん投稿日:2016/06/13(月) 05:54
下がってたので上げときます〜

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]


75: 催眠太郎  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2016/02/29(月) 03:27
催眠太郎の感想をヨロシク♪

08: 名前:作者投稿日:2016/03/01(火) 08:28
>風狂の振り子さん

 気付いてませんでしたがこれ確かにまんまミダス王ですね。自身が黄金の像と化すのか、ロバの耳を持って人から馬鹿にされるのか
 仰っているように、人と喋る時は常に気を遣わなければいけない事はきっとかなりのストレスでしょう
 何か電話越しとかSkype越しなら効かない訳ですが、どっちにしろ《自分には効く》ので。結局気を抜けません
 デメリットが相応に大きいのも間違いないので、太郎がチートだけの能力ではない、と言い張りたい気持ちもわかるんですが、それを良い事に開き直っても許されるって話ではない(笑)
 そんな彼がどういう喜劇、あるいは悲劇をこれから見せてくれるのか……
 主人公のキャラ付けが、小奇麗なだけじゃない、狡猾にも非情にもなりきれない、自分の中に矛盾を抱えて、人間味ある等身大の小者になったのは作者も気に入っています


>二重螺旋さん

 ひとつ、自身の能力という、常識や物理法則で考えられない要素が肯定されているのだから、他の異能力者とか、異世界とか、殺し屋とか、秘密組織、妖怪魔物、何が飛び出してきたっておかしくない、
 つまりキャラがメタ視点に近い心配をしている訳ですね
 太郎はコミュニケーションとストレス解消、趣味の大半をSNSを始めとしたインターネットへ依存しているオタクなので、そういった発想へ自然に至るのです
 ご期待に添えるようがんばります
 

09: 名前:(追放されたらしい)投稿日:2016/03/05(土) 05:07
うん、良い作品だ(自分的に

情念の篭もり方がとても良い。
期待になんか応えずに自分のやりたいように自由に動いて欲しい。

10: 名前:(追放されたらしい)輪投稿日:2016/03/05(土) 05:18
期待に応えようとすると作品が小さくつまらなくなる・・こともある。

ま、他人の期待なんか放っておいて
書くことを(苦しみつつ)楽しむことをお勧めする。

むろん、この下らない助言も無視するのもまた楽しい
そう思わないかい?

11: 名前:無名投稿日:2016/05/18(水) 15:49
とても気に入ったので,初めて感想書きます.

こういった制約のある能力ものが好きで,その能力の使い方だけでも楽しめたらと思って読み進めました.
しかし読了後には,どんどんいじられたり最終的にはひどく捻じ曲げられた遠藤の今後を想像してとても興奮していました.
またこういったシチュエーションのものが読みたいので続きを期待しています.

主人公が自身の感情を誤魔化してまで人を貶めようというのがまた面白かったです.

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示


76: ヒューマンコントローラー  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2015/12/21(月) 04:09
ヒューマンコントローラーの感想をヨロシク♪

31: 名前:みゃふ投稿日:2016/03/07(月) 11:57
読ませて頂きましたでよ〜

結局販売したんだ・・・いや、確かに販売を前提のモニターだった訳でぅが・・・
どう考えても100%法規制されるようなものを販売とかこの会社大丈夫なんか・・・
まあ、オタク向けってことだしアングラ会社なんだろうけれど。
少子高齢化を抑える位までの大ヒットってそれもはや社会現象レベルなんじゃ・・・

うーん、恐ろしい会社でぅw

完結、お疲れ様でしたでよ。

32: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/03/07(月) 17:47
どうも〜、まずは完結お疲れ様です〜!

なるほど〜、日本の社会問題はオタクが救ったということですね(←違う)。
ていうか売ったんだ……。
先輩はともかく、会社の上層部がゴーサインを出したんだ……。
あ、でもこのコントローラーがあれば社長だろうがなんだろうが思いのままですよね。

それにしても、それだけ広まると、人気の女の人をコントローラーで取り合う競争が起きて、そのために会社がお金持ち用の上位グレードのコントローラーを出して(下位グレードのコントラーラーは上位グレードに勝てない)、コントローラ格差みたいなのが生まれる状況みたいなのを想像してしまいましたです(笑)。

33: 名前:shige投稿日:2016/03/08(火) 18:45
 みゃふさん、今回は短めの作品でしたが、それでもお読みいただきありがとうございます!!
もともと会社の設定としては、“ゲームプログラミング会社”と言う設定で書いてました。

そういえば、最後にあとがき加えるのを忘れたなと思いながら・・・(^_^;)

34: 名前:shige投稿日:2016/03/08(火) 18:46
 風狂の振り子さん、こんばんわ〜!!
とりあえず、何か一つ完結したかったのでスピード作成で完結させました。
登場人物は少な目、プレイ内容も少な目、さらにはシチュエーションも少な目と言う作品でしたが、
お読みいただきありがとうございます(=^・^=)

次の作品はまた、凄いのを書いてるのでまた宜しくお願いします。

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示


77: 生徒会ゲーム  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2015/07/27(月) 08:52
生徒会ゲームの感想をヨロシク♪

33: 名前:みゃふ投稿日:2016/01/18(月) 15:08
読ませて頂きましたでよ〜。

最後こっちまで騙されかけたのでぅw
沙耶ちゃんの一世一代の大博打素晴らしかったのでぅ。
樹くんの催眠能力は結局長々と喋っているのを聞き続けなければいけないので使い勝手はやや悪い。それと樹君の性格につけ込んだ素晴らしい一手でしたでよ。

結果は賭に負けて学校は樹君の無双場所になって学校に引きこもっちゃったけど、それでも諦めずに目標を新たにする沙耶ちゃんが凄いかっこよかったのでぅ。

完結、お疲れ様でしたでよ〜

34: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/01/18(月) 23:00

どうも〜、風狂の振り子です〜!
まずは完結お疲れ様です〜!

やっぱり最後は沙耶ちゃんとの直接対決。
>これが、私の考える『裏設定』。本当かどうかかなんて、どうでもいいの
この部分から、沙耶ちゃんの言葉が虚実で言うと虚であることがわかっても、いや、虚であるからこそここで勝負をかけた沙耶ちゃんの思いが伝わってきて、この長い台詞は思わず息を呑んで呼んでしまいました。

て、実はワタシも騙されかけたんですけどね。
あのシーンの終わりで、7:3くらいで沙耶ちゃんが勝ったかな?と思っちゃいましたもの。
もっとも、樹くんが戻ってくる可能性も十分考えてはいたといいますか、樹くんが戻ってきた方が「ゲーム」らしいと思ったんですよね。
上で虚実って言葉を使いましたけど、樹くん自身も含む全プレイヤーが、どこまでが虚でどこまでが実かもうわからなくなってくるような状態で「ゲーム」がずっと続くのが結末としては相応しいのではないかと。
思えば、このお話は毎回皆に催眠術をかけてどんなことをさせても、必ずゲームが終わると催眠状態を解いて自分たちがしたことを思い知らせていたんですけど、それが虚実の境界をはっきりさせているように見えながら本当は虚実の境界を曖昧にさせてたような気がして、上の沙耶ちゃんの長台詞もあくまでも演技のように見えて、もしかしたら幾ばくかの真実が混じっていたんじゃないかと思うと、この台詞の持つ意味もまた違ってくるような気がします。

そして、最後は戻ってきた沙耶ちゃん、栞ちゃん、澪ちゃんが再び樹くんとの「ゲーム」に身を投じることに。
このゲームの勝者がどちらになるのかは読者の想像に、ということになるんでしょうか?

35: 名前:秋茄子トマト投稿日:2016/01/22(金) 19:38
完結お疲れさまでした。裏設定、ぞくっときました。裏設定が虚実の実であるような話も読んでみたいです。

36: 名前:永慶投稿日:2016/02/13(土) 08:34
年始からバタバタしておりまして、返信出来ておりませんでした。
申し訳ございません。

>みゃふさん

いつも感想ありがとうございました。大変励まされました。
今作は通常外へ外へと展開しがちな僕の話を、出来るだけ生徒会に絞って
色々な操りパターン、悪戯のパターンを見せる、ということをやってみたのですが、
時々生徒会室の外にもはみ出してしまいましたですね(笑)。
ストーリー的な盛り上がりは少なかったかもしれませんが、
それでもお楽しみ頂けていれば幸いです。
また夏頃に何か書ければと思っております。またよろしくお願いします。

>風狂の振り子さん

いつも感想ありがとうございます。催眠術の掛け手、受け手という関係は、
時にとても脆い感じもあって、一体どちらが手綱を握っているのか、
書いていても考え込む瞬間がありますです。その歪んだ共犯関係みたいな部分が
実はなかなか色っぽいのではないかと思いますので、
これからもこのテーマは時々考えてみたいと思っていますです。
虚実の境界、やっぱり曖昧になりますよね。術師も信じこむような暗示でないと、
被術者には刷り込めないでしょうから(笑)。
ありがとうございました!またよろしくお願いします。

>秋茄子トマトさん

感想ありがとうございます。
この裏設定が実となると、MCエロ小説としては裏切りになってしまうので、
悩ましいところだと思います。裏切っても良い訳ですが、
僕としては極力、王道のMCエロを期待している読者さんを裏切れなかった、
というところです(笑)。トレンドも変わりますので、何が王道だかわかりませんが、
今後とも、書ける状況をとらまえて、精一杯、ストライクゾーンと自分で思っているところに
投げ込みたいと思います。よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示


78: ぼく達は支配者  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2015/12/14(月) 00:46
ぼく達は支配者の感想をヨロシク♪

09: 名前:風狂の振り子投稿日:2015/12/21(月) 22:36
どうも〜風狂の振り子です〜!
さっそく続きを読ませていただきました〜!

……いろんな意味で驚きました。
いや、時間軸はちょっと近未来的な感じはしてたんですが、完全に別次元の平行世界レベルの話だとわかった衝撃が(笑)。
で、やってることが鬼畜すぎ(←褒め言葉ですよ)。
いえまあ、子供がゆえの、残酷なことでも無邪気にできるっていうのはありますけど、能力を確かめるために先生で実験するならともかく、家畜契約書を書かせるとか子供レベルぢゃない(笑)。

で、先生が壊れたところでタイミング良く現れる4次元人。
ていうか、見てたんかい!という。
それまで黙って見ててこのタイミングで来るってことは、力をいいことに使わせる気はないですね、こいつは(←そうだったらそれまでに止めてるだろうから)。
きっと、もっといい力の使い方はどうこうで、どういうことができるとか、よからぬことを教えるに決まってますね。
どんなことを教えてどんなことをさせるのか想像すると、今からワクワクしてきますです。

10: 名前:ざくそん投稿日:2016/01/11(月) 09:26
下がってたので上げときます〜

11: 名前:風狂の振り子投稿日:2016/01/12(火) 00:06
どうも〜、さっそく読ませていただきました〜!

なるほど、自分たちが生きていくための燃料が必要だから感情や欲望を迸らせる三次元人が必要で、そのために選ばれたのが(というかたまたま四次元人を見つけただけですけど)遼くんたちなわけですね。
それはそれでさらなる謎を呼ぶと言いますか、四次元人が生きていくのに三次元人の感情や欲望に満ちた精神燃料がひつようで、しかも彼らにこれだけの力があるんだったら、三次元世界が物質的に満たされて精神力が減退する前に干渉できなかったのかと……。
四次元人がいつから存在していていつから三次元世界と関わっていたのかも謎ですし、そもそも、ある日突然ネットで公開されたという経緯を考えると、三次元世界に無限発条の設計図をもたらしたのも四次元人とはまた違う黒幕が動いてそうな。
しかし、お話の中の世界が、物質的に満たされて欲望が衰えた結果世界的に少子化が進んだ世界だとすると、それは緩やかに滅亡に向かっていく世界に等しいですから、四次元人の干渉によって人類が欲望を取り戻せばそれを避けることになるのですね(←違う)。
……要はまだまだ謎が増えていく一方で全然先が読めないわけです。

でも、傍目にはどう見ても三咲先生は壊れたままのようにしか見えないんですけど、これからどうするつもりなんでしょうかね?

12: 名前:みゃふ投稿日:2016/01/13(水) 12:36
4D先生のありがたい教え。

精神燃料とか『声』とかいろいろあるけどみゃふが吃驚したのは有史から一万年経ってることでぅ。
無限動力の発条もそうでぅけど西暦に換算しても6000年とか色んな意味で凄すぎるw
21世紀はこうなるじゃないでぅけど、これだけ年数が経ってるのに文明が進歩している感じを全然受けなかったのでぅ。(正直、現代の出来事だと思ってましたでよ)
無限動力を発明したから他の研究もすべて放り投げてる感じだとすると緩やかな退化および滅びの道を歩んでる気がする。
普及して四千年。ここで発条動力に致命的な欠陥が発見されたらなすすべ無く文明は崩壊しそうでぅ。

上でも風狂の振り子さんが仰ってますが、突然ネットに設計図がアップされたというのも考えると四次元人の仕業と考えるのが妥当な気がする・・・
何のためにってなるけど(裕福にして精神燃料をもらおうと思ってたけどあてが外れたということかな?)

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示


79: 放課後の催眠  レス数50でのページ 1 2  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2013/08/19(月) 16:41
放課後の催眠の感想をヨロシク♪

52: 名前:風狂の振り子投稿日:2015/12/29(火) 02:02
たびたびすみません。

>まずは、前回の感想コメの中で香苗さんが香苗さんになってました。
って、なにやってるんでしょ、ワタシったら。
「まずは、前回の感想コメの中で香苗さんが佳苗さんになってました。」
ですね。
重ね重ね失礼いたしましたm(_ _)m。

53: 名前:南田朗投稿日:2015/12/29(火) 14:50
>風狂の振り子さん

いつも感想ありがとうございます <(_ _)>
おっしゃるとおり幕間のお話しなので「番外」としました。
ちょっと、かけられる(た?)側の心理を書いてみたかったんです。
香苗にも入れ込んじゃいましたし(苦笑)
すみませんね、年上趣味爆発で・・・
勝手な思い込みですが、MCによって引き出されるものって、その人のパーソナリティーや抱えているものに左右されるんじゃないかと思うんですよ。
なので、これは「香苗の事情」なんです。
その辺を攻めたら・・・充くんに鬼畜ぶりを発揮して欲しいところですが・・・
著者の気の弱さがwww

あ、名前の間違いなどお気になさらずに。

今年の投稿もこれで最後です。
よいお年をお迎えください <(_ _)>

54: 名前:みゃふ投稿日:2016/01/02(土) 01:21
ああ、年が明けてしまった・・・(掲載からは4日程度)
というわけで漸く一段落付いたので感想をば

香苗さん、泥沼にハマってるの巻w
この親にしてこの子ありというか親子揃っておなってるとか「おいw」と言いたくなりますねw
殆ど話が進んでないのは番外だからなので、次回どう進むのか(っても大体方向性は決まってるけど)楽しみにしていますでよ〜。

であ

55: 名前:南田朗投稿日:2016/01/04(月) 03:53
>みゃふさん

あけましておめでとうございます。
いつも感想ありがとうございます <(_ _)>
泥沼にハマっているのはこちらかもw
あとは彩だけだもんなぁ・・・と、遠い目←をい!w
それとも新たなる獲物か・・・
充くんの明日はどっちだ?

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  全レスを表示
 レス数50でのページ 1 2 [最新レス]


80: メリーメリーネバーランド  全レス

01: 名前:ざくそん投稿日:2015/12/28(月) 04:56
メリーメリーネバーランドの感想をヨロシク♪

02: 名前:風狂の振り子投稿日:2015/12/29(火) 01:53
どうもです〜、こちらも読ませていただきました〜!
うん、鬼畜だよお兄ちゃん。
その終わり方はすっごく鬼畜。
……いえ、ワタシ自身がみゃふさんから鬼畜王の称号をいただいてる人間なのでむしろそれは褒め言葉なんですよ(笑)。

本当に、純粋に鬼畜系のショートショートの終わり方としては、この結末は好きな方なんですけどね。
ただ、ワタシにはロリ属性や赤ちゃんプレイ属性が無いんですよ(笑)。
こればっかりは嗜好や性癖の問題なのでどうしようもないんですけど。
ついでに、実際に兄がいるのでそこもちょっと微妙だったり……(←めんどくさい奴だと思ってください)。
でも、オルゴールの音楽から催眠状態に堕ちていく描写はすごく好きなんですよねぇ……(←ホントにめんどくさい(笑))。

03: 名前:小柳いと投稿日:2015/12/29(火) 02:15
>>風狂の振り子さん

感想ありがとうございます!

実は今回の作品、私自身が興奮するポイントは赤ちゃんプレイ要素ではなく最後の鬼畜な兄の描写だったりします

っというのも、作品では描いていませんがきっと数ヶ月後生理が来ないことに気付いたりかは妊娠検査薬か何かで身に覚えのない妊娠が発覚すると思うんです

それはもちろん兄の子供なのですが、兄はきっとりかの妊娠を心配するフリをして、妊娠したりかを支えるフリをして、あくまでりかにとって頼りになる優しい兄を演じ続けながら自分が孕ませた子供を一緒に育てて行くんです

なので実はラストでこのような展開を匂わせる部分を書きたくて今回のメリーメリーネバーランドは書きました、笑

風狂の振り子さんのように赤ちゃんプレイに興味がない方、いると思います

ただ今回書きたかった部分は鬼畜な兄が妹にとっては永遠に優しい兄でい続けると言う部分なので、そこが伝われば嬉しいです……!

感想、ありがとうございました!

04: 名前:みゃふ投稿日:2016/01/02(土) 02:00
・・・何度読んでも、お小遣いをやりくりして妹へのプレゼントを買うお兄ちゃんと催眠かけてレイプするお兄ちゃんがイコールでつながらない・・・
初めて読んだ時は読んでる途中で実はお兄ちゃんは別人で催眠使って成り代わってたってオチだと思ってたんでぅが、そんなこともなくただの鬼畜兄貴というw

って、ああ、妹視点だから好意的なフィルタがかかってるだけでぅねこれw
毎年のプレゼントもおとなのおもちゃとかロリ服なわけでしょ。
兄貴何やってんだw
つか妹も妹でそんなプレゼントを疑いなくもらってるのもどうなんだと言いたくなるわけでぅよ。
みゃふもロリ属性なんかないし、ついでに実妹持ちだからこういう話は超苦手でぅw
せめて義妹だったら・・・(多分それでもダメだけどw)

05: 名前:小柳いと投稿日:2016/01/02(土) 02:18
>>みゃふさん

感想ありがとうございます〜

はい、妹にとって兄はとっても優しい存在というフィルタがかかってます

そして作中でこそ年齢は出ていませんが女子○学生なら大人のおもちゃはわからないと思いますよ〜(現に私も同じ年齢の時は全くわからなかったですし)

妹や兄がいる方は苦手だったりロリ属性に興味がない方はたしかにいますよね〜

みゃふさんがそのタイプなんだなぁ、と言うことはとりあえず分かりました、笑

とりあえずメリーメリーネバーランドは自分にとって優しく魅力を感じている存在の人が全く正反対の人物で、そんな勘違いを永遠に続けていく、という部分が書きたかった制作時間2時間の作品でした〜(いつか似たような永遠勘違い話をしっかり書いてみたいなぁ、なんて!)

  名前:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示

ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 62871 - 80 を表示


管理者 zaxon 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --